May 31, 2005

●初めて乗ったGTRは34VspecⅡ♪

GTRの魔力に落ちた男・・・
データ追加しました。

投稿者:Hirata、投稿時刻:12:35 AM | コメント [0]

May 30, 2005

●世界のスーパースポーツ 達に・・・

エンジン主要諸元等を追加しました。

投稿者:Hirata、投稿時刻:06:12 AM | コメント [0]

●初めて乗ったGTRは34VspecⅡ♪グレッテイT88-34D-BNR34(ドラック仕様)

雨が降ってきた、Rが・・・


GTRの魔力に落ちた男・・・

【初めて乗ったGTRは34VspecⅡ♪】

どんなお姉さんも、いじり倒してしまう、浮気症のあかいおじさまに対抗して
俺は長年、本妻一筋!(Y32T78仕様)をつらぬき通してきたが、
すでに限界・・・末期症状のガン患者だった

俺のための秘密工場には・・・
いつでも、怪しい香りのGTR達がいた・・・



工場には、そんなR達を横目でいつも(チラチラ)見てみぬふりの硬派を貫き通す俺がいた・・・
俺の姿は随分と滑稽に見えたことだろう・・・
しかし・・・
そんな抵抗もむなしく、自身の重い病いの進行を食い止める術はなかった・・・
そう・・・欲しい欲しい病の発症だ!進行は6ヶ月で末期症状を向かえ、
やがて・・・


俺は限界を超えた!(TWENTY FOURバリに・・・)
本来の仕事が終わると建設資材関係の仕事をし、更に別のバイトと、
そんな多種多様な仕事をこなした、こうなったらトコトン逝ってやる!と・・・
ヤフォービジネスも開始・・・いつしか本妻の事はすっかり忘れていた・・・
あの日の事も・・・

俺は寝る間もなく、働き続けた・・・忘れる為に

寝ても覚めてもとは・・・この事か?・・・
Rよ!お前は、俺に何を見せてくれるのか・・・
そんな日々を繰り返して、あっという魔に数ヶ月がたった
ある日・・・


とうとう真珠色の綺麗なお姉さんを俺は手に入れた
・・・
そしてGTRのノーマルを知った・・・
だが・・・純潔の彼女は本妻の敵ではなかった・・・

つづく・・・



【 破壊王キヨタカの告白・・・ 】

GTRの仕様について、

俺は基本的にメカニズムの事は良く知らないし、判らない・・・
だから、おやじにおまかせ♪仕様
①おいらが乗れる範囲内の本物Rを・・・
②低予算でVG30DETみたいなRB26!これしか注文していません(笑)
まさか、あんな仕様になるなんて・・・

破壊王のつぶやき・
真珠の愛人3号の仕様を人に聞かれたら 
ドラッグの時は『あくまで最高速仕様だから!』と言ってしまう・・・(汗)
最高速の時は『今はドラッグ仕様だから!』と・・・、何故だかな~(汗)
チューニングカー好きな人には『B1.3の600馬力ぐらい!』と、控えめに・・・
突っ込まれると困るし・・・俺には悪魔の棲む街の儀式は説明できないし・・・

でも、チューニングカーを知らない人には『800馬力!』と・・・答えてしまうぅぅぅ(爆)
現在は愛人3号(浮気)仕様?

【 破壊王の本音でトーク 】

究極の本妻?-Y32との比較では・・・

『流石にすごい!の一言につきる。今までこんな奴らを敵に回していた俺はアホ・・・FRと比較したら、GTR・・・いろんな意味で、これが本当の異次元の世界なんだな~と、思い知る』
『でもねVGの3.1Lに比べるとトルクが細いのが欠点だ、本妻はトルクで未熟な俺の心と腕をカバーし、助けてくれる(笑)』
『GTRの強烈な誘惑に負けて?、BNR32、BCNR33も入手してしまった・・・やっぱり、あれもこれも乗り比べて、Rの事をもっともっと知りたい、乗りこなしてみたい、本当の浮気者は俺なのかもね~・・・やるならトコトン!ダハァ~(笑)Rを・・・愛してしまった』

続きは次回、時間のある時に・・・




破壊王キヨタカ氏のゼロヨン練習マシン♪現在のレベルは愛人3号くらい?


コメントはのちほど・・・

投稿者:Hirata、投稿時刻:02:50 AM | コメント [0]

May 27, 2005

●おおかみ達の夜・・・1に

【バイザッハからの刺客】を追加しました

投稿者:Hirata、投稿時刻:06:20 PM | コメント [0]

●BNR34のホイル&サスペンション補強パーツ

【 銀色の悪魔・・・LMGT4-GT500にA048Mを装着 】
・・・
・・・やはり、この車には完全バランシングしたホイールを履きたい♪

RE540からA048に変えると
ハンドリング応答性が全然違います
タイヤの形状が540は四角048はショルダーがかなり丸いオーバル形状
だけど、これほどまでに違うとは・・・
私のヨレヨレBNR32ではそんなに違わなかったけど・・・
BNR34では、全然違うんだよね
RE540Sってハンドリングがピーキーでシビアなんだけど(レスポンスが良い)
A048Mは穏やかにノーズが入ってゆく感じかな~(少々ダルな感じ)
まるで、フロントのロールセンター下げた感じの動きになるね~
048はグリップの奥が深い感じでググっっ~と強烈にグリップする
滑り出しも穏やかに始まるのでコントロールしやすいな~
これなら筑波の最終コーナーも安心して突っ込んでいける
RE540Sだと、突っ込み初期の段階でズルッ!ってくるから、
パニクルんだよねぇ~

ニスモのリヤメンバーブレース取り付け・・・
サスペンションがかなり煮詰まってくるとこの辺も気になるよね
各アーム類の締め付けトルクは10Kg/m・・・取り外しで
緩めるときでもメンバーブラケットがグラグラ動くよ(汗)
ちょっと、このパーツ逝けてるかも~なんて考えてしまう・・・
だが、しかし・・・(笑)
取り説のボルトの本数違うし、品番も違うよ、
部品を良く確認しながら付けないと間違えちゃうぞぉ~
あと、リヤ部キャンバー調整用偏心カムボルトが(付属品)
純正のボルトと6角の位置が、違うので外す前に調整位置を良く
確認してから、取り付けしないとキャンバーが違ってしまいます。
・・・
取り付け後、少しタイヤの皮むきで、わだち路面とカマボコ路面を走らせたけど
以前の状態でもこの車は全然不満は無かったのに・・・付けて見たら、凄~い・・・
なんかリヤの足回りの動きが手に取るように(お尻に)伝わってくる
純正のブラケットはふにゃ~だったからね・・・


投稿者:Hirata、投稿時刻:06:38 AM | コメント [0]

●BNR34の空力パーツとミッションの冷却

【銀色の悪魔00F・・・】
4や5速でフル加速すると離陸してしまいしまいそうな加速なので・・・
リップスポイラーなどを付けてみました


ハセミSPのリップは純正デフィーサーに挟み込むタイプ
純正より20mmくらいしたに下がります、
造りはなかなかの良い物でした

このリップはダウンフォースがかなり有るようです
250くらいで巡航だとフロントがのめり込むように張り付きます


【バランス】
フロントとのバランスを取る為にリヤにもハセミSPのカーボンフィンを
付けてみました、これの効果はまだ走っていないので判りませんが
ファミレスとかの駐車場には止められないと思います
・・・
【BNR34のリヤディフィーザーは本物パーツ】
昔、(1999年ころ)黒の34零号機HRGspl(三郷の長靴おじさん号)にF3000を真似た
バットマンテールを製作し取り付けした事が有ります、センター部をナンバー
プレート位置まで伸ばしたロングテールデフィーザーでバットマンテールの
怪人(長靴?)と呼ばれていたな・・・

34のBUPでは最高速が落ちてしまうほどの効果で
ウエットなS字区間をドライコンディションの時と同じようなSPEEDで
走る事ができました(切れてるドライバー&RE710)
この時・・・34って空力の鎧をまとった戦闘機♪
随分進化したなと感じました
サーキットなどの高速コーナーでアンダーステアが強くセッテイング変更の
余地がサスに残っていない場合は、リヤデフィーザーを思い切って
外してしまいましょう・・・結構アンダーが消えたりします


【ダウンフォース】
リップのせいかなのかは、判りませんがダウンフォースで
デフィーザー&エンジンアンダーカバー取り付けボルト穴が
抜ける寸前でしたので大型のフラットワッシャー
で補強取り付け


【チューンドエンジン】
このクラスのチューンドエンジンではFデフィザーを完全に装着すると
エンジンルームのエアーの抜けが足りなくなり、水温が走行時は問題ないのに
渋滞とか長時間停車していると90度以上に上がったり、
サーキットなどで十分にクーリングしないでPITストップすると
PITでオーバーヒートしたりする時があります、
銀色の悪魔00F・・・ではエンジンアンダカバーの
後半両サイドを10cmほどカットしました
丁度…ロアーアーム、ブレーキエアーガイドの後端の負圧側に
エンジンルームのエアーを引き抜く感じにカットします
日時が違うので比較条件は異なりますが
水温が渋滞時6~7度下がりました・・・


【ゲトラグミッション6速】
BNR34はゲトラグミッションのオイル容量が少なく(2L)フロアー廻りの
エアーの流れも悪いようで長時間高速走行すると
トランスファーオイルが沸騰して気化し煙モクモクになったりするときが・・・
ま、車の仕様や運転状況によって異なりますが
この車は試験時にはかなりの走行なので、臭うように・・・
そこで、対策としてフロアー下のエアーを導風板とダクトで6TMと
トランスファーを冷却するようにしてみました
温度計を装備していないので、今の所効果は判りませんが
臭わなければ・・・OKかなと・・・

投稿者:Hirata、投稿時刻:05:19 AM | コメント [5]

May 25, 2005

●おおかみ達の夜に・・・

【フロント370リヤ355と巨大なブレーキで武装するNuL】を追加しました

投稿者:Hirata、投稿時刻:07:23 PM | コメント [0]

May 21, 2005

●銀色の悪魔・・・加速度の検証

BNR34とBNR32を比較してみよう

【夜明け・・・】

GT-Rよ・・・お前の力を見せてもらう時がきた

TIはファンキーなコースだ
600R最終コーナーから1500mの短いストレート
そして出口には300Rの連続S字が待っている・・・
ここではおおかみ達にSteadyな走りを迫るだろう
幸いにもこの銀色の悪魔はF50キャリパー
フロント370ローター、リヤ355で
武装し強大なストッピングパワーをも持っている
更にしなやかで有りながら腰が有り
強烈なトラクション誇る足・・・
サスペンションはフラッグR改だ
一周5.5kmの某自動車研究所のバンクには
310km/hでも進入出来るセットアップにしてある・・・

そう・・・こいつがもっと踏んでくれと
・・・悪魔のようにささやく・・・


BNR34-OOF・・・銀色の悪魔
テレビ、ナビ付きの快適仕様
720ccI/J時の6速加速は

250km/h~290km/h…
250km/h=12.839sec
290km/h=19.524sec
だった・・・
タイムは6.685sec♪かなり速~い
まだストレートには余裕が有ったので
俺は行く気だったが、パソコンを
持つ為に同乗した金ちゃんが
突然叫んだ・・・
200マイルは目前だった
あとで聞いたらコーナーが直前に見えたとか…
流石の爆裂1200Rに乗る金ちゃんも
2.9Lのトルクには
しびれたのか・・・

このBNR34は6速4千回転で184km/hほど出ている・・・
8千回転も廻せば・・・エクストリームなSPEEDだ
34は、ハイギヤードだから3千~4千を特に
重視してトルクを出さないと、6速での
巡航はつらい

銀色の悪魔で
最終コーナー5速パーシャルで
ややコーナー出口よりから・・・
198kmから250kmまでの時間は

198km/h=6.850sec
250km/h=11.835sec
インジェクター容量が720ccと少ないので
まだ、ブーストは低めだ
タイムは4.985sec♪なかなか速い

このあとは1000ccI/Jに交換して試験して見る

【 BNR32の加速時間は・・・ 】

高速域で空力の厳しいBNR32と比較してみる
こちらは一周5.5kmの某自動車試験場でのデータ・・・
BNR32T88で850PSエンジン(約10年前)
5MT/ノーマルギヤ比、タイヤ直径、652cm

ロガーの時計は千分台表示
ロガーのMAX-SPEEDは320km/hまで(笑)
320km/h以上はオノビット計測表示
PCのCPUは一応帝国軍のペンテイアム、
最近のIntelは手抜きしているのか?
CPU速度は
AMD Athlon64にボロ負けだ・・・(悲しい)


242km/h=23.273sec
252km/h=24.892sec
・・・
・・・
・・・
284km/h=32.329sec
302km/h=34.502sec
327km/h=40.831sec(8375rpm)
342km/h=50.327sec(8688rpm)

252km/h~284km/hまで7.437sec
284km/h~302km/hまで2.173sec
302km/h~342km/hまで15.825sec

BNR32、昔は5MTで6250~8500が
使えればタイム的には十分だった・・・
ただ200~240で獲物を狙うオオカミ達に
5MTでのタイム計測はつらいだろう・・・



BNR34-OOF 銀色の悪魔

容量が足りないのは、判っていたが720ccの限界値を確認したかった・・・
次はインジェクターを1000ccに交換し
再度セッテイングしなおし・・・
加速時間を計測する
んんん~やはり
B1.6kと
B1.7kでえらく体感馬力が違うので
加速データーを比較してみた
B1.6k、3速の加速は、
100km/h~154km/h
は2.294秒
B1.7k、3速 
102km/h~154km/h
は1.864秒で
この0.43秒短縮が
全身に染み渡るGがここちよい
ほんとに病気の加速度域にはいってゆく

B1.6k、4速の加速は
154km/h~208km/h(54)
3.440秒

B1.7k、4速
148km/h~208km/h(68)
3.010秒・・・

やはり、いちどB1.7kに逝くと戻れない・・・
またひとつ・・・
禁断の領域に踏み込んでしまった・・・
さらにB1.8Kは
どんな世界を見せてくれるのか・・・

この日は夜間風速5m(やや強い)だったのが、
今は時折突風が吹く
ついてない・・・
今回は、ここで
データー取りを中止した

またの機会に報告しよう・・・

この車がその先に・・・
何を見せてくれるのか、
楽しみだ・・・
その先には・・・

投稿者:Hirata、投稿時刻:12:57 AM | コメント [0]

May 19, 2005

●太陽が沈むと・・・3

【 本物 】


この世にはスペックで現せないほどの
速さを発揮する夢のマシン達が存在する・・・
まるで生きているかのように・・・
究極のバランスを持ち進化してゆく
走るほどに速くなってゆく・・・
そして、もっと踏んでくれ・・・と、
・・・悪魔のようにささやく・・・

俺はそういう奴らを・・・
【本物】とよぶ・・・

おまえは
闇にまぎれて
静かに俺を待っていた
本物の狼は
研ぎ澄まされた牙を隠し持つ
ステアリングを握った瞬間に
操る物の人格を変え
理性をも剥ぎ取る
そのボデーから滲み出る威圧感が
人を寄せ付けない…
誰とも話さず…
誰とも交わらない…
そして
俺の鼓動はマシンと同期する・・・


孤高の狼は
今夜も暗闇の中に消えてゆく・・・


BNR34Vspec、
銀色の悪魔…00F
お前はその先を・・・見せてくれる・・・


秒速100mをも超えてゆくExtremeな世界・・・

俺は・・・踏み抜けるのか・・・

こいつは・・・本物だ・・・

投稿者:Hirata、投稿時刻:01:19 AM | コメント [0]

May 18, 2005

●もうひとつの世界が・・・2


狼たちの夜に集うマシン達
ブーストUPから怪物級の魔神と
バイザッハの狼も見られる
敵であり仲間でもある・・・
だがこの日はタイムが全て・・・
たとえ親友の車でさえ
すべてが敵だ

普段は闇にまぎれるかのごとく
暗闇に潜んでいる

その日をむかえると
操る物の人格を変え
理性をも剥ぎ取る
どの魔神も怪しいまでの
妖艶な香りを発している
狼は
今夜も暗闇の中に消えてゆく
獲物を求めて…

GTR至上最強と言われた400Rを・・・
更にチューンドする
タービン、I/J、パイピング、
ボデースポット増しetc…
ミッションは6MT
34ゲトラグ6速で300までの
全域加速度のスーパーレスポンス、
2.8Lの圧倒的なトルクで
サーキットからT1までこなす
ひとたび絶倫超人さまが運転すれば
5速、高速コーナーで芸術的なパワースライドが見れる
普段の紳士な姿からは
想像もつかない、切れた走りは必見・・・


NEW33爆裂号RX-6ツイン、
うっち~号(二代目破壊王ともいう…)
彼は生粋のバイク乗りで、怖いもの知らず・・・
隼1300R改では200マイルオーバー
するという、暴れん坊・・・
見かけたら近寄らないほうがイイだろう・・・
どんな狭い空間でもバイク感覚で突っ込んでゆく
危険人物・・・
現在も爆裂33ボデーが入院中・・・
インタークーラーが無事であれば、
近いうちに復活するのだが・・・


バイザッハの館のおおかみ達♪



バイザッハの館のおおかみ達は
今夜も牙を砥ぎすます・・・

おおかみ達の時は近い・・・

BLIT K3TツインターボbyBOMEX

投稿者:Hirata、投稿時刻:01:56 AM | コメント [0]

May 17, 2005

●目覚める・・・1

狼たちの夜に集うマシンは
ブーストUPから怪物級の魔神まで
選択肢は限りなくあるからGTRは楽しい

【S氏のBCNR33-Ken04R号】
これは2000年ころ生産の初期型TO4Rで通常の組み付けだと
5千5百~8千5百のピーキーナトルクバンドになってしまうタイプの
ターボチャージャーだ・・・
TO4Rはある程度大きな排気ガス量を必要とする為
ハイリフトなHKSstepⅡ IN264EX272カム 720I/Jを組んだが
それでも中低速域はつらくパワーバンドは狭い・・・
何度となく、バルブタイミングを変更し、たどりつたのが、NAのように
オーバーラップ35度のスーパーバルタイ・・・
アイドリングはBNR32グループAのようだ
だが、ECUセッテイングをつめてゆくと
そのラフアイドルに反して、過給が掛かっていない
低速域からトルクが湧き上がってきて楽しいエンジンになった、
しかもインターセプトは4千回転♪まるで純正タービン+αのように
広大なトルクバンドを得て、どこから踏んでもレスポンスする
バランスのよい1台となり、シェイクダウン時にプチTIで優勝した♪
オーナーが始めてという事もあり、ドライバーは代理(赤いおじさま)
シェイクダウンで優勝♪Wラッキーであった・・・
(サーキットでの同乗は緊張と感動を知った【本人談】)


【G氏のBNR34-NuL-NK流号】
某板の修羅雪姫(BNR32BUP)の元オーナー
TIで大パワーマシンにまじり常に上位に顔をだす切れた走りの
全開ダァ~マン♪
TIで優勝するために34NuLに乗り換えたほど根性の走りや?
ストレートでは、700馬力のマシンに400馬力のBUPで
スリップストリームをつかい食らい突いてゆく姿は圧巻だ(惚れた)
このとき、GTRの空力の悪さを思い知る事に・・・
300まで、吸い込まれて行くようだった、当然、抜く事は出来ないが
(たまにリヤバンパーをNK流?に突ついてた…汗)

【G氏のBNR34-NuL号のバージョンUP♪】
264-264のポンカム(34K3Tツイン破壊王氏、お下がり品)
720ccI/Jでセットアップしてみた・・・
NULはHED廻りシム調整が雑で精度が出ていない車が多い
この車はHEDのSETがめちゃくちゃだった・・・(走行7000km)
NuL純正T/Cでは4千4百までまるでレスポンスしない、それ以上を使えば
速いのだが、全体的には標準車のT/C方がレスポンス良く、楽しく走れる
今回は必要最低限のパーツでNuLのバランスにこだわってみた
N1T/Cと34のトランスミッションの特性にあわせ、
バルタイの狙いはパワーだけでなく3千6百回転付近でのトルクも重視した・・・
SETUPを繰り返してゆくうちに
このマシンもいわゆる、ポンカムなのにドラックマシンみたいなアイドルに・・・
破壊王の呪い?遺伝子が伝染したのだ
シェイクダウンで究極バランスに近い物をを得たラッキーな魔神♪
これで本物のNULとなった・・・
オーナーのドライビンが食らい突いてゆくタイプなので
この車はF50キャリパーF370ローターR355ローター
前後4ポッドを強制!ブレーキパワーがノーマルでは
前を走る車に失礼だし~危険だよね、
TIの暴れん坊さんだから・・・(笑)


【Ken04R号・・・近くのブリヂストン、タイヤ館にて】
Ken氏が次の戦いに向けてFISCO風のコースで特訓?をしていた時・・・
200マイルでタイヤバースト(汗)
走る前にタイヤの空気圧は必ず確認しよう・・・
原因はホイール・・・
この詳細はホイールのカテゴリーで

ROM (I/J限界ギリギリセッティング)
パソコン博士の
ホワイトシャーク号

メインコンピューター HIRATA ENGINEERING
最大ブースト HIRATA ENGINEERING 1.5㎏/㎝2
CPU SPEC TYPE-SST(スーパーストリート)
レブリミッター 8100rpm
SPEED 400km/h
BOOST 1.6→1.5kg/cm2
時間差レブ CUT
F TP TP1.26・TTPMAX10~40 全面
IG TP TP1.26 全面
F RPM 8000
IG RPM 8000
F ハイオク MAP 全面・AAC+12=1000rpm
IG ハイオク MAP 全面・AC=ON+8
IG レギュラー MAP ハイオク・アイドルIG+5
K定数 ・・・
O2センサー プログラム固定
低水温補正 71℃固定
無効噴射 ・・
フューエルレギュレーター ニスモ 調整式
EXマニ加工 ポート拡大
ブーストコントローラー HKS EVC-Ⅲ
インジェクター ニスモ RRR60 600cc
TURBOCHARGER ニスモ RR-581?ルマンタービンのはず
ウエストゲートバルブ ノーマル 何故か調正式ではない?
バルブ HKS ゴールドカムスプロケット
カムシャフト TOMEI 旧タイプポンカム 260
ピストン ニスモ N1 87φx73.7
圧縮比 ノーマル
ブローオフバルブ ノーマル
ウォーターポンプ ニスモ N1 
オイルポンプ ニスモ N1
プラグ トラスト イリジウム8#
プラグコード スプリットファイヤー DIコイル交換
オイルキャッチタンク エッセンシャル
オイル トラスト F2 15w-50
タワーバー トップシークレット スーパータワーバー
ショックアブソーバー CRUX  C-KIT 減衰30段
スプリング  CRUX  F14K、R12K
ホイール F.R RAYS TE37 ブロンズ
タイヤ F.R RE-01 F・R:RE-01
ブレーキローター プロジェクトμ F:SCR-Pro
プロジェクトμ R:SCR
ブレーキパッド プロジェクトμ F・R TYPE HC-TITAN Kai
ブレーキライン プロジェクトμ テフロンブレーキライン
テンションロッド HKS関西 ピロテンションロッド
クラッチ EXEDY HyperCarbonMulti(トリプル) 
フロントパイプ トラスト MXフロントパイプ 70-80φ
マフラー トラスト TR パワーエボリューションⅡマフラー 94φ
パイピング トラスト グレッディサクションキット
インタークーラー トラスト TYPE29 3層
ラジエター KOYO TYPE-R 銅3層
エアクリーナー トラスト グレーサー エアインクス Bタイプ
ブリーザータンク トラスト ブリーザータンク
オイルクーラー トラスト 10段R前置き




【道に迷った子猫のように♪】
BCNR33-カリスマ店長号

デーラーで車検時にシリンダーブロックが割れていると
愛するマシンの最終宣告を受けて途方に暮れていた
かりすま店長・・・
きたちゃんの奨めで悪魔の棲む街に・・・

奇跡の生還を果たした、とある日のM1GP(茂原サーキット)
ハンドリングの練習日?、絶倫超人さまのマシンに同乗走行♪
カリスマ店長は、魔の絶倫ドライビングで気持ち悪くなり倒れてしまった
…助手席でピクピク痙攣していたそうだ・・・
シャイでオチャメな狼はカリカリと?人間がノッキング…
夜のベットの上ではこんな事は無いらしい・・・
サーキット・・・何故、横に乗ったのかな~?
誰でも助手席は怖いもの、乗るものじゃないよね・・・
この日、サーキットは走らずじまいで、早退してしまった。
サーキットがトラウマになった人・・・

【フロント370リヤ355と巨大なブレーキで武装するNuLで】
・・・・・・・・・・サブタイトル-(カリスマ店長の逆襲)
NK流走法?を決める!
R34-GTRニュル、ガテンことG号♪
その優しい口調、顔つきからは想像できない、過去の顔と夜の顔持つ男・・
あのハンドルを握った時の変貌ぶりは、その昔ゆっくり走るほうの暴
○族上がりからの・・・(これ以上はご想像にお任せします。)
車以外に、はまっているのは夜の西○口!?
週1~2でPITストップすること十数年・・・
これがなければ今頃、フルチューンGT-Rを何台所有していた事か・・・
壊滅状態となりつつある西○口!
今後、西○口、G氏本人、G号はどうなる!?
筑波サーキットにたどりつけるのか~
・・・
かりすま氏から・・・G氏の紹介はカッコ良すぎ!
とクレーム?で急遽人物編をUP(笑)
・・・
すると・・・すかさずG氏本人から・・・
プロフィール前半は当たっていますが(汗)
後半は・・・ウソです!こちらが本当と・・・
某秘密工場に来る前は新潟や福島のスキー場で(○袋や西○口でも)
NK流ハッスル?していましたが、あかいツナギのおじさま(恵比寿様?)
に出会って以来お金の使い方を変えてニュル一筋♪
ゲレンデ(ネオン街)はご無沙汰ですぅ~
【本人談】




【本人あかいツナギのプロフィール】

【偽?赤い】
【肝心の本人プロフィール】
名前:赤いツナギのおじさま
性別:女性が大好き

現在の愛人:2005Y、BNR32GT-R、S15シルビア、JZX81、
ロバー216H9Y(BMW製エンジン)マツダキャロル、

元彼女:2003Y頃は、BMW735、BMW750、V12をベットで乗り比べる?
S14サー仕様、Y32通勤マシン、MRS(軽いフットワークでミッドな夜を楽しむ?)
これ以前の愛人遍歴は、書ききれない程の浮気もの・・・
GTR以外は約2年でお別れする・・・
あれも、これも乗ってみたい・・・すき物

初恋の人:東洋工業・・・敵はトヨタだった・・・
発売当時はオイルショックで株価急落のマツダRX-3サバンナGT(12A)リーブスⅢで
ホワイトエンジェル(TE27レビン♪真紅オレンジ)と砂町から新木場までよく
バトル♪していた・・・レビンのバーフェンが眩しかったなぁ~
その時代、(1974年頃)江東区砂町を(丸八通り)RE雨宮(チーム影)が仕切っていた・・・
扇橋には、アメリカンカークラブがあった・・・(生息地域は土曜の夜の青山エンドレス)
昔からミッドナイトな時の人・・・

職業:自由人?
年齢:まだまだあっち?もこっち?も現役・・・
本人はいまだに20代?のつもり・・・
身長:173cm
体重:ハンデウエイト+30㌔?
出現場所:高速道路、サーキット、たまに秋葉原とツクバランド♪
活動時間帯:ミッドナイト
趣味:分解、改造、計測、データ取り
特技:分解、改造、計測、データ取り
最近、ボロイいカメラで構図に拘る・・・特にツクバランドでは汗だく?・・・

好きな言葉:::一番♪、あいつに勝つ♪、負けるくらいなら壊せ♪、


<K博士の強制でUP!(笑)>



【バイザッハからの刺客】


【別名(赤いツナギ2)】
「ポルシェの館」の代表のHです
二人そろうとWでH!~といっても
私はあかい1と違って愛人遍歴は有りません
リヤエンジン一筋で~す♪
自己紹介・・・
{皆さん初めまして!}
たまに秘密工場にお邪魔してます、
北の人です。(別名、赤いツナギ2)
愛車は、お尻の重いとってもセクシーなポルポルで~す。
ブレーキが物凄く効くのでオカマ掘らないでね~
あぁ~クーラントの入った車も少し(ダイブ)ホシー病に犯されてます・・・
(爆裂号&赤いツナギ1の影響?)ま~、
何とか、ポルポルで咲く裂してみたいと思います。
気合の入ってるポルポルも数台居ますので、遊んで下さい。
宜しく御願いします。
2002年頃は2.7RSRライトウエイトと3.0RSで参戦していた
本気組です。

でも、T1で絶対負けたくないから、この度、GT3-カレラRSの
ちょっとSPLチューン仕様(内緒)を本妻♪にしました・・・
限定200台のセミレース仕様車
次はRB26に勝たせないよ!
空力いいから某試験場で330もマーク♪(メーター読み)
ククク・・・負ける気がしないぜ・・・
【 本人談 】

特技:ポーカーフェイス

特徴:何が有っても動じない、たとえ車が燃えようとも平常心で入られる

昔:第三京浜?の弾丸男と言われていた・・・

現在:あかい1と違って若い!バリバリ♪ビンビン♪の現役である!

追伸♪
破壊王からの手紙・・・
【執念のあかい人】

①いつもニコニコ、笑顔の素敵な北の人(赤いツナギ2)さん。

②あの笑顔の奥に潜む恐ろしい程の【勝つまでやれ!】精神には脱帽です。

③T-1に勝つ為に、2千万以上のポルシェを購入し、さらに2千万以上の改造費!!!

・・・あの人と走る場合は対物無制限の保険に入りましょう!


 2002年頃のもと彼女

【バイザッハからの刺客GT3-RSのSPEC】
Cena: 2003 Porsche 911 GT3

Motor
zasnova, število valjev: Flat-6
prostornina cu in (cm3): 219 (3596)
moč KM (kW) pri vrt/min: 380(284) / 7400
navor lb-ft (Nm) pri vrt/min: 284(385) / 5000
rdeče območje pri vrt/min: 8200
Podvozje
zavore S/Z: ABS, vented disc/vented disc
pnevmatike S-Z: 235/40 - 295/30 ZR18
Mere in masa
dolžina × širina × višina in: 174.6 × 69.7 × 50.2
masa praznega vozila lb (kg): 3043 (1380)
Zmogljivosti in poraba
pospešek 0-100 km/h s: 4.5
najvišja hitrost mph (km/h): 190 (306)
poraba goriva EPA mesto/avtocesta mpg (l/100 km): 15/23 (n.a.)


んんん~GT3-RSってツインカム4バルブ・・・クーラントはいってるよね~





各マシンの説明はのちほど・・・

投稿者:Hirata、投稿時刻:07:11 PM | コメント [0]

May 13, 2005

●F1用タイヤチェンジャーでLM GT4-GT500を組む♪


F1用タイヤチェンジャー
アーティグリオMASTERで
LM GT4-GT500モデルを組む♪
F1用チェンジャーって?・・・
半信半疑で組みつけの様子を見に行った…
そう、F1用タイヤチェンジャーを
なぜかというと、
ヨコハマタイヤに言われていたから
A048Sのなかでも
265/35ZR18、Sタイヤは
特別にビードが強く硬いので組み付け時に
ビードを痛めないようにと・・・
255や315はスポン!って簡単に組めるのにね~(汗)
車体の重いGTR用にサイドの強度を合わせているのかね~?
そして、GT500はリムにビートストッパが付いているから
普通のチェンジャーだと
バルブ位置をタイヤと合わせるのが大変だよね・・・


世界最先端技術のアーティグリオMASTER・・・

12インチから26インチのタイヤまで組める
ハマーとか24インチのタイヤなんかはUSとか
海外に送らないとホイル組めないらしい・・・
今流行の、パンクしても走れるタイヤ♪
ミシュランのPAXタイヤや
最近のBMWに装着されているランフラットタイヤ
とかは普通のチャンジャーじゃ組み付けできないが
アーティグリオMASTERはほとんど自動で
組み付けできる、最新鋭マシン♪

フェラーリのF1にもこのチェンジャーを使っている
ホイルに接触しないからだろうね

タイヤ組み付けといえば
いつもは知り合いのタイヤ屋さんで組む18インチ♪
BS、RE01ー275でさえ下手くそがやると
2人がかりでやってもビードがくっちゃって組めないんだ・・・
(ホイルを傷つけられると嫌だから、すぐに手伝うけど)
18インチは悪夢が脳裏をよぎるのよ

アーティグリオMASTERは凄かったぁぁぁ~~~
普通、チェンジャーにホイルセットして、人間がレバーとかで
こじりながらホイルにビードをはめてゆくから、
人の熟練した技と経験が物をいうけど、
こいつはタイヤのマシンへの脱着さえオートだぁぞな!
重いものを、持たなくてイイのよ(汗)組みつけが終わると
自動でマシンの横にタイヤを下ろしてくれる、ロボットみたい(笑)
しかもレバー類がホイルにまったく接触しない(汗爆)
無理なトルクを掛けずに組み付けしてしまうし
オーバートルクだと自動停止してしまう
優れもの♪
特許をいくつも取っているんだろうね~

GT500にA048S
んんん~ASSY重量は20.8kgと軽~い

魔神の写真は撮れなかったので
ネットで調べたらありました

大きさは背の高さ以上あったから・・・2m弱くらいかな・・・
この魔神ほんと凄いのよ!ほとんどタイヤに触らないで
組み付けできる(汗)目から鱗なの

運転コスト高いのがちょっと難点だけど・・・
バランサーとSETでポルシェのボクスター(中古)が買えるらしい(汗爆)

イタリア制
F1用ーCORGHI アーティグリオマスター
こんな解説が・・・

CORGHI社では、自動車先進国のヨーロッパ、
イタリアで誕生した会社であり世界最大の名門メーカーです。
又、技術力は各自動車メーカーより高い評価を受けており
自動車の最高峰F-1専用のタイヤチェンジャーや、
タイヤレバーを使用しないフルオートマッチクタイヤチェンジャー
の開発など開発力も最高レベルです。
その技術力と開発力は、フェラーリ―社に認められ、
フェラーリーの整備はCORGHI社の製品で行われております。


F1用タイヤバランサーでGT500をバランスする♪
名前: あかい♪ [2005/05/13,20:01:40] No.378 返信
このバランサーも凄いのよ(汗爆)
もちろん、クランクシャフトの
バランス取りと似ていて、超低回転で探査する
しかも、1g単位まで設定!可能だぁぁぁ~~~
一円玉クラスはF1タイヤ♪
市販タイヤは5gクラスだそうだが(汗爆)
ホイルは三次元に分解?ディスク面から
リム内側までをタテ割りに分解バランス探査する
ウエイトも普通は手で貼るがこの魔神はアームに
指示値のウエイトを置くとアームが貼る場所を
決める(汗)ここもロボットみたい

バランスを取り終わったところで
意地悪実験君♪指令を発動!
1度ウエイトを貼ったホイルを外し、
位相角をずらして、再度ホイルを付けてバランス
計測した、大概のバランスマシンはここで3~5gの
アンバランス表示する事があるが、
流石!F1用?
0バランス表示♪
凄すぎ(汗)
タイヤ屋さんで、あまり実験君をすると嫌われるので注意が必要です
おいらは、タイヤ屋さんにかなり嫌われています(笑)
ウエイトがこんな風に・・・

F1用タイヤバランサーでGT500をバランス♪
NETで検索したら、写真がありました
イタリア制
CORGHI
バランサー
EM 7440          

●プロショップ向け最高機種
・アルミ内面修正を正確確実(ALU-P)
・アルミスポーク分散修正(隠しウエイト)
・ホイールデーター全自動入力
・98rpmの低回転で確実測定

・・・しかしこのGT500ホイルってバランスがイイですね
びっくり~!って言ってました。

投稿者:Hirata、投稿時刻:10:20 PM | コメント [0]

May 12, 2005

●無い物は造ってしまえの(汗)・・・OOFさん

無い物は造ってしまえと・・・
00Fさん。。
BNR34-2.9Lで超効率を目指す♪


リサーキュレーションポート♪
初号機はインデュサー52パイ・・・
今回56パイに拡大しリ
高流量域でサーキュレーションに圧力がかかるよう
仕様変更し
最大風量域での効率(風量の減少)を見直した




サージ域を減少するために
リサーキュレーションポートと
ポーテッドシュラウドの良いとこ取り?してみましたぁ~


超効率を目指す♪ 初期のものよりポートを3mm
オフセットしたのでスペーサーがはいる♪
ポートの突き当たり形状を30度スラントさせた



悪魔の2.9Lだと10cmでも、
排気が抜け切れないかも(汗)
EXハウジングを4mmハイフロー加工♪
(肉厚限界)
タービンホイルのカットバックだと
キチンとバランスが取れない・・・
&コンプレッサーフローと
タービンガスフローのバランスが重要なの♪


投稿者:Hirata、投稿時刻:03:31 PM | コメント [0]

●ターボチャージャーのサージと改造

RX-6Lツイン爆裂号♪(2.7L)
TCW77の最大圧力比4.5バール仕様
(ナイジェルマンセルインペラー)
ん~この名前は、おじさんじゃないと解らないかもね~(笑)
ツインとしてはコンプレッサーが大きすぎて
中~低速が非常に厳しいので
サクションポートを改造して
低回転域を改善した・・・
構造上ドリルポートになるが
いままで7千~1万回転でブースト2.4kgで
乗りずらかったが・・・
5500回転くらいからブーストがかかる様になり
ゼロヨンのスタートコントロールがとても楽になっった
特に気に入ったのは、以前は0ブーストだった低回転域で
0.4~0.5kgのブーストがかかり街乗りが楽しくなった。


レスポンスとトルクも重視する00Fさんの零号機


この位置、形状だと流量がおちるかも


最高の効率を目指してEXもサージ対策を・・・

投稿者:Hirata、投稿時刻:03:16 PM | コメント [0]

May 11, 2005

●ターボチャジャーのコンプレッサーフロー表(10年前くらい)

んんん~古いターボのマッチング表みつけました
年代物?のターボをお使いの方に・・・


縦に長いと入らないので3分割
こちらはIHIのF1インペラーもあります

投稿者:Hirata、投稿時刻:05:58 PM | コメント [0]

May 10, 2005

●GPZ900R改 オーバーホール洗浄と加工

シリンダーとHED回りの加工が上がりました、
バルブシートカットはGT選手権の刃を
使って加工しましたが、ポート径が小さすぎて
ファンネル状の部分の刃があたらず、普通のシート
カットになって、しまいました~(涙)




投稿者:Hirata、投稿時刻:05:42 PM | コメント [0]

●重症のK号-BNR32、HKS関西カーボンデフィーザー取り付け

重症のK号-BNR32
T517Zツイン-600ccI/J
トラスト鍛造87φ仕様

HKS関西カーボンデフィーザー♪
んんん~
これ、かなりカッコイイです♪
造りもなかなかGood~♪
オイル交換で、したから見るとGTカーみたいだし♪
BNR32の古さを隠せます(笑)
ポルシェ962Cのフロント部のようにベンチュリー効果で
Fのダウンフォースを出すような形状を狙った造りに
なっていま~す(汗)






おまけで・・・これもかなり造りが良いです

投稿者:Hirata、投稿時刻:06:23 AM | コメント [0]

●マジョーラBNR34にF50ブレンボ♪

フロントローターは355mm
リヤローターは335mm
パッドはソフトを選択、

ローター&コーンはかなり精度が出ています
このブレーキ、前後バランスが良くてビックリ~

BNR34のブーストUPで
筑波サーキット2000
1分03秒・・・(タイヤーA048)
(レーシングドライバーじゃないです)
F/P、マフラーとサスペンションンのみでI/Cはノーマル♪
BNR34って速いのね~




リヤキャリパーは純正足長いタイプ
リヤローターは335mm
パッドはソフトを選択、
ローター&コーンはかなり精度が出ています



投稿者:Hirata、投稿時刻:05:55 AM | コメント [0]

May 07, 2005

●BNR34-2.9LにT618Zアクチュエターツインターボ

2.9LにステップⅡ272カムのフルチューンですがあえて・・・
T618Zを取り付け・・・
このタービンのマッチングはどうでしょうかぁぁぁ~




06のツインでアクチュエター・・・スイングバルブは比較的大きめですが
更に拡大加工を・・・


ポート径の大きいBNR32ニスモマニホールドを使用



エクセルの表は入らないかも・・・
以下の各流量は・・・コンプレッサーMAPからの計算値です、参考くらいで・・・

タービン-ポイント-流 量 -圧力比-タービン回転数--m3/h --kg/h -- ps/h
-------------------------m3/s----π-------rpm----------3.0kg/psh
06-18G surge 0.078 ---2.0---115500 --- 280.8 --- 338.08 --- 112.69
choke-----0.284 ---2.0---122500 ---1022.4---1230.96---410.32
-----------0.292----2.18----130000---1044.0---1256.97---418.99

コンプレッサーSPEC------------タービンSPEC---------------効 率
INDIA----OUTDIA---トリム比----EXDIA----OUTDIA----トリム比----%
50.5 ---- 68 -------55.15------49.1------56-------76.87------60

投稿者:Hirata、投稿時刻:06:29 PM | コメント [0]

●懐かしいBCNR33爆裂号♪♪

車 名   スカイライン GTR
車 両 型 式  BCNR33 爆裂
ミッション   OS シーケンシャル6 M/T
コンピューターユニット № MEC-R284A

FUELSYSTEM
フューエルポンプ  ニスモ強化×1,+ボッシュCカー用×2
フューエルレギュレーター NISSAN Gr,C 大容量タイプ
メインコンピューター   HIRATA ENGINEERING
インジェクター メイン  2ホールタイプ 1000cc×6
         サブ   444cc×6
サブコンピューター レビックⅢ
エアフロメーター HIRATA EG 100φエアフローメーター
試験時           トルエン、ニトロメタン添加燃料使用

その他    HKS ETC コントローラー
    ラインロックシステム

TURBOCHRAGER
タービン        IHI RX6Bラージスクロール,ボールベアリング
             TCW77×2リサキュレートポーテッド加工(ワンオフ)
ウエイストゲートバルブ サード 60φ レース用 タイプJ
インタークーラー  ブリッツ 4層ドラックスペシャル
ブーストコントローラー ブリッツ デュアル SBC
最大ブースト 2.4 kg/c㎡
ブローオフバルブ レーシングタイプ
その他    HKS・他 9連メーター

ENGINE
ボア×ストローク 87.5×75.7
圧縮比  8.9:1
カムシャフト IN272アペックスEX280HKS
バルブ 純正 ナトリウム封入タイプ
バルブスプリング HKS STEP 3Vスプリング
リテーナー  APEX クロモリリテーナー
ロッカーアーム  APEX ロングバルブリフター
ヘッドガスケット   HKS ドラックメタルタイプ 88φ×1.2
ポート加工  ラージ&IN ハイポートタイプ
ピストン    トラスト2.7Lキット
コネクティングロッド トラスト2.7Lキット
クランク トラスト2.7Lキット
オイルポンプ ニスモ グループAタイプ
プラグ   NGK ♯10 レーシング
プラグコード HKS 調整式カムスプロケット
オイルクーラー HKS 16段オイルクーラーKiT
ラジエター  八潮ファクトリー
エアクリーナー
その他  OSシーケンシャル6速ミッション
  HKS ドラックタイプトリプルプレートクラッチ
    ドラックタイプETS 強化トランスファー

CPU SPEC TYPE-ストリート0-400m 仕様時
レブリミッター    10500RPM
SPEED    CUT
BOOST   CUT
時間差レブ   CUT
F TP    2.5
IG TP    2.4
F RPM   9500
IG RPM  9950
F ハイオク MAP 全面
IG ハイオク MAP 全面
IG レギュラー MAP ハイオク仕様
K定数   1000cc用
O2センサー   プログラムホールド
水温補正   60-70
無効噴射    53

MANIFOLD SYSTEM
スロットルボディ    ナプレック 100φシングルスロットル
サージタンク   トラスト大容量
インテークマニホールド 46φスロットルスペーサー
エキゾーストマニホールド 45φ SUS
マフラー    HKS 102φ ドラックチタンサイレンサー
フロントパイプ   ワンオフ 75-90×2
その他


SHASSIS
ショックアブソーバー HKS ハイパーダンパードラックバージョン

その他  F クスコ コイルスプリングLSDフロント
    R クスコ コイルスプリングドラックLSDリヤ
タイヤ   ニットーNT555 (ゼロヨン時)
  275/  -17 F,R
ホイール   レイズ TE37 ゴールド
  9.0J-17 フロント、リヤ
その他 ブラックウレタン補強ボデイー

D-SBC SET 1-50%
2-55%
3-60%
4-65%
ゲイン 52%


投稿者:Hirata、投稿時刻:01:39 AM | コメント [0]

May 06, 2005

●懐かしいBCNR33爆裂号♪ボデー


車 名  スカイライン GTR
車 両 型 式 BCNR33 爆裂
ミッション  OS シーケンシャル6 M/T

ENGINE
ボア×ストローク 87.5×75.7
圧縮比  8.9:1
カムシャフト IN272アペックスEX280HKS
バルブ 純正 ナトリウム封入タイプ
バルブスプリング HKS STEP 3Vスプリング
リテーナー APEX クロモリリテーナー
ロッカーアーム APEX ロングバルブリフター
ヘッドガスケット HKS ドラックメタルタイプ 88φ×1.2
ポート加工 ラージ&IN ハイポートタイプ
ピストン トラスト2.7Lキット
コネクティングロッド トラスト2.7Lキット
クランク トラスト2.7Lキット
オイルポンプ ニスモ グループAタイプ
プラグ   NGK ♯10 レーシング
プラグコード HKS 調整式カムスプロケット
オイルクーラー HKS 16段オイルクーラーKiT
ラジエター 八潮ファクトリー
エアクリーナー
その他 OSシーケンシャル6速ミッション
HKS ドラックタイプトリプルプレートクラッチ
ドラックタイプETS 強化トランスファー




エヘヘ♪ブログのエントリーにやっと慣れたかも~
なんか機能がいっぱい付いててエントリー間違っちゃうのよ(汗)

投稿者:Hirata、投稿時刻:01:54 AM | コメント [0]