April 07, 2005

●Renault F1の秘技Vキール支持を暴く

バーレーン戦までの
現時点・・・
最強のフロントサスペンション♪と言われている
Renault F1Vキール支持フロントサス♪

フェラーリと比較…
フェラーリ…かなり無理していますね、コーナーつらそ(涙)
Renaultは
ノーズ下面とキールの内側はトンネル状となっており、
ここをフロントウイングの後流が通過する・・・
モノコック下部のロワアーム取り付け部は、
V型のキールとなった模様。
フロントサスを正面から見ると、今年もアッパーアームの角度はノーマルなジオメトリー。
ルノーは、同じミシュラン社のタイヤでも、
ウイリアムズや昨日登場したマクラーレンらと比べると使い方が異なるのだと思う。
近年のF1マシンは正面から見てロワアームの角度が判り辛いが、
他の角度の写真から見た感じでは、
ルノーはウイリアムズのタイプよりフロントのロールセンターは低いと思う。
一般的にロールセンターが低ければ、コーナー入口の反応は穏やかになり、コーナーでの限界は高く、
逆にロールセンターが高い場合は、コーナー入口の反応は敏感になり、コーナーでの限界は低くなる

投稿者:Hirata、投稿時刻:April 7, 2005 11:03 AM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gtroc.com/mt2/mt-tb.cgi/1936

コメント
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)