November 30, 2005

●RB26シリンダーブロック

RB26ブロックチューニング♪

RB26のブロックチューニングは、ブロック内部にオイルが付着しにくくなる様、
表面を加工し潤滑を安定させてオイルの気泡を抑える・・・。
ノーマルブロックではベンチでの実験において、粘度指数が60番以上のオイルを使用すると、

ブロックベアリングビームにオイルが付着し、フリクションロスの要因となった・・・。

高回転運転時、ビームには大量のオイルが掛かる。
ビームをナイフエッジ形状に加工し、ウエイトからオイルをそぎ落とす。

ビームにオイルを付着させないで、瞬時にバッフルに落とすために鏡面加工し水滴状にはじき返す様にする。

RB26の7ベアリングクランクキャップは、捩れ剛性を高める為にビームでつながって一体式になっている。
この形状を加工し利用する。

RB26の潤滑方式はウエットサンプである。
高回転でのオイルに混入するエアーは命取り♪
混入すると、空気は断熱剤になり油温が急上昇する。

また、ベアリング強度も極端に落ちメタルは焼け、溶ける・・・
高回転エンジンの潤滑にはドライサンプが最も適しているが
潤滑をどうコントロールし、気泡を押さえ混入を防ぐかが
ウエットサンプエンジンのキモである。

また、ウエットサンプのドラックエンジンなどでは、飛散するオイルが高回転でクランク
の抵抗になるため、クランクワイパーを付けてそぎ落とす事が多い・・・。
今回の加工は、ビームをナイフエッジ状に加工してクランクウエイトからオイルをそぎ落とす事にした
正式なクランクワイパーについては、クランクウエイトとのクリアランスが0.078インチ付近で正確に取り付ける事が
効果が大きいと言われている・・・


ウォタージャケット強化加工♪
USハードブロックのウオータジャケットフィラーで
シリンダーブロック強度を強烈にあげる・・・
下は注入中の図


可愛い子ほど手がかかる~


磨けば光るダイヤの原石?

RB26・・・

投稿者:Hirata at 10:38 AM | Comments [0]

April 13, 2005

●RB26ピストンとF399-F1・・・比較♪リメイク2


今回は重量と各寸法をとりました
当然ですが3次元ダ円ピストンかな~♪
サイド方向95.88mmスラスト方向95.44mmでした・・・
スカート高さは23mmと、かなり短い
ボア96×41.4のV10、3000cc
ストロークも極短いのでOKなのかも~

ピストンリングは2本リングで
重量はオイルリング無しのTOPリング込みで290.9g
TOPリングの厚さはなんと0.69tの極薄(汗)
ピストンピンは19φ×41mm
INテーク側のスカートが4.2mmと肉厚で
EX側は2.2mmと薄い?・・・
各リブの厚さは2.5~3.0mm

隣の比較ピストンは古いタイプのRB26-87.5φピストン


比較のキャレロコンロッドは2mmロングタイプRB26-2、7LKIT用
標準の長さのキャレロは507gでした

キャレロのボルトですが、並行ものには、たまに安いボルトを
使ってたりしますが・・・
これは最強のカーラ製SPS57♪
(アメリカ航空規格品)
CARAのボルトは、さすがですね~!
F399F1用ボルトは一本22g
キャレロRB26用一本27.5g
大きくて、長いのに重量はF1と5.5g差です(汗)
このパーツは最もF1SPECに近いかも~

投稿者:Hirata at 12:12 AM | Comments [0]

April 12, 2005

●F399-F1とRB26・・コンロッド比較♪リトライ~


大きいのはRB26用キャレロ2mmロング22ピンタイプ

F1と比るとコンロッドボルトの大きさが随分違いますね


F399-F1のコンロッドボルトの品番は無いようです
メーカーはPANKLと・・・


F399-F1のロッドボルト・・・か軽~い♪

メタルです・・・2枚で36g、このマークはどこのメーカーでしょうか?。。。。


ASSY重量も当然ですがめちゃくちゃ軽~い♪329.5gメタル込み

投稿者:Hirata at 11:41 PM | Comments [0]

April 09, 2005

●Renault F1-RS24

シャーシはRS25ですがエンジンはRS24です
シリンダーブロックの高さから、ストロ-クは推定40mm近辺か・・・

投稿者:Hirata at 11:16 PM | Comments [0]

April 08, 2005

●Renault F1-RS25のシリンダーHEDバルブレイアウト


Renault F1チームのサイトで見つけた(汗)
このバルブレイアウトが本当なら驚きです
普通だったらストレートポートに完全ペントルーフ・・・
フェラーリのF399は少々インテークバルブ重視のオフセット
だったけど・・・
RS25はIN-EXが平行に
かなりオフセットしていて?
トルク重視?高回転不向き?な設計だよね(汗)
でも、F1だから・・・
特別な
、なにかがきっと有るんだろうね

プラグの位置が確認できれば火炎伝播の距離と
推定点火時期が読めるんだけどな~
ブロック高からストロ-クは推定40mm近辺かそれ以下
だろうし・・・

これじゃターンフローに近くなっちゃわないのかな~
スワールが起きて高速燃焼するからレスポンスとトルクバンド
重視なんだろうな~
超高回転は捨てても
こういう設計のほうが
大部分のサーキットで速いんだろうね

注意・・・
あくまでも私の独り言です・・・

投稿者:Hirata at 11:06 PM | Comments [0]

April 07, 2005

●Renault F1の秘技Vキール支持を暴く

バーレーン戦までの
現時点・・・
最強のフロントサスペンション♪と言われている
Renault F1Vキール支持フロントサス♪

フェラーリと比較…
フェラーリ…かなり無理していますね、コーナーつらそ(涙)
Renaultは
ノーズ下面とキールの内側はトンネル状となっており、
ここをフロントウイングの後流が通過する・・・
モノコック下部のロワアーム取り付け部は、
V型のキールとなった模様。
フロントサスを正面から見ると、今年もアッパーアームの角度はノーマルなジオメトリー。
ルノーは、同じミシュラン社のタイヤでも、
ウイリアムズや昨日登場したマクラーレンらと比べると使い方が異なるのだと思う。
近年のF1マシンは正面から見てロワアームの角度が判り辛いが、
他の角度の写真から見た感じでは、
ルノーはウイリアムズのタイプよりフロントのロールセンターは低いと思う。
一般的にロールセンターが低ければ、コーナー入口の反応は穏やかになり、コーナーでの限界は高く、
逆にロールセンターが高い場合は、コーナー入口の反応は敏感になり、コーナーでの限界は低くなる

投稿者:Hirata at 11:03 AM | Comments [0]

April 03, 2005

●Panasonic Toyota Racing TF105ってSPEC凄いよ~


F1♪って、最大トルク/回転数/kgm・・・公開してくれないのね(涙)

Panasonic Toyota Racing lifted the covers on its 2005 race car, the TF105

Toyota Motorsport's 600-plus employees hail from 32 different nations, perfectly complementing the truly international stature of the Toyota Motor Corporation. For 2005, the team's highly skilled and experienced F1 personnel have had to consider regulatory changes ranging from aerodynamic restrictions (to reduce downforce) to a stipulation that engines must last for two race weekends. Also new for 2005 are race drivers Jarno Trulli and Ralf Schumacher. The duo brings to Panasonic Toyota Racing a combined total of 257 grands prix experience. Alongside the team's test drivers Olivier Panis and Ricardo Zonta, Toyota can boast one of the strongest, most experienced driver line-ups in the pitlane.

Add your comments on the Toyota TF105

General specifications
Record last updated 03 / 09 / 2005
Country of origin Japan
Produced in 2005
Numbers built N/A
Body design N/A
Weight 600 kilo / 1322.8 lbs
Drivetrain
Engine RVX-05 V 10
Engine Location Mid , longitudinally mounted
Displacement 2.998 liter / 182.9 cu in
Valvetrain 4 valves / cylinder, DOHC
Fuel feed Fuel injection
Aspiration Naturally Aspirated
Gearbox Toyota / XTrac paddle-operated 7 speed Sequential
Drive Rear wheel drive
Performance figures
Power 900 bhp / 671 KW @ 19000 rpm
Torque N/A
BHP/Liter 300 bhp / liter
Power to weight ratio 1.5 bhp / kg
Top Speed N/A
0-60 mph Acceleration N/A

投稿者:Hirata at 01:51 PM | Comments [0]

March 23, 2005

●Ferrari-F399 V10 3.0L エンジンとデート♪

f39901.jpg

超足の綺麗な、おねえさんでした~(笑)
スカート長23mm  ピストン径96Φ  2本リング  ピストンピン径19Φ  ピストンピン長40mm  コンロッド長113mm  ロッドエンド36Φ

f39902.jpg

おおぅ~コンロッドのくびれが・・・とっても素敵~♪
普通じゃ考えられない事だけどエンジン全長を短くするためにコンロットはスラスト方向に3mmオフセットされている。ホンダのV10鈴鹿SPL(炸裂しちゃったエンジン)もスラストオフセットされていた・・・

f39903.jpg

バルブはさみ角と位置、IN-EXバルブ径もバッチリ~♪
・・・んんん~素晴らしい~(感涙) 普通はシリンダーボア径に対してバルブ径が最大になるような配置にするがFerrari-F399はインテークバルブをボア中央に8mmほどオフSETしている15000RPMという超高回転を考えると吸気ポート最重視の設計だね・・・

EXは高温高圧のガスであるので空気のような、粘性抵抗がほとんどないからちょっと窮屈だけど、ごめんね~みたいな位置だ(笑)

f39904.jpg

ピストンピン径19Φ ピン長さ40mm  凄く小さくて可愛い~
RB26DETTと比較してデータ並べたいね~。ストリートのあるべき姿とレーシングのあるべき姿かな~

f39905.jpg

これぞ究極ってかんじ・・・
ここまで短いスカートは見た事ないよ~(汗)おおおっ~普通はスカートの肉厚は重量バランスを考えて同一だがこの子はIN側2mmEX4mmと異なる肉厚だ・・・EX側スカートに想像を絶する側圧が掛かるのね~。そういえばポルシェの3.8LエンジンのピストンはIN側がEXに比べて厚かったな~


f39906.jpg


すご~い♪高回転時の抵抗なんて無いんじゃない?ピストンリング厚さ0.6tの薄さだよ♪しかも2本リング。オイルは1.6くらいだ・・・

ストリート向け高性能ピストンは大体1.6tのトップ、セカンド、オイルの3本リングが普通。そそ、N1ピストンは1.2tで高回転のフリクションに気をつかってるよね~♪

投稿者:Hirata at 10:17 PM | Comments [0]