September 28, 2005

●季節の郷土料理 ~はらこ飯~

宮城県亘理郡亘理町に、昔から伝わる「はらこ飯」という郷土料理があります。阿武隈川の河口付近にある亘理地方では鮭の地引網漁が盛んであり、大漁の時に漁師が振舞ったのが「はらこ飯」と言われています。鮭の身とイクラ(はらこ)を炊いたご飯の上に乗せたものなのですが、江戸時代に入り領主となった伊達政宗が阿武隈川修繕の視察に亘理地方を訪れたときに、地元の漁師から「はらこ飯」が献上されたと言われています。

鮭が河に上がってくる時期、9月下旬から10月中旬頃になると、地元の家庭では一斉に「はらこ飯」を作り、隣近所でお裾分けしたりして味わう習慣があります。作り方もそれぞれ、味付けもそれぞれの家庭によって様々なので、いろいろな味付けの「はらこ飯」があるんです。その中でもウチのオフクロが作った「はらこ飯」は近所の中でも絶品と呼ばれるくらい美味いんです(子バカですんません・笑)。毎年この時期になると、ご近所・親戚等から「・・・まだ作らないの?」と電話がくるので(笑)、週末になるとずっと「はらこ飯」を作るのに大忙しなんです。この時期の為だけに、私の実家には炊飯器が5つ!あるんです(爆)。

よくお店等で出される「はらこ飯」は、味付けの薄いものや、地域によっては白米の上に鮭といくら(はらこ)を乗せただけの「はらこ飯」を見ますが、「それは違うんだよ~!」っと、声を大きくして教えてあげたい心境なんです。(^^ゞ キチンと「はらこ飯」を作ろうとしたら準備等から2日はゆうに掛かります。ホンの数時間程度で出来る料理ではなく、それだけ手間のかかる料理なんです。

この時期、宮城県亘理町に出掛けると市場の近く等で近所のご家庭の方が炊き出しのような形で港を訪れる方々に「はらこ飯」を振舞う事も多いので、是非お近くを通る際には立ち寄ってみて頂きたいと思います。(^-^)

CIMG0726.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:04 AM | コメント [0]

September 26, 2005

●建物の上にまた建物!?

うちの会社の隣と言っていいくらいの現場で増築工事を行っています。増築というと、既存の建物の並びに建てていく事が多いのですが、今回の工事は既存の建物の上に嵩上げしております。(^^ゞ

この工場、冷凍食品を中心とした加工工場なのですが、他地区の工場を閉鎖して機器関係を全て集約する為に工場増築をする事になったのですが、敷地はもういっぱいになっているので、確かに建物の上に建てるしかないんですけど。。。これを見通していたかのように、工場の屋根には、初期工事の際に既に増築用の柱が建ててあったんです(笑)。
初期工事をされた業者は数年前に倒産しており、当事の現場担当した方は既に退職されてました。以前の情報が殆ど無い状態で、現場実測に頼るしかなかった訳で。。。で、今日から建て方が始まった訳です。

事前の下見で一番驚かされたのが、初期工事のいい加減さ。詳しい事はここには書けないけど、もう少しマトモに仕事しろよ!って感じですわ。とにかく高所での作業になるので、工事終了まで無事に事故の無いように気をつけたいです。

20050926_1443_0000.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻: 5:58 PM | コメント [0]

September 22, 2005

●36歳でおバアちゃん!?

先日、うちの会社に勤める若い子(18歳・♂)に子供が産まれ、無事に入籍も済ませました(時系列が合わないけど気になさらずに・笑)。奥様も同級生と言う事で、とっても若い夫婦なんです。(^-^)
先日、奥様の母親に会う機会がありましてご紹介を受けました。一体どのような方かなあ?と思っていたのですが、その場にいらっしゃったのは、どう見てもお姉さんと見える、私と同じくらいの年齢の方でした。だけど、紹介された時には「母です。」と言われたし。。。何か訳ありかな?と気にはなったのですが、こんな事も聞くのも失礼だよな。。。とは思うものの、やはり気になり(笑)正直に聞いてみました。(^^ゞ
「失礼ですけど、おいくつなんですか~?」・・・の問いに、にこっと微笑みながら「36です。」・・・と。

( ̄□ ̄;;; んがっ。。。

話をまとめると、このお母さん(おばあちゃんか?・笑)は、17歳の時に子供を産まれたそうです。そしてその子も18歳でまた子供を産み・・・、という事で、36歳にして早くも「おばあちゃん」になられたと言う訳で。。。

私の知り合いでも、42歳でおばあちゃんになられた方は知っていましたが、それでも十分に早いですよね?しかし・・・36歳で、ですか。(^^; ここに同じ年で、子供も居なけりゃ結婚もしていないσ(^^;も居るのにねぇ。。。(苦笑)

もし、産まれた赤ちゃんがまた18歳で子供を産んだとしたら、このお母さん・・・おばあちゃん?(^^; は54歳で早くもひ孫が産まれる、という事になる訳で。。。う~む。。。(-_-;;;

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:13 AM | コメント [0]

September 21, 2005

●バンド時代・6

ひさびさに音楽の話題でも。。。(^^ゞ

私が元へヴィメタさん(今でもよく聞いてるけど・笑)だった事は過去のBlogにも書いてきました。最初はMETALLICA、SLAYER等のコピーから始まり、後半ではDEATH、DEICIDE等のデスメタル(笑)のコピーが主流になり、やがてオリジナル曲も作るようになりました。10年近く前の話ですが、「OUTRAGE」というメジャーデビューしたバンド(知ってる?)が仙台に来た際、前座としてもライブを行った実績もありました。

写真はバンドのオリジナル曲を収めたデモテープです。今でもたまに聞き返すことが多いですね。その後も何曲かオリジナル曲を作ろうと思い、リフを納めたテープが何本か未完成のまま残っています。何時かキチンと曲として完成させたいなと思ってますが、「言うは易く行なうは難し」でして。。。(^^ゞ

でも最近になって、また何か音楽でもやりたいな、と思うようになりました。未完成の曲が出来上がる時が、何時の日か来るのでしょうか。。。

CIMG0673.JPG
古いAE20のテープが時代を物語ってますね。(笑)

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:19 AM | コメント [0]

September 18, 2005

●由緒ある紋章をもつ酒 ~Ballantine~

バランタインのラベルには、英国王室紋章院から授けられた由緒ある紋章(コート・オブ・アームズ)が掲げられています。スコッチ付くには欠かせない重大な要素である大麦、水、ポットスチル、樽。これらは自然の恵みと伝統を重んじるバランタイン社の品質哲学を表れとされています。

この「Ballantine」を語るには、ロバート・ヒックス。この方をまずご紹介せねばなりません。彼はスコットランドのあらゆる蒸溜所のモルトウイスキーに精通し、それらの多種多様な組み合わせをきき分け、その力は4,000酒類の香りをかぎ分けると言われています。そこから付けられたニックネームは 「The Nose」。
スコッチウィスキーを産む、偉大な「鼻」と紹介されています。

このバランタインの飲み方のオススメは、ハーフロックで飲むこと。詳しくはHPに書かれていますのでご覧になって下さい。お酒の味だけではなく香りでも楽しめるので、バランタインの華やかな香りも是非味わって頂きたいお酒です。

http://www.ballantines.ne.jp/

ballantine.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻: 8:06 AM | コメント [0]

September 16, 2005

●車を乗り換えました

・・・あ、別にGTRのことではないですよ。(^^ゞ

普段仕事等で使用していたC35ローレルですが、今日から当社会長が使用していたシーマに乗り換えることになりました。正確には「乗り換える」と言うより、「取り替える」と言った方がいいのか?(笑)
ローレルも気付けば走行距離が18万キロを超えました。まだまだ現役ではありますが、仕事の都合等で遠距離に出掛ける機会も多く、また仕事上の立場(なんじゃそりゃ?・笑)からシーマの方がいいだろうと言う事になり、会長のシーマと取り替えることになりました。こっちも既に走行距離は16万キロを超えてはいるのですがね。(^^ゞ
ローレルも5月に車検を取ったばかりで、まだまだ勿体無いのでそのまま引き続き自宅に置き、近所に出掛ける際に使う事になりました。

このローレルはOCのMTGの際に、ショップにRを預けていた時等にはよく乗っていきましたので、ご存知のメンバーの方も多いかと思います。他にも片道4時間かけて某街に飲みに出掛けたりとか(爆)、よくそちらこちらに出没してました。(^^; 手放す訳では無いので、今後も当分は頑張って活躍して下さいまし!(^-^)

CIMG0610.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:39 AM | コメント [0]

September 14, 2005

●ゴルフ場の料金も価格破壊?

今日は数年振り(笑)に仲間とゴルフに出掛けました。
実は私、学生時代にレッスンプロの方に教えて頂いた事があり、一時期は80台でラウンドしていた時期もありました。しかし最近は仕事が忙しいのに感けて全く練習にも行かなくなったので、腕は完全に落ちちゃいました。クラブを握ること自体が今年初めてだったような気がします。(爆)

天気に恵まれまして、スコアなど関係無く(笑)、8人の仲間と楽しくラウンドしてきました。終わってみれば53・47の100でホールアウト、これでも結果2位でした。そんなに上手い奴らの集まりじゃないので、こんなものです。(^^ゞ

しかし、今日一番ビックリしたのがコース料金。なんと、食事込みで平日3980円!!!(^○^)
勿論キャディーは付きませんし、食事もバイキングで大した物は無いのですが、それでもこの料金って安くないですか?ちょっと練習場で打ち込んで、食事した場合の料金と変わらない料金じゃないでしょうか?お昼に生ビールを頼んで、ラウンド途中で飲み物を買っても、5000円でお釣りがきました。こんな料金ですから、今日は勿論平日でしたが、お客さんでイッパイでしたよ。

まあ、コースは全体的に狭いしアップダウンも多いので、確かにお世辞にも立派なコースとは言えないですけど、この料金だけにはホントにビックリしました。
皆さんのご近所にも、こんな料金でラウンド出来るゴルフ場ってあります?

投稿者:Ino、投稿時刻: 5:45 PM | コメント [0]

September 12, 2005

●帰ってきました。

先週金曜日の夜、燃料ポンプの追加&セッティングが終わって、車が戻ってきました。22時過ぎにわざわざこちらまで届けて下さり(その後山形まで送っていったけど・笑)、お忙しいところ申し訳なかったです。m(_ _)m これにてとりあえず「完成」となる訳ですが、そろそろショックもO/H時期でしょうし、バネレートも若干柔いとの事で、もう1~2k硬くしようかとも思ってます。・・・何時まで経っても手の掛かる子です。(--;

CIMG0605.JPG
エンジンルーム内。配線が多いにゃあ。(^^ゞ

昨日は休日出勤でして、帰りにガレージのある自宅に持って行きました。・・・が、またしてもトラブルが。(--; エンジンは掛かるのですがワイパーやドアミラーが動かない!きっと配線系統か何かだなという感じはしたのですが、その辺に疎い私は皆目検討がつかず。。。AL山形のYU様にTEL.したところ、たまたまこちらに伺う用事があったとの事で、会社まで寄って頂きました。原因はステアリングコラム内の配線が外れかかっていた為との事でした。大事にならずに良かったです。(^^; その後は無事に家に連れて帰りました。(笑)

CIMG0606.JPG
いい子にしてろよ~。(^^;

今月25日に仙台ハイランドで開催される、「東北一決定戦」に参戦する予定ですが、仕事の方が立て込んでしまい、ここ当分は休日無しで働かざるを得ない状態です。それでもなんとか25日には区切りをつけて参戦したいと思っています。

投稿者:Ino、投稿時刻: 1:51 PM | コメント [0]

September 9, 2005

●蝋の封印 ~Maker's Mark~

一般的にバーボンはライ麦、大麦麦芽を原料とし、飲み口もキリっとした印象を与えますが、このメーカーズマークは、ライ麦のかわりに冬小麦を使用し、口あたりがまろやかで、心地よい風味を醸しだしています。バーボンの故郷ケンタッキー州のなかでいちばん小さく、由緒ある蒸留所としてアメリカ合衆国の国定史跡に指定されています。人間の手による少量生産を守り続ける、数少ない蒸留所です。

他のバーボンとはいくつもの違いが見られますが、このメーカーズマークの一番の特徴は、同じ形が2つとないワックス仕立ての封蝋です。職人の手により1本1本を手作業により封蝋される為、その形は同じものはありえない、唯一無二のボトルが出来上がります。
一般的に封蝋は赤いものですが、VintageやAnniversary Model等には黒いものやゴールドトップ、数色の色が使われたレインボーモデルなども見られます。

最近ではHPのTOPにもあるように、原酒不足によりレッドトップ・ボトルが世界的に少なくなり、少量生産による体制なので需要に供給が追いつかない状態が続いているようです。そのような状況でも品質第一に拘り、確かな味をユーザーに伝えていく姿勢を貫くメーカーの思いには胸が熱くなります。

お酒の楽しみ方は十人十色ですが、こうした生産者の事情を知った上で飲むお酒の味は、また違った印象を与えるかもしれません。そうした思いを感じながら味わうお酒も、たまにはいいものですよ。(^-^)

http://www.makersmark.net/bar/indexa.html

maker's mark.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻:10:07 AM | コメント [0]

September 8, 2005

●日産車びいきの家族・2

部屋にあった写真を少し整理していたら、先日エントリーした似た様な写真が出てきました。やっぱ同じような写真を昔も撮っていたんだなあ、と苦笑い。(^^ゞ

定かじゃないけど、多分6~7年前の写真だと思います。当時家で所有していた車を並べた写真です。
左が妹が乗っていたプレセアですね。普段は殆ど乗っていなかったので、走行距離も伸びず程度は良かったです。妹も今は嫁いで横浜におりますので、この車は今は会社の社用車となって元気に走っています。
その隣、インフィニティQ45です。バブル全盛期だった当事、当社もそれなりに利益も出ていた時期でしたから、うちの会長(当事は社長)も高級車に興味を持ち、はじめは外車の購入も検討していたようなのですが、600万程の予算で外車を買うのなら国産の方がいい、と私や当事からお世話になっていた日産の営業の方の勧めにより(笑)、インフィニティを購入したんです。これも遠出なゴルフの時くらいにしか乗らなかったので走行距離も5万程度でしたが、取引先の社長よりどうしても譲ってくれと頼まれ、手放しました。この方は今でも大切にして乗っておられます。(^-^)

ガレージの中にあるのが、当事私が乗っていた32Rです。新車で購入し、5年で約6万キロ乗りました。
最初は街乗り・通勤のみでしたが、後半はサーキットにも行くようになりました。平成6年の5月納車でしたので、33Rが発表される直前に購入しました。今の33Rに乗る時にAL山形に下取って頂き、その後オーナーが2人替わられたトコまではわかりますが、その後はどうなったかはわかりません。今でも元気に走っているのかな・・・?
最後に、これは今でも当社会長が使用しているシーマです。走行距離も17万を超えていますが、全く不調も無い状態です。今ではこれが一番長いお付き合いの車になりましたね。

実は先日、日産に車両をオーダーしたところなんです。納期はまだわかりませんが、これでまた「日産車びいき」が当分続く事になりそうです。(^^ゞ 納車されたら画像UPしますね!

CIMG525.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:17 AM | コメント [0]

September 6, 2005

●う・ふ・ふ・ふ

・・・タイトルを見て「・・・?」、と思った方、別に私の気が狂った訳では無いのでご安心を。(^^ゞ
9月3日~4日と、青年会議所(JC)の諸行事で岩手県宮古市に出掛けました。東北地区全体の集まりで、多くのメンバーが宮古市に集いました。スケジュールの中には、映画監督である大林宣彦氏による講演、その後大林氏と、シンガーソングライターであり、セラピストでもある「EPO」さん、JCの東北地区会長、コーディネーターにラジオパーソの小川もこさんを交え、東北という地域の魅力を全国に発信しよう!という内容でパネルディスカッションが行われました。

EPOさんと言えば、皆さんもご存知のあのフレーズの曲、「う・ふ・ふ・ふ」をはじめとして、最近ではCMソング等も数多く手がけ、ライブ活動もたくさんこなしております。この日もディスカッションの後、来場してくださった一般客やメンバーの為に3曲+アンコール1曲を、ギターの弾き語りで聞かせてくれました。

実はEPOさん、私の住んでいる宮城県白石市と深い関わりがあるんです。

私の住んでいるアパートから徒歩5分のところに、「MILTON」という御夫婦で経営されているバーがあります。音楽好きのご夫婦でして、頻繁にミュージシャン方がいらっしゃりミニコンサートを開かれております。EPOさんもよくこのバーでコンサートをしていました。
EPOさんのデビュー当時、こちらの御夫婦がEPOさんのCDの販売をお手伝いされ、全国に知名度を上げる一つの要因になったとされています。この日のライブの最中にも当時のお話をされていましたね。

HPを見ると、バンド形式としてだけではなく、ギター1本でのライブ活動も多くされているようです。皆さんのお住まいの地域にEPOさんが伺うときがありましたら、是非ライブに行ってみて下さいネ!

http://www.eponica.net/

CIMG0604.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:18 AM | コメント [0]

September 1, 2005

●虹の橋 ~ペットロスの癒しのために~

この「虹の橋」は、原作者不詳のまま、たくさんの動物のサイトに伝わっている詩です。原文は英語で、それが世界中の共感を持った人たちによって様々な国語に翻訳され、ネットを通じて伝えられているそうです。
私自身、小さい頃からいくつかのペットを飼いました。その数だけ出会いと別れがあったわけですが、やはり別れと言うのはツライことでした。中学生の時に、近所で飼われていてよく散歩に連れて行った犬が事故で亡くなった時は、あまりのショックに学校を休んだほどでした。
大切に飼われていたペットと別れて、つらい思いをされた方も多いと思います。そんな方に、少しでも気持ちが癒されればと思い、この詩をご紹介させて頂きます。

虹の橋

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:32 AM | コメント [0]