February 28, 2006

●HP・Blog仲間との温泉オフミ(その2)

さて、温泉オフミ・2日目の様子です。

10時のチェックアウトまでノンビリと部屋で過ごして、行き先のアテもないまま外に出ます(笑)。外は生憎の雨模様。。。とりあえず小名浜に行こうかという事で車2台でお出掛けです。
とりあえず向かった先は、GTROCの関東・東北合同MTGを開催した「いわきサンマリーナ」。この時は雨も小降りになったので、ちょいと防波堤までお散歩に。・・・野郎7人でね。絵になるなあ(爆)。

CIMG1313.JPG
こんな天気でも、サーフィンを楽しんでいる方が居ましたっけ。

記念写真を撮ろうと、波打ち際の防波堤まで行ったお方が、波飛沫に煽られて逃げ出す様子もありましたっけね(笑)。残念ですが私は撮影出来ませんでしたが。(^^ゞ
この後は小名浜漁港に出掛けました。丁度水揚げしている漁船もあって、タイミングが良かったです。(^-^)

CIMG1314.JPG
小名浜漁港に移動しました。

CIMG1316.JPG
水揚げされたお魚達。中央付近には「サメ」もあります。(^^;

そして近くの生鮮市場でお買い物もしていきました。皆さん、ちゃんとご家族にお土産を買われていましたよ。私もつぼ鯛と、大好物の「岩のり」と「イカの塩辛・激辛」を購入していきました。・・・なんで「激辛」かって?だってお店のヤジオに、「それ、辛いよ~、大丈夫かぁ、兄チャン?( ̄ー ̄)フッ。」と言われちゃ買わない訳にはいきません。売られたケンカは喜んで買います(笑)。そして今度言ってやります、「大した事無かったよ~♪( ̄ー ̄)フッ。」と(爆)。

CIMG1319.JPG
みんなでお買い物~♪

お土産の購入も済み、これからどうしようか~なんて相談してた時のことです。ここでたじま~るさんが、とある方とお電話を。。。その相手とは、なんと。。。

だじゃれ王でした。(゜-゜)

福島沿岸部出身の「だじゃれ王」こと金澤さんは、この周辺地域はテリトリーです(笑)。いろんなお店の事から、わる~いお遊びの事まで、知らない事はありません(爆)。「ここに行ってみな。( ̄ー ̄)フッ」と言われて、なにやら妖しい場所に誘導されていきます。その行き先は。。。









この先は、【18歳以下立ち入り禁止】です。m(_ _)m (笑) 








CIMG1322.JPG
・・・(゜-゜)

・・・み、見なかった事にしておきましょう。。。(汗)

・・・えっ?この後の私たちの行動・・・ですか?(汗)も、・・・もちっ、・・・勿論(大汗)、そのまま通過して帰りましたよ。そんなの、・・・あ、当たり前ぢゃないですか。。。(滝汗)。全ては、このBlogのネタのためですっ!(苦笑)



・・・えっ?本音はどうかって?



・・・・・・・・・・・

わ、わたしは知りませんっ。。。



行きたかった人は居たみたいですが(爆)





さて、気を取り直して(笑)、・・・あ、ここから18歳未満の子も大丈夫ですよ~(爆)。小名浜は海産物でも有名ですから、近くを見回せばいろんなお店があります。丼ものや鍋料理など、寒い季節だからきっと美味しくいただけるでしょうね~。・・・でも、私たちの目的は違いました(笑)。小名浜から高速を使用しながら北へ車で走る事約1時間半、福島県浪江町にあるお店に向かいます。お店に着いた時間は既に14時近くです(笑)。街中の一角にあるそのお店は、周りの建物とは違う雰囲気を醸し出しています。それもそのはず、話を聞くとこのお店の建物は大正時代から残っている建造物でして、当時は女郎小屋だったそうですが、今は食堂として利用されており、地元は勿論遠方のお客さんも多く訪れているようです。

CIMG1327.JPG
建物の雰囲気が画像でも伝わりますか?

実はこのお店も、もともとは金澤さんの御紹介で伺った次第です。「俺の許可無しでは、入店は許しません!( ̄^ ̄)フンっ。」との事だったので、キチンと了解を受けてから行きました(爆)。あまりお店は広くないので、2階の座敷に通されました。待つこと10分程。。。デザート代わりのゼリーが出てきて、待ちに待った天丼が出てきます。

CIMG1325.JPG
・・・海老がデカイっ!!!

噂には聞いてましたが、予想以上のボリュームです。お椀には蓋がされているのですが、海老の尻尾が隠れずに「え~びの、しっぽが見えてるよ~♪」状態でした(笑)。これで普通盛りなのですが海老天が5本入っており(大盛りだと6本)、食べ応えは十分です。そしてかけられた天汁がまたいい味出してます。甘く香ばしい、という表現があっているかどうか?ですが、天汁だけでご飯が食べられる、そんな味でした。これだけでも何杯でもご飯が食べられそうです。

食事後はみんなでしばし休憩。年代物の建物に趣きを感じ、記念撮影したりしました。ウチラの仲間ではローアングルからの撮影に拘りがありまして(笑)、床であろうが地面であろうが、ドコでも腹這いになって撮影する事が基本となっております(爆)。但し路上で腹這いになって撮影する時は、通行する車に十分に気をつけて撮影して下さいね。じゃないと「ペッタンコ」になっちゃいますよ?(^○^)

CIMG1326.JPG
腹這い撮影の基本姿勢です(爆)。

お店を後にしたのが15時半を回った頃でしょうか。名残惜しかったのですが、ここで関東の皆さんとお別れです。また何時か、2回目の開催を誓って解散しました。

・・・で、2回目はドコに行くの?何時にするの?(^○^)

投稿者:Ino、投稿時刻: 5:57 PM | コメント [0]

February 27, 2006

●HP・Blog仲間との温泉オフミ(その1)

2月25日~26日と、日頃サーキットで一緒に走ったり、お互いのHPやBlogでリンクしている仲間達と温泉オフミを開催しました。関東・東北から集まった仲間は7人、朝からテンション上がりっぱなしの珍道中になりました(笑)。

東北組は午前11時に私の家で待ち合わせし、一路南へ向かいます。途中、二本松市のRGF・金澤さんのトコにも訪れますが、タイミングが悪く留守でした。丁度お昼過ぎでしたので、そのまま車を走らせ、お昼ごはんは「柏屋食堂」のソースカツ丼にしました。・・・が、同乗していた一人が前日は午前3時まで呑んでいたとの事で、あんまり食べれなかったみたいです。・・・そりゃ二日酔いの時にあのコッテリしたソースカツはつらいわな。。。(^^ゞ その方は気持ち悪そうに、車の中でスポーツドリンクを抱えたまま苦しそうに寝てました(笑)。

今晩の宿泊先は、福島県いわき市の「いわき湯本温泉」です。少し早めの16時前にはチェックイン、間もなく関東からいらっしゃる皆さんも合流しました。風呂に入ってノンビリした後、18時半から宴会開始です!

CIMG1304.JPG
腹減ったぞ~い。。。(^¬^) でへへ。

野郎7人だけでの宴会。。。コンパニオンも呼ばずに。。。廻りから見たら変に思われていたでしょうか?(^^ゞ だって、コンパニオンの必要を感じないんですもの。。。これだけの個性豊かな集まりなら、女の子のキャラも霞んでしまいます(爆)。きっとウチラのマニアックな話にはついていけません!(^○^)
宴会終了後、部屋に引き上げて二次会の開始です。みんなそれぞれ持ち寄ったツマミやお酒で大盛り上がり。お互いの過去の暴露話やら、絶対にここじゃ掛けない内容の話まで(笑)、日付が変わるまで話し込みました。ホントに面白い方々です。(^^ゞ

CIMG1307.JPG
二次会の部屋にて。締めの食事はカップラーメン(笑)。

翌朝起床後、朝風呂に。ここの温泉はお湯は熱めで、すぐに体の芯まで温まりました。風呂から上がった後もずっと体から熱が引かないので、凄く暖かかったです。すっかり気分の良くなったσ(^^;は、朝から早速ビールを頂きます。いや~、気持ちがいい。(^○^)
ノンビリしていたら、予定していた朝食の時間を過ぎてしまい、係りの方からお呼び出しのお電話を頂く始末。(^^; 片付けられる前に慌てて食べに行きました(笑)。

CIMG1309.JPG
ウチらが一番最後だったね。(^^ゞ

食べ終えた後、部屋に戻る際に見つけた牛乳の自動販売機。美味しいとの評判で、みんなが購入(笑)。部屋の中にはあっという間に牛乳瓶の山が出来ました。それを如何に迫力ある画像が撮れるかという事で、瓶を重ねてローアングルから撮影したり、その撮影してる様子をまた撮影したり、そのまた・・・という感じで、事あるごとに全てが「ネタ」になってしまう、そんな集まりでした。(^^ゞ 久々に沢山笑わせて頂きました(笑)。

CIMG1311.JPG
お二人とも、筑波1分切りのスゴイ方々なんですけど。(^^ゞ



以下、その2へ続く!

投稿者:Ino、投稿時刻:12:35 PM | コメント [0]

February 24, 2006

●本格焼酎と新式焼酎

最近、手ごろなお値段で購入出来る事から、焼酎への感心や人気が高まっています。特に「本格焼酎」と呼ばれるものは、「もうひとつの日本酒」あるいは「第三のお酒」とも言われ、その良さが見直されています。
焼酎には我が国古来より造られている「本格焼酎」と、明治末頃から造られる様になった「新式焼酎」の2種類があり、製造方法にも品質にも大きな違いが見られます。

「新式焼酎」は別名「ホワイトリカー」とも呼ばれ、純粋アルコールに加水して度数を調整したもので、軽快でクセの無い風味ですが、どのような原料で造っても風味は画一的なものとなり易く、個性に乏しくなります。
「本格焼酎」は、製法についてはウィスキーやブランデーの製造工程と同じ種類とも言え、原料・製造方法・貯蔵年数等が味にも影響するので、品質の幅は非常に広くて個性豊かな風味を楽しめます。

画像は、岩手県陸前高田市の酔仙酒造㈱で製造されている「秘酔」という、最近私が愛飲している本格焼酎です。43度と少しキツメの度数ですが、「本格焼酎」独特の原料にこだわった風味を味わう事が出来る、オススメの「本格焼酎」の1本です。私はこれを何時もロックで飲んでます~。美味いお酒は、水で割っちゃ勿体ないものね(笑)。

CIMG1282.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:44 AM | コメント [0]

February 22, 2006

●機械設備の入れ替え作業

先日、工場内にある機械設備を新しく入れ替えました。今ある機械は工場が移転してから使用してきたもので、丸18年近く使ってきた事になります。流石にここ近年で各所にオイル漏れや不具合が多発し、修理をするのにもそろそろ限界を感じていました。期末近くでの出費は痛いトコではありますが、当社で一番稼動する機械でもありますので、ここで思い切って導入する事に致しました。

東北圏内では既に導入されている会社も多く、業者に問い合わせるとスグに見積りを持ってきました(笑)。その金額。。。額面で8700万円でした(苦笑)。不要なオプションを下ろしたり値引き等で、最終的にはその半額近くまでになりましたが、・・・高い買い物だにゃあ。(^^ゞ

で、発注から納品に至るまではそんなに時間は掛からなかったのですが、それからが大変。。。この機械、自重がなんと8tを軽く超える重量で、流石に当社もそれだけの終了を吊れるクレーンはありません(苦笑)。そこで一旦工場の外にクレーンで卸して、そこから台車を用いてウィンチで引っ張りながら運ぶという、なんとも面倒そうな搬入方法で工場内に引っ張り込みました(笑)。

CIMG1234.JPG
工場の外に一旦機械を下ろします。

CIMG1235.JPG
2時間程かけてゆっくりと移動させ、やっと据付位置に固定。

この機械、材料に孔を明ける機械なのですが、今までは3本のドリルで同時に切削加工を行っていたのですが、この新しい機械は倍の6本で作業を行うので、単純計算では倍の仕事をこなせる事になります。この機械の加工担当者には、今年高校(定時制)を卒業したばかりの新人クンを付けました。両者共に、今後の活躍を心から期待をしておりますです。(^-^)

CIMG1254.JPG
先週から早速フル稼働体制に入りました。

投稿者:Ino、投稿時刻: 6:05 AM | コメント [0]

February 19, 2006

●南へ北へ、大忙し。(^^;

昨日は午後から二本松市にある「RGF」さんに伺いました。・・・最近毎週のように通っているような気がします。(^^ゞ 誤解の無いようにお話しますと、お仕事の打ち合わせですからね、一応は(笑)。

CIMG1295.JPG
最近はAL山形よりも通っているかもしれない。(^^ゞ

お店の前には・・・そう、東北地区のOCメンバーなら誰しもご存知の、あの真紅のベールに包まれたあのマシンが、不気味な迫力(笑)を漂わせながら鎮座しておりました。

CIMG1290.JPG
生粋のドラッグマシン、宣狂師号が完全復活です!!!

ここしばらくは不運なトラブルに見舞われ、マトモに踏むことが出来なかった宣狂師号。。。ドラッグと言えば東北、いや東日本・・・、いや日本一(ちと誉め過ぎすか?・(^^;)とも噂される、金澤さんの下で手が加えられ、先日セッティングも無事終わったようです。後は宣狂師の下へ納車されるのを待つばかりだったようです。

さて、やはり皆さんが気になるであろう、NEW宣狂師号のお馬さんの飼育頭数ですが(笑)、金澤さんとメカの酒井さんが( ̄ー ̄)フッと笑みを浮かべながら見せてくれたダイナパックでの計測結果を見てみると。。。

CIMG1292.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・(゜-゜) へっ?



845ps??!!!

随分と放牧地とお馬さんを増やされたようです。(^^ゞ 周囲に居合わせた皆さんも呆気にとられています。一体どんな事になってるんだろうな~、等と思い込んでいた私の様子を察したのか、金澤さんがニヤッとしながら・・・

「・・・軽く逝っとく?w」

はい、逝きます(笑)。ああ・・、まだオーナーである宣狂師本人でさえも乗っていないのに、私なんぞが先に乗ってしまっていいのでしょうか。。。宣狂師、ゴメン!(^人^)、と心の中でお詫びしまして(笑)、ナビに乗り込み金澤さんのドライブでLet's Go!!

CIMG1294.JPG
そういや、金澤さんのお隣に乗るのは初めてだったかも?

乗った感想・・・はっきり言って笑いが止まりません。ブーストを抑えての走行でしたが、それだけでももう未知の体験ゾーンでした。これでフルブーストだったら・・・想像がつきません。とてもじゃないけど、私には扱えるお馬さんの数ではないですね(^^ゞ。とはいえ、街乗りもごく普通に乗れますし、アイドリングもホントに普通。。。言われなければ普通の車のようです。・・・いや、やっぱ普通では無いか(笑)。

お店に戻ってきて、金澤さんが嬉しそうに(?)私に向って一言。。。「いやあ、これで山形に向うヤツが一人増えたわ!(^○^)」 ・・・それって、又してもσ(^^;は拉致ですか?(爆) という事で、今度は山形に向ってLet's Go!!(^^ゞ 向った先は。。。

CIMG1298.JPG

AL山形でした。(^-^) パーツの受け渡しの為に訪れた訳です。何気に皆さん、仲がいいんです(笑)。

CIMG1296.JPG
談笑してるYU様と師匠、金澤さん。

CIMG1301.JPG
お届けしたパーツの一つ、オイルパン。
・・・ですが、普通のオイルパンでは無いのです。
何がどう違うか、わかりますでしょうか?

帰路に着いた時は、もう既に日付が変わる頃でした。何時も食事等ゴチになりまして、ホントにすみません。m(_ _)m>金澤さん。また拉致されに行きますんで、よろしくお願い致します(爆)。

投稿者:Ino、投稿時刻: 8:17 AM | コメント [0]

February 18, 2006

●【オススメの逸品】車載映像用ビデオカメラステー

私のHPでもリンクさせて頂いております、たじま~るさんがヤフオクなどで出品されております『車載映像用ビデオカメラステー』を御紹介させて頂きます。

サーキットでのドライビングの上達方法はいろいろあると思います。プロの方のナビに乗せて頂いて、その走りを体験するとか、最近では雑誌等でもサーキット走行に関する特集記事が組まれたりしますよね。

でも、実際にドライブするのは自分自身な訳ですから、いくら頭で覚えても実際に体がついていかなかったりする事もしばしばあると思います(苦笑)。やっぱり自分の走りを上手い方に評価して頂くのが一番だと思うんですよ。そこでこのビデオカメラステーが大活躍する訳なんです。(^-^)

私自身、昨年の「東北No.1決定戦」に参戦した際に使用させて頂き、走行後にAL山形の川崎師匠に映像を見て貰って、いろいろダメ出しを頂くのに役立っております。(^^ゞ

CIMG1213.JPG
ステーそのものはこんな感じです。
これはロールバーに取り付けるタイプで、他にも吸盤で付けるものや
鉄板等に抑えられるものなど、バリエーションも様々です。

CIMG1212.JPG
バーに付けるとこんな感じ。後方視界の邪魔にもなりません。

CIMG1249.JPG
映像はこんな具合に後から確認出来ます~。

a href="http://www.red.ecweb.jp/">たじま~るさんのHPに、このステーのバリエーションや実際に使用した際の映像の状況等がレポされておりますので、興味のある方は是非伺って見てくださいネ!

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:40 AM | コメント [0]

February 15, 2006

●昔の思い出話

数年前、仙台市内をフラリと歩いていた時、学生時代の時の彼女とバッタリ遭遇。昔と全然変わらず、約10数年振りに再会したとはいえ、お互い一目で気付いた。結婚しているという話は風の噂で聞いていたが、出会った時は小さな子供を抱えており、立派なお母さんになっていた。

当時はお互い夜の国分町で水商売をしていて、住んでたアパートもご近所だったので、よく一緒に自転車に二人乗りして通勤していた。バイトが終わると必ずと言っていいくらい飲みに出掛けたし(ちなみに私のバイトは朝5時までだったので、それから飲みに出掛けたという事です・爆)、休みの日には夕方18時から次の日のお昼の12時頃まで飲み続けていた事もしばしばあった(笑)。お互い酒には強かったが好みはバラバラで、私はウィスキー派、彼女はワイン派だった。白ワインが好みで、よく飲んでいたワインは「MADONNA」と「CHABLIS」。酒は好きだがワインについてはからっきしダメな私にも、無理矢理勧めて飲まされたという、苦い思い出がある。(^^ゞ

お互いその場で携帯の番号を交換して、今でも年に1,2度の割合で話をする。一昨年はお子さんの小学校入学のお祝いとして少しばかりの気持ちを贈らせて頂いた。彼女からは、私が結婚するまでという限定期間という約束で(笑)、毎年2月14日にバレンタインのチョコが贈られてくる。先週来たメールで「まだ(結婚は)決まらないの?」という問いにYESと返信すると、「仕方ねぇなぁ、あぃよっ!(笑)」という返信と共に、今年もチョコが私の手元に届いた。

今の私は、流石にワインのフルボトル1本を空けるほど酒は強くは無い。ハーフボトルがやっとかな。丁度飲みかけていたワインが無くなったところだったので、今晩はどちらのワインを飲もうか。。。

CIMG1289.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 1:30 PM | コメント [0]

February 13, 2006

●真冬の仙台ハイランド

今日は午後から仙台に出掛け、帰りに現場に立ち寄りました。現場事務所を出て時間を確認、・・・予定よりも時間が余ってしまった。。。さて、少し昼寝でもしようかな?それとも買い物でもしようか。。。


・・・・・・・・・・・・そうだ!

仙台ハイランドに行ってみよう!(爆)


そうと決まればハイランドへ向けてドライブ~♪現場からハイランドまでは10キロくらいなので、そんなに時間はかかりません。久しぶりに見る、見慣れた風景でした。・・・勿論雪景色でしたが。(^^ゞ

CIMG1283.JPG
ハイランドに行く時に必ず通る、見慣れた風景です。

・・・しかし、余裕をこいで向いましたが、山に上がるにつれ路肩にある雪の量が、次第に積み重なっていきます。。。やがてハイランド入り口にあるゲートをくぐって、何時もなら両脇にあるゴルフコースを眺めながら進んでいくのですが。。。

CIMG1284.JPG

・・・ (; ゜д゜)

・・・コースなんて、雪の壁で見えません!(笑) それどころか雪の壁も、やっと車が一台通れるかどうかというような狭さに押し迫っています。。。ここまで来たらもう引き返せない・・・いや、無理してでもバックして戻っていくか・・・しかしここでスタックしたら自分では脱出出来ない。。。









どうする、俺!?(w







前回と同じく、「このまま行っちゃえ!(^○^)」と突っ切ってしまいました(爆)。やがてサーキットコースの入り口に着きました。・・・しかし、そこは一面雪景色。駐車場は完全に雪で埋もれていました。

CIMG1288.JPG
遊園地の入り口前。完全に雪で孤立していました。(^^;

CIMG1287.JPG
入り口手前の駐車場は吹きっさらしなので一面雪景色。(^^;

コースまでは、車一台が通れる幅で除雪されていたのですが、流石にそこまで行く勇気はありません。(^^ゞ ハイランドに来た事がある方ならわかると思いますが、一度降りたら最後。。。

あの坂は絶対に登れません!(;´д`)

入り口からコースの状況を見てみますが。。。何も見えるわけがありません(爆)。見える部分だけ写真を撮ってみました。

CIMG1285.JPG
メインストレートから1コーナーの手前付近。
言われると、なんとなくわかります?(笑)

CIMG1286.JPG
スプーン~左コーナー~ヘアピンの部分。
真っ白な部分で、なんとなくわかりますか?(爆)

今年は雪が多いので、遊園地等は3月中旬にオープン予定とはなっていますが、あと約1ヶ月。。。この調子ではちょっと無理があるような。。。サーキットコースも4月には既に予定が入っているハズなのに・・・大丈夫なのかな?(^^ゞ

投稿者:Ino、投稿時刻: 4:37 PM | コメント [0]

February 12, 2006

●全国会員大会の副主管契約締結式

昨日、郡山のビッグパレットふくしまにおいて、(社)日本青年会議所で毎年開催されます、全国会員大会の副主管契約締結式があり、理事長の代理で出席して参りました。東北にある全77の青年会議所が集い、今年10月に郡山で開催される全国大会の成功に向けて、強力なサポートを約束する「締結式」が行われました。

CIMG1262.JPG
宮城ブロック会長、東北地区会長、郡山JCの理事長。
後ろにいるのが宮城県内の各理事長。
代理のσ(^^;も居ます。(笑)

CIMG1266.JPG
大会成功祈願に東北地区の全メンバー数を織った
「4000羽鶴」と、大会開催地に渡される「伝達の鍵」

過去にも東北地区内で全国大会を開催しており、1977年には仙台でも開催されております。この時も副主管として白石の名前が刻まれておりました。私自身、今年はいろいろとお手伝いしなければならないので、秋は仕事やJC等、公私共に忙しい時期になりそうです。。。

CIMG1268.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 8:07 AM | コメント [0]

February 10, 2006

●Have a Sweet Night、Please 【Four Roses】

久々のお酒シリーズです(笑)

日本でも人気の高い「Four Roses」、その名前の由来は幾通りかの説がありますが、このお酒の産みの親、ポール・ジョーンズのプロポーズ説が正しいようですね。

ポール・ジョーンズがバーボンを作り始めた頃、1人の米国南部の美人に出会い一目惚れ。彼女に熱烈なプロポーズをすると彼女は、「プロポーズを受けるときは、次の舞踏会でバラのコサージュをつけます。」と返事をしたそうです。
そして待ちに待った舞踏会の夜、胸を高鳴らせるポールの前にあらわれた彼女の胸には、4輪のバラのコサージュが飾られていました。そして2人はめでたく結婚し、その美しい出会いを記念して自社製のバーボンに「Four Roses」という名前がつけられたとの事。これが名前の由来だそうです。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






カッコつけやがって。(-_-メ





・・・ま、僻むのは止めときまひょ(自爆)。



私の記憶が確かならば(・・・懐かしいセリフだにゃ・笑)、○○歳の時に(笑)初めてお酒を覚えた頃によく飲んだバーボンが、確かこのフォアローゼスだったと憶えています。先日エントリーしたジャックと同じく、比較的安く入手出来るお酒の一つなので、結構愛飲していた時期があったと思う。コーラで割って飲む「コークハイ」を飲むことを憶えたのも、このお酒だったかもしれないね。

http://www.roseslive.jp/index.html



FourRoses.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:10 AM | コメント [0]

February 8, 2006

●GTRマガジン様よりカレンダーを頂きました

GT-Rマガジン様より、GTROCのメンバーの皆様に対して、GT-Rマガジン2006カレンダーを頂きました。カレンダーは均等に各地区スタッフに配られております。私の手元にも昨日届きましたので、先日OC東北MLにて配信させて頂きました通り、ご連絡のあった方々に本日中に発送致します。

GT-Rマガジン様には、心からお礼を申し上げます。有難うございました。m(_ _)m

CIMG1255.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:18 AM | コメント [0]

February 7, 2006

●「ココアのススメ」

毎年冬の時期に、私が愛飲する飲み物があります。・・・お酒じゃないよ。(^^ゞ 「ホットココア」なんです。

ココアには、脂質、タンパク質、炭水化物の三大栄養素に加え、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれており、成長期の子供さんや食欲が落ち気味の高齢者の方々にとっては理想的な飲み物なんです。ココアの学名はギリシャ語で『神様の飲み物』という意味で、古代メキシコでは不老長寿の妙薬として王侯貴族によって飲まれていたそうです。ちなみにチョコレートにも同じ効能があり、登山で遭難した人がチョコを持っていて助かったというエピソードもあるそうですよ。

特にココアの効用の中で、特に素晴らしい点をあげると、1つは抗酸化成分が活性酸素を抑えてくれる事。これは緑茶のカテキン、緑黄色野菜のカロテン、大豆のイソフラボンなどが良く知られていますが、ココアにも同じ効用を持つ「カカオマス・ポリフェノール」が含まれており、がんや生活習慣病、老化を早める活性酸素を抑えてくれる為、これらの予防にも役立ちます。
またココアにはミネラル類が豊富で、特に鉄分が多いので貧血症気味の方にもオススメします。さらに牛乳でココアを作れば不足しがちなカルシウムを補給する事も出来ます。

ところで、ココアを飲むとカロリー過剰になるのでは?という心配をされるかもしれませんが、成人男性で一日に必要な摂取カロリーは2000~2400キロカロリー程度。ココア1杯は70~80キロカロリー程度ですから、一日に摂取するカロリーをよく考えて、上手くココアを飲み続ける事が大切な事だと思います。

CIMG1023.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 6:41 AM | コメント [0]

February 5, 2006

●RGFさんにお邪魔してきました

今日は一日OFFだったので、久しぶりに福島県二本松市にある「RGF」さんにお邪魔してきました。遊び半分だったのですが、ちょいとお仕事の話もありましたので事前に金澤さんの予定を確認して出掛けました。週末からの降雪の為、道路は幾分混んでましたが、予定通りの時間に到着しました。

CIMG1251.JPG
二本松近辺も、かなりの雪が残ってました。

着いたのが丁度お昼だったので、金澤さんとメカの酒井さん、一緒に仕事することになるK君と一緒に近くのラーメン屋さんへ。カメラを持って行くのを忘れていたので、画像はありません。(^^ゞ

食事後、お店に戻ってきてお仕事の打ち合わせです。・・・まあ、仕事の話はそんなに長くは無かったので、何時もとおりに遊びに行ったようなものですね(笑)

お店の外には、順番待ちの車両が待機してました。多くの車両が置いてあるので、これから忙しくなるんだろうな。。。(^^;

CIMG1252.JPG
常に5~6代の車両が待機中。

CIMG1253.JPG
先日、夢工房さんから拉致ってきたBNR34(笑)。
カバーがかかっている車両は、東北地区では御馴染みの方です。
さて何方のでしょうか?(^-^)

・・・で、ここで突然のスゴイ来客。。。なんと、仙台ハイランドで最速のS13を駆る、「鈴木自工」の鈴木さんが来社されました!!!何事かと思いきや、ある車両の確認にいらしたようでした。

ここで、金澤さんからの恐怖のひとこと。。。



「inoさん、ヒマだよね?」( ̄ー ̄)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




またしても、拉致ッスか?(苦笑)



・・・という事で、車で往復1時間ほどのところにお出掛け致しましたとさ。(^^ゞ ホントは夜も食事に誘われたのですが、お昼もご馳走になっちゃったし、流石に今朝も起きるのが早かったので眠気もピークに差し掛かったので、お断りさせて頂いて帰路に着きました。

久々にタイヤやオイルの匂いを嗅いだので、少し気分も落ち着きました(爆)。さて、明日から1週間、また頑張りましょう!

投稿者:Ino、投稿時刻: 8:01 PM | コメント [0]

February 4, 2006

●タイヤ1本お買い上げ~!?(T_T)

隣町の取引先に、図面を頂きに伺った帰りの事です。車で走り始めると、「カタカタカタカタ・・・」と音が響きます。・・・あ~、スタッドレスタイヤに小石でも挟まっちゃったかな~なんて思いつつ、面倒だから会社に戻ってから取ろう、と思いました。・・・しかし、小石の割には音が大きく響くし、ハンドルを通しての手応えが何かおかしい。。。思い直して最寄のコンビニに車を止めて、右リアのタイヤを確認してみました。そしたら。。。

CIMG1246.JPG



・・・何かが刺さってる!( ̄□ ̄;

しかも、「・・・シュー」っと微かに空気の抜けてるような音まで。。。さてどうしたものか。。。会社までは約10km、馴染みのタイヤショップまでは会社から2km程。。。会社まで無事にたどり着けるかはわからないし。。。大事に至る前にここでタイヤ交換をするべきか、それとも積載車で迎えに来て貰う?





















・・・どうする、俺!?






















CIMG1248.JPG



そのまま帰っちゃえ!(^○^)



慎重に、途中のGSやコンビニ場所をチェックしつつ、スローペースで帰路に着きます。信号で止まる度にドアを開けてタイヤをチェック、あまり空気は減っていないようで、何とか無事にタイヤショップに到着。タイヤを外して確認してみると、タイヤに刺さっていたのは何と、チェーンを固定する際に取り付ける「ピン」でした。何処かの車の、走行中に外れてしまったピンが、私の車のタイヤに刺さってしまった訳です。こんな事は初めての事でしたが、お店の方によるとこの時期は結構多いらしいです。その他にもボルト等がタイヤに突き刺さってしまう事も多いそうなので、皆さんも道路に落ちているモノについては、十分に注意して下さいね。

で、タイヤですが、幸いパンク修理で済む程度だったので、新たにタイヤを買う事は無かったので助かりました。今年でこのスタッドレスタイヤは履き潰す積もりだったから、あと2ヶ月だけの我慢だったので新たに買いたくないものね。(^。^)ホッ

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:12 AM | コメント [0]

February 3, 2006

●RC造の耐震補強工事(又しても夜間編・笑)

2月1日の深夜23時から、再び耐震補強工事を施工しました。しかも今回は、この季節に深夜の山形でのお仕事でした。・・・いくらなんでも、寒いってのさ。(^^ゞ

山形に脚を踏み入れるならば、当然の如くウチの師匠に挨拶に伺わなければなりません(笑)。会社を18時過ぎに出発、高速を利用して向います。。。が、この天気・・・流石に高速道もガラガラ・・・というかぁ、白石から南方面は降雪の影響で通行止めになってます(苦笑)。

CIMG1238.JPG
高速道も貸切状態(笑)。

東北道から山形道に入るも、全く同じ車線に他の車がいません。途中のI.Cから合流する車両が現れるも、
誰も私のペースに、着いて来てくれません!(爆)

何時もは下道で1時間程で到着する道程も、この日ばかりは高速を使用しても1時間半程かかりましたが、無事にAL山形に到着し、暖かいコーヒーをご馳走になりました。

さて、そろそろ作業開始の時間になりました。今回の現場は山形市内の繁華街近くでの補強工事です。目の前の3車線の道路のうち、2車線を通行止めにしての作業なので、こんな時期とは言え夜間に作業をせざるを得なかったのです。23時になるとすぐに通行規制をはじめ、段取りが整い次第作業を始めました。

CIMG1243.JPG
通行規制を始めて20分ほどで作業開始。
この辺の段取りは、現場の方々も慣れたものです。

クレーン車と建物の間には、約2mほどの幅の歩道があるのみ・・・荷物を降ろす場所も無いので、大型トラックをそのまま待機させ、荷台から直接材料を吊り上げて躯体に設置します。クレーンのオペさんも上手い方で、大手ゼネコンより御指名が入るほどの技量の持主の方でした。当社で何時もお願いしている鳶職の方々とは、初めて組み合わせた作業でしたが、安心して作業の推移を見ることが出来ました。(^-^)

CIMG1242.JPG
全部で4基の耐震ブレスの取り付けです。

CIMG1244.JPG
建物の内側から。ベランダが出ているので材料の取り込みは大変でしたが、
建物に傷を付けない様に慎重に作業を進めます。

作業中には丁度雪も止んだ事も有り、今回はかなり順調に作業が捗りました。何時もは1基取り付けするのに30分程かかるのですが、全4基取付するのに約1時間強で作業を終了、実質道路を通行止めにしたのは1時間半程で済んだので、あまりご迷惑を掛けずに終えたのでホッとしました。(^。^)

むしろ大変だったのはこれからです(笑)。殆どの作業を終えたのが3時過ぎ。残りの作業をお願いして帰路に着いたのですが、なんと高速道路が通行止め!仕方なく笹谷から下道をトコトコ帰るハメに。。。何時もは飛ばして帰る練習道路も、この日ばかりは鬼のような路面状況です。(^^ゞ

CIMG1245.JPG
・・・怖いよ~。。。(^-^;

恐る恐るやっとの思いで無事会社付近まで到着。この時朝の5時前。ふと高速道路の状況表示の看板を見てみると、なんと通行止めが解除されていました。。。私が高速道路を降りた直後に、通行可能になった模様です。。。ツイて無い時は、こんなものなんですね。。。(-_-;

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:18 AM | コメント [0]

February 1, 2006

●「ツキを呼ぶ魔法の言葉」

先日、業者の新年会の時に同席した会社社長から、とある冊子を頂きました。以前の講演会で非常に印象に残り、その際に頂いてきたという講演筆録を、ワザワザ私の為にコピー&製本して下さったのです。有り難く頂きまして、後日家で改めてゆっくりと読んでみました。

講演された方は「五日市 剛さん」とおっしゃる方で、国立宮城高専を卒業され、その後アメリカのマサチューセッツ工科大に留学された工学博士です。26歳の時にイスラエルを旅行され、その時の出会いがきっかけで人生が大きく変わったそうで、この「ツキを呼ぶ魔法の言葉」を知った事が原因だそうです。

筆録は60ページにも及ぶので、私が読んで目に留まった言葉を御紹介したいと思います。

「イヤな事が起こると、またイヤな事を考えてしまう。そうするとまたイヤな事が起こる。不幸が重なるという出来事は、この世の法則です。それを断ち切るのには「ありがとう」という言葉が一番。何事にも「ありがとう」という気持ちを持つと、不思議と不幸の鎖が断ち切れ、やがていい事が起こるようになります。」
「何かいいことがあったら「感謝します、」という気持ちを忘れずに。実際に思う事が叶ったら心から感謝する事を忘れずに。」
「絶対に言ってはいけない言葉、それは汚い言葉と人の悪口。平気で汚い言葉を使う人は、そういう人生を歩むものです。人の悪口は、例え他の誰にも話す事が無くても人の悪口は言ってはいけません。人を怒ってもツキというものは自分から離れていきます。」
「どんな言葉にも、「魂(こころ)」があります。ネガティブな言葉は使わずに、綺麗な言葉だけを使いましょう。」

皆さん、これまで読んで思い当たることはありますか?あの時、こんな事を思っていなければ・・・、あの時、こんな悪口を言って人を傷つけてしまった・・・などなど。今までに起こってしまった事は、もうどうしようもありませんが、これからの事はいくらでも自分を変えることが出来ます。自分の意識をプラスに変えること、これが一番大事な事なんだと実感しました。

この筆録、最後はこのような文章で〆てありました。
「プラスの言葉は魔法となって、素敵な出来事を体験させてくれます。素敵な出来事に「感謝」、素晴らしい運命に「感謝」しましょう。たとえ不幸が訪れても、事故にあったとしても、その思いは忘れずに。何も心配せず、まだ起こってもいない未来に対して「不安」がったり、「心配」したりするのはやめましょうね。」

CIMG1187.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:10 AM | コメント [0]