January 26, 2006

title_uk.gif復活iPod

最近バッテリーのもちが悪くなってきたiPodをなんとかできないかネットで調べていたら当然交換すれば復活するが、一回外してリセットさせるだけでも新品の様に直るというサイトを発見した。お金もかからないし、おもしろそうなのでやってみた。
ipod2.jpg
それにしてもなんでバッテリー外すだけのために本体分解しないといけないんだろう。ていうか普通はアップルに作業してもらわないといけないみたいだけど、やっぱりそうでもしておかないとバッテリーを逆に強引に差し込んで壊れてるとかいってメーカーを訴えたりする人がいるのかな。マックミニもそんな感じでメモリーの増設すら普通ではできないようになっている。
さて、文句はそこまでにして開腹作業だ。手順は本体左右どちらかを強引に押してスキマを作りそこに薄いプラスチックを差し込んでスキマを広げつつこじり開けていくという感じだが、アナのマイレージカードをはさみで切って使ってみたら完璧だった。厚さと堅さが完璧なのだ。数回こじったらあいてしまった。
ipod3.jpg
中はぎっしり詰まっている。写真の真ん中の水色の物はゴムにカバーされたハードディスク、こいつが一番裏豚側にあって、その下にバッテリーがある。リボンケーブルでいろいろつながっているからそれを外さないといけないんだけど、かなり小さい。細かいのが大好きな僕は全く苦にならなかったけどこのブログ見てまねしようとする人はうまくいかなくても僕のせいにしないでね(笑) ていうかバッテリーのコネクタはずだけならハードディスク外す必要ないことに外してから気がついた。
ipod1.jpg
さて、作業はというとバッテリーのコネクターを一回外し、そのままパソコンにつないでアップデートもしくは、初期化をする。僕は音楽データを全部バックアップしていないので初期化なんかしたら元に戻せなくなってしまうので今回はソフトのアップデートをしてみた。そしてパソコンとの接続を解除し、バッテリーをつなぎ直して裏ブタをはめなおす。時間にして10分。後は充電してテストするだけだ。こんなので直っちゃうなら1万円とか払ってバッテリー換えてもらうのなんてほんとあほらしい。

Posted by keigo at 01:10 AM | Comments [0]

July 14, 2005

title_uk.gifロモカメラ

フラットメイトがおもしろい物を手に入れてきた。ロモカメラといって一回シャッターを切ると4枚連続で撮影できるのが特徴だ。しばらく前に日本でも一部マニアの間ではやっていたと思う。記憶ではロシア製だと思っていたが、どうやらオーストリアに本社があるらしい。なんかやけに安っぽいし、ホントに映るのか怪しいもんだが、同居人が試しにとってみたところちゃんと4連射していた。封筒も同梱されていて、そこに取り終えたフィルムを入れてロモに送ると3.5ポンドで現像して、更にCDにも焼いてくれ、更に専用のwebサイトにアップもしてくれるらしい。そんなこんなで使い捨てでもないのに3台も買ってしまった。
romo1.jpgromo2.jpg
romo4.jpgromo3.jpg

Posted by keigo at 04:51 AM | Comments [0]

June 02, 2005

title_uk.gif日本一の風力発電地帯 になるらしい?

実家のある田原市は昔から風が強い。北の方にある山の並び方がノズルのような役目をするらしく、冬は寝ていると家が揺れるほどだ。そんなこともあって、最近風力発電機がたくさん作られている。作っているのは「株式会社 ジェイウインド田原」という会社で出力は22,000kW(2,000kW/基×11基)らしい。最初は近所で一番高い山蔵王山に1機あっただけだったが、ここ一年ほどで巨大な風車がたくさん建てられた。近くに行くと大きすぎてサイズがよくわからないが、ものすごく遠くからでもよくみえぐらい大きい。羽が一番上に行ったときの高さは100メートル以上。さらにこれから渥美半島全体に何台も作るらしく、完成すると日本一の風力発電地帯になるらしい。電気代ただにしてくれないかな。
fusya.jpgfusya2.jpg

Posted by keigo at 09:15 AM | Comments [0]

May 03, 2005

title_uk.gifNOKIA 3220 STAR WARS episode Ⅲ(スターウォーズ エピソード 3 バージョン)

携帯電話会社のオレンジがスターウォーズエピソード3 バージョンのノキア3220を売り出した。と思ったらなぜかすでに手元に2つ!(笑)早速見てみよう。
よくあるしょうもないおまけの様な感じではなく、箱からして熱い!というかおもい。真っ黒のプラスチックの宇宙コンテナ風のパッケージだ。


star1.jpg前から見た感じ。上には金属のハンドルがついている。star2.jpg

中には二つの箱が。
star3.jpg

一つは携帯本体。写真で言うと右側。左側の箱はダースべーダーの電話立てだ。
star4.jpg

詳しい中身は次の写真の通り。ダースベーダー、チュウバッカの携帯ポーチ、着せ替え携帯の中側に入れるシート、ヨーダのトップアップカード、オレンジのシムカード、電話本体関連品等だ。
star12.jpg

star11.jpg
star5.jpg
ダースベーダー電話立ては頭頂部に電話が入る穴が開いている。
ちなみに電話を入れるとこんな感じだ。
star8.jpg
star10.jpg
こいつ自体には充電機能は無い。しかし、前面にLEDが2個ついているため何らかの電気仕掛けがあるのだろう。要検証だ。いずれにしてもかなり力の入ったタイアップだ。
star9.jpg

数に限りのある限定バージョンの上に、英国在住者しか買えないので世界的に見てもかなりレアなことは間違いない。急にスターウォーズを見たくてたまらなくなってきてしまった。やはりフォースの力は偉大だった。

ダースベーダー電話立ての下のLEDは電話の着信があると光るようだ。

Posted by keigo at 02:17 PM | Comments [0]

April 16, 2005

title_uk.gifHDDねた 続き

thinkpadのHDDが今時40Gと少ないので80Gへ換装しようと思い全く同じブランドの80Gを買ってきた。以前から不思議に思っていたのだが、最近のthinkpadにはHDDプロテクションシステムなる物が搭載されていて、落としたりすると自動的にヘッドを待避させて物理的なクラッシュを防ぐのだ。しかし、これHDD自体にそういうセンサーの様な物が搭載されているとすると載せ替えてしまうと全く意味が無くなる。それでHDD自体をよく見てみたのだがそれらしきことは一切かかれていない。IBMのサイトでも機能については説明されているものの具体的に説明はされていない。開発者インタビューとかもあるのに肝心なことは書いてない。ちなみに搭載されていたのは日立(IBM)のHDDだった。うーん。どうなってるんだろう。誰か教えて~

hdd3.jpg

右が40G左が80G

Posted by keigo at 05:22 PM | Comments [0]

April 01, 2005

title_uk.gifMac Mini

話題のマックミニを買ってみた。安い方の1.25GHzのバージョン。HDD40G、メモリー256。税込みで57000円だった。マックなんて買うのは初めてだが、なかなかかっこいい。外箱を開けるととけとげした発泡スチロールに包まれたパッケージが出てくる。とてもパソコンが入っているとは思えないサイズだ。デザインもかっこいい。きれいな化粧箱で、写真や絵もかっこいい。IBMなんか味も素っ気もない茶色い段ボール箱だ。早速開けてみる。マックミニがマニュアルの下から現れる。小さい!ノートパソコン用コンポーネントを使っているらしいが、本当に小さい。

mac-box.jpg

とげとげしている。
mac-box1.jpg

かっこいい箱
mac-box2.jpg

後ろもかっこいい。
mac-box3.jpg

発泡スチロールの梱包材につつまれているこれが本体。
mac-size.jpg

iPodとの比較。小さいのがよくわかる。それに比べてACアダプターの大きいこと。本体の半分ぐらいありそう?
mac-back.jpg

背面にはいろいろ端子が。モニターとUSB二つ。IEEE一つ。電源とイーサネット用端子などがついている。全面にはディスクスロットが一つだけ。非常にシンプル。ちなみにUSB端子に刺さっているのはブルートゥースアダプタ。こいつを買えばBTOで高い内蔵のモジュールをくまなくてもブルートゥースを使えるのだ。
mac-osx.jpg


生まれて初めてマックOSを立ち上げてみた。世界中の言葉でようこそ!みたいな画面のあとででっかくX。笑える。
keyboad.jpg

上にあるようにブルートゥースアダプタを買ったのでキーボードもマウスもコードレス。初めてのコードレスだがすっきりしていてかなり感じ良い。しかもかっこいい。一定時間使用しないと、自動的に電源が切れるようになっている。本体に一応ファンはついているらしいが、とても静かだ。
mac-size2.jpg


あらためてサイズの比較。下に置いてあるのは外付けDVDドライブ。こっちの方が断然大きい。
マック用のソフトはなにも持っていないので、なにもインストールできないが、とりあえずはITUNEを使って音楽ファイルサーバーの様に使ってみようと思う。でも、僕のIPODはWIN用なんだな。どうなるだろう。謎はつきない。
買いたくなった人は写真をクリック!いますぐアップルストアーに行けます。

IPODに関してはWIN用もマック用もあまり関係ないようだ。ただ、ITUNEの自動アップデートを解除しておかないと常にプレイリストが上書きされてしまい、曲数の少ない方に上書きされると曲が減ってしまう。しかし、やはりIPODはマックにつなぐべきだ。動きも速いし、FIREWIREですぐ充電されるし断然使いやすい。

Posted by keigo at 10:01 AM | Comments [0]

March 31, 2005

title_uk.gifEPSON PM370

最近はプリンターが安い。これ昨日カメラの北村に行ったらたたき売られていて衝動買いしてしまった。スキャナー、コピー、プリンタ、カードリーダーなどの機能満載なのに23800円!プリンター自分で買うのはかなり久しぶりだ。6年ぐらい前に買ったPM750以来だ。しかし、最近のこの手のものの進化はすごい。インストールしてみて驚いた。というか、インストールしなくてもデジカメのメディアを直接差し込んで紙をセットして液晶画面でプリントするデータを選ぶだけで簡単にプリントアウトできてしまうのだ。超簡単!町の写真屋さんがつぶれていくのも納得がいく。とにかく簡単だ。しかも出てくる写真のきれいなこと。これでこそ5メガピクセルも生きるってもんだ。
pm370.jpg

Posted by keigo at 09:01 AM | Comments [0]

March 29, 2005

title_uk.gif手ぶれ防止機能の効果は?

fx7.jpg最近人気ナンバー1のデジカメ 
パナソニックのFX7
を母が買ったので使ってみた。こいつの最大の特徴は手ぶれ防止機能だ。少しまえから鮎がぶれたら負けよ。とかって宣伝してはいたものの大して気にしていなかったが、どうやらかなり効果的な様だ。早速使ってみた。よくわかるように最大画素で室内で撮影してみる。むむ!確かにぶれないぞ。ふつうこの種のカメラは相当気をつけても少なからず手ぶれしているが、このカメラ本当にぶれない。結果室内で、多少暗くてもフラッシュを使わずに撮影できる。これはすごいことだ。半押しすらも知らない人たちが気にせずに撮ってもぶれないのだ。しかも、肝心のカメラとしてもかなりとても使いやすい。マニュアルを読まなくてもほとんどの機能が使えてしまいそうだ。半年以上にわたって1番人気を誇るだけあって確かに良いカメラだ。

Posted by keigo at 05:43 AM | Comments [0]

March 28, 2005

title_uk.gifTEFAL 日本仕様

日本でも電熱式の湯沸かしポットがあることは知っていたが、ついに購入。BODUMが有名だが、TEFALtefal.jpgイギリスでは電圧が240vということもあって2L程度の水ならあっという間に沸騰するが、日本の100v仕様ではどのくらいで沸くのだろう。で、はかってみた。1Lで約4分56秒。イギリスでのデータが無いがたぶん2分程度だと思う。やはり電圧差がもろに反映されるのだろう。しかし、このティファール作りはかなり良い。通常は中をのぞくとむき出しの電熱線があるのだが、これは鉄板が見えるだけ。その下に電熱線があるのだろうか。それに本体から直接電線がでているのでは無く、ベースになる部分があり、そこから電線がでている。しかも、どの角度でもはまるように、中央に丸い防水端子がついている。結構考えられていると思う。まるで日本製の様だ。値段はイギリスでは1000円も出せば手に入るが、こいつは4980円。しかも結構安売りだったのに。今度イギリスに帰ったらどのくらいで沸くのかはかってみよう。
tefal2.jpg

Posted by keigo at 08:51 AM | Comments [0]

February 20, 2005

title_uk.gif頭の悪いコーヒーメーカー

P1010051.jpgオフィスについにコーヒーマシーンがやってきた。近くのARGOSで値下げされてたたき売られていた。ブランドはcook works ふつうの人は聞いたこと無いだろう。ここの物はとにかく安い。焼けると跳ね上がるタイプのトースターが3.9ポンド、電気式湯沸かし器が3ポンドとか。物価の高いイギリスにおいては破格だ。ちなみにこのコーヒーメーカー4.8ポンド。約1000円!ちゃんと電気で保温もできるのに。コーヒーのパックの方が高いくらいだ。だがクックワークスをオーバーエスティメイトしてもらっては困る。すごくぼろいのだ。壊れてしまうことはあまり無いのだが、構造がおかしい。なんというか頭の悪い作りなのだ。このマシンの場合豆を入れるには上のカップをスライドさせるのだがスイッチ側にではなく反対側にずらすようになっている。おかげでマシンを横向きに壁に近づけておくことができない。スペース的にとても無駄だ。そして、極めつけはポットだ。注ぐ度にかならずこぼれる。僕の入れ方が悪いのか。いや ちがう。クックワークスの設計の問題だ。一回バージョンアップすれば改善されるような問題なのに。ここの人たちずっとこれで売ってるんだろうな。そういえば例のトースター 上にクロワッサンを置いたら加熱したクロワッサンが本体のプラスチックを溶かしてた。すごいにおいがしだしたのであわてておろしたが、クロワッサンの下側とトースターのプラスチックが一体化していた。当然クロワッサンはパー。クロワッサンの方が高かった。

Posted by keigo at 05:09 PM | Comments [0]

February 12, 2004

title_uk.gifエスプレッソマシン

delongi.jpg
神戸に住むと決まったときに買ったエスプレッソマシーン。デロンギの型番は忘れた。当時は結構良い方の機種だったと思う。19800円。特徴としては抽出温度と圧力が適正に保たれておいしいエスプレッソが入れられるということだった。ミルクの泡立て機能も付いている。これはプロ用と同じく水蒸気を吹き出しそれで温度を上げつつ泡立てるという物だ。4年ほど手元にあるが使ったのは20回ぐらいかな。何せ掃除が面倒で、使うのがおっくうになってしまう。しかも、コーヒーを飲むときはたっぷり飲みたいのでこんな小さなカップに1杯は2杯ではとても足りないのだ。うーん。それと構造上の問題というか、本体が小さい故に軽すぎて豆を入れて機械に装着するときに本体が動いてしまって、本来の位置に固定するのが難しいのだ。業務用のように何台も連なっていて100キロとかあれば良いのだろうな。というわけであると何となくうれしいが、使ってみるとあまりうれしくない買い物だった。

Posted by keigo at 04:12 PM | Comments [0]