May 13, 2006

●F360フェラーリチャレンジストラダーレ、ミッションオイル交換(お隣さん)♪

フェラーリチャレンジストラダーレ、ミッションオイル交換♪
トランスミッションケースにエンジンオイルのドレンプラグがついてる(汗)
ドライサンプエンジンだからミッションケースにオイルのポートがついています!

フロントカーボンローターブレーキ
ホイルは19インチ

フェラーリのベルフローティングカーボンローター♪
パット2セット交換に対してローター交換が必要らしいです。
ローター1枚100万円(汗爆)このカーボンローターは非常に取り扱いが難しく
縦置きして倒れたりすると割れたり、ドライバーでこじったりは厳禁です!!
割れちゃうと即交換、100万円・・・



ミッションオイルはこのレベルゲージを使ってレベルを合わせながら、ギヤオイルを注入していきます。


チャレンジストラダーレのマフラー出口形状♪


リヤアップライト


リヤセクション


フロントセクション


フロントディフィーサー


ラジエーターホース類は全部ブラックシリコンホースを使用しています。


セルモーターは電装製ですね



オルタネーター(ダイナモ)も電装製



ドライブシャフトはポルシェ962Cより太い♪


エアコンコンプレッサー・・・これも電装製じゃない・・か???



F360のドライサンプオイルパンと6速F1マチックギヤボックス
ドライサンプチューブは通常青色だが
チャレンジストラダーレは赤色にマイト処理されている
ストラダーレはやはり特別なのか・・・


お隣の渡辺氏(元コーンズのメカニック)


チャレンジストラダーレのオーナー
・・・
湾岸全開族の時代から私のことを良く知っているという・・・(汗爆)
謎のフェラーリ乗りさん♪

投稿者:Hirata at 12:13 PM | Comments [0]

February 01, 2006

●リヤ343ローターBremboチタニウムカラーの誘惑♪

各パーツ



加工

パーツ重量















投稿者:Hirata at 03:28 AM | Comments [0]

January 16, 2006

●F50-Bremboチタニウムカラーの誘惑♪

【F50ブレンボ、355ローターをエルメスBNR32フロントに装着♪】

「ベルフローティングローターのシンメトリーセッティング」


ベルフローティングローターの場合、サイド方向に0.1~0.2mm程のクリアランスが有り、
キャリパーのピストンはブレーキライン接続側から先にフルードの油圧が立ち上がって
IN側からピストンが突き出す、油圧の立ち上がり速度のタイムラグ分、常にIN側ピストンが
OUT側ピストンより先に突き出してしまう。結果、
ローターセンター位置が外側にズレて初期のタッチが悪化してしまう。
これをIN&OUT側ピストンの突き出し量をシンメトリーさせて、
ローター取り付け位置変化を最小になるよう、15%程IN側にローターをオフセットする
これがシンメトリーセッティングである。

このセッティングはパーシャルブレーキ時の鋭いブレーキレスポンスや
コーナー奥までブレーキを残したまま、ブレーキコントロールを楽しむ様な方にお薦めする。


シム装着後、再度シックスネスゲージで測定する。

*******************************************
取り付け手順

①  キャリパーブラケットの取付

② 355ローターの取付


③ F50キャリパー取付&オフセット測定
   エルメス号のシム無しボルトオン装着時のキャリパーオフセット寸法は
   IN側クリアランス1.9mm、OUT側0,5mmだった。かなりズレズレ~
   
   げげぇ~!エルメス号と電車男は相性がかなり悪いかも~~~・・・

④ 0.5mm&0,8mmのシムを各種用意して、オフセット

⑤ シム取付状態

⑥ 今回のエルメス号は、TC2000仕様なので
   キャリパーオフセット15%、IN側1.1mm、OUT側1.3mmのクリアランスとした。


「ローター交換時の注意事項♪ ハブの面精度が大事!」
エルメス号の34N1仕様ブレンボはパーシャル時若干ローターから
ジャダーが発生しステアリングがプルプルしていたので、まずは
ハブ面のお手入れから♪


ハブ面のサビや、純正ローター等を取り外す際にサービスホールに極端にボルトを押し込んだり
して出来た突起等をそのままにして、新しいローターを着けると
ブレーキング時にジャダーが出るようになってしまうので
ハブ面を軽く修正研磨してから組み込んだ方が良い。

*******************************************

今回交換した各パーツの重量及び寸法等の比較


⑩ BNR34N1キャリパーパッドASSY 4.2kg

⑪ F50ブレンボキャリパー 4.6kg

⑫ 取り外したプロジェクトミューSCRプロ324mmローター 7.4kg 

⑬ 355mmベルフローティングローター 7.8kg


⑭ F50/355mm用キャリパーブラケット 0.8kg

⑮ BNR34キャリパー取付ボルト 14mm ピッチ1.5mm
   小さいボルトはBCNR33&BNR32の12mm ピッチ1.25mm
   車種によりボルト径ネジピッチが違うので注意!


⑯ キャリパーオフセット調整用シム 0.5t、0.8t

⑰ 参考まで、トラスト6POD/355用ブレーキパッド
   んんん~やっぱ6PODは・・・で、でか~い!
   6POD W=151.5 H=50 t=17


⑱ F50ブレーキパッド 1.2Kg 

   W=131.5 H=50 t=18


⑲ 左=トラスト6POD 右=F50ブレンボ4POD


⑳次回はリヤ、ブレンボ4PODチタニウムカラー
343ローターの取り付け♪・・・予定・・・


・・
・・
・・
・・
んんん~
いつになる・・・

投稿者:Hirata at 03:17 AM | Comments [0]

January 04, 2006

●BNR34ゲトラグ6速シフトレバーブーツ交換

ありゃまぁ
どうも臭うと思ったら・・・レロレロでした


ゲトラグはリバースセレクターシャフトが上下にスライドしますが
そのスライド部分に小さいブーツが付いていますが、熱で?外れていました
思い切って、大も/小も新品に交換



1~6速時のブーツ


リバース時のブーツ
ここ外れてるとトランスファーオイル、レロレロ&臭い


漏れでたトランスファーオイルをラッカーシンナーで溶かし脱脂する
シリコン系液状ガスケットでシールし各部を耐熱タイラップでクリップする




投稿者:Hirata at 01:26 AM | Comments [0]

December 23, 2005

●34純正ブレンボのメンテナンス・他


赤い悪魔♪
絶倫さまが乗るとメロメロ?なのよ・・・
お姉ちゃんも絶倫さまに乗られるときっと・・・%*(!>{・×○△・・

PADはPFCレース用♪
走行一万キロも乗っていないのに残り2~3mm
夜の?激しさかぁぁぁ・・・



んんん・・・
PADも減ってるけど
ロ・ローターが表3mm裏4mm陥没している
このクルマ本来はBCNR33用キャリパー12M取り付けボルトだが
14Mボルト穴に改造して34キャリパーを付けている

リヤローターは表0.5mm裏1mm近く磨耗している
34純正ローターって柔らかい・・・

リヤPADはフロントと違い5~6mm残っていた・・・

それにしてもPFCは凄い攻撃性だ・・・
それとも、絶倫さまが凄いのか・・・

フロントローター裏側はこんなに減っていた・・・

これはフロント左側・・・
右側はPADとローターの磨耗が多く
キャリパー、ピストンのオイルシールが飛び出してしまっていた

34ブレンボ-フロントキャリパーの洗浄



PFCのPADかすとローターの粉末が固着して金属のように
固い・・・
ブレーキクリーナーだけでは落ちないのでPRO用洗浄液
(トルエン30%)で丁寧にグリスを洗い落とし、オイルシールを
痛めないように鉄粉やスラッジを剥がす・・・

34ブレンボ-リヤキャリパーの洗浄

ブレーキの鳴きが凄かったのか・・・
鳴き止め?グリースが凄~い!ぬ塗りすぎ~


PFCのPADかすとローターの粉末が固着して金属のように
固い・・・
ブレーキクリーナーだけでは落ちないのでPRO用洗浄液
(トルエン30%)で丁寧にグリスを洗い落とし、オイルシールを
痛めないように鉄粉やスラッジを剥がす・・・


ついでにローターハブ部が腐食しているのでマスキングして
錆び止め塗装♪する


投稿者:Hirata at 12:41 AM | Comments [0]

November 09, 2005

●トラスト6速ドグミッションO/H『分解』

ウンチーニさんと金ちゃんが乗った
トラスト6速バージョンⅠドグミッション♪
組み方は普通クリアランスを大きく取って超固いギヤオイル(250~300)を使うのが
主流みたいですが
私はスラストクリアランスを純正の70%~80%代に詰めています
また、オイルは比較的柔らかめのギヤオイル(75w160RR)を使用しています
これにより、各ギヤの同期が速くなり
新品のギヤなら、吸い込まれるようにシフト操作が出来るようになりますので
サーキット等におすすめかな♪

さてウンチーニさんがサ-キット
金ちゃんがゼロヨン?ボンネ?で酷使した
ツーオーナーみっちょんを開けてみましょう~

距離時間は相当なはずですが
金ちゃんは、ファイナル3.5のボンネビル仕様(6速420km/h)だったので
6速の使用頻度は殆んど無い様でドグ(凸)の磨耗はしていませんでした

ゲゲゲ・・・
当然ですが、1速~4速はかなり・・・(汗)

M/S4速ギヤ

ここまでドグが丸く磨耗すると回転が完全に同期していないとかなりハジかれます

M/S、3-4速ドクリンク

ハジかれちゃうとドグリンクの凹みも削れちゃうですよね

M/S、3速ギヤ

3速は4速よりは磨耗がやや少ないですが駄目です

M/S、2速ギヤ

定番ですが2速の磨耗は最も多い・・・

M/S、1-2速ドクリンク

かなりハジかれています

M/S、1速ギヤ

1速のドグ磨耗はあまり無い筈なんですが、クラッチのメンテ不良とかで
発生します、クラッチが完全に切れていない車は1速に入れる時に
ガチャーン!♪ってな物凄い音がしますトリプルデスクの車や
ディスクが焼けて反れていると切れが悪くインプットシャフトが止まらずに
1速はガチャンやドキュンと物凄い音がします
繰り返していると、ドグが磨耗してしまいますので早めのクラッチ調整が必要です

MS&LS (インプット側)

MS&LS (アウトプット側)

ゼロヨンなどで全開シフトしている車はセレーションの捩れ曲がりに注意
今回は微小な崩れがあり小修正で修復、再使用♪
・・・
M/S側5~6速ギヤ


L/S側1~4速ギヤ


M/S側1~4速ギヤ
当然ですが・・・かなりきてます(涙)

おまけ・・・
【トラ6速バァージョンⅠ】 名前: あかい [2005/18:44:13] No.674 返信
M/S側1~4速
おちちさん>かなりきてますぉ~(汗)

>> スゲェ・・・ 名前: おちち [2005/] No.675

菌ちゃんが壊したのでは?・・・・・(笑)

>> 菌ちゃん♪つぅ~事は・・・ 名前: 絶倫超人♪(偽)   [2005/] No.678

長・・・
【まつり男♪】が神犯人では?・・・(笑)

んんん~シフトフォークも
足開いてま~す♪

投稿者:Hirata at 01:00 AM | Comments [0]

November 08, 2005

●トラスト6速ドグミッションO/H『交換部品』

今回はトラスト6速バージョンⅠのO/Hを
アップ・・・(少しずつUPしますぅ)

6スピードE-3F1-19、3速~4速ドクリンク(ドライブディスク)
・・・
ドグミッションは
各ギヤのドク(凸)にドクリンクの穴(凹み)をかみ合せる事で
エンジンの動力を伝えます


ドクリンクが3速ギヤにスライドすれば3速と同期し
4速にスライドしてかみ合えば4速ギヤの回転を伝えます
純正ミッションのように各ギヤの回転数を同期させるシンクロがないので
素早いシフト操作が出来ますが、独特の操作が必要でストリート
のドライブには、不向きですのでレース用ミッションといえます。


6スピードE-3F1-18、1~2ドクリンク(ドライブディスク)


このドライブディスクはリバースギヤにもなっていますので
慣性の問題で重いのが欠点ですリバースギヤを削り取って(リバース無し)
軽量化すれば、高回転でのシフト操作が正確決まるようになると思いますが
おまけのリバースでも、バック無しの車は乗れないですから多少の同期遅れは
我慢我慢・・・(汗)

6スピードE-3F1-07、4速ギヤM/S

6スピードE-3F1-06、3速ギヤM/S

6スピードE-3F1-05、2速ギヤM/S


6スピードE-3F1-33M/Sナット
6スピードE-3F1-66レバーブッシュ
6スピートT/M605スプリング
6スピートE-10C1-14LSナット
6スピート983ロールピン
6スピート829サークリップ


6スピードE-3F2-37、1~2セレクター
6スピードE-3F2-39、3~4セレクター
と上と同じ物ですがO/H時の交換部品一式

純正部品のベアリング等交換部品は


今回交換したパーツ一覧は以下になります
6スピードE-3F1-052速ギヤMS      ¥21100

6スピードE-3F1-074速ギヤMS      ¥19400

6スピードE-3F1-063速ギヤMS      ¥20300

6スピードE-3F1-18、1~2ドクリンク   ¥27700

6スピードE-3F1-19、3~4ドクリンク   ¥13600

6スピードE-3F2-37、1~2セレクター   ¥27100

6スピードE-3F2-39、3~4セレクター   ¥27100

6スピードE-3F1-33MSナット       ¥4100

6スピードE-3F1-66レバーブッシュ     ¥5200

6スピートT/M605スプリング          ¥150

6スピートE-10C1-14LSナット        ¥3700

6スピート983ロールピン            ¥1750

6スピート829サークリップ            ¥600

32112-05U11、G/K            ¥780

32110-05U11、フロントカバー         ¥2560

32219-E9020、b/gカウンター         ¥960

32143-05U11、G/K            ¥250

32203-C8015、b/gメイン          ¥3180

32518-05U00、G/Kシフト          ¥150

32224-01G00、b/gニードル         ¥740

32219-01G10、b/gカウンター         ¥1660

投稿者:Hirata at 11:59 PM | Comments [0]

●トラスト6速ドグミッションO/H『組み付け』

今回はウンチーニさんのトラスト6速バージョンⅠのO/Hを
アップ(時間が無いので少しずつ)


新品部品は綺麗~♪1~4速M/Sの風景♪
2、3、4速MS側ギヤ交換


新品部品は綺麗~♪
もちろん1-2、3-4ドクリンクもおNEW♪


リバースのセレクター♪
5速のスペースに無理やり6速としているので
リバースのスペースはおまけ?程度しかない(涙)
バイクのミッションの歯の半分しかないので
バックで力を掛けるのは止めましょう♪
筑波アタックにリバースは要らないので
今回はこのまま(笑)

5-6速はドクがあまり痛んでいないので
今回はそのまま・・・
全部交換してたら、新品ASSYになっちゃうよね~
今回の3-4速はSPL?厚いのよ(汗)


普通は交換しないギヤより高価なシフトセレクター・・・
1-2、3-4速交換♪

千分の1秒を刻み続ける、ウンチーニさんの為に
絹のようなシフトフィーリングにこだわってみました~ん♪

5-6速リンクシステムは
3-4セレクターが支えている♪
そこから2次3次とリンクが入るので捩れやすいのよ・・・
5から4速にシフトダウンは丁寧にシフトしないと
2重噛みあいする事があるので注意が必要です


5-6速リンクシステムは
3-4セレクターが支えている♪
このリンクバーが5-6速の作動ロッド
ここの強度が上げられればもっとかちっとするんだけど・・・


T/Mフロントカバー
本当は新品使いたいけど、全部交換は
きりが無いよね・・・
強度あがれ!と思いを込めて
ピカピカに磨いて見ました(笑)


T/Mリヤケース
本当は新品使いたいけど、全部交換は
きりが無いよね・・・
強度あがれ!と思いを込めて
ピカピカに磨いて見ました(笑)

忘れては逝けないのが、レイシャフトナットの
逃げ加工♪ここを削らないと、ナットがケース
に接触して緩む(汗)
最悪はミッションブロー


インプットシャフト♪
お掃除再使用♪
もちろんメインベアリング類は交換♪

プランジャーブロックはV-1
プランジャースプリングは1-2、3-4速側に
メリハリが出るように5mmロングV-2用の
スプリングに交換してみたら
あ~ら不思議♪
とってもイイ感じになりましたぁ~

フロントカバー(天狗)もトリプル用に
カット加工して新品♪

ゲートプレートに
プランジャーブロックピンが当たるように
SETするとシフトノブ位置がダルで幅広くなる
それだとシフト時間が千分台で遅れるので、
横方向をプランジャーで80%に絞りました
横のグラグラ感が無くカチットします
デメリットはゲートに対して正確なシフト操作が
必要ですがウンチーニさんなら、
きっと正確な操作が出来るはず・・・

千分の1秒を刻み続ける、ウンチーニさんの為に
カチットしているが絹のように滑らかな
シフトフィーリングにこだわってみました~ん♪

ゆきぽんにブログさぼり過ぎだぞ!って怒られたのね(笑)

投稿者:Hirata at 11:05 AM | Comments [0]

May 31, 2005

●初めて乗ったGTRは34VspecⅡ♪

GTRの魔力に落ちた男・・・
データ追加しました。

投稿者:Hirata at 12:35 AM | Comments [0]

May 30, 2005

●初めて乗ったGTRは34VspecⅡ♪グレッテイT88-34D-BNR34(ドラック仕様)

雨が降ってきた、Rが・・・


GTRの魔力に落ちた男・・・

【初めて乗ったGTRは34VspecⅡ♪】

どんなお姉さんも、いじり倒してしまう、浮気症のあかいおじさまに対抗して
俺は長年、本妻一筋!(Y32T78仕様)をつらぬき通してきたが、
すでに限界・・・末期症状のガン患者だった

俺のための秘密工場には・・・
いつでも、怪しい香りのGTR達がいた・・・



工場には、そんなR達を横目でいつも(チラチラ)見てみぬふりの硬派を貫き通す俺がいた・・・
俺の姿は随分と滑稽に見えたことだろう・・・
しかし・・・
そんな抵抗もむなしく、自身の重い病いの進行を食い止める術はなかった・・・
そう・・・欲しい欲しい病の発症だ!進行は6ヶ月で末期症状を向かえ、
やがて・・・


俺は限界を超えた!(TWENTY FOURバリに・・・)
本来の仕事が終わると建設資材関係の仕事をし、更に別のバイトと、
そんな多種多様な仕事をこなした、こうなったらトコトン逝ってやる!と・・・
ヤフォービジネスも開始・・・いつしか本妻の事はすっかり忘れていた・・・
あの日の事も・・・

俺は寝る間もなく、働き続けた・・・忘れる為に

寝ても覚めてもとは・・・この事か?・・・
Rよ!お前は、俺に何を見せてくれるのか・・・
そんな日々を繰り返して、あっという魔に数ヶ月がたった
ある日・・・


とうとう真珠色の綺麗なお姉さんを俺は手に入れた
・・・
そしてGTRのノーマルを知った・・・
だが・・・純潔の彼女は本妻の敵ではなかった・・・

つづく・・・



【 破壊王キヨタカの告白・・・ 】

GTRの仕様について、

俺は基本的にメカニズムの事は良く知らないし、判らない・・・
だから、おやじにおまかせ♪仕様
①おいらが乗れる範囲内の本物Rを・・・
②低予算でVG30DETみたいなRB26!これしか注文していません(笑)
まさか、あんな仕様になるなんて・・・

破壊王のつぶやき・
真珠の愛人3号の仕様を人に聞かれたら 
ドラッグの時は『あくまで最高速仕様だから!』と言ってしまう・・・(汗)
最高速の時は『今はドラッグ仕様だから!』と・・・、何故だかな~(汗)
チューニングカー好きな人には『B1.3の600馬力ぐらい!』と、控えめに・・・
突っ込まれると困るし・・・俺には悪魔の棲む街の儀式は説明できないし・・・

でも、チューニングカーを知らない人には『800馬力!』と・・・答えてしまうぅぅぅ(爆)
現在は愛人3号(浮気)仕様?

【 破壊王の本音でトーク 】

究極の本妻?-Y32との比較では・・・

『流石にすごい!の一言につきる。今までこんな奴らを敵に回していた俺はアホ・・・FRと比較したら、GTR・・・いろんな意味で、これが本当の異次元の世界なんだな~と、思い知る』
『でもねVGの3.1Lに比べるとトルクが細いのが欠点だ、本妻はトルクで未熟な俺の心と腕をカバーし、助けてくれる(笑)』
『GTRの強烈な誘惑に負けて?、BNR32、BCNR33も入手してしまった・・・やっぱり、あれもこれも乗り比べて、Rの事をもっともっと知りたい、乗りこなしてみたい、本当の浮気者は俺なのかもね~・・・やるならトコトン!ダハァ~(笑)Rを・・・愛してしまった』

続きは次回、時間のある時に・・・




破壊王キヨタカ氏のゼロヨン練習マシン♪現在のレベルは愛人3号くらい?


コメントはのちほど・・・

投稿者:Hirata at 02:50 AM | Comments [0]

May 27, 2005

●BNR34の空力パーツとミッションの冷却

【銀色の悪魔00F・・・】
4や5速でフル加速すると離陸してしまいしまいそうな加速なので・・・
リップスポイラーなどを付けてみました


ハセミSPのリップは純正デフィーサーに挟み込むタイプ
純正より20mmくらいしたに下がります、
造りはなかなかの良い物でした

このリップはダウンフォースがかなり有るようです
250くらいで巡航だとフロントがのめり込むように張り付きます


【バランス】
フロントとのバランスを取る為にリヤにもハセミSPのカーボンフィンを
付けてみました、これの効果はまだ走っていないので判りませんが
ファミレスとかの駐車場には止められないと思います
・・・
【BNR34のリヤディフィーザーは本物パーツ】
昔、(1999年ころ)黒の34零号機HRGspl(三郷の長靴おじさん号)にF3000を真似た
バットマンテールを製作し取り付けした事が有ります、センター部をナンバー
プレート位置まで伸ばしたロングテールデフィーザーでバットマンテールの
怪人(長靴?)と呼ばれていたな・・・

34のBUPでは最高速が落ちてしまうほどの効果で
ウエットなS字区間をドライコンディションの時と同じようなSPEEDで
走る事ができました(切れてるドライバー&RE710)
この時・・・34って空力の鎧をまとった戦闘機♪
随分進化したなと感じました
サーキットなどの高速コーナーでアンダーステアが強くセッテイング変更の
余地がサスに残っていない場合は、リヤデフィーザーを思い切って
外してしまいましょう・・・結構アンダーが消えたりします


【ダウンフォース】
リップのせいかなのかは、判りませんがダウンフォースで
デフィーザー&エンジンアンダーカバー取り付けボルト穴が
抜ける寸前でしたので大型のフラットワッシャー
で補強取り付け


【チューンドエンジン】
このクラスのチューンドエンジンではFデフィザーを完全に装着すると
エンジンルームのエアーの抜けが足りなくなり、水温が走行時は問題ないのに
渋滞とか長時間停車していると90度以上に上がったり、
サーキットなどで十分にクーリングしないでPITストップすると
PITでオーバーヒートしたりする時があります、
銀色の悪魔00F・・・ではエンジンアンダカバーの
後半両サイドを10cmほどカットしました
丁度…ロアーアーム、ブレーキエアーガイドの後端の負圧側に
エンジンルームのエアーを引き抜く感じにカットします
日時が違うので比較条件は異なりますが
水温が渋滞時6~7度下がりました・・・


【ゲトラグミッション6速】
BNR34はゲトラグミッションのオイル容量が少なく(2L)フロアー廻りの
エアーの流れも悪いようで長時間高速走行すると
トランスファーオイルが沸騰して気化し煙モクモクになったりするときが・・・
ま、車の仕様や運転状況によって異なりますが
この車は試験時にはかなりの走行なので、臭うように・・・
そこで、対策としてフロアー下のエアーを導風板とダクトで6TMと
トランスファーを冷却するようにしてみました
温度計を装備していないので、今の所効果は判りませんが
臭わなければ・・・OKかなと・・・

投稿者:Hirata at 05:19 AM | Comments [0]

May 10, 2005

●重症のK号-BNR32、HKS関西カーボンデフィーザー取り付け

重症のK号-BNR32
T517Zツイン-600ccI/J
トラスト鍛造87φ仕様

HKS関西カーボンデフィーザー♪
んんん~
これ、かなりカッコイイです♪
造りもなかなかGood~♪
オイル交換で、したから見るとGTカーみたいだし♪
BNR32の古さを隠せます(笑)
ポルシェ962Cのフロント部のようにベンチュリー効果で
Fのダウンフォースを出すような形状を狙った造りに
なっていま~す(汗)






おまけで・・・これもかなり造りが良いです

投稿者:Hirata at 06:23 AM | Comments [0]