April 23, 2006

●会議の後のお花見

22日、私の地元の白石市にて、(社)青年会議所の宮城県内での会議が開催されました。今日は午前中に会議を開き、終了後は白石城のもとでお花見をしながら懇親会という予定だったので、会議よりもそちらの方が楽しみにされていた方も居たかもね。(笑)

会場の場所取りには、地元の仲間が朝早くから陣取り、天気にも恵まれて絶好のお花見日和となりました。(^-^)

CIMG1538.JPG
桜の隙間から垣間見る白石城~。

CIMG1539.JPG
土曜日の昼間に、異様な雰囲気を醸し出すスーツ姿のご一行。(爆)

先週中ごろから一気に咲き始めた桜も、ここ数日が一番の見頃だと思います。この週末はお花見のお客さんで各地も賑わうことでしょうね。(^-^)

CIMG1537.JPG

投稿者:Ino at 7:48 AM | Comments [0]

April 9, 2006

●【JC事業報告②】気仙沼市町選挙に伴う公開討論会

今年宮城県では、4つの首長選挙が開かれます。昨日8日(土)は気仙沼市で、市町選挙に伴う公開討論会が開催されたので、出掛けて参りました。
市長選挙は今月23日告示30日投票で、現職と新人4人の計5人が出馬表明するという大激戦の選挙になりそうです。候補者各陣営の活動も激しくなり、事前からいろいろな噂(苦笑)まで流れる事態にまでなり、有権者の関心の高さを伺わせます。

会場となった気仙沼市民会館には、開場30分前から既に長蛇の列が並び、全部で約600名程の参加を頂いたそうです。候補者には3つのテーマについて有権者に自身のアピール・演説を行い、2時間の討論会も何事も無く無事に終える事が出来ました。

討論会開催にあたり、事前から準備にあたられました(社)気仙沼青年会議所の皆様、大変お疲れ様でした。m(_ _)m

CIMG1459.JPG

投稿者:Ino at 7:57 AM | Comments [0]

April 1, 2006

●【JC事業報告①】塩釜神社の清掃活動

(社)青年会議所活動の、今年度の宮城県内の事業をまとめて報告したり、情報共有の伝達を私が担当しております。それで報告の一発目として、(社)塩釜青年会議所が行っている、塩釜神社の清掃活動の様子を見に行ってみました。これは地元の有志の方々が、毎月1日の早朝に集まって神社の境内内を清掃しており、今日も子供も合わせて約30名程の方々がいらしておりました。

CIMG1417.JPG
朝5時過ぎという時間でも、
参拝にいらっしゃる方も多くてビックリしました。

CIMG1418.JPG
正月の三ヶ日には、約50万人の参拝客で賑わう神社です。

CIMG1421.JPG
AM5:20 日の出です。(^-^)
松島湾から浮かんでくる瞬間は綺麗で見事なものでした。

清掃活動はAM5:30から約30分間行われ、その後は一同に会してラジオ体操、そして全員で境内に上がり御祓いを受けます。宮司さんから挨拶を頂き、その後7時には解散となりました。

CIMG1423.JPG
大人から小さな子供まで、多くの方々が参加されております。

たまに早起きして、こういった活動に参加してみるのもいいかもしれませんよ。夜通し飲んで、気付いたら朝になって朝日を見た、なんて事よりも、よっぽど清清しい気分で朝を向かえる事が出来ると思います。(爆)

CIMG1430.JPG
この日参加された塩釜JCメンバーと共に。

投稿者:Ino at 10:13 AM | Comments [0]

March 2, 2006

●マニフェスト型公開討論会セミナー

今年宮城県では、5月以降に4つの市町村で首長選挙が開催されます。最近は告示前に「公開討論会」が開催されるようになりました。昨日は討論会についての情報交換や手法についてのセミナーが開催されたので、夕方から仙台に出掛けて受講してきました。
公開討論会とは、選挙に立候補する複数の候補者たちが居並ぶ中で、その姿を直接目で見て、声を聞いた上で、自分たちの代表(代弁)者として誰がふさわしいかを判断し選んでいこうという趣旨で開催されます。この討論会は全国各地で展開されており、我々(社)日本青年会議所が深く関わっております。

今日は過去に開催された公開討論会の事例の説明や、東北大学大学院情報科学研究科助教授の河村先生を講師としてお迎えして、数々の問題点等の対処策や過去の事例についてお話を頂きました。
今後、皆さんがお住まいの地域で選挙がある時は、是非公開討論会に伺ってみてください。立候補者の考えが実際に聞ける、数少ない良い機会だと思います。
公開討論会の趣旨については下記をご覧下さい。

マニフェスト型公開討論会を推進する会

CIMG1337.JPG

投稿者:Ino at 6:53 AM | Comments [0]

February 12, 2006

●全国会員大会の副主管契約締結式

昨日、郡山のビッグパレットふくしまにおいて、(社)日本青年会議所で毎年開催されます、全国会員大会の副主管契約締結式があり、理事長の代理で出席して参りました。東北にある全77の青年会議所が集い、今年10月に郡山で開催される全国大会の成功に向けて、強力なサポートを約束する「締結式」が行われました。

CIMG1262.JPG
宮城ブロック会長、東北地区会長、郡山JCの理事長。
後ろにいるのが宮城県内の各理事長。
代理のσ(^^;も居ます。(笑)

CIMG1266.JPG
大会成功祈願に東北地区の全メンバー数を織った
「4000羽鶴」と、大会開催地に渡される「伝達の鍵」

過去にも東北地区内で全国大会を開催しており、1977年には仙台でも開催されております。この時も副主管として白石の名前が刻まれておりました。私自身、今年はいろいろとお手伝いしなければならないので、秋は仕事やJC等、公私共に忙しい時期になりそうです。。。

CIMG1268.JPG

投稿者:Ino at 8:07 AM | Comments [0]

January 29, 2006

●2006年度宮城B・初委員会の開催

昨日、仙台市内で(社)日本青年会議所の宮城ブロック内の委員会を開催した。宮城ブロックは県内11ヶ所の青年会議所(JC)から構成されており、その中でいくつかの委員会組織があるのだが、そのうちの一つを私が委員長の職務を受け持っている。「LOM支援委員会」という名称で、主に各JCとの情報交流やサポートを行う委員会として、各JCから1人出向させて頂き、メンバー総勢15名の体制で今年一年活動していく事になる。その委員会を昨日開催した訳だ。

昔から顔馴染みの方、初めて会う方等、メンバーも様々。初めて出向するというメンバーも多数居たので、多分かなりの不安もあったことだろう。私ももう10数年前の事だが、初めて委員会に出向した時はかなり緊張した事を憶えている。初めての委員会という事もあり、大筋で今年いっぱいの活動内容の確認という形で議事を進めたが、皆さん真剣な意見を出して頂き、かなりの手ごたえを感じた。折角出向して頂いているのだから、何かしら自分の為に役立つ情報・知識を感じて持ち帰って欲しい。その為には私を始め、スタッフの皆さんの協力は必要不可欠となる。

委員会開催中、以前私も一緒の委員会で活動させて頂いた経験のある方で、今年度は理事長職を受けている方より、自社で製造されているお茶の差し入れを頂いた。今では盟友(迷友?・笑)というか悪友?(爆)に近いお付き合いになったが、その時の委員会での活動があったから今の私があるのだと思う。この経験が無かったら、私は多分今頃はJC活動はしていなかったかもしれない。この方の行動力には、ただただ脱帽するばかりである。

私が今年一年間の目標として自分自身に掲げた事が4つある。1つは車の事で、それなりの成績を残す事(いずれ詳しく書きます。)、そしてこの委員会の活動を無事にやり遂げる事である。仕事が忙しいのは当たり前、その中でいかに自分の時間を作って活動出来るか、一種の自分に対する挑戦みたいなものである。途中でガス欠でリタイアしないように(笑)、今年一年間全開で動いてみよう。。。
残り二つの目標は、いずれ話す機会がきたら書きます。

マジメな話(?)に、最後までお付き合い下さり、有難うございます。m(_ _)m

20051217_1605_0000.jpg
宮城県内のコンビニ「ミニストップ」でのみ
限定販売されているお茶です。見かけたら是非御賞味下さいね。

投稿者:Ino at 10:54 AM | Comments [0]

December 12, 2005

●めんこ印

昨日、JCでの今年度最後の例会がありました。1年を通じて無欠席だった方には、毎年何か記念品が頂けるのですが、今年はこけしの形を模ったハンコを頂きました。

私の地元白石市では、「可愛い」を方言で「めんこい」と言います。このハンコは、常に身近に寄り添っていてほしいという願いが込められて、「めんこ印」という名前が付けられました。
毎年5月3日~5日は、「全国こけしコンクール」が開催され、全国各地からお客さんがいらっしゃっています。ご興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。

白石市観光協会のHP

20051212_1304_0000.jpg

投稿者:Ino at 3:05 PM

October 29, 2005

●キッズプロジェクト ~子供サッカー教室~

(社)白石青年会議所では10月29日の午前中、市内の幼稚園や保育園などに通う5,6歳児を対象に、「キッズプロジェクト」と称したサッカー教室を、宮城県サッカー協会の方々のお手伝いを頂きながら開催致しました。

私たちの地元には河川敷にサッカー公園がありまして、公式試合にも使われる人工芝を使用したサッカー場があります。このサッカー場を使用しながら、小さな子供達にも楽しんで貰えるサッカー教室を開催し、親子合わせて50名程の参加を頂きました。

CIMG0886.JPG
河川敷にあるサッカー場です。

実はこの夏、8月の大雨で河川敷が氾濫し、このサッカー場も一部水が上がってしまって、当分の間はサッカー場も使えなくなるとの話もあったのですが、念密な管理と手入れのお陰でしょうか、無事早々に利用できる事になりました。(^○^)

CIMG0885.JPG
芝の上を歩いてみると、フワフワしてました。(笑)

教室は、準備体操を兼ねて親子でスキンシップをとりながらの運動に始まり、ボールを使って簡単な練習を行ったあと、4つのチームに分かれてミニゲームを行いました。本日使用されたサッカーボールも、本来のボールよりも一回り小さく、とても柔らかいボールでした。これなら小さな子供にも安全ですね。

CIMG0884.JPG
4つのチームに分かれてミニゲームの試合中。

参加された子供達は勿論、ご父兄の皆さんにも楽しんで頂けたことと思います。またいずれ第2回、第3回と続けていく事が出来るといいな、と思いました。(^-^)

投稿者:Ino at 4:27 PM | Comments [0]

October 22, 2005

●夜回り先生 ~水谷修氏講演会~

10月21日、私達(社)白石青年会議所では「夜回り先生」こと水谷修先生をお招きして、メンバーのみならず一般公開という形式で10月例会を開催致しました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、水谷先生は教師生活の時間の殆どを青少年の薬物や非行問題に費やし、深夜の繁華街を「夜回り」しながら若者の更正に尽力されている方で、全国各地で公演活動を行っております。著書も多数出ておりますし、TV等でも実話がドラマ化されてもおります。
今回の講演会は、先生の意向で地元の高校生等の若者にも是非来て頂きたいという依頼もありまして、市内の高校等にも講演案内を流し、当日は定時制の高校の授業の一環として生徒を引率して頂いたり、御家族といっしょに来られた高校生も多く、先生の依頼になんとか添えた形になったかと思います。会場は約600人の方がいらっしゃり、ほぼ満員という状況でした。

講演の内容は先生が今まで携わってきた、多くの若者との経験や体験を通じて感じた、少年非行の実態を訴えられました。我々大人の気付かない、身近にある問題と直面させられ、脳天を杭で打たれたような、非常に壮絶な内容で目眩さえ感じるくらいでした。犠牲になられた子供さんの体験談を話された時には、会場内でもすすり泣く高校生や親御さんの様子さえ伺える程でした。

講演終了後、こんなエピソードもありました。終了後、次の予定も迫っていた為に時間の余裕も無く、本来ならすぐに移動しなければならない状態だったのですが、先生の足は会場内に向かっておりました。会場内には高校生の女の子が二人、イスに座ったままでした。先生は二人に近づいて「何時でも電話しておいで」という感じで名刺を渡されていきました。講演の最中、壇上から見ていただけでこの二人の女の子はリストカットしてる子だとわかり、その子達の為に再び会場内に戻ったということだったんです。600人もの聴講者が居た会場で、表情を見ただけで子供の状態がわかるという事・・・、凄い先生だなと実感した出来事でした。

水谷先生は全国各地で講演活動をされていますので、皆さんの近くにおいでになった際には是非お話を聞いてみて頂きたいと思います。我々の知らない、若者の生の声を聞ける、そして現在の様々な実態を伺える貴重なお話を聞く事が出来ると思います。

「過去と今は捨てることができます。
明日は、作ることができます。
過去と今で明日を捨てることや汚すことやめましょう。」

http://www.sanctuarybooks.jp/mizutani/

mizutani.jpg

[追記]

最近、アダルトサイトのHPよりトラックバックされるようになりましたので、これから(11月21日)このエントリーに対してトラックバックを受け付けないように設定変更致しますのでご了承願います。よろしくお願い致します。

投稿者:Ino at 8:57 AM | Comments [0]

October 15, 2005

●城下町きものまつり ~花嫁行列~

10月14日~16日と、私の地元・宮城県白石市で「城下町きものまつり」と言うイベントが開催されており、ここ数日街中は着物姿の方々が行き交っております。白石市は城下町という事もありますが、最近では見慣れない着物姿も似合う街並みのような感じがします。このイベントの最中、今日は花嫁行列として街中を歩くという行事があったのですが、この花嫁&花婿さん、実際のカップルが今日正式に結婚されたお二人だったんです!

新郎は私と同じく(社)白石青年会議所で活躍しており、来年度は理事長となります森 健人君で、新婦は同じく地元出身であります真奈美さんです。
今日は朝から小雨交じりの生憎の天気でしたが、式には大きな影響は無く、全て滞りなく進みました。何時もは冗談好きな新郎も、今日ばかりは神妙な顔つきで、なんかおかしかったです。(笑)

CIMG0821.JPG
新婦の表情に比べ、新郎の顔つきは。。。(^^;

CIMG0817.JPG
小雨交じりの天気でしたが、式の間はなんとか
もってくれました。影響無くて良かったです。(^-^)

CIMG0827.JPG
地元商店街を花嫁行列で行進。提灯持ちや巫女さん、
神主さんは殆どがJCの仲間で担当されました。

CIMG0839.JPG
新郎新婦、両家の御父様、JC今年度理事長で
鏡開きです!よいしょ~!(^o^)

CIMG0840.JPG
鏡開きの後は、紅白の餅まきです。
参加者で激しい争奪戦が展開されました。(^^ゞ

この後は市内のホテルに会場を移し、和やかに披露宴パーティーが開催されました。ホントにカッコよくてお似合いの新郎新婦でした。末永くお幸せに~!\(^○^)/

投稿者:Ino at 8:32 PM | Comments [0]

October 4, 2005

●兵庫県姫路市へ(その2)

神戸滞在2日目、会議が行われる姫路市に向かう途中、私達(社)白石青年会議所と友好締結をさせて頂いている(社)明石青年会議所があります明石市を通るので、ちょっと途中下車して市内を散策してみました。明石さんとは、全国城下町青年会議所連絡協議会という大会の中で、1997年に第17回大会開催地を私達白石市で、次の年の第18回大会を明石市で開催されたので、それから親密なお付き合いをさせて頂いております。(^-^)

CIMG0736.JPG
JRの車窓から明石海峡を望む。

明石市へは、その大会以来7年ぶりで訪れました。当時はやはり震災の影響で明石城が石垣の改修工事をしていた最中でよく見学出来なかったのですが、今回改めてジックリと見学することが出来ました。

CIMG0738.JPG
明石城。両脇に2つある櫓のうち1つは内部まで
見学することが出来ました。

その後明石市内を散策、実はもう一つの目的があって明石市を訪れたんです。(^^ゞ 魚市場で有名な「魚の棚」に向かい、その中にあった「明石焼き」のお店に入って明石焼きを堪能致しました。やっぱ地元で食べる明石焼きは美味いっす。(^○^)

CIMG0739.JPG
15個で480円。これで1人前なんです。(^^;
でも小さなお子さんも全部食べてましたね。

その後、お昼過ぎに姫路市に入りました。全国から会員が集まるという事もあって、駅前はスーツ姿の怪しいオッサンばかりが目につきました。(笑)

CIMG0740.JPG
何も知らない地元の方は、ビックリしたでしょうね。(笑)

いくつかの諸会議に出席した後、姫路城に入ってみました。今までいくつかのお城に入った事がありましたが、この姫路城ほど立派で綺麗なお城は見たことがありませんでした。最上階に上がるまで、ホントに息が切れそうでした。(^^ゞ お城の内部にも資料や展示物が多くあり、歴史物が好きな方は一見の価値は十分にあると思います。

CIMG0742.JPG
別名「白鷺城」。その名が語るとおり、本当に
立派なお城でした。

夕方よりお城の麓の公園で懇親会が開催されました。数千人のメンバーが一同に会するので、会場内は人込みでごった返しておりました。地元近郊の名産品が振舞われましたが、人数が人数なのであんまりゆっくりと味わう事が出来なかったのが残念なところでした。写真はオープニング時に馬に跨って登場した、今年度の会頭(右)と昨年度の会頭(左)です。
CIMG0747.JPG

ステージ上では様々なアトラクションが行われましたが、今年の一番の注目は、あの「西城秀樹」さんが登場した時でしたね。みんなが知っている曲をいくつか熱唱して頂き、最後は「ヤングマン」で締めくくりました。数千人の野郎共が熱唱している光景は、・・・はっきり言っておかしいっす。(笑)
CIMG0771.JPG
「YMCA」の「わ~い!(Y)」の部分です。(笑)

翌日2日も式典が開催されていたのですが、都合で私は出席しませんでした。こちらの式典ではなんと、中森明菜さんが登場してステージで熱唱されたと聞きました。無理してでも見に行けばよかった~、失敗!(笑)

投稿者:Ino at 7:14 AM | Comments [0]

October 3, 2005

●兵庫県姫路市へ(その1)

9月30日から10月2日までの3日間、(社)日本青年会議所の会員全国大会があり、兵庫県姫路市へ出掛けてまいりました。その間宿泊していた場所が三ノ宮だったのですが、この地には少し思い入れがありました。

10年前の阪神・淡路大震災が発生した後、約1週間後に状況視察の為に私1人で出掛けた事があります。その時はまだ交通もライフラインも普及しておらず、電車でいける所まで出掛けて、バスを乗り継いで終点で降りた場所が三ノ宮でした。TVの報道等で震災の状況を見てはいましたが、実際に自分の目で見るとその被害の大きさは尋常ではありませんでしたね。あの頃の状況は、今でもよく憶えています。
今回宿泊先が三ノ宮になったのも何かの縁かと思い、時間を作って市内を散策してみました。

CIMG0727.JPG
今回滞在していた三ノ宮駅のステーションホテル

CIMG0728.JPG
神戸市役所。震災時は4階付近が崩れ、上層階を
無くして改築したようですね。隣のビルは新庁舎です。

CIMG0731.JPG
市役所前のフラワーロード。
震災時はここもデコボコでヒドイ状況でした。。。

CIMG0730.JPG
メリケン波止場。ここはメモリアルパークになっており
一部は当事の状況が残されたままになっていました。

CIMG0732.JPG
市役所の展望ロビーより三ノ宮駅方面を望む。

個人的にお気に入りの街がいくつかありますが、ここ神戸もその1つです。
もう10年近く経つとはいえ、かなり復興が進み、震災当事の形跡も少なくなったように見受けられますが、まだ一部の地域では完全には復旧されていない箇所があるとも聞いています。私自身も宮城県沖自身を経験した1人ですが、こうした災害がけして風化させてはならないと思います。自然災害からは免れる事は確かに不可能かもしれませんが、少しでも被害を少なく出来るように、そして1人でも多くの方々が助かる事が出来るようにすることが、我々が出来る一番の対策ではないかと思います。

「がんばろう神戸!」 (^-’b

・・・あ~、思っている事が上手く伝えられない。舌っ足らずですみません。(^^ゞ
それに「兵庫県姫路市へ」ってタイトルなのに、姫路の話題が何一つないじゃんよ?(自爆)

投稿者:Ino at 5:58 PM | Comments [0]

September 6, 2005

●う・ふ・ふ・ふ

・・・タイトルを見て「・・・?」、と思った方、別に私の気が狂った訳では無いのでご安心を。(^^ゞ
9月3日~4日と、青年会議所(JC)の諸行事で岩手県宮古市に出掛けました。東北地区全体の集まりで、多くのメンバーが宮古市に集いました。スケジュールの中には、映画監督である大林宣彦氏による講演、その後大林氏と、シンガーソングライターであり、セラピストでもある「EPO」さん、JCの東北地区会長、コーディネーターにラジオパーソの小川もこさんを交え、東北という地域の魅力を全国に発信しよう!という内容でパネルディスカッションが行われました。

EPOさんと言えば、皆さんもご存知のあのフレーズの曲、「う・ふ・ふ・ふ」をはじめとして、最近ではCMソング等も数多く手がけ、ライブ活動もたくさんこなしております。この日もディスカッションの後、来場してくださった一般客やメンバーの為に3曲+アンコール1曲を、ギターの弾き語りで聞かせてくれました。

実はEPOさん、私の住んでいる宮城県白石市と深い関わりがあるんです。

私の住んでいるアパートから徒歩5分のところに、「MILTON」という御夫婦で経営されているバーがあります。音楽好きのご夫婦でして、頻繁にミュージシャン方がいらっしゃりミニコンサートを開かれております。EPOさんもよくこのバーでコンサートをしていました。
EPOさんのデビュー当時、こちらの御夫婦がEPOさんのCDの販売をお手伝いされ、全国に知名度を上げる一つの要因になったとされています。この日のライブの最中にも当時のお話をされていましたね。

HPを見ると、バンド形式としてだけではなく、ギター1本でのライブ活動も多くされているようです。皆さんのお住まいの地域にEPOさんが伺うときがありましたら、是非ライブに行ってみて下さいネ!

http://www.eponica.net/

CIMG0604.JPG

投稿者:Ino at 7:18 AM | Comments [0]

July 31, 2005

●わんぱく相撲全国大会

7月30日~31日と、東京・両奥国技間で開催されたわんぱく相撲全国大会
地元から参加する子供達を引率して、行ってまいりました。
あの「貴乃花」親方が、小学生時代に優勝した経験がある、子供の相撲大会と
言えば、おわかりになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
この大会は、現在全国から約5万5千人の参加者が各地の地方大会を勝ち抜いて
国技館での全国大会に参加できる児童は139地区417名だけという、非常に
厳しい予選を勝ち抜いて、両国国技館の土俵を踏む事が出来るのです。

前日の30日は大会リハーサルを行い、その後講師に「アニマル浜口」氏をお迎えして
子供達にお話をして頂きました。最後はお約束の「気合だァ~!!!」で
子供達に気合を入れて頂きました。(笑)

CIMG0393.JPG

その後、土俵に戻って子供達に実際の力士を招いて実技指導を行いました。

CIMG0398.JPG

この日はこれで全予定を終了。その後子供達は抽選で決められた相撲部屋に向かい、
泊めさせて頂きながら親方さんや力士達とちゃんこを食べたりして過ごしました。
私達の地元の子は元横綱・隆の里の鳴戸部屋にお世話になり、
丁度部屋にいらっしゃった幕内の力士・若の里関と一緒に食事が出来たようです。
子供達にもきっといい経験になったと思います。(^-^)

そして31日、いよいよ全国大会の当日を迎えます。
選手や応援に来た父兄、スタッフ等で本場所さながらの賑わいを見せながら
いよいよ大会が始まりました。

CIMG0401.JPG

大会名誉会長、元横綱・北の湖敏満さんの挨拶を頂き、大会が始まりました!

CIMG0403.JPG

参加する子供達は、各地の厳しい予選大会を勝ち抜いてきた猛者です。
体は小さくても気合は十分、升席で応援している私達にもその気合は伝わります。
・・・しかし、流石全国大会ですね・・・、小学生なのに・・・、既にこの私よりも立派な
体格をした力士もたくさん居ました。(^^ゞ お前、ホントに子供かよ?って感じ。(笑)

CIMG0409.JPG
既に体重110kgを超えてる子供も居たそうな。。。(マジ)
手前の子だって、そんなに小さい訳じゃないのに。(^^ゞ

でも勝負には体の大きさは比例しません。自分よりも大きい相手を投げ飛ばす子供も
たくさん居ました。そのたびに館内は声援で沸きます。この雰囲気はきっと本場所と
同じくらい、もしかしたらそれ以上(?)の歓声かもしれませんね。

取り組みの間には、昨年度優勝した力士による、本物の力士さながらに土俵入りを
納めます。子供とは言え、横綱の風格が漂う、立派な土俵入りを見させてもらいました。

CIMG0413.JPG

取り組みの結果は残念ながら不本意ではあったものの、成績以上に子供たちには
普段では得られない、きっと大切な何かを学んだんではないかと思います。
来年の全国大会まで、これから再び練習の日々が続く事でしょう。。。

投稿者:Ino at 8:32 PM | Comments [0]

June 21, 2005

●candle-night blues ~田中まこと ライブ~

6月19日、私の地元で100万人のキャンドルナイトを開催した。
当日は地元出身の田中まこと氏を招いて「キャンドルナイト・ブルース」と称し、
アコースティックライブを開催した。

当日の天気は雲行きが怪しかったものの、キャンドルの炎が消える程の風も無く
無事に開催する事ができた。夏至間近でもあるので夜の訪れが遅い事もあり、
キャンドル点灯の予定時刻を迎えてもあまり暗くはならなかったが(笑)、雰囲気は
来場して頂いた方々には伝わった事と思う。

ライブ会場ではフラッシュでの撮影は禁止だったので画像は無いが、会場までの
入り口付近及び会場内には多くのキャンドルが灯された。

CIMG0229.JPG
会場までの通路の両脇にキャンドルを設置。

CIMG0226.JPG
庭にある池の周りにもキャンドルでライトアップ。

TVのニュースを見てみると、全国各地でキャンドルナイトの開催が行われている様子が
伝わってくる。今年の100万人のキャンドルナイトの動きはHPを見て頂ければ
各地の様子や雰囲気が伝わる事と思う。是非皆さんにもご覧頂きたい。

投稿者:Ino at 7:07 AM | Comments [0]

June 14, 2005

●100万人のキャンドルナイト

私たちは「100万人のキャンドルナイト」を呼びかけます。
2005年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、電気を消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2005年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

==================================

 以上は、「100万人のキャンドルナイト」の呼びかけの文章です。

人にやさしく、地球にやさしく、環境にやさしく、そんな一日を迎えてみてください。
日頃の喧騒を忘れ、当たり前の日常から電気を消して、心静かに過ごしてみてください。
なんでもなかったものが、やがてあって当たり前のものになり、
あって当たり前だったものが、やがて無くてはならないものになる。
何時の間にか忘れていたものが、ホンの一瞬でも記憶の隅に蘇るかも知れません。

1年365日の中の一日、一日の中のたった2時間という時間。
電気を消して、スローな夜を。

投稿者:Ino at 9:54 PM | Comments [0]

June 11, 2005

●わんぱく相撲

今年も(社)白石青年会議所では第9回となる「わんぱく相撲仙南場所」を開催した。
昨日から降り続く雨が心配だったが、今朝名大分小降りになり、必死に雨水を
かき出す作業を繰り返した。やがて雨もあがり、メンバーの思いが通じたようだ。

過去の大会では、今まで放送や選手誘導などの役目を行ってきたが、今回私は
主審という立場で関わる事になった。勿論初めての経験である。
過去の大会のビデオを繰り返し見て覚え今日を迎えたが、見るのとやるのは大違い、
やはりかなり緊張した。まあ何とか無難に終えたとは思うが。。。

今大会で優勝した4~6年生の児童は、7月31日に東京・両国国技館で開催される
わんぱく相撲全国大会に参加する事になる。今後は大会開催日直前まで
強化練習会を行う事になるだろう。子供たちには是非頑張って欲しいと思う。
全国大会には私も同行していく予定である。

CIMG0159.JPG
多くの児童が父兄の声援を受けて頑張っていました。(^-^)

投稿者:Ino at 11:17 PM | Comments [0]

June 3, 2005

●わんぱく相撲教室

今月11日に開催される「わんぱく相撲仙南場所」の練習会を兼ねて、
2日の午後から市内の小学校に出かけてまいりました。
わんぱく相撲と言えば、かの横綱「貴乃花」も小学生の時に出場し
全国大会で優勝して横綱になった大会、と言えば思い出す方も多いと思います。
この大会は青年会議所が主催しており、今年で21回目、
我々白石JCでは今年で9回目を数えます。私も最初の大会から運営に参加しております。

子供たちにいきなり相撲の対戦をさせるわけにはいかないので、
希望者の子供達には事前に「相撲教室」という練習会を企画し、
学校が終わってからの夕方に簡単な練習会を開催したおりました。
そんな最中、市内の小学校の校長先生から依頼が入り、4年生の体育の授業の中で
是非教室を開いて欲しいとの話があり、仲間7名程で学校の授業にお邪魔してきた次第です。

授業の内容は簡単な準備運動から、マットを使っての運動や「四股」などを教えてきました。
子供たちも素直に話を聞いてくれて、みんなホントに可愛い子たちでした。(^-^)

CIMG0151.JPG
マットを使っての基本運動の最中です。

最後に、私達の青年会議所のHPのご案内を致します。
今年もあと半年近くになりましたが、今後も多くの事業を抱えております。
今年度理事長のami-chanの日記や、事業報告などを載せておりますので
是非ご覧になって下さい。

(社)白石青年会議所

投稿者:Ino at 7:26 AM | Comments [0]

May 21, 2005

●ブロック大会会場視察

今日は午後から登米市迫町にある、登米祝祭劇場に行ってきました。
来月、宮城県内のJCメンバーが一同に集まる、年一回のブロック大会があるので
(JCでは県単位の集まりを「ブロック」と表します。)、その会場の視察に行きました。

登米市は4月に新たに誕生した市であり、先日の初代市長選挙では、
私自身も大変お世話になった方が見事当選されました!o(^o^)o
その他、私にとってはお世話になった方が多い地域でもあるので、来月には
たくさんの方々と再会出来そうなので、今から楽しみでもあります。(^-^)

CIMG0144.JPG
式典・懇親会がこの会場で開催されます。

大会時にセミナーを開催する委員会は、会場となるホールを念入りにチェックし、
大会当日まで余念の無い準備を行う事になります。

CIMG0143.JPG
立派な会場でしたよ。(^-^)

その後、近くのホテルに移り会議所会議という、JCの役員・理事長達が集う会議が
開催されました、私は単なるオブザーバー(オマケとも言う・笑)なので、発言権も
何も無く、会議途中で離席してはタバコを吸いに休憩していました。(笑)

そして会議終了後は場所を移し懇親会へ。長沼ウィングガーデンと言う、
温泉施設も兼ね備えた会場で、我々が着いた時には丁度結婚披露宴も開催されており、
とても綺麗な施設でした。
大会まであと一ヶ月、これからそれぞれの委員会が忙しくなる一ヶ月になります。

投稿者:Ino at 10:27 PM | Comments [0]

May 4, 2005

●市民春祭り

毎年5月2~3日は、地元で春祭りが開催されています。
JCもこのお祭りの運営に参加しているので、早朝から行ってきました。
3日は朝6時に集合、市内各所に臨時の交通標識を立てていきます。
市内の中心部を通行止めにし、御神輿や甲冑行列やフリーマーケット等の
イベントが一日を通して開催されます。

CIMG0104.JPG

甲冑行列の最後には、地元市長が馬に跨って行進されました。
甲冑を着けての行進は、かなり重労働らしく、行進が終わった後は
祭典事務所で早速着替えている市長を見つけました。(^^ゞ

CIMG0105.JPG
地元市長の行進です。

中心部の広場では、演歌歌手やバンド、市内中学校の吹奏楽部の演奏等の他に
消防隊による「ハシゴ登り」も披露されました。

CIMG0106.JPG

他にもイベントはたくさんあったのですが、私はずっとお手伝いにまわっていたので
他のイベントの写真を撮っているヒマがありませんでした。(^^ゞ
かなりの人出がありましたが、大きな問題も無く、無事に終了した模様です。
きっとまた来年も多くの人で賑わう事でしょうね。(^-^)

投稿者:Ino at 8:00 PM | Comments [0]

April 26, 2005

●全城連・上田大会2

さて、続きです。
夜は全国各地から集まったメンバーとの大懇親会がありました。
同時に、別会場では地元の小学生が参加して作られた、
「10000本のナイトキャンドル」が併催されており、そちらも覗いてきました。

画像 017.jpg
運動公園に置かれたキャンドルの群れ

画像 020.jpg
風が吹いていたので、消えてるのも多数。。。

画像 021.jpg
小学生がデザインした、キャンドルの容器。
これが10000個、様々なデザインで並べられていました。

画像 022.jpg
会場内で開催されていた、ゴスペルライブ。
ピアノの伴奏だけでのライブというのも新鮮なものです。

写真では、その場の雰囲気は伝わりませんが、本当に綺麗な景色でした。
夜は風も出てきたので、キャンドルも消えてしまったものもあり、
スタッフがライターを使って再び点灯させる姿も見られました。
こうした、陰で運営をささえるスタッフには、本当に頭が下がります。
今頃は、大会の疲れを癒していることでしょう。お疲れ様でした。m(_ _)m

投稿者:Ino at 9:53 PM | Comments [0]

●全城連・上田大会

先週末の23日~24日と、長野県上田市に行って参りました。
JCで開催する、全城連・上田大会に参加する為です。

全城連とは正式名称「全国城下町青年会議所連絡協議会」といい、
全国の城下町をふるさとにもつ青年会議所が入会し、同じ城下町という視点から
まちづくりを考えている組織です。
私たちの地元では、1997年に第17回大会を主管し、その後も多くの方々との
交流を経てきました。今回の上田大会は第24回大会となります。

画像 003.jpg

画像 010.jpg

今回は5名の仲間と出掛けてきました。
上田市に到着後、昼食は地元の名産である蕎麦を食べました。蕎麦好きの私には
嬉しい限りです。(笑)

画像 002.jpg

その後、上田城を見学。桜が散り始めだったこともあり、もう一週間でも早ければ
壮観な景色だったろうなと思うと、それだけが残念でなりません。

画像 004.jpg

 「ほぼ400年以上の歴史を持つ私たちの住む城下町は、いま大きな試練に
立たされています。市民の道標であるべき天守閣は、高層ビルディングの谷間に
埋もれようとしています。歴史の風雪に耐えてきた建造物はしだいに姿を消し、
文化遺産である地名は捨て去られようとしています。地域の特色ある産業に
支えられた豊かな生活の実現は、きわめて苦難な道をたどりつつあります。
 しかし、城下町特有の景観や地名を、子供達を含む市民の多彩な運動で
再評価し、生活に生かすことが、これからのまちづくりに物心両面から重要な
手がかりになることは明らかです。城の石垣、濠の水に映る緑、小路のたたずまいは、
技術革新の時代、高速道路、空港やコンピューターの時代と
矛盾しあうものではありません。400年以上の城下町の歴史で培われた
市民の文化は、地域産業の新しい展開にとっても、かけがえにない遺産であり価値です。」
(第1回シンポジウム宣言文抜粋)

 このような認識を持つ全国の城下町に住んでいる仲間達が、城下町という
共通の観点から何ができるか考えようと「よみがえれ城下町」のスローガンのもとに
1982年7月17日、長野県松本市に集まりました。
 以来、毎年開催し継続され、参加都市70強、参加人員1500名余りの
大きな大会となっています。
 「全国城下町シンポジウム」とは、全国の城下町の青年達が一堂に会し、
地域(まち)の人達とともに、地域(まち)の持つ可能性を見いだすための機会なのです。

今回、私自身は久々に全城連に出席させて頂いたのですが、非常に有意義な
大会であったと思います。同じ世代の仲間が集まって、今後の町作りに向けて
いろいろと考える機会を得られる、数少ない絶好の機会でありました。

投稿者:Ino at 7:48 AM | Comments [0]

April 5, 2005

●わんぱく相撲大会の準備

4月2日に、「わんぱく相撲」の審判講習会の受講の為に上京した。
あの、貴乃花が小学生時代に全国大会で優勝した事がある大会と言えば
お気づきになる方も多いかな?この大会は青年会議所が主催しているんです。

講習会の会場は両国国技館。両国は上京した際に何時も利用するホテルがあるので
結構馴染みのある土地でもある。しかし久しぶりに両国を歩いてみると
以前あったはずのお店がなくなっていたり、ちょっと寂しかった。(;_;)
講習会場は普段力士達が相撲に関する勉強や稽古を行う教室で、隣の部屋には
皿土俵(俵が無い状態の土俵)があった。

CIMG0039.JPG

会場の部屋の後ろには、「力士修行心得」なる額が掲げてあった。
この内容をバカオヤジや一部の政治家共に見せてあげたいよ。
まったく、このような当たり前の事を、どれだけの連中が忘れている事か。。。

CIMG0040.JPG

投稿者:Ino at 10:48 PM | Comments [0]

March 20, 2005

●楽天㈱三木谷社長の講演会

本日午後15時から塩釜JC主催の講演会があり、出掛けて行った。
講師はあの、東北楽天ゴールデンイーグルスのオーナーであり、
楽天㈱の代表取締役である、三木谷氏である。

会場にはJCメンバー、来賓、一般の方々で500名程は居ただろうか。
定刻を若干過ぎて、三木谷社長が登壇、講演が始まる。
始めて間近でお会いしたが、思っていたよりも普通の方であった。(^^;
皆さんも既にご存知の事と思うが、㈱楽天は’97年2月にたった二人だけで創業、
当時のITショッピングの売り上げは月30数万円だったそうだ。そのうち14万は三木谷社長ご自身の
お買い物だったそうだが。(^^ゞ それが2004年12月期の売り上げは360億円との事!
わずか10年ほどで、ここまで急成長する会社があるであろうか。恐るべしIT産業。(笑)
仙台に東北楽天ゴールデンイーグルスが来る事が決まってから、楽天㈱に出店する数が
宮城県は全国一と、成長率が著しいらしい。(^^;

1時間ほどの講演後、東北楽天ゴールデンイーグルスのゼネラルマネージャーである
マーティ・キーナート氏のスピーチが始まる。登壇後、開口一番に「・・・オバンです!」
・・・おいおい、まだ夕方の16時だぞ。(笑)
スポーツ業界の裏話等を流暢な会話で会場を和ませる。失礼だが三木谷社長よりもスピーチは
上手いかもしれない。外人特有のアクセントで会場には終始笑みが絶えなかった。

東北に、約30数年ぶりに訪れたプロ野球チーム。
成績については開幕前から様々な憶測が飛び交っているが、頑張って欲しいものと願う。


P.S 会場は撮影禁止だったので、画像はありません。あしからず。(^^ゞ

投稿者:Ino at 8:59 PM | Comments [0]