« 2005年11月 | メイン | 2006年3月 »

2006年2月24日

祝♪ フィギアスケートで荒川静香選手が"金メダル"

「やっぱ日本人は世界では通用しないのね~」などと逆立ちしてもオリンピックに出れない男(ワタシ)が
無責任な事を言ってる中、"荒川静香"選手がやってくれました~。待ちに待った金メダル♪

なぜこんなに自分の事のように嬉しいかというと、荒川選手が幼少~学生の頃にスケートの練習を
していた当時は「厚生年金スポーツセンター」現在は「ウェルサンピアみやぎ泉」にワタシも何度も足を
運びスケートを楽しんでました。仙台では以前から有名選手を何人も輩出しメジャーなスポーツである
フィギアスケートですが一昔前までは一般の方がスケートを楽しむ事はまれで日曜日に行っても
ほぼ貸切状態で滑る事が可能でした。しかし、最近のリンクはというと・・・

Img0023 024.jpg

日曜日ともなるとこんな感じで常に満員御礼状態なんです(驚)
最近、若いながらも実力派の"浅田真央"ちゃんやイメージの良い"安藤美姫"こと"ミキティ"効果で
再びスケート人気に火がついたかなぁ~と。それにしても、荒川選手が練習を重ねワタシも15年ほど
前から通うこのスケートリンクが今は活気に満ち溢れている・・・嬉しい事ですよねぇ~。
今回の金メダル獲得で更にスケートをする方々が増える事でしょう。。。

ウチの「だいだい君」もデビューしました♪

Img0023 025.jpg

まだ4才なので滑るというより氷の上を走ってます(汗) いつになったら華麗に滑る事が出来るように
なるのか考えると頭の痛いところですが、まずは「楽しい♪」という事を教えてあげられれば・・・と
思っています。普段は鬼の母親もスケートの時ばかりは優しく指導しているご様子です(笑)

Img0023 026.jpg

ワタシはスノーボード歴も10年を遥かに越えるキャリアですが昼間のスキー場は苦手なんです。
リフト待ちに絶えられず、コースも好き勝手に滑れない状態ではストレスが溜まる事からボードは
ナイター専門なんです。日曜の昼は家族とスケート、夜は一人で勝手気ままにナイターでボードが
ワタシの冬の過ごし方です。「寒い!」などと言わず逆に冬を味方にし遊ぶ事を覚えると一年の
過ごし方がまた一段と楽しくなるかと思います。他のライバル達が何もしていない時期にコツコツと
体力作りをしていると・・・夏にはきっと良い事があるでしょう。。。

二輪でも四輪でも筋力が上がるとブレーキングと対横Gに強くなれます!
冬を制する者は夏をも・・・ワタシが信じている言葉なんですよねぇ~。
これといった結果はまだ出せてませんが効果はたぶん・・・あるような・・・。

もっとも、今思えばスケートもスノーボードも始めたきっかけは不純な理由なんですけど(自爆)

ウェルサンピアみやぎ泉
http://www.kjp.or.jp/hp_55/

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

投稿者 nabe_sendai : 22:53

2006年2月18日

難病と闘う子供たち・・・

2月17日の19時よりTBS系列で放映された「難病と闘う子供たち」を見て感動しました。
紹介された子供たちを見て目を覆いたくなるようなシーンも確かにありましたが、
難病と闘う子供たちを支える家族の存在に改めて「家族の絆」を知ったような感じがします。

「この子供たちは親を選んで産まれてきた・・・」 この言葉に救われたような気がします。

かつてのワタシも産まれてくる我が子に障害があったらどうしよう・・・などと悩んだ時期も
ありました。障害とまではいかなくともアトピーや喘息など持病を持っていたら・・・
「誰にも見せたくない」 「車もバイクも降りなければ・・・」 などと自己中心的な考えを
持っていた自分自身に腹が立ってきます。と同時に器の小さい自分に気付いたり・・・。

「車のパーツが買えない!」「タイムが出ない!」「人並みの生活がしたい!」な~んて事は
とても小さい悩みだったんですよねぇ~。今回、紹介された子供たちを拝見し改めて感じました。
こんな小さな事で悩めるくらいなんだから、まだワタシは平和で幸せな方かな~?みたいな。

健康で普通に生活し仕事が出来て更には大好きな車にも乗ってられる・・・
これまではごくごく当たり前の事でも実は凄い事なんだなぁ~と実感してます。。

番組を見て率直に障害を持って産まれてきた子供たちに恥じることなく
また自分自身の命を粗末にする事無く一生懸命に生活して行きたいと思ってます。

「五体満足のクセしてダセ~生き方してんじゃね~」と言われたくないですしねー。

ちなみに、ワタシの仕事は製造業ですが工作機械を操り特殊な機器を製作しています。
民間のレベルでは到底想像もつかない様な研究用の機器なんです。
頭の良い大学の教授やウチの設計者は現場にとんでもない要求をしてきます。
それは車のエンジン以上のクリアランスであったり部品精度であったり・・・。

でも、ワタシは絶対に形にし設計者の要求以上のクリアランスで製作します。
それはワタシのポリシーだからです。その機器を使い研究が進むと何年後かには
素晴らしい治療法が見つかったり新しい薬が発見されたりと医療の発展には欠かせない
大事な機器なので会社の採算は度外視してでも製作に燃える訳なんですよねぇ~。
現在、医療の現場で活躍しているCTスキャンやMRIなどもそういった機器を使った研究の
成果の賜なんです。この先、もっともっと素晴らしい「発明発見」があるかもしれません。

かれこれ10年以上も研究用機器を作ってますので「車やバイクの部品を作りたいなぁ~」
など浮気をせずワタシ自身の天職だと思い精進したいと改めて実感しました。

ウチの父を悩ますリウマチの特効薬の研究も進んでいる様子ですし、今回紹介された
子供たちにみられる遺伝子の研究も進んでくれる事を祈っております。
癌の治療法に関してはその機器を応用した製品で良い結果が出始めている・・・と
聞いています。更にあらゆる研究が進みすべてが良い方向へと進んでくれれば・・・。

あ! でも、暴飲暴食などからくる贅沢病の治療法ばかりは・・・どうでもイイかな?
食品添加物に化学調味料・・・このままいくとワタシら世代の寿命は60代かも。。
延命治療で何とか生かされているよりは死ぬ直前まで「健康」でありたいものです。

今回、ワタシ自身もいろいろと考えされられた素晴らしい番組を作ってくれたテレビ局や
スタッフ、また勇気を出して番組に出演してくれたご家族の皆様に感謝致します。

今回、出演した「ふゆぼうたち」のホームページです。
http://www.mni.ne.jp/~fuyubou/

医療をはじめさまざまな研究をしている機構のホームページです。
http://www.kek.jp/ja/index.html

投稿者 nabe_sendai : 00:35

2006年2月 8日

プロの走りを体験同乗会~スラローム編~

1.jpg

ウチの近所なのでたま~にセカンドカーのヴィッツを見てもらっている・・・
"ネッツ仙台 日の出フォーラム"で何やらイベントがあるという情報を聞きつけ
行って参りました♪ 特設コースにパイロンを立てプロのレーサーがドライブする
との事で「プロの技術がナンボのモンじゃ~!」と冷やかし半分での参加です(笑)

しかし、当日会場に行って実際にステアを握るメンバーを見てかなり驚きました!

4.jpg

まずは"影山正彦"選手・・・90年代中盤頃に当事グループAからGT選手権に移行した
時期に日産のワークスマシンに乗り3年連続チャンピオンになった方です。
当事はもう無敵だったような記憶があります。新しい記憶では弟の"正美"選手の名が
多く聞こえますがR32,R33フリークなら"影山正彦"選手の方が好きな方が多いと思います。

次に"片岡龍也"選手・・・若干12才でカートデビューし99,00年と全日本カート選手権の
FSAクラスで2年連続チャンピオンに輝いてる方です。その後はF・トヨタ、F3を経験し
2004年度からはF・ニッポンとGT500に参戦しています。トヨタ・チームトムス所属の
ワークスドライバーなんですよねぇ~。かなり感動~♪

03.jpeg

最後は"平中克幸"選手・・・パッと見、「まだまだ若い修行中のドライバーかな?」と
思ってたらなんのなんの16才の時に全日本カート選手権でデビューウィンを果たし
その後、フォーミュラに乗り換え欧州シリーズに参戦、トヨタF1テストドライバーまで
経験した後に2005年よりF・ニッポンとGT300に参戦している「バリバリ」なレーサー
だったんですねぇ~。各選手のプロフィールを知れば知るほど「衝撃」が走ります(汗)

てか、こんな豪華メンバーが普通に来てしまい更には"無料"で助手席に乗れてしまう
イベントって聞いた事ないような・・・。そーいえば、ここ「ネッツ仙台 日の出フォーラム」には
過去にも"レーサー近藤真彦"さんや"レーサー三原順子"さんにコアラを改名しなんでか
"ハッピーハッピー"氏など豪華なメンバーを呼び様々なイベントをするんですよねぇ~。

実は昨年のネッツのクリスマスパーティーの際には20インチの液晶テレビが当たって
しまいましたし日産フリークながらここのネッツだけはイベントの度に足を運んでしまいます。

さて、同乗走行はワタシは迷わず"影山正彦"選手を指名しました!
現在はトヨタ系の「スピリットモータースポーツ」に所属しスーパー耐久などに
出場していますがワタシの記憶は「影山兄弟=GT-R」だからです!

ついでにウチの嫁と息子も"影山選手"を指名・・・(笑)

同乗走行させて頂いた感想・・・
「とても素晴らしかった!」ただそれだけです(爆)

車はとんでもない動きをしていながらもハンドルを握っている影山選手はかなり
落ち着いたもんです(汗) 普通に街乗りしているような感覚でステアを握っている
感じですかねぇ~。ポジションや目線、足の使い方、ハンドルさばきなど今回は
かなり勉強になりました。二輪と共通しているなぁ~と思える事は、速い人ほど
体の無駄な力が抜けていて動きが美しい・・・。今回の同乗は前を見ず終始、
影山選手の"動き"を見て終わりました。ホントに良い経験をさせて頂きました♪

6.jpg

何枚か写真を撮ったものの自己流で設定した数値が甘かったのか何なのか
ピンボってる画像ばっかです。動きを出したくて欲を出した事が裏目に・・・(涙)

2.jpg

3.jpg

5.jpg

↑ウチの「だいだい君」・・・影山選手の激しい走りに頭を抱えてます。
影山選手の運転じゃ子供には刺激が強すぎるかと・・・(滝汗)

でも、父親であるワタシの運転じゃこんな横Gは体験出来ないので今のウチに
経験しておくのも良い事かと。F1はもっと速いだろうし・・・(笑)

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

投稿者 nabe_sendai : 23:15