July 22, 2006

title_uk.gifアウトバック やってくる

母の車がやってきた。BMWも炎上以来あちこち壊れだしたのでそろそろ入れ替えだ。 今度の車はレガシーアウトバック3.0R 以前父がSVXというやはり水平対向6気筒のクーペに乗っていたので何となく懐かしいが、今時の日本車に乗るのも久しぶりなので楽しみだ。 DVC00030.JPG
Posted by keigo at 11:38 PM | Comments [0]

May 01, 2006

title_uk.gifBMW 燃える!

うちのビーエムが燃えました。新しくできた東海環状道路を120キロぐらいで走行中かるいノッキングの様な音がしだしてなんだなんだと言っているうちにあっという結構な音になり、後ろをみたらまるでエンジンブローしたF1みたいに煙を吐いていました。路肩が狭かったので、広くなるまで待って停まってボンネットを開けたら、タイムボカンシリーズで最後にやられて煙に巻かれる時みたいにものすごい煙が噴き上がってよく見たらエンジンのあたりが燃えていました。さすがに火がぼうぼうとあがっているのを見たのは初めてだったので、同乗者全員あわてて避難、連休で泊まりがけで出かけていたからその荷物も全部路肩におろして本当に大騒ぎ。ペットボトルのお茶や水をかけたりしつつ、その間に消防署にも通報。JHの人にも通報。幸運にも延焼は免れ、消防隊が到着した頃には鎮火。エンジンの下のあたりのプラスチックとハーネスが少し燃えたくらいで済んだけど一歩間違えば4人で焼死してたかと思うとかなりショックでした。しかしむかつくのはBMWジャパンの対応。損保ジャパンの対応。話になりません。皆さんビーエムやベンツはよく燃えるそうなので消化器は積んでおきましょう!
bm.jpg

Posted by keigo at 11:22 PM | Comments [0]

December 20, 2005

title_uk.gif緊急 盗難情報

うちの駐車場においてあった32GTRからホイールとタイヤが盗まれました。
場所は愛知県豊橋市、発生時刻は19日から20日にかけての深夜。
VOLKのTE37ブロンズ 18インチ 10.5J +15 ブルーアルマイトのエアバルブ付き タイヤは265/35/18 アドバン A048です。
ヤフオク、イーベイ等注意して見ていこうと思いますが、もし皆さんの近くのタイヤショップなどで中古商品として並んでいるのを発見したら是非ご一報ください。
volk.jpg

Posted by keigo at 07:24 PM | Comments [0]

November 08, 2005

title_uk.gifフェラーリ456 ステーションワゴン?

Image113.jpg
456のステーションワゴンを見てしまった。しかもリージェントパークの横に路駐。どっかの金持ちが趣味で作ったのだろうけど、趣味がいいのか悪いのかよく和からない。個人的にはあんまり好きでないかも。で、調べてみたらブルネイのサルタン(スルタン=イスラム王朝の君主)の車らしい。名前はVenice。しかもなんとピニンファリーナがちゃんとデザインし、ホイルベースも20センチストレッチされている。屋根、リア周りのガラス全部作り直し。4ドアセダンや、カブリオレもあるらしい。ワゴンは合計で4台作られたような事が書いてあるが、1台あたりの制作費は150万ドル(1億8千万)だそうな。なんとも金のかかる家族サービスだ。というかものすごく家族思いのサルタンなのか。

Posted by keigo at 11:20 PM | Comments [0]

October 20, 2005

title_uk.gif遂にGTRプロト発表

東京モーターショウでGTRプロトが発表されました。詳細はまだなにもわからないけど、外見はかなり市販車に近いとのこと。ボンネットの長さからして、やはりV8か。しかし、思っていたより実車の写真はかっこいい。きっと本物目の前でみるともっとかっこいいんだろうな。実物が見られる人がうらやましい。発売は2年後の2007年らしいが、がんばってお金貯めなくては。gtrproto.jpg
gtrproto2.jpg
でも、全世界で同時発売とかされたら商売あがったりなんだよな(笑)

Posted by keigo at 12:19 AM | Comments [0]

October 08, 2005

title_uk.gifイギリスのスカイラインミーティング

スカイラインオーナーのミーティングがあるとのことで、バーミンガム近くのヘリテージモーターセンターに行ってきた。全部で5,60台は集まっていた。イベント自体はこれといってたいしたことはなかったのだが、ミュージアムは結構おもしろかった。モンテカルロラリーで優勝したミニとかトゥームレイダーで実際に撮影に使われてアンジェリーナジョリーが運転していたディフェンダーとか。前から少し気になっていたから行けて良かった。
museum1.jpg
モンテカルロラリーで連続優勝したミニたち(本物)
museum2.jpg
ララクロフトのディフェンダー
museum3.jpg
ミーティングに集まったスカイライン、33が一番多かった。
museum4.jpg
隣ではレンジローバーのミーティング

Posted by keigo at 12:34 AM | Comments [0]

October 04, 2005

title_uk.gifいよいよD1GP in the U.K. その2 優勝!

今日は本番。昨日に引き続いて快晴。午前中はプラクティス。午後から予選、本戦。昨日とは違い一般の人も沢山来ている。そんな中でトップシークレットの人気は高い。ひっきりなしに人々がやってくる。
本番は第一コーナーの入り口の右側で観戦。アウト側だったから5メートルぐらい先を車が走り去っていく。イギリスとアイルランドからも数チーム出場しているから、彼らが走るとものすごい拍手が起こる。中でも86で出ていたアイルランドのチームは予選をクリアして準決勝ぐらいまで勝ち残っていた。大したもんだ。
で結果はというと優勝はトップシークレットだったんです。あまりに順調に進んだんで、しばらくよくわからなかったけど、記念すべき第一回イギリス大会を制したのは我らがチーム。ただでさえおもしろかったけど、こんなすばらしい結果になるとは。最高の1日でした。皆さんお疲れさまでした。
d161.jpg
ものすごいタイヤスモーク 第二コーナー手前

d16.jpg
レスキュー隊も釘付け

d17.jpg
優勝です

d18.jpg
破れるジーンズ

d19.jpg

最後はみんなでパチリ

Posted by keigo at 12:37 AM | Comments [0]

October 03, 2005

title_uk.gifいよいよD1GP in the U.K.

かなり前から楽しみにしてたD1グランプリの日がついに来た。早朝からトップシークレットのチームのお手伝いをするためにシルバーストーンに向かう。土曜日のせいかスーパーセブンや2CVのレースイベントともあり彼らも全く毛色の違う世界に驚いていた。今日は車のセットアップやセッティング、練習走行など。間近で見るとやっぱりすごかった。車がずっと横向いてすっ飛んでいく。10年ぐらい前に峠で見ていたドリフトとはもはや異次元の世界だ。こりゃ人気が出るのもよくわかる。そんなこんなで一通り予定をこなしロンドンに帰ってきた。明日が楽しみだ。

d11.jpg
たった数十分走行の為にタイヤ何本?
d111.jpg


d16.jpg

d12.jpg
なぜか他のチームのより遅いから移動用のカートだってチューニング

d13.jpg
スーパーセブンのおじさんもド派手な車に興味津々

d14.jpg

夕闇迫る中での練習走行

Posted by keigo at 10:31 PM | Comments [0]

October 01, 2005

title_uk.gif叩けばなおる デントリペア?

ぶっつぶれたままのアベンシスで走っていると否やおうにも周囲の興味をひいてしまうのでとりあえず直してみることにした。最初はへこんだ部分に穴を開けて中に堅い棒でも入れて外からワイヤーをかけ他の車で引っ張ってへこみ部分を引っ張り出そうかと思ったが、穴を開けるも面倒だし、引っ張りすぎる恐れもあるので、正攻法で内側からハンマーで叩くことにした。はじめは当て木をして頭が8センチぐらいのハンマーで叩いていたが、どうにも拉致があかないのでバーディーにくい打ち用みたいな特大ハンマーを借りて叩いてみた。頭が重くてふらふらするもののうまくヒットするとかなり押し出すことが出来る。10センチは内側に押し込まれていたが、何度か叩いているうちに1センチ以下に。遠くから見ると全然わからないぐらいになってきた。何カ所か負傷したものの結構満足な仕上がりだ。jiko.jpg
こんなにひどかったのが
jiko4.jpg
ほらこんなに!

Posted by keigo at 10:58 PM | Comments [0]

June 25, 2005

title_uk.gifGT Battle

会場はロッキンガムというサーキットでロンドンから車で2時間ぐらい。天気が悪く、すごく寒かったけど日本車ファンがたくさん集まっていた。ドリフトとゼロヨンとタイムアタックが行われるはずだったが雨の為にゼロヨンは無かった。ドリフトでは日本からD1のドライバーが2人招待されて来ていた。もちろん車も船に乗ってやってきた。やはり地元勢のテクニックとは別格で見ている人たちも大喜びだった。
gtbattle2.jpggtbattle.jpg

Posted by keigo at 11:15 PM | Comments [0]

April 03, 2005

title_uk.gifモールスーパー

なぜかBMWやアウディのアルミモールはさびやすい。国産車のメッキはいつまでたってもぴかぴかしているのに何でだろう。材質の問題なのか、処理の問題なのか、イギリスでも日本でもアルミがさびてしろっぽくなった車をよく見かける。

molesuper2.jpg

うちの車も結構ひどい。全体的に白く濁っていて輝いていない。
molesuper.jpg

そこで今回はこのモールスーパーなるモノを使ってみた。たまたま実家の近くで販売されていたものを親父がネットで発見し、購入してあった。販売元のコングー研究所に行くと5,6人のおじさんが出てきて、皆で説明したり、実際に施工したりしてくれるらしい。おじさん達が一生懸命に磨いてくれたであろう部分は確かにぴかぴかになっている。
早速、実際にやってみた。薬を布につけ力強くみがく。確かにとれてきてはいるものの、見本でやってもらった場所ほどにはならない。下の写真は見本でやってもらった場所。
molesuper4.jpg

小さいボトル1本(20ccぐらい?)で5500円もするのであまり大量に使うわけにはいかないのでちびちびつけながらやるがなかなか進まない。そのうち指の方が痛くなってくる。うーん、これは相当力と根気がいるぞ。おじさん達は楽しみながらこつこつやってくれと言っていたらしいが、むしろ一気に作業は無理だ。それでも30分ほどこすり続けて他と比較するとかなりきれいになっている。使った薬はボトル4分の一ぐらいだろうか。しかし、この薬は何なんだろう。コンパウンドの様にざらざらしているが、においがちがう。試しにコンパウンドでやってみたが、ほとんどとれなかった。BMWに飽きてきたのでベンツでやってみた。ベンツはもともと茶色いメッキなので、くすみがそんなに目立たなかったが、よく見ると結構ひどい。こっちも同じように磨いてみる。するとどんどんとれるのだ。BMWよりかなり楽だ。しかも、ぴかぴか!すごい。気を取り直してBMWの続きを始める。更に30分ぐらい磨き続けた。かなりいい感じだ。左側はほぼ完成。未だにおじさんがやった場所ほどではないが、最初と比べればぜんぜんOK。使った薬は計算通りほぼ半分。これはいいかもしれない。ウェブサイトの怪しさとは裏腹におじさん達が7年も開発に費やしただけあって効果ありそうだ。興味ある人は試しにやってみたら?

Posted by keigo at 02:42 PM | Comments [0]

March 20, 2005

title_uk.gifイギリスの車 ROVER MINI PAUL SMITH 1999

mini1.jpgいつもは車を売る側だが、今回は買う側にトライ。天気も良いのでドライブがてら、見に行ってきた。場所はマーロー(Marlow)。郊外の小さな町でテムズ川の上流に位置する。以前にも訪れたことがあるが、相変わらずのんびりした町だ。お目当ての車はミニ、日本でも大人気のミニだ。旧型で、100%英国産だ。しかも、ポールスミスとのダブルネームで限定発売されたバージョン。日本では200万近い値段も付く人気グレードだ。世界中で日本でしか発売されていないという人もいるが、ここで走っているのでたぶんそれは間違いだろう。それにしても、かなり珍しいことに変わりはない。ということでかなり買う気満々で現金持参で見に行った。ところが、実車を見てかなりがっかり。1999年製なのにさびがひどい。ミニは溶接のつなぎ目がかなりさびやすく、事前のやりとりでもある程度把握してはいたものの予想以上にひどかった。前にも書いた道に撒かれる塩のせいだ。フロントフェンダー、ドアの付け根、サブフレーム、ボンネット裏等かなりの部分がさびていた。エンジンルームも鉄の部分は赤茶けて、アルミの部分は白く粉を吹いていた。恐るべしMADE IN  ENGLAND たった5年でここまで崩壊に向かうとは!結局相手のオファーしている値段ではとても無理なので、取引は成立せず。その値段の半分ぐらいなら買ってなおしてもいいかなというかんじだった。内装はおしゃれだし、エンジンやミッションは調子よかっただけに残念だ。

Posted by keigo at 07:41 PM | Comments [0]

March 16, 2005

title_uk.gifこんな車も現役

かどうかはよくわからないが、イギリスを走っていると時々出会う。どこのなんて言う車か全くわからないが明らかに戦前の車だろうな。しかも結構速い。写真撮りたいからとまってって言ってるのに相手にしてもらえなかった。classiccar.jpg

Posted by keigo at 12:26 PM | Comments [0]

March 15, 2005

title_uk.gif今日もサザン

今日も車を取りにサザンプトンに行った。しかし、今回は諸事情で一人。しかもバス。イギリス中に路線を持っている長距離バスの最大手ナショナルエクスプレス。サザンプトンはロンドンから120キロぐらい南にあるのだが、約2時間。運転しないでいいし、事故の心配しないでいいし、警察に捕まる心配もないし、当然音楽聞きながら本とか読んでいられる。寝ててもよい。あらためてすごく楽なことに気づいてしまった。しかも、驚くのは値段だ。ネットで予約、便も限定という制約はあるがたったの4ポンド。nxl_shuttle.jpg昼の12時出発で乗客数は約10人、たぶんよっぽど人気の無い時間帯なんだろう。それにしても安い。ビクトリアのバスステーションに行く方が金かかりそうだ。乗客はみな一列おきに2人がけを一人で占有。占有面積はビジネスクラスより広いかも。

Posted by keigo at 05:48 PM | Comments [0]

March 12, 2005

title_uk.gifやけくそeBayの続き

今現在3台で1600ポンド(約32万円)!3台で3ポンドからのスタートだから約533倍に跳ね上がっている。特にセレナ、1000倍以上だ。どこまであがるのだろう。後24時間を残すばかりだ。 それにしてもよく見ているとなかなか興味深い。どの車も細々と競り合っている。本物の車なのに数ポンド単位であがっていく。特にRVR MICJAKUK(0)なる方が一生懸命にビッドしてくれるおかげで順調にねをつけている がんばれミックジョックユーケー!3台で2500ポンドだ

Posted by keigo at 10:22 PM | Comments [0]

March 09, 2005

title_uk.gifイギリスの車検

syaken.jpgあー疲れた。イギリスの車検結構いい加減そうで結構厳しい。しかも毎年だ。かかる費用はだいたい40ポンド。車検場(MOTセンター)にもよると思うが、今回持ち込んだ所は厳しかった。下回りもよく見てる。排ガスのチェックなどは日本より厳しい。エンジンの回転数を上げたり下げたり、油温まで計ってる。今日は再検査だったが、ようやくパスできた。なに言ってるかわからない(はっきりしゃべらないから)ようなお兄さん達のわりにきっちり仕事していて、いやな感じだった。しかし、これでやっと車を登録できる。

Posted by keigo at 10:00 PM | Comments [0]

March 06, 2005

title_uk.gifメガーヌセニックとザフィーラ

zaphira.jpg昨夜と今日の昼、車を2台買った。一台は日本の会社の営業車でルノーメガーヌセニックの代替だ。もう一台は自分の仕事関係の車。セニックは約2年前に購入し2万キロぐらい使用した。なかなかいい車だった。故障もほとんど無かったような気がする。イギリスやフランスだとあふれるほど走っている。タクシーやパトカーにもなっていたりするが、日本では結構珍しく乗っていてもまず同じ車とすれ違うことは無かった。scenic.jpgエンジンは2000cc。ミッションは4速AT、ATの制御プログラムがいまいち日本の道路事情にあってないような気がした。全体的にギヤ比が高い。やはりマニュアルで乗るべき車なのだろうな。ちなみに2年ぐらい前から売っていた4駆のセニックはマニュアルしか用意されていなかった。ボディーは程良い大きさで、後部はいすを取り外せばかなり広大なカーゴルームになった。リアシートは結構重いが1脚前ずつに倒したりはずしたりすることができる。サスは柔らかい部類の車だとは思うが、一部の日本車のようにただ柔らかいわけではなくある程度スピードに乗ると芯がしっかりある、そんな感じだった。セッティングもあくまで安定志向でかなり無茶なことをしてもコントロール不能になることはなさそうだった。ふつうのセダンより多少は背が高いが、それも全く気にならない。外装も内装も特に豪華でもないし、構造的にも装備的にもなにも目立った物はない地味な車だが、車としての本質的な部分はそれなりにしっかりしている。ヨーロッパでこれだけ売れているのも納得がいく。 シートも皆がイメージするフランス車のそれそのものといった感じでフワーっと沈み込むながらも骨格をしっかりと支えている感じでとても良かった。プジョーはあまり乗ったことが無いが、90年代の405や306と比べてもさらに体を包み込むような感じで、僕はこっちの方が好きだ。6万キロ乗ったが特にファブリックがすれているということもない。エンジンについてはパワーも特性もこの種の車なので特にどうって事はないが、まあトルクもあってしかも踏めば平均的な国産車レベルは走る。ヨーロッパでは1600ccから発売されているので2000ccで文句は言えない。そんな中でちょっとがっかりしたのはエアコンだ。べつに壊れているわけではないのだが、風量最大にしてもあまりきかないのだ。あまり冷たい風が出てこないのだ。コンプレッサーも動いているし、エアコンメーカーが日本の真夏の炎天下でテストするらしいからよっぽど過酷なのだろう。でも日本で売るからにはこの辺もクリアーしてほしかった。さて、対するオペルザフィーラはどうなのだろう。この車も日本では非常にマイナーだが、ヨーロッパでは実用車として真っ向から対決するライバル同士の2台。乗るのが楽しみになってきた。

Posted by keigo at 11:14 PM | Comments [0]

March 31, 2004

title_uk.gifトルクフル

hino.jpg
今日はダンプを運転してみた。友人の親父さんが経営している採石会社で使うためのダンプをヤフオクで落札したため、それを陸送した。ルートは神戸から愛媛県の大三島。車を取りに行って早速乗ってみた。すごく汚い。でもなんだか乗用車には無いスイッチやらレバーやらがあっておもしろいぞ。後ろの荷台をどかー!って跳ね上げるレバーもある。砂利をたくさん積んで道を走りながらがーってあげたらすごいだろうな。それにどうやらエンジンは2000回転以上回してはいけないらしい。壊れるぞ!っておどされた。車やさんも心配顔だ。大丈夫だよ、一応大型あるし、ダンプはボディー小さいから。それにこれ4トン車だ。ミッションは6速。空荷だと3速でもスタートできた。エンジンはターボ付き、忘れちゃったけど確か1万CCぐらいだったかな。200PSトルクは60kgとかだったとおもう。GTRのフルチューンみたいなトルクだ。とにかくトルクフル。ていうかトルクしかない。ぐいぐい加速する。しかし回転数は1500回転。変な感じだ。ちなみにこの車、走行距離は15000km。乗用車だとしたらまだ新車みたいな距離だが、山で土砂積んでこれだけ走ってれば結構消耗するのだろう。最近は中国へ中古トラックがどんどん流れていって国内の中古市場は以前の倍ぐらいらしい。恐るべし中国。中古乗用車の輸出が解禁されたらどうなるのだろう。まあいいや。それにしてもしまなみ海道はきれいだった。トラックは運転席がかなり高いので景色もよく見える。そんなこんなで無事に大三島に着き引き渡し完了。先に里帰りしていた友人と落ち合い、温泉にいったり、海でまったりつりをしたりでいい旅だった。大三島いいとこだよ。

Posted by keigo at 03:32 PM | Comments [0]

March 12, 2004

title_uk.gifツーリング神戸-高松

shortturing.jpg

最近バイクネタばかりだ。T君と共にツーリングに行ってきた。大した距離ではないが春の山陽路。神戸からひたすら2号線を岡山に向かう。途中自動車専用道に入ったのまでは覚えているのだが、知らない間にその道は高速道路になっていた。僕は問題ないのだが、KDX125を駆るT君は気づいているのかいないのか知らないが、どんどん走る。ていうか、ほんといきなり高速に変わって、125以下は走行禁止みたいな看板あるし。その看板見て気づいてももう遅いと思うんですけど・・・ まあそんなハプニングも無事乗り越え(ばれずに)無事岡山市内に到着。T君とはここで別れぼくは宇野の国道フェリーへ。走行距離250キロぐらいだったが、そこそこ楽しかった。

Posted by keigo at 10:35 PM | Comments [0]

March 10, 2004

title_uk.gif雪中ツーリング

snowturing.jpg

無事卒業も出来そうなことだし、雪も降ってきたことだしということで六甲山にショートツーリング?行ってきた。雪はやはり滑る。KDXは滑ってもおもしろそうだけど、僕のはそうもいかない。重いし。それにしても寒かった。

Posted by keigo at 10:29 PM | Comments [0]

March 05, 2004

title_uk.gifユーザー車検

zr750.jpg


CRMも売ってしまったし、しょうがないからゼファーの車検を取ることにした。区役所で臨番をかり、陸運局へ。車の車検は嫌と言うほどやってきたが、バイクは初めてだ。ライトの光軸が絶対引っかかるだろうななどと思いつつ書類を作り、いざ車検。やはりライトが全然ダメみたいだけど、そもそも調整したってかちっと固定されないし、係の人もそのぐらいのことはわかっているようで、許してくれた。あとは全く問題なし。最近のバイクは排ガスもチェックされるみたいだけど、僕のは93年式だからそれすらもなし。

Posted by keigo at 10:14 PM | Comments [0]

January 26, 2004

title_uk.gifぶぃーんー

寒!1.jpg

Posted by keigo at 02:30 AM | Comments [0]