March 25, 2006

●福島県会津美里町へ

3月24日、現場の安全衛生協議会に出席するのと工事の進捗状況の確認の為に、福島県会津美里町に出掛けてきました。私の住んでいる宮城県白石市から高速道路を利用し、東北道~磐越道を経由して会津方面には、通常であれば有に2時間くらいは掛かる道のりなのです。しかし福島市内から山道を越えると、高速道路を使用した時間と大して変わらないという話を業者の方から聞いたので、今回は試しにその道路を通ってみました。

その道路は、福島西I.Cから猪苗代方面に伸びている国道115号線です。土湯温泉街を通り抜け、地元のスキー場の脇を通りながら猪苗代に下りていく道路で、途中から見える見晴らしも気持ちのいいものがあります。(^-^)

CIMG1398.JPG
路面の状況もいいので、ツーリングには最適です。

あれだけ大雪で騒がれた今冬でしたが、2月以降はまとまった雪もあまり降らず、思ったよりも早い時期に雪も溶け始めたようです。山頂付近では路肩に雪が残っていますが、深夜でもなければ路面の凍結の心配も無さそうな感じさえしました。

CIMG1400.JPG
山頂付近。スキー場も近くにあります。

平日の昼間という事もあったのでしょうが、道路も空いてて順調に猪苗代まで降りてきました。実際、本当に高速道路を使うよりも早く感じるくらいに猪苗代に到着、高速料金のことを考えれば多少の時間差は気にしなくていいでしょう!(^○^)

CIMG1401.JPG
猪苗代のスキー場です。そろそろシーズンオフかな?

猪苗代から会津までは再び高速を利用して向かいます。現場は市内からもう少し離れた、会津美里町です。先日の町村合併で新たに出来た町でして、現在掛かっている工事は移転する小学校校舎の建設工事でした。柱・壁の部分はRC造(鉄筋コンクリート造)で、屋根廻りのみS造(鉄骨造)という工事です。通常はRCのみ、またはSのみという工事が多いのですが、屋根部分の軽量化を図る上でこういった組み合わせの工事は宮城県内でも多く採用されています。

CIMG1403.JPG
写真は校舎入り口と職員室付近。
この奥には教室棟などが立ち並びます。

本来であれば、役所工事であれば地元発注とすべきところですので、当初は遠距離である事を理由に断っていたのですが、近くに鉄骨の加工工場が無かったことと、客先が当社の得意先でしたので、施工させていただく事になりました。仕事全体の8~9割程度は県内の仕事をしておりますが、ここ数年は業者から指名を頂き、隣県の現場でも施工させていただくケースが増えております。嬉しい事ではあるのですが、移動が大変なんですよね。。。(^^ゞ

投稿者:Ino、投稿時刻:March 25, 2006 9:51 AM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gtroc.com/mt2/mt-tb.cgi/944

コメント
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)