October 22, 2005

●夜回り先生 ~水谷修氏講演会~

10月21日、私達(社)白石青年会議所では「夜回り先生」こと水谷修先生をお招きして、メンバーのみならず一般公開という形式で10月例会を開催致しました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、水谷先生は教師生活の時間の殆どを青少年の薬物や非行問題に費やし、深夜の繁華街を「夜回り」しながら若者の更正に尽力されている方で、全国各地で公演活動を行っております。著書も多数出ておりますし、TV等でも実話がドラマ化されてもおります。
今回の講演会は、先生の意向で地元の高校生等の若者にも是非来て頂きたいという依頼もありまして、市内の高校等にも講演案内を流し、当日は定時制の高校の授業の一環として生徒を引率して頂いたり、御家族といっしょに来られた高校生も多く、先生の依頼になんとか添えた形になったかと思います。会場は約600人の方がいらっしゃり、ほぼ満員という状況でした。

講演の内容は先生が今まで携わってきた、多くの若者との経験や体験を通じて感じた、少年非行の実態を訴えられました。我々大人の気付かない、身近にある問題と直面させられ、脳天を杭で打たれたような、非常に壮絶な内容で目眩さえ感じるくらいでした。犠牲になられた子供さんの体験談を話された時には、会場内でもすすり泣く高校生や親御さんの様子さえ伺える程でした。

講演終了後、こんなエピソードもありました。終了後、次の予定も迫っていた為に時間の余裕も無く、本来ならすぐに移動しなければならない状態だったのですが、先生の足は会場内に向かっておりました。会場内には高校生の女の子が二人、イスに座ったままでした。先生は二人に近づいて「何時でも電話しておいで」という感じで名刺を渡されていきました。講演の最中、壇上から見ていただけでこの二人の女の子はリストカットしてる子だとわかり、その子達の為に再び会場内に戻ったということだったんです。600人もの聴講者が居た会場で、表情を見ただけで子供の状態がわかるという事・・・、凄い先生だなと実感した出来事でした。

水谷先生は全国各地で講演活動をされていますので、皆さんの近くにおいでになった際には是非お話を聞いてみて頂きたいと思います。我々の知らない、若者の生の声を聞ける、そして現在の様々な実態を伺える貴重なお話を聞く事が出来ると思います。

「過去と今は捨てることができます。
明日は、作ることができます。
過去と今で明日を捨てることや汚すことやめましょう。」

http://www.sanctuarybooks.jp/mizutani/

mizutani.jpg

[追記]

最近、アダルトサイトのHPよりトラックバックされるようになりましたので、これから(11月21日)このエントリーに対してトラックバックを受け付けないように設定変更致しますのでご了承願います。よろしくお願い致します。

投稿者:Ino、投稿時刻:October 22, 2005 8:57 AM
コメント
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)