August 25, 2005

●中国酒・貴州茅台酒

中国は約2200の県があり、各県では5種類程の銘柄のお酒が造られているそうなので、単純に計算すると中国全体で約11000銘柄のお酒があると言われています。(ちなみに日本酒の蔵元は約1600軒くらい。)その中で日本に輸入されているお酒は約500種類程度で、我々が実際に入手出来るお酒はもっと少ない事でしょう。

その種類も様々で、健康にいいとされている果物系のお酒、若さや精力にいいとされる動物系のお酒、不老長寿の薬代わりとされる薬草系のお酒などがあります。

ここにご紹介する貴州省の「茅台酒」は、中国を代表する蒸留酒です。茅台酒の主な原料はコーリャンを使用し、中国の国酒としての栄誉を博す程の歴史のあるもので、日中国交回復の式典で田中角栄と毛沢東両国首相がこのお酒で乾杯を交わした事でも有名なお酒です。

とあるOCメンバーから聞いたお話ですと、このお酒を口に含んだ後にオレンジジュースを飲むのがオススメとか。普段は全くお酒が飲めない方がおっしゃるのですから確かな事と思いますよ。ね、水戸の御老公殿(笑)。

moutai.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻:August 25, 2005 7:00 AM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gtroc.com/mt2/mt-tb.cgi/840

コメント
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)