2006年4月10日

オベロン走行会 inエビスサーキット西コース

今回は「オベロン・オイル」で有名なトライボ・ジャパン主催の走行会に参加してきました!

Img0025 069.jpg

ワタシのマシンがお世話になっている「ジーイング」の走行枠を特別に用意して頂き、
ホームコースの「エビス西」で開催という事で迷う事なくエントリーしたしだいです。

しかも、季節的にはもう春になりつつある時期なので雪も溶けマシンには最高のコンディション・・・
のはずが・・・なぜか異常に寒い・・・。この日は冷たい強風の影響もあり寒すぎでした(涙)
なんでも会津の方はチェーン規制が出る程の雪模様でエビスの上の方の山も真っ白・・・。

今回はタイヤが間に合わなく昨年の「ポテンザGP」で履いた二部山の「RE-01R」だったので
タイムアタックはハナっから捨てていたせいか当日の気温の低さはあまり気にしてませんでした。
が、11時より最初のクラスが走行となりましたが、これがまた皆さん異常に遅い・・・
東北各地の"オベロン"愛用ショップから猛者達が集結する走行会でしたが、天気とは裏腹に
その異常な路面コンディションの影響からか思うようにペースを上げられないご様子でした。

300.jpg
                     <撮影64さん>

ジーイング枠ではGT-Rばかり総勢17台ものエントリー車が一斉に走行開始となりましたが、
やはり皆さんペースが上がらず・・・。ワタシが密かにマークしそのテクを少しでも盗もうと
ピッタリ後ろに張り付いていた32のSタイヤ装着車は全くグリップせずドリドリ大会をしています(汗)

反面、ワタシの車輌は意外と普通にグリップしていたような・・・。

というのも、今回はあまりにもタイヤのミゾが無く、タイヤがグリップしないのは目に見えていたので、
車高は極端なリヤ下がりに減衰は街乗りよりも柔らかい全抜き、タイヤはヨレは出るものの、
接地面積の確保とトラクションを重視し冷間の内圧を1.7kまで下げて走行しました。
温間でも2.0kくらいで通常なら考えられないあえて異常なセッティングをしてみました。
ん~、ワタシ的には想像だけで考えた「雨天スペシャル」とも言えるセッティングなんです。。

ラインも普段なら突っ込み重視の攻めのスタイルで挑みますが、数日前から丁寧な立ち上がり
重視のラインをシュミレーションしていました。なんせこのタイヤじゃ突っ込みでは踏ん張らず
アンダーとなり立ち上がりで無理をするとすぐにオーバーステアになると予想してました。
なので今回の走行ではコーナーで無理をせず少しでも早く向きを変えハンドルが真っ直ぐに
なったらフルスロットル作戦です。次期仕様にと購入しておいたレスポンス面で優れるであろう
「トラスト3層インタークーラー」も今回の作戦には必要なかったのであえて交換しませんでした。

今回のミゾ無しタイヤ走行ではアクセルレスポンスがダルイ方が「楽かなぁ~」との判断です。

結果、ワタシの想像以上にミゾ無し01Rは他車に比べ抜群のグリップを見せてくれて、
最悪・・・と大騒ぎされる悪コンディションの中、午前中の走行で自己ベストのコンマ5秒落ちまで
タイムは伸びました。猛者の皆さんが9秒台で走るのがやっとだったので今回の作戦は大成功です。

302.jpeg
                    <撮影キクゾーさん>

午後の走行でも強風は収まる事はなく早々に引き上げる方も多い中、ワタシは2周だけ
アタックをしました。と言うのも午前のヒートでタイヤが想像以上のグリップをしてくれた
事で少々無茶なドライビングをしてしまいました(汗) 初めて走る方も多い中、無理な追越しを
したり・・・並んで進入してみたり・・・。冷静に考えてみると今回はオベロンのファン感謝デーとも
言える豪華なイベント内容でまるでお祭りのようでした。参加している方々も確かに本気組も
いましたが、そのほとんどの方は自分のペースでサーキット走行を楽しんでいる感じです。

午前のヒートでワタシ的には思いっきり走れた感がありましたので、午後からは危ない
走りのワタシは自粛し参加した皆さんにラインを気にせず思いっきり走ってもらいたい!と
考えました。ワタシの願いは届いたのかどうか第3ヒートは皆さん20Lap前後を刻んでいたので
まぁまぁ楽しめた事と思います。ワタシはアップとクーリングを含め7周程走りました。

でも、「少ない周回で決めてやる!」という集中力が功を奏したのか
自己ベストに迫る「1分05秒813」が出ました!

結果、50台近い参加がありましたが、ターボ車クラスで2位となり思いがけない表彰を・・・。
その時は素直に喜びましたが、家に帰ってきて冷静になると、、「また2位かよ・・・」
2輪時代を知る人には笑える話しかと思います。でも、この悔しさがまた自分を成長させて
くれるきっかけとなり、またメンテをし車を大事にする事に繋がっていくんですよねぇ~。
1位になるのは40才を過ぎてからでも50才になってからでも決して遅くはないと思います。

普通のスポーツは年齢とともに自分のベストコンディションだった頃から離れていってしまいますが、
モータースポーツの中でも4輪の場合は年齢を重ねるごとに円熟味が増し、自己ベストを
どんどん更新出来る数少ないスポーツの中のひとつだと思います。まだまだ日々精進ですかね♪

最後に今回が初の参加となる”オベロン走行会”でしたが、
皆さんいろんなグッズを頂き更に運の良い方は数万円相当のオベロン・オイルを
ゲットした方も何人もいてマラソン有りのトン汁有りの内容的にも楽しい走行会でした!

年に2~3回程、全国各地で開催してますので機会があったら参加してみてはいかがでしょうか?


”オベロン”でお馴染みの「トライボ・ジャパン」のHP
http://www.tribojapan.co.jp/


http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

 

投稿者 nabe_sendai : 21:29

2006年3月21日

SUGO 3時間耐久レース・・・

昨シーズンから会社の先輩でNA8Cに乗るO氏より出場を迫られていましたが、
無事に逃げる事に成功するも、それでは申し訳ナイ!って事でお手伝いをしてきました。

ワタシ的には4輪では1周のみのタイムアタックしか経験がなく連続で30分以上など
走れる自信もなくましてや温度管理やブレーキなどの不安要素も多数あったので
耐久レースに出場だなんて問題外・・・という訳だったんです。。

ちなみにSUGO独自のレギュレーションで開催された今回の耐久レースは人数も自由、
参加者は自分のマシンで走ってもOKですし1台を交代で乗ってもOKという風変わりな
ルールなので仲間のマシンを壊す心配もなく自分のマシンで安心して走る事が出来ます。

堅苦しい車検もなくクラス分けも細かくされているせいか表彰されるチャンスも多い事から
この日は全国各地から総勢30チームのエントリーがありました。
中にはKカーもいれば、とっても高そうなポルシェのGT3でエントリーしている方もいます。
同じコース上を走るのは危険かなぁ・・・と思いつつも雰囲気的には「お祭り」的要素が
あるレースなので、まぁ問題ないでしょう。。

ワタシがお手伝いしたチームはロータリーエンジンを得意とする仙台のショップ「RPM」から
エントリーしオメガのスポンサーがついた「RPM・オメガ・ももぐみ」です♪

15.jpg

出走順に紹介すると、まず営業マン青FD・・・この方はここSUGOのベストタイムは
なんと1分32秒台・・・(驚) 冬場のモデファイを済ませこの日はブーストを上げて
予選で30秒フラットを狙ってました。あの~、30秒って素人最速なんですけど・・・。

残念ながら予選アタックはわずか3周目でコース上が大渋滞化しまだタイヤも温まっていない
2周目にマークした34秒台で終える事となりましたが、それでもこのタイムは破られる事もなく
見事にポールポジションからのスタートとなりました♪

9.jpg

2番手はとても美しいS2000にお乗りの社長号です。この方の息子さんはロードスター海苔で
ご家族揃って屋根のナイお車がお好きなようで・・・(笑) SUGOのベストは36秒台です!

Img0025-033.jpg

3番手はワタシの先輩、SUGOマイスターNA8Cさんです。もともとは街に近い便利な
場所にお住まいでしたが、少しでもSUGOを走りたい・・・早く行きたい・・・との事から
サーキットの近くに引越しました。ワタシ的には開いた口が塞がらず・・・(笑)
SUGOのベストタイムはNAのロードスターとしては驚異的な1分37秒台をマークしております。

16.jpg

11.jpg

4番手、ラストを努めるのはNB6に乗るお弁当屋さんです。この方のロードスターは
外観とは裏腹に異様な排気音が・・・実はロータリーエンジンを積んでました!
この方は32Rを所有していたりNSXを買ってみたりと実際に何台の車を所有しているのか
謎の多い人物なのでチームメートも当日はいったい何で来るのか不明だったような・・・(笑)

12.jpg

レースは途中、ノンストップ連続無給油作戦を取ったチームに一瞬だけトップを譲りましたが
イエローコーションを上手に使い、各ドライバー共終始安定したレース内容でした。
終わってみれば2位との差は3Lap・・・。本人達は必死でしたが、ワタシから見れば
皆さん安定したドライブでタイムも文句ナシ! 今回はライバル不在のレースでした♪

4人が4人共、SUGOに精通したドライバーでレース経験も豊富な事からどんな作戦を
立てているのかワタシも興味があるトコでしたが、走行順を当日、ジャンケンで・・・
などととんでもない事を・・・。ワタシ的にはスタートは混戦になるので経験豊富で
競り合いに強い人、時間が経過するにつれコースがクリヤーになるので要はタイムの
速い人順、またはレースに慣れている人順に走るのが無難かと思ってましたが、
この方々にはそんなセオリーも必要ないご様子です(笑)

まぁ、絶妙な信頼関係から同じチームでエントリーしている訳なので
出走順なんて問題ナイんでしょう・・・。結果、終始危なげないレース内容でしたので。

今回は主に1コーナー付近でレースを観戦していましたが、チーム間でタイム差もありましたが
プライドを賭けた抜きつ抜かれつのバトルもあり見てて飽きない大満足のレースでした。
エントリーしていた方々も耐久に向けきっちり車を仕上げてきたせいかどのチームもブローもせず
また大きな事故もなく耐久レースを楽しんでいた雰囲気です。

しかし、2台で競り合ったまま1コーナーに進入している更にインに入り抜いていく
度胸はワタシには・・・(汗) 腕だけではなく「経験」が大事なんだと改めて
思わされた1日でした。これまでは見る事で勉強になるとは思いもしませんでしたが
見る事も大事ですねぇ~。プロの走りは訳が分かりませんがチトばかし上のレベルの
方の走りは参考になりました。自分も走りたくもなる訳ですが耐久ばかりは・・・(汗)

17.jpg

最後はパレードランの名目で1周だけコースを走る事が出来ました♪
通常は参加者が連なって2~30kでコースを走る訳ですが悪知恵の働くワタシは・・・
途中、S字までは良い子のフリしてゆっくり走ります。そして減速・・・
前が裏ストレートに出た頃にフル加速です(笑) 今回もその作戦を決行しましたが、
裏ストレート中間付近で前を行くマーシャルカーのインテに突っ込みそうに・・・。
危なくSUGOから永久追放されるトコでした。前回は嫁と子供を同乗させながら
スタッドレスという事を忘れ熱くなり馬の背の進入でエライ目に遭いましたっけ(汗)

パレードランでコースアウトはSUGOから永久追放されますのでご注意を!

ちなみにSUGOの路面は強烈です! ボディ剛性や足、ブレーキのキャパなど
これまでは不満のない部分でもSUGOを走るといろいろと考えさせられる事と思います。

ワタシが2輪で走っていた頃と比べると、コースの改修工事で新しいアスファルトが
敷かれ歩いてみただけでもスニーカーの靴底が路面に張り付く感じがします。
どんな感じか確かめてみたかったのでパレードランで少々無茶をしてみましたが、
ハイポイント出口付近からフル加速をしレインボーコーナーを2速踏みっぱなしでも
オーバーステアが出る訳でもなく強烈な横Gに見舞われながらも加速していきます。
路面のグリップは強烈で裏ストレート中間付近でのフルブレーキングでもロックする
訳でもなくブレーキのキャパ不足が明らかとなりました。

反面、ミゾ無しタイヤでもグリップ自体の不安は全然なかったので思わぬ収穫も・・・。
実際にA048を履いている方々も新品よりも五部山程度の方がSUGOではフィーリングがイイ!
との事でした。やはりタイヤは新品時のグリップよりもミゾなしでブロック剛性を重視ですかね(笑)

SUGOは強烈なコーナーリングスピードに慣れ、スピードを乗せてコーナーをクリヤしていく
感覚に慣れてしまえば、アスファルトの状態が最高な今年あたりがタイムが出そうな感じです。

ワタシはたった一つのコーナーを全開で走っただけで衝撃が走りましたが、
何となく今はまだエビスの方が限界が低くて楽しいかなぁ・・・などと。。。

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

 

投稿者 nabe_sendai : 20:33

2006年2月24日

祝♪ フィギアスケートで荒川静香選手が"金メダル"

「やっぱ日本人は世界では通用しないのね~」などと逆立ちしてもオリンピックに出れない男(ワタシ)が
無責任な事を言ってる中、"荒川静香"選手がやってくれました~。待ちに待った金メダル♪

なぜこんなに自分の事のように嬉しいかというと、荒川選手が幼少~学生の頃にスケートの練習を
していた当時は「厚生年金スポーツセンター」現在は「ウェルサンピアみやぎ泉」にワタシも何度も足を
運びスケートを楽しんでました。仙台では以前から有名選手を何人も輩出しメジャーなスポーツである
フィギアスケートですが一昔前までは一般の方がスケートを楽しむ事はまれで日曜日に行っても
ほぼ貸切状態で滑る事が可能でした。しかし、最近のリンクはというと・・・

Img0023 024.jpg

日曜日ともなるとこんな感じで常に満員御礼状態なんです(驚)
最近、若いながらも実力派の"浅田真央"ちゃんやイメージの良い"安藤美姫"こと"ミキティ"効果で
再びスケート人気に火がついたかなぁ~と。それにしても、荒川選手が練習を重ねワタシも15年ほど
前から通うこのスケートリンクが今は活気に満ち溢れている・・・嬉しい事ですよねぇ~。
今回の金メダル獲得で更にスケートをする方々が増える事でしょう。。。

ウチの「だいだい君」もデビューしました♪

Img0023 025.jpg

まだ4才なので滑るというより氷の上を走ってます(汗) いつになったら華麗に滑る事が出来るように
なるのか考えると頭の痛いところですが、まずは「楽しい♪」という事を教えてあげられれば・・・と
思っています。普段は鬼の母親もスケートの時ばかりは優しく指導しているご様子です(笑)

Img0023 026.jpg

ワタシはスノーボード歴も10年を遥かに越えるキャリアですが昼間のスキー場は苦手なんです。
リフト待ちに絶えられず、コースも好き勝手に滑れない状態ではストレスが溜まる事からボードは
ナイター専門なんです。日曜の昼は家族とスケート、夜は一人で勝手気ままにナイターでボードが
ワタシの冬の過ごし方です。「寒い!」などと言わず逆に冬を味方にし遊ぶ事を覚えると一年の
過ごし方がまた一段と楽しくなるかと思います。他のライバル達が何もしていない時期にコツコツと
体力作りをしていると・・・夏にはきっと良い事があるでしょう。。。

二輪でも四輪でも筋力が上がるとブレーキングと対横Gに強くなれます!
冬を制する者は夏をも・・・ワタシが信じている言葉なんですよねぇ~。
これといった結果はまだ出せてませんが効果はたぶん・・・あるような・・・。

もっとも、今思えばスケートもスノーボードも始めたきっかけは不純な理由なんですけど(自爆)

ウェルサンピアみやぎ泉
http://www.kjp.or.jp/hp_55/

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

投稿者 nabe_sendai : 22:53

2006年2月18日

難病と闘う子供たち・・・

2月17日の19時よりTBS系列で放映された「難病と闘う子供たち」を見て感動しました。
紹介された子供たちを見て目を覆いたくなるようなシーンも確かにありましたが、
難病と闘う子供たちを支える家族の存在に改めて「家族の絆」を知ったような感じがします。

「この子供たちは親を選んで産まれてきた・・・」 この言葉に救われたような気がします。

かつてのワタシも産まれてくる我が子に障害があったらどうしよう・・・などと悩んだ時期も
ありました。障害とまではいかなくともアトピーや喘息など持病を持っていたら・・・
「誰にも見せたくない」 「車もバイクも降りなければ・・・」 などと自己中心的な考えを
持っていた自分自身に腹が立ってきます。と同時に器の小さい自分に気付いたり・・・。

「車のパーツが買えない!」「タイムが出ない!」「人並みの生活がしたい!」な~んて事は
とても小さい悩みだったんですよねぇ~。今回、紹介された子供たちを拝見し改めて感じました。
こんな小さな事で悩めるくらいなんだから、まだワタシは平和で幸せな方かな~?みたいな。

健康で普通に生活し仕事が出来て更には大好きな車にも乗ってられる・・・
これまではごくごく当たり前の事でも実は凄い事なんだなぁ~と実感してます。。

番組を見て率直に障害を持って産まれてきた子供たちに恥じることなく
また自分自身の命を粗末にする事無く一生懸命に生活して行きたいと思ってます。

「五体満足のクセしてダセ~生き方してんじゃね~」と言われたくないですしねー。

ちなみに、ワタシの仕事は製造業ですが工作機械を操り特殊な機器を製作しています。
民間のレベルでは到底想像もつかない様な研究用の機器なんです。
頭の良い大学の教授やウチの設計者は現場にとんでもない要求をしてきます。
それは車のエンジン以上のクリアランスであったり部品精度であったり・・・。

でも、ワタシは絶対に形にし設計者の要求以上のクリアランスで製作します。
それはワタシのポリシーだからです。その機器を使い研究が進むと何年後かには
素晴らしい治療法が見つかったり新しい薬が発見されたりと医療の発展には欠かせない
大事な機器なので会社の採算は度外視してでも製作に燃える訳なんですよねぇ~。
現在、医療の現場で活躍しているCTスキャンやMRIなどもそういった機器を使った研究の
成果の賜なんです。この先、もっともっと素晴らしい「発明発見」があるかもしれません。

かれこれ10年以上も研究用機器を作ってますので「車やバイクの部品を作りたいなぁ~」
など浮気をせずワタシ自身の天職だと思い精進したいと改めて実感しました。

ウチの父を悩ますリウマチの特効薬の研究も進んでいる様子ですし、今回紹介された
子供たちにみられる遺伝子の研究も進んでくれる事を祈っております。
癌の治療法に関してはその機器を応用した製品で良い結果が出始めている・・・と
聞いています。更にあらゆる研究が進みすべてが良い方向へと進んでくれれば・・・。

あ! でも、暴飲暴食などからくる贅沢病の治療法ばかりは・・・どうでもイイかな?
食品添加物に化学調味料・・・このままいくとワタシら世代の寿命は60代かも。。
延命治療で何とか生かされているよりは死ぬ直前まで「健康」でありたいものです。

今回、ワタシ自身もいろいろと考えされられた素晴らしい番組を作ってくれたテレビ局や
スタッフ、また勇気を出して番組に出演してくれたご家族の皆様に感謝致します。

今回、出演した「ふゆぼうたち」のホームページです。
http://www.mni.ne.jp/~fuyubou/

医療をはじめさまざまな研究をしている機構のホームページです。
http://www.kek.jp/ja/index.html

投稿者 nabe_sendai : 00:35

2006年2月 8日

プロの走りを体験同乗会~スラローム編~

1.jpg

ウチの近所なのでたま~にセカンドカーのヴィッツを見てもらっている・・・
"ネッツ仙台 日の出フォーラム"で何やらイベントがあるという情報を聞きつけ
行って参りました♪ 特設コースにパイロンを立てプロのレーサーがドライブする
との事で「プロの技術がナンボのモンじゃ~!」と冷やかし半分での参加です(笑)

しかし、当日会場に行って実際にステアを握るメンバーを見てかなり驚きました!

4.jpg

まずは"影山正彦"選手・・・90年代中盤頃に当事グループAからGT選手権に移行した
時期に日産のワークスマシンに乗り3年連続チャンピオンになった方です。
当事はもう無敵だったような記憶があります。新しい記憶では弟の"正美"選手の名が
多く聞こえますがR32,R33フリークなら"影山正彦"選手の方が好きな方が多いと思います。

次に"片岡龍也"選手・・・若干12才でカートデビューし99,00年と全日本カート選手権の
FSAクラスで2年連続チャンピオンに輝いてる方です。その後はF・トヨタ、F3を経験し
2004年度からはF・ニッポンとGT500に参戦しています。トヨタ・チームトムス所属の
ワークスドライバーなんですよねぇ~。かなり感動~♪

03.jpeg

最後は"平中克幸"選手・・・パッと見、「まだまだ若い修行中のドライバーかな?」と
思ってたらなんのなんの16才の時に全日本カート選手権でデビューウィンを果たし
その後、フォーミュラに乗り換え欧州シリーズに参戦、トヨタF1テストドライバーまで
経験した後に2005年よりF・ニッポンとGT300に参戦している「バリバリ」なレーサー
だったんですねぇ~。各選手のプロフィールを知れば知るほど「衝撃」が走ります(汗)

てか、こんな豪華メンバーが普通に来てしまい更には"無料"で助手席に乗れてしまう
イベントって聞いた事ないような・・・。そーいえば、ここ「ネッツ仙台 日の出フォーラム」には
過去にも"レーサー近藤真彦"さんや"レーサー三原順子"さんにコアラを改名しなんでか
"ハッピーハッピー"氏など豪華なメンバーを呼び様々なイベントをするんですよねぇ~。

実は昨年のネッツのクリスマスパーティーの際には20インチの液晶テレビが当たって
しまいましたし日産フリークながらここのネッツだけはイベントの度に足を運んでしまいます。

さて、同乗走行はワタシは迷わず"影山正彦"選手を指名しました!
現在はトヨタ系の「スピリットモータースポーツ」に所属しスーパー耐久などに
出場していますがワタシの記憶は「影山兄弟=GT-R」だからです!

ついでにウチの嫁と息子も"影山選手"を指名・・・(笑)

同乗走行させて頂いた感想・・・
「とても素晴らしかった!」ただそれだけです(爆)

車はとんでもない動きをしていながらもハンドルを握っている影山選手はかなり
落ち着いたもんです(汗) 普通に街乗りしているような感覚でステアを握っている
感じですかねぇ~。ポジションや目線、足の使い方、ハンドルさばきなど今回は
かなり勉強になりました。二輪と共通しているなぁ~と思える事は、速い人ほど
体の無駄な力が抜けていて動きが美しい・・・。今回の同乗は前を見ず終始、
影山選手の"動き"を見て終わりました。ホントに良い経験をさせて頂きました♪

6.jpg

何枚か写真を撮ったものの自己流で設定した数値が甘かったのか何なのか
ピンボってる画像ばっかです。動きを出したくて欲を出した事が裏目に・・・(涙)

2.jpg

3.jpg

5.jpg

↑ウチの「だいだい君」・・・影山選手の激しい走りに頭を抱えてます。
影山選手の運転じゃ子供には刺激が強すぎるかと・・・(滝汗)

でも、父親であるワタシの運転じゃこんな横Gは体験出来ないので今のウチに
経験しておくのも良い事かと。F1はもっと速いだろうし・・・(笑)

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

投稿者 nabe_sendai : 23:15

2005年11月 6日

一週間遅れの「いわきオフ」・・・

P1000369.jpg
              <湯の岳パノラマライン>

OCの関東・東北地区合同MTGから遅れること一週間・・・
ワタシも走り仲間の協力で初めての「いわき」を体験してきました!

いわきは福島県でも最南部に位置し仙台から下道を使うと4時間コース・・・(汗)
気になる場所ではありましたが、その距離がネックで長距離運転が苦手なワタシ
としては足を踏み入れた事のない場所でした。が、今回はOCメンバーでもあり
いわき市在住の「NAOさん」のご協力であっさり実現しちゃったんですよねぇ~(感涙)

まぁ、正確にはさーちんさん率いる「さーちん軍団」主催の「秋刀魚&あんこう鍋オフ」
にワタシが便乗させてもらっただけなんですけど・・・(汗)

P1000377.jpg
              <プディングアリス>

湯の岳パノラマラインでのツーリング? いやバトルを満喫した後に寄ったのが
上記のケーキ屋さんです。大のR海苔がケーキを・・・などと思うかも知れませんが、
このお店は楽天のグルメランキングでも常に3位以内に入る超有名店なんです。
プリンやチーズケーキが美味しいと聞き、ワタシ的にも今回の「目玉」的お店でした!
ウェブ上で予約を入れると2~3ヶ月待ちとの噂が・・・(謎)

P1000378.jpg
              <いわきマリンタワーです>

P1000388.jpg
     <屋上のスカイデッキから見たいわきの小名浜港です>

おいしいケーキを食した後は海に向かって走り、「水族館」や「ら・ら・みゅう」を横目に
見ながら「三崎公園」に向かいました。ここには「いわきマリンタワー」という展望台が
あり、いわき一円をスカイデッキから一望できます。この公園内は他にも、広大な
芝生広場やバーべキュー広場、ピクニックガーデン、野外音楽堂、自然探勝ゾーン
などがありお金を使う事なく一日中遊べる超巨大な公園でした~(驚)

P1000390.jpg
              <公園内の潮見台にて・・・>

この時点(11:30頃)で参加台数はまだ4台・・・。関東勢は1台の「R」に3人程乗って
来るはずが未だ到着せず・・・。集合時刻は朝の9時なのに何やってんだか(笑)

昼食は「ら・ら・みゅう」の近くのお魚屋さんで食べました! 普通の観光だったら
迷う事無く「ら・ら・みゅう」内でお土産の購入がてら昼食を・・・と思うトコですが、
今回は地元の方しか知らないであろう「隠れた名店」に案内してもらいました。

これが超感動でした! 画像が無いのが残念!! テレビでしか見た事のない
豪華な食材をふんだんに使いながらもあの価格・・・。ウチの親にも食べさせたい・・・。
何といっても「お刺身定食」は地元の刺身8点盛りにどんぶり飯、更には毛ガニ汁が
付いてそのお値段1500円也。ハラコ丼もどんぶりから溢れる勢いでしたし・・・(感動)
場所を教えようにもドコらへんだったか未だ不明だったりしてます・・・(汗)

P1000397.jpg

昼食中に関東勢の1台と3人も無事に合流し計5台でのツーリングとなりました!
この後は、木戸川に鮭を見学しに行き本日の最終目的地の「天神岬公園」で
海を眺めながらの「露天風呂」も満喫しました~♪ でも、これだけの「車バカ」連中が
集まると景色には目もくれず終始、車の話題に花が咲く訳です。ハイ。

夜はいよいよメインの「秋刀魚&あんこう鍋」を満喫です。
今回はお世話係の「NAOさん」宅に全員でお邪魔しお約束の・・・
「大宴会」となりました(笑) 冷静に考えると何とお礼を申したら良いのか・・・(滝汗)
飲んで喰って泊まってお一人様2000円て・・・絶対にありえないしー。

P1000419.jpg

帰り道に考えていた事ですが、どうもいわきの人間はボランティア精神が豊富な方が
多いようです。少なくとも今回のオフでワタシが触れ合ったいわきの方はみんなです。
公園にしろ観光地にしろお店にある商品の価格にしろ、もっと高く設定しても・・・と
思ってました。「喜んで頂ければそれだけで満足です!」精神がこの街に溢れてます。

どこでお金を使ってもこちらも満足して支払える感覚ってなかなか無いですよねぇ~。

いわき・・・またぜひ行きたい場所ですねぇ~。仙台も魚介類は有名な場所ですが、
いわきと同じ食材を揃えるには数倍のお金が必要ですから!(涙)

刺身用の脂の乗った「秋刀魚」が一匹30円て・・・。ん~、ありえない。

箱でまとめ買いしちゃうと20~24匹入りで2000円て・・・。
ほとんどのお店がその価格でしたがお店の経営は大丈夫なんでしょうか???
「秋刀魚」に限らず鮮魚から野菜までそのすべてが驚きの価格でした!
あれだけ新鮮で美味しい食材だったらもっと高くても喜んで買うんですけどねぇ。

P1000434.jpg
             <相馬市の松川浦で一休み~>

お土産を買い込み帰り道は単独でゆっくり下道を海岸線に沿って仙台を目指しました♪
ワタシの車には地図もナビもありません。ワタシと嫁の「勘」だけが頼りです(笑)
ありきたりの道じゃつまらないので常に海を眺められる怪しい道を通って来ましたが
途中、行き止り・・・も数回経験しながらも何とか無事に辿り付けました。

迷っても行き止りになっても全然問題はありません♪ 時間はたっぷりあるので(苦)
久しぶりにタイムを気にせずGT-Rに乗った感がありますが、今回の旅は思い出に
なる・・・また心に残る楽しいオフとなりました! 感謝の気持ちで一杯です!!

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

投稿者 nabe_sendai : 21:36

2005年10月23日

雨の休日の過ごし方~仙台市科学館編~

P1000324.jpg

雨の休日は憂鬱ですよねぇ~。
走りに行けないし洗車も出来なければ車もイジれず・・・(涙)

そんな時は諦めて(?)普段サボりまくっている「家族サービス」に徹します。
今回は仙台市青葉区にあり台原森林公園に隣接して建っている、、、
仙台市科学館」に行って来ました!

入場料の500円(小学生以下は無料)を払って中に入ると・・・
そこは子供心や遊び心をくすぐるアトラクションが満載・・・

P1000318.jpg
           ~3Fはこんな感じです~

P1000326.jpg
           ~4Fはこんな感じです~

ここに展示しているものは実際に観て触って体験出来ると聞いていましたが、
「どーせ子供が楽しむ程度だろー!」的な事前予想を大きく裏切る内容でした。
立派な大人でも子供心や遊び心を忘れてない方なら十分に楽しめますよ~♪
実際に飛行機の操縦体験コーナーは大の大人が列を作ってましたし(笑)

P1000331.jpg

中に進んでいくと「科学館スタッフ」が家にある素材で作れる「手作りオモチャ」を
作ってくれたり簡単な素材で楽しい実験を見せてくれたり、子供から大人まで
楽しめるコーナーもありました。ワタシ自身も家族の存在を忘れて遊んでましたっけ。

更に奥へ進んで行くと・・・

P1000320.jpg

全然期待してない場所に・・・更には家族サービスの為だけに訪れた場所に・・・
あったんですねぇ~。ワタシの五感をくすぐるスペースがぁぁぁぁ~!(感涙)

車はスターレットでしたが、そのすべてがバラバラにされてキレイに展示してました!
さすがにここまでバラしてある車を見た事が無かったのでもう釘付けでしたねぇ~。
エンジンパーツもキレイにバラされ、その一点一点をすべて展示してありました。

ワタシ、この時点ですでに家族で訪れてた事はキレイに忘れてましたから(笑)

P1000337.jpg

その一画にとても気になる展示物がありました。上記画像がそれです。
初めは単なるエンジンのカットモデルかなぁ~?と思ってましたが、これがまた
動くんですよー! ボタンを押すとゆっくりではありますが実際のエンジンのように・・・。
理屈では何となくこんな感じかな?と思ってた内燃機関を実際に見た事は初めてです。
これは本当に感動でしたねぇ~。しかも、ツインカム16バルブのDOHCエンジンです。
15分はワタシ一人でボタンを押しっぱなしでしたから~。勉強になりました!

P1000338.jpg

スターレットのエンジンに並んで、日本初のロータリーエンジンも展示してました。
こちらもボタンを押すとエンジンが動きます。「三角おむすび」もゆっくりではありますが
クルクル回ってました。こちらはミッションの構造まで知る事が出来ます。

P1000340.jpg

結果、軽い気持ちで訪れた「科学館」でしたが、気が付くとあっという間に
三時間も過ぎてました。軽食レストランはありましたが、ここはお弁当を持ってきて
丸一日をかけてゆっくり遊ぶ場所ですかねぇ~。天気が良ければ科学館の目の前は
台原森林公園なので外で思いっきり遊ぶ事も出来るしゆっくり散歩も出来る・・・。

意外と近所にある科学館でしたが、訪れたのは今回が初めてでした。
これまでは子供が遊んだり勉強をしたりする場所と決め付けて近づく事は
ありませんでしたが、新しい発見が数多くありリピーターが多い理由も納得でした。

ワタシ自身も雨の休日にはまた足を運びたい場所になりました♪

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

投稿者 nabe_sendai : 10:22

2005年10月13日

車載カメラのススメ・・・

ビデオカメラを車に積み込み自分の走りを撮影・・・

正直、ワタシは好きではありませんでした。なんか、ナルシストっぽくて・・・。
後でビデオを見ながら酒を片手に自分の走りに酔いしれるのかな~?みたいな。

今回、「ポテンザRE-01R GP」に同行して頂いた同じ会社の先輩の手で
ワタシの「ナルシスト映像」を撮って頂いたんですよねぇ~(汗)

走行前の貴重な時間にワタシの車に乗り込み、何やら「ゴソゴソ」と・・・(汗)
助手席のシートにビデオカメラがビニールテープでくくり付けてありました。
「ん~、まぁまぁ♪」と、先輩の声。 ワタシ的には「何やってんじゃー!」みたいな。

結論から先に言うと、車載カメラ・・・絶対にお勧めです!!

ワタシは車でのスポーツ走行歴(峠含む)はホントに浅いんです。
スポーツカーが好きで数多く乗換えてきましたが、気分良く走る程度で、
限界走りはあまり記憶にありません。と言いつつ、腕の未熟さが原因での
板金歴は数多く・・・(汗) そのかわり、バイクでの走行は軽~く限界を超えます。
SUGOサーキットは数百・・・いや、数千周は走りました。
草レースですが数戦のレース経験もあります。

なので、4輪をナメてました。
太いタイヤがいっぱい付いてるし箱の中だし。
「練習なんざしなくてもいざとなったら速く走れるぞー!」みたいな。

エビス西での自分の車載映像を見て衝撃が走りましたねぇ~。
なんせ、一周ごとにラインが「バラバラ」なんです(涙)

バイクでのレース経験のおごりからか、ラインには絶対の「自信」がありました。
2輪に比べれば4輪のラインは自由度があります。
チョイとラインを外してもステアリングで軽く修正してあげればレコードラインに
簡単に戻れるし・・・な~んて思ってたんですよねぇ・・・。

ラインがバラバラなので、もちろん一周ごとのタイムもバラバラです(汗)
完璧に走れたー!と思ってた前の周の方がタイムが良かったりして。。。
そりゃもう自分的には完璧に走ってたと思ってたんですけどねぇ・・・(涙)
あとは、自己ベストの記録が「偶然」でない事を祈ります(滝汗)

車載カメラ映像・・・ワタシを熱くさせてしまったアイテムとなりました。

カメラはもうお約束のヤ○オクで購入済みです(ビクターの3CCDモデルで22500円)
後は、ロールバーなしの車内にどうやって取り付けるかが課題ですが・・・(涙)
まぁ、最悪は今回と一緒で助手席に固定ですかねぇ~。

しばらくは、ストップウォッチ片手に車載映像を見ながら一人反省会の毎日です。
鬼のようなタイムを出さなくとも、10周を走ってタイムのバラつきが0.3秒以内に
入ってるような方は凄いと思いますよ~。尊敬しちゃいます。
または、5m単位でブレーキングポイントを変えながら0.2~0.3秒づつ
尻上がりにラップタイムを上げていく人もカッコイイですねぇ~。

ワタシの場合はブレーキングポイントもバラバラでタイムなんざ・・・
1秒もバラついてますから~。切腹っ!

自分の「欠点」を素直に認めてこその進化・・・。信じたいと思います。
車載映像のお陰でいろいろと勉強させられました! 感謝です♪

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

投稿者 nabe_sendai : 00:24

2005年10月 2日

ポテンザGP(エビスRd)に出場しました!

P1000279.jpg

ここ数日間のドタバタ劇を乗り越えて出場して来ました>ポテンザRE-01R GP
一度は出場を断念しながらも諦めきれずエントリーしちゃったんですよねぇ~。
だって、こんなタイヤ(RE-01R)なんかこの先、履ける事など宝くじに頼る以外に
ないので今年が最初で最後の「チャンス」だったんです(大げさ?)

さて、問題だった走行前の「車検」ですが、何も問題はありませんでした。
むしろ、ワタシのより静かな車を探すのが困難なくらい爆音クンが多数参加・・・。
しかも、火を噴いてたりゲート音がしてたり車幅より広いウイングが付いてたり・・・。

宣言します!
「ポテンザGPは実は何でもアリですよ♪」

「正直者がバカを見る・・・」日本も寂しい時代になりました・・・。
まぁ、お陰でワタシも現地で思いっきり車高を下げる事が出来ましたけど(笑)

P1000281.jpg

午前中に20分×2の練習走行があり午後からは再度20分×2の走行の
ベストラップで全国大会への出場権を賭けた順位が決定します。

今日は、あいにくのコンディションで走る度に路面状況が変わる難しい走行でしたが
何とか全スケジュールを何事のトラブルもなく走りきりました!

前日にヤフオク・オイルクーラーを取り付けてくれた「ジーイング」にも感謝です。
やはり、オイルクーラーは必要です! 実感しました!
てか今更、皆さんもう装着済みですよねぇ~。ワタシは初体験なんです(汗)

これまではフロントのオーバーハング部の重量増によるターンイン時のステアリング
の「ダルさ」を嫌い・・・。もっと簡単に言うと単に「お金」が無かったんです(笑)
見えない部分にお金を使うのはワタシ的にはもっとも「贅沢」な事なので~。

で、今回のタイムは、自己ベストを大きく上回る・・・
1分05秒807が出ました♪

最後まで諦めずにマシンセッティングに励んだ成果だと思います。
初めてのRE-01Rを理解する為にも空気圧は温感2,4~3,1Kまでテストしました。
ショックの減衰もこれまでのRE-01のデータを信用せずにあれこれ試しました。
まぁ、最後はワタシの走りをチェックしていたプロの”土屋武士”さんのアドバイス
通りに再セットし直しましたが・・・(汗)

今回はクラス4位となり全国大会の出場権どころか表彰台も逃してしまう残念な
結果となりましたが、自分の努力がタイムに結びつき更にはベストも更新したので
まぁ、満足してます。 頑張りました!>ワタシ
数台のデモカー連中が失格になっていれば・・・何て言いません(爆)
認めたくなくともこれが「現実」なんですから~。

来年は・・・

どなたかタイヤを譲って下さい。。。
ミゾが無い方がブロック剛性が高いので大好きです(笑)

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

投稿者 nabe_sendai : 21:02

2005年9月27日

受理書が届きましたが問題がぁぁぁぁぁ!

一度は断念したはずの「POTENZA RE-01R GP」ですが、なぜか受理書がワタシの
元へ届きました・・・。って、実はエントリーしてたんですよねぇ~(汗)

最後まで悩んで悩んで更に悩みぬいて必着日前日に速達で申込書を送ってました。
もちろん、悩んだ末の決断だったので後悔はしてません。
高額のエントリー代の捻出もしばらくの間、酒とタバコを我慢すりゃ何とかなります。
問題は、エントリーするにあたって、GPの「レギュレーション」を読んでなかったんです。

実は今日になって初めて目を通したりなんかして・・・。

確かに昨年までのGPは何でもアリの車輌ばかりでワタシ的にも疑問視してました。
ショップのデモカーばりのスペックを引っさげて素人・・・とかいってる方もいましたし。
まぁ、車で生活が成り立ってない限りは「素人」に違いはないんですけど。。。

今年は昨年までの反省を踏まえたのかマシンの規定も厳しくなり昨年までの
入賞者は出場不可という事でワタシのようなビンボーチューン車に乗る人間にも
チャンスはあるかなー?などと思いエントリーした訳なんですよねぇ~。
もちろん、自分自身の現状の「レベル」を知る上でも絶好の機会ですし。

しかしですねぇ、、、レギュレーションにはこうあります・・・

①保安基準に適合する部品のみでの改造で車検に合格する車輌である事
②スリップサインの出ているタイヤでは走行出来ません。
③マフラーは車検対応品のみ許されます。

あの~、もうキャンセル出来ないんでしょうか???
「ごめんなさい!」って感じなんですけど(笑うしかない)

現状は最低地上高9cmをキープしてますが、どうにもこうにも車の挙動が不安定で
落ち着かずあと2cmほど下げる予定です。それに合わせた減衰もほぼ決定してます。
アライメントも車高を落とせばさらに安定方向へ向かうので問題ありません。

タイヤのミゾは・・・なんせ頂きモノのタイヤなのでいっぱい出てます>スリップサイン
ワタシ的にはブロック剛性が上がるのでミゾ無しが大好きなんです! ダメ?

マフリャ~は・・・ノーコメント! ダ、ダメですよねぇ・・・(涙)

なので、当日は①②③とも「アンニュイ」な状態で会場入りします♪
賞典外になろうとも当日はタイムを出す事だけに集中します!!
賞典外なのにケツの方にいたら恥ずかしいので「気合い」も入ると思いますし。

でも、もっと厳しくて走る事すら許されなかったら・・・
当日はどういう扱いをされるのか実はとても楽しみだったりもします(笑)
でも、現状でもほんの少しだけ音が五月蝿いだけで特に問題はナイんですけどねぇ。
かれこれ15年間も警察のお世話になった事がありませんし(こんな言い訳はダメ?)

とりあえず何か上手な「言い訳」を考えておかなくちゃ! ってトコですかねぇ(汗)

http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

続きを読む "受理書が届きましたが問題がぁぁぁぁぁ!"

投稿者 nabe_sendai : 22:41