July 31, 2005

●わんぱく相撲全国大会

7月30日~31日と、東京・両奥国技間で開催されたわんぱく相撲全国大会
地元から参加する子供達を引率して、行ってまいりました。
あの「貴乃花」親方が、小学生時代に優勝した経験がある、子供の相撲大会と
言えば、おわかりになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
この大会は、現在全国から約5万5千人の参加者が各地の地方大会を勝ち抜いて
国技館での全国大会に参加できる児童は139地区417名だけという、非常に
厳しい予選を勝ち抜いて、両国国技館の土俵を踏む事が出来るのです。

前日の30日は大会リハーサルを行い、その後講師に「アニマル浜口」氏をお迎えして
子供達にお話をして頂きました。最後はお約束の「気合だァ~!!!」で
子供達に気合を入れて頂きました。(笑)

CIMG0393.JPG

その後、土俵に戻って子供達に実際の力士を招いて実技指導を行いました。

CIMG0398.JPG

この日はこれで全予定を終了。その後子供達は抽選で決められた相撲部屋に向かい、
泊めさせて頂きながら親方さんや力士達とちゃんこを食べたりして過ごしました。
私達の地元の子は元横綱・隆の里の鳴戸部屋にお世話になり、
丁度部屋にいらっしゃった幕内の力士・若の里関と一緒に食事が出来たようです。
子供達にもきっといい経験になったと思います。(^-^)

そして31日、いよいよ全国大会の当日を迎えます。
選手や応援に来た父兄、スタッフ等で本場所さながらの賑わいを見せながら
いよいよ大会が始まりました。

CIMG0401.JPG

大会名誉会長、元横綱・北の湖敏満さんの挨拶を頂き、大会が始まりました!

CIMG0403.JPG

参加する子供達は、各地の厳しい予選大会を勝ち抜いてきた猛者です。
体は小さくても気合は十分、升席で応援している私達にもその気合は伝わります。
・・・しかし、流石全国大会ですね・・・、小学生なのに・・・、既にこの私よりも立派な
体格をした力士もたくさん居ました。(^^ゞ お前、ホントに子供かよ?って感じ。(笑)

CIMG0409.JPG
既に体重110kgを超えてる子供も居たそうな。。。(マジ)
手前の子だって、そんなに小さい訳じゃないのに。(^^ゞ

でも勝負には体の大きさは比例しません。自分よりも大きい相手を投げ飛ばす子供も
たくさん居ました。そのたびに館内は声援で沸きます。この雰囲気はきっと本場所と
同じくらい、もしかしたらそれ以上(?)の歓声かもしれませんね。

取り組みの間には、昨年度優勝した力士による、本物の力士さながらに土俵入りを
納めます。子供とは言え、横綱の風格が漂う、立派な土俵入りを見させてもらいました。

CIMG0413.JPG

取り組みの結果は残念ながら不本意ではあったものの、成績以上に子供たちには
普段では得られない、きっと大切な何かを学んだんではないかと思います。
来年の全国大会まで、これから再び練習の日々が続く事でしょう。。。

投稿者:Ino、投稿時刻: 8:32 PM | コメント [0]

July 28, 2005

●日産車びいきの家族

うちの家族は日産車以外の車を購入したことがありません。
当社会長(オヤジとも言う)も、私が小さい頃よりずっとセドリックを乗り継いできまして
モデルチェンジがある度に、ロクにカタログも見ずに注文していましたね。(笑)
数年前にY33シーマに乗り換え、3年ほど前に定年退職したお祝いにと、F50シーマを
購入し、普段はY33、遠出の時等にはF50と、今は2台体制です。

私自身も車歴はS13→BNR32→BCNR33、普段仕事で使用している車もC35ローレルと、
やはり日産車しか知らないんです。お袋は免許を持っていませんが、妹も結婚する前は
プレセアに乗っており、今そのプレセアは会社の社用車になっています。
会社でもパルサー、マーチを使用しておりますので、やはり日産車ばかり。(^^ゞ
年に1台は購入していることになるので、近所のブルーステージの担当者は毎週のように
会社に寄っていかれます。(笑)

最近、妹夫婦が横浜に自宅を建てたので、孫を乗せたりするのと、うちのお袋は腰が悪く
乗り降りしやすい1BOXタイプの車の購入を検討してます。Y33を下取りに出して
エルグランドの購入を検討していますので、ブルステの担当者が最近よく顔を出して
下さってます。(笑) 私のC35も走行距離が18万キロを超えるので、次回の車検の時は
乗り換えも検討しなきゃならないかも。。。(^^ゞ

でもきっと、こんな感じで日産車を乗り継いでおられる方ってウチだけじゃないですよね?
皆さんのご家族では如何ですか?(^-^)

CIMG0380.JPG
自宅ガレージ。正面にシーマ2台が並び、私のRは
別な入り口から奥のガレージに置いております。

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:04 AM | コメント [0]

July 25, 2005

●GTROC東北地区・第8回東北地区総会

7月23日~24日と、毎年恒例になっているGTROC東北地区総会を開催しました。
今年で8回目となり、今回は新潟県~山形県と2県をまたがっての開催となりました。
初日は新潟県紫雲寺記念公園でBBQ開催後、山形県小国町へ移動して宿泊し、
二日目を宿泊先の周辺の施設で過ごさせて頂きました。
私は仕事の都合上、24日のみの参加となりましたが、23日は約25台程のGTRが
集まったようです。

今夏の宿泊先は小国町のりふれでした。

CIMG0386.JPG

小国の街から結構離れていて、携帯も繋がらないような地域だったのですが(^^ゞ
近くには小川が流れ、セミの鳴き声や鳥のさえずりも聞こえる、ホントに喉かな場所でした。
そんな中に、GTRの集団がいるというのも不思議な感じかもしれませんね。(笑)

CIMG0384.JPG
宿泊で参加された方々のGTRです。

MTGに関する詳しいお話は、GTROCのHPでご紹介します。
MTGで会う度に各メンバーの愛車の様子が様変わりしているので、それをチェックするのも
楽しみの一つなんですよね。(笑) 画像は今回幹事を務めて頂きました、
@1510 松下さんの32Rです。とっても素敵なリアアンダーデフューザーですね。(^○^)
実は私も密かにチェックしているパーツです。今度インプレ頼むネ!(^-’b

CIMG0385.JPG

来年の、第9回東北地区総会は岩手県での開催を予定しています。
東北地区の、年に一度のお祭りです。またみんなで大いに楽しみましょう!

投稿者:Ino、投稿時刻: 8:26 AM | コメント [0]

July 21, 2005

●沢山の桃、頂きました!(^○^)

東北は季節の果物などが豊富です!(^-^)
今の時期、やはり一番のオススメは、なんと言っても「桃」!(笑)
うちの社員が実家で桃園を営んでまして、毎年沢山の桃を頂きます。
とてもじゃないけど食べきれないので、何時も社員みんなで分けています。
桃の香りがとってもいいんだにゃあ。(^¬^ ジュルジュル。

CIMG0383.JPG

そういや、第二回東北地区総会の時も、福島県で「桃狩り」をしたっけ。
明後日から開催される東北地区総会も、今年で第八回を数えます。
時が経つのは、ホントに早いものですねえ。。。

第一回の時は、東京からわざわざ井上会長もお見えになったんですよね。
私はまだメンバーではなかった頃のお話ですが、集合場所がうちの会社から
丸見えだったので、「お、33のLMが居る~」・・・と見てた覚えがあります。(笑)
まさか今じゃ、自分もLMに乗ることになるとは思ってもいませんでしたが。(^^ゞ

投稿者:Ino、投稿時刻: 9:31 PM | コメント [0]

July 20, 2005

●Tanqueray Gin

1830年、ロンドン市フィンズベリー区の湧き水を利用して誕生したジンであり、4回もの
蒸留による洗練された切れのある味わいが特徴です。ゴードンと並ぶプレミアム・ジンの
代表的ブランドで、ケネディ大統領やフランク・シナトラが愛飲したことでも有名です。
ロンドン・ジン、オランダ・ジン、フレーバー・ジン等、ジンにはいくつかの種類がありますが、
一般的にジンと言うと、ロンドン・ジンを指します。
このタンカレーのボトルの形は、18世紀の消火栓をデザインしたものと言われています。

タンカレーの特徴はこの4回の蒸留にあります。スピリッツの純度を高めるための蒸留を
3回も行なうのは、他に例がありません。これは、ジンの生命ともいえる香草類の香気を
損なわないために、主原料を無味無臭にする重要なプロセスなのです。
このため、タンカレーは他のジンに比べてすっきりとした味わいを持ち、
穏やかな香味を持っています。

このタンカレーのオススメの飲み方は、冷凍庫で冷やしたジンにレモンを絞ってロックで飲む!
そのままストレートでも勿論OKです。ジンはアルコール度数が高いので、冷凍庫に入れても
凍ったりはしません。夏の暑い時には、この飲み方がオススメですよ!(^-^)

tanqueray gin.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻: 6:40 PM | コメント [0]

July 17, 2005

●奥州悪徒会走行会 in 仙台ハイランド

仙台ハイランドにてOMEGAオイル主催の「奥州悪徒会走行会」が開催されました。
(しかし、なんちゅうネーミングじゃ?・笑)
これは東北圏内のオメガオイルを扱う業者やショップが集まりまして、年に何件かの
走行会を企画しており、地元宮城のショップの他に福島からは金澤さん率いる「RGF」、
関東からはMCRさんや夢工房さん等も参戦される一大イベントです。

レースの詳細については私のHPで報告致します。
実は、普段は青年会議所の会議等でよくお会いする方が今日のレースに参戦されて
いたのでビックリしました。(^^;
まずはお隣のさくら青年会議所のメンバーであります、黒田君です。車はNAのS14。
実は彼とは4月に合同例会の際にお会いした時に、「オメガオイル」のTシャツを着てたので、
「・・・もしかしたら。」なんて勝手に思っていたんですが(笑)、私がGTRに乗っている事を
他の誰かから聞いたのか、その後会った時は車の話題だけで盛り上がっております。
今日はラジアルレースクラスでの出走でしたが、・・・結果は書かないでおくね。(^^ゞ

CIMG0313.JPG
黒田君のS14。

そして次の方、今は仮会員だそうですが、今月中には正会員になられるそうです。
赤の180SXに乗る山家君です。ほぼノーマルとの事でしたが、タイヤはしっかりと
Sタイヤを装着されていました(笑)。お子様連れでサーキットにいらしており、子供たちも
今日のイベントをしっかりと楽しんでいられたようでした。(^-^)

CIMG0315.JPG
山家君の180SX。

そして最後、今はOBになられました新城さんのS2000です。
実は今日お越しになられているとは思いもしませんで(^^;、レースのリザルトを見て
お名前を見つけた次第です。後でご挨拶でも・・・と思っていたら最後まで会えませんでした。
最近、うちの師匠もS2000がお気に入りらしいのです。結構速い車なので、脚が決まると
かなりの強敵になる可能性は「大」ですね。

CIMG0333.JPG

JCではあまりサーキットを走る方は居ないと思っていたので、ちょっと嬉しいです。(^-^)
何時かみんなとご一緒できるといいな。(^○^)

投稿者:Ino、投稿時刻: 6:50 PM | コメント [0]

July 16, 2005

●レモン・ハート

世の中に、アルコール度数の高いお酒はたくさんあると思いますが、
私の中で一番印象が強いお酒は、このラム酒「レモン・ハート」ですね。
このお酒もアルコール度数は75度くらいだったと思います。

レモン・ハート、なんて可愛い名前がついていますが、「レモンの気持ち」等という
優しい意味ではありません。発売されたのは1804年で、これは英国海軍に
ラムを納入していたレモン・ハート本人の名前から、この酒名がつけられたのだそうです。
この名前に騙されて、軽い気持ちで口に含んだら・・・後は地獄へ直行です。(^^;

よく飲み会等でビールや日本酒の一気飲みをするじゃないですか、私に言わせりゃ
そんなのまだまだ、ア・マ・イです!(笑) 水商売をしていた時代に、仲間数人でこの
レモンハートをショットグラスで交互に一気に飲み干しましたが、数人が飲み潰れるのに
このボトル1本も必要ありませんでした。それほど強烈なお酒なんですよ。

はっきり言って、オススメは出来ないお酒ですが(笑)、怖い物知らずの無謀な貴方、
お酒に自身があるのなら是非飲んで見てください。あたしゃ遠慮しますがね。(^^ゞ
冗談半分では飲まない方が身の為ですよ。(^○^)

remon hart.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻: 6:52 AM | コメント [0]

July 12, 2005

●Bacardi ホワイトラム

カクテルのベースになるお酒は、ジン、ウォッカ、ラム、ワイン等いろいろありますが
私が好きなベースはラムです。ダイキリ、XYZ等の代表的なカクテルがあります。
でも私の一番好きな飲み方ってロック・スタイルなんです。上記に上げたカクテルも
ロックグラスに注いで飲むことが多いです。カクテルグラスで飲むのってあんまり
好きじゃないんです。(^^ゞ 

ラムの中でもとりわけ有名なのがバカルディですね。このお酒が大好きでして、
家には冷蔵庫の中に常時冷やして置いてあります。これをロック・スタイルで、
軽くライムを絞って飲むと、・・・美味いんだなこれが。(^-^)

バカルディのラムには、アルコール度数が80度近いものもあります。ラベルには
「火気注意!」と注意書きがあるくらいです。(マジ) 
これ飲むと喉の感覚がしばらく無くなります。絶対に遊び半分では飲まない方が
身の為ですよ。(笑)

bacardi.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻: 5:53 PM | コメント [0]

July 10, 2005

●ネッツカップ・ヴィッツ東北レースシリーズ

菅生サーキットと、仙台ハイランドの2ヶ所で開催される、
奥州VICIC主催のレースがいくつかあります。
その中には約40台もの競技車両が参加する、「ヴィッツレース」が開催されており、
AL山形からは若手の二人が参戦しています。
ほぼ同一車両によるレースなので、腕の差がそのまま結果に表れる事になります。
この二人も今は苦戦しているようですが、いずれ上位に食い込めるようになると
面白いんですけどね。

このレースにはいろいろな方が参戦しており、スケート選手であった三宮恵利子さんも
参戦しております。年齢は比較的に若い人が多いのかな?(^^ゞ 本格的にレースに
出てみようとする若い方にはオススメのレースシリーズかもしれません。
俺も、もう少し若かったらこういったレースにも出てみたかった・・・かもね?(笑)
誰かスポンサーになってくれないかな?(^○^)

CIMG0286.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻:10:52 PM | コメント [0]

July 9, 2005

●秋田県大仙市へ

秋田県大仙市、と言うとピンと来ない方も多いかもしれませんね。
先日の市町村合併において、花火競技会で有名な秋田県大曲市が中心となって
新しく出来た街です。
昨日、取引先である会社の創立30周年記念式典と、新社長の就任式に出席する為に
出掛けてきました。
街並みは、市の中心部に川が流れ、とても綺麗な街並みです。
仕事の関係で何度も訪れていますが、お気に入りの街の一つでもあります。

CIMG0279.JPG
宿泊したホテルからの眺めです。

花火の街として有名な場所でもありますので、市内の至る所には花火に関する仕掛けや
道具等が展示されています。

CIMG0280.JPG


時間が空いたときに、先日市内に施工した現場の様子を見に行ってきました。
建物自体はほぼ完成しているようで、後は中の機材や装飾が残っているくらいみたいです。
無事客先に引渡し出来て良かったです。(^^;

CIMG0282.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻: 4:18 PM | コメント [0]

July 7, 2005

●【日本酒】十四代

お次は日本酒の話題(笑)。

私の地元、宮城県のお隣の山形県で、「幻」と噂される銘酒があります。
高木酒造㈱で作られている「十四代」というお酒です。
入手がとっても困難なお酒で、地元の酒屋さんでも月に1本入荷出来るかどうかと
いうくらいのお酒です。私も酒屋さんで店頭に並んでいる事は見たことがありません。
実は私は日本酒は大の苦手なんです。(^^; でもこの「十四代」だけは別です。
飲み口が良くて美味しくて、いくらでも飲めそうな感じさえします。

jyuuyonndai.jpg

滅多にお目にかかれないお酒ですが、ごくまれに都内の居酒屋さん等で置いてある
お店があると伺っています。もしいただける機会がありましたら是非飲んでみて欲しい
お酒です。

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:23 AM | コメント [0]

July 4, 2005

●ドン・ペリニョン

もはや説明するまでもない、有名なシャンパンですね。(^-^)
実はちょっとした失敗から作られたお酒だという事は、皆さんもご存知でしょうか?
この辺はネットで調べればすぐにわかると思いますので、ここでは省略しますです。

ドンペリは通常よく見られる白の他にもロゼ、そしてゴールドと呼ばれる
ヴィンテージ物等の種類もあります。それぞれの原価は白で1万円くらい、ロゼで
3万円くらい、ゴールドは多分20万円(!)くらいじゃないかと思います。

水商売していた時の話題ですが、当時はバブルの絶頂期だったのですが、チェーン店の
スナックの女の子目当てに通っていられたお客様が、その彼女の誕生日のお祝いにと
ドンペリの白を2本注文されました。そしたらそのお客様、「ドンペリは飲む酒じゃねえ、
祝う為の酒なんだ~!!(^○^)」と叫ばれまして、2本ともシャンペンシャワーに
使われてしまいました。誰も一口も飲まなかった、と言うか飲めなかったと言うか。(^^ゞ 
その後従業員総出で床のお掃除をしたのは言うまでもありません。(笑)
シャンペンの匂いって結構キツイんですよ。
翌日までお店の中に匂いが残ってましたね。(^^;

ちなみにその日のお会計は、他にボトルも入れられたので〆て16万円でしたとさ。(爆)
donperi.jpg

シャンパンは悪酔いしやすいと言われていますし、飲み口も一癖あるお酒ではありますが
グラスに注いだ後、マドラー等で混ぜて泡をとばして上げると飲みやすくなります。
他に果汁100%のオレンジジュースとブレンドして飲んでも案外いけますよ。お酒の苦手な
女の子なんかにはオススメの飲み方です。

誕生日やお祝い事などの時には、大切な方とシャンパンで乾杯!をオススメしますよ。(^-’b

投稿者:Ino、投稿時刻: 1:28 PM | コメント [0]