« 祝♪ フィギアスケートで荒川静香選手が"金メダル" | メイン | オベロン走行会 inエビスサーキット西コース »

2006年3月21日

SUGO 3時間耐久レース・・・

昨シーズンから会社の先輩でNA8Cに乗るO氏より出場を迫られていましたが、
無事に逃げる事に成功するも、それでは申し訳ナイ!って事でお手伝いをしてきました。

ワタシ的には4輪では1周のみのタイムアタックしか経験がなく連続で30分以上など
走れる自信もなくましてや温度管理やブレーキなどの不安要素も多数あったので
耐久レースに出場だなんて問題外・・・という訳だったんです。。

ちなみにSUGO独自のレギュレーションで開催された今回の耐久レースは人数も自由、
参加者は自分のマシンで走ってもOKですし1台を交代で乗ってもOKという風変わりな
ルールなので仲間のマシンを壊す心配もなく自分のマシンで安心して走る事が出来ます。

堅苦しい車検もなくクラス分けも細かくされているせいか表彰されるチャンスも多い事から
この日は全国各地から総勢30チームのエントリーがありました。
中にはKカーもいれば、とっても高そうなポルシェのGT3でエントリーしている方もいます。
同じコース上を走るのは危険かなぁ・・・と思いつつも雰囲気的には「お祭り」的要素が
あるレースなので、まぁ問題ないでしょう。。

ワタシがお手伝いしたチームはロータリーエンジンを得意とする仙台のショップ「RPM」から
エントリーしオメガのスポンサーがついた「RPM・オメガ・ももぐみ」です♪

15.jpg

出走順に紹介すると、まず営業マン青FD・・・この方はここSUGOのベストタイムは
なんと1分32秒台・・・(驚) 冬場のモデファイを済ませこの日はブーストを上げて
予選で30秒フラットを狙ってました。あの~、30秒って素人最速なんですけど・・・。

残念ながら予選アタックはわずか3周目でコース上が大渋滞化しまだタイヤも温まっていない
2周目にマークした34秒台で終える事となりましたが、それでもこのタイムは破られる事もなく
見事にポールポジションからのスタートとなりました♪

9.jpg

2番手はとても美しいS2000にお乗りの社長号です。この方の息子さんはロードスター海苔で
ご家族揃って屋根のナイお車がお好きなようで・・・(笑) SUGOのベストは36秒台です!

Img0025-033.jpg

3番手はワタシの先輩、SUGOマイスターNA8Cさんです。もともとは街に近い便利な
場所にお住まいでしたが、少しでもSUGOを走りたい・・・早く行きたい・・・との事から
サーキットの近くに引越しました。ワタシ的には開いた口が塞がらず・・・(笑)
SUGOのベストタイムはNAのロードスターとしては驚異的な1分37秒台をマークしております。

16.jpg

11.jpg

4番手、ラストを努めるのはNB6に乗るお弁当屋さんです。この方のロードスターは
外観とは裏腹に異様な排気音が・・・実はロータリーエンジンを積んでました!
この方は32Rを所有していたりNSXを買ってみたりと実際に何台の車を所有しているのか
謎の多い人物なのでチームメートも当日はいったい何で来るのか不明だったような・・・(笑)

12.jpg

レースは途中、ノンストップ連続無給油作戦を取ったチームに一瞬だけトップを譲りましたが
イエローコーションを上手に使い、各ドライバー共終始安定したレース内容でした。
終わってみれば2位との差は3Lap・・・。本人達は必死でしたが、ワタシから見れば
皆さん安定したドライブでタイムも文句ナシ! 今回はライバル不在のレースでした♪

4人が4人共、SUGOに精通したドライバーでレース経験も豊富な事からどんな作戦を
立てているのかワタシも興味があるトコでしたが、走行順を当日、ジャンケンで・・・
などととんでもない事を・・・。ワタシ的にはスタートは混戦になるので経験豊富で
競り合いに強い人、時間が経過するにつれコースがクリヤーになるので要はタイムの
速い人順、またはレースに慣れている人順に走るのが無難かと思ってましたが、
この方々にはそんなセオリーも必要ないご様子です(笑)

まぁ、絶妙な信頼関係から同じチームでエントリーしている訳なので
出走順なんて問題ナイんでしょう・・・。結果、終始危なげないレース内容でしたので。

今回は主に1コーナー付近でレースを観戦していましたが、チーム間でタイム差もありましたが
プライドを賭けた抜きつ抜かれつのバトルもあり見てて飽きない大満足のレースでした。
エントリーしていた方々も耐久に向けきっちり車を仕上げてきたせいかどのチームもブローもせず
また大きな事故もなく耐久レースを楽しんでいた雰囲気です。

しかし、2台で競り合ったまま1コーナーに進入している更にインに入り抜いていく
度胸はワタシには・・・(汗) 腕だけではなく「経験」が大事なんだと改めて
思わされた1日でした。これまでは見る事で勉強になるとは思いもしませんでしたが
見る事も大事ですねぇ~。プロの走りは訳が分かりませんがチトばかし上のレベルの
方の走りは参考になりました。自分も走りたくもなる訳ですが耐久ばかりは・・・(汗)

17.jpg

最後はパレードランの名目で1周だけコースを走る事が出来ました♪
通常は参加者が連なって2~30kでコースを走る訳ですが悪知恵の働くワタシは・・・
途中、S字までは良い子のフリしてゆっくり走ります。そして減速・・・
前が裏ストレートに出た頃にフル加速です(笑) 今回もその作戦を決行しましたが、
裏ストレート中間付近で前を行くマーシャルカーのインテに突っ込みそうに・・・。
危なくSUGOから永久追放されるトコでした。前回は嫁と子供を同乗させながら
スタッドレスという事を忘れ熱くなり馬の背の進入でエライ目に遭いましたっけ(汗)

パレードランでコースアウトはSUGOから永久追放されますのでご注意を!

ちなみにSUGOの路面は強烈です! ボディ剛性や足、ブレーキのキャパなど
これまでは不満のない部分でもSUGOを走るといろいろと考えさせられる事と思います。

ワタシが2輪で走っていた頃と比べると、コースの改修工事で新しいアスファルトが
敷かれ歩いてみただけでもスニーカーの靴底が路面に張り付く感じがします。
どんな感じか確かめてみたかったのでパレードランで少々無茶をしてみましたが、
ハイポイント出口付近からフル加速をしレインボーコーナーを2速踏みっぱなしでも
オーバーステアが出る訳でもなく強烈な横Gに見舞われながらも加速していきます。
路面のグリップは強烈で裏ストレート中間付近でのフルブレーキングでもロックする
訳でもなくブレーキのキャパ不足が明らかとなりました。

反面、ミゾ無しタイヤでもグリップ自体の不安は全然なかったので思わぬ収穫も・・・。
実際にA048を履いている方々も新品よりも五部山程度の方がSUGOではフィーリングがイイ!
との事でした。やはりタイヤは新品時のグリップよりもミゾなしでブロック剛性を重視ですかね(笑)

SUGOは強烈なコーナーリングスピードに慣れ、スピードを乗せてコーナーをクリヤしていく
感覚に慣れてしまえば、アスファルトの状態が最高な今年あたりがタイムが出そうな感じです。

ワタシはたった一つのコーナーを全開で走っただけで衝撃が走りましたが、
何となく今はまだエビスの方が限界が低くて楽しいかなぁ・・・などと。。。

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

 

投稿者 nabe_sendai : 2006年3月21日 20:33