June 24, 2005

●バンド時代・5

はい、お次はステージ上でのエピソードです。(笑)

開演前、1時間くらい前には全ての作業を終えて、それぞれが準備に入ります。
ステージに上がる方々は、ハッキリ言ってかなり化粧が濃いです。(^^ゞ
と言うか、そのくらいハデに化粧しないとステージ上では映えないんですよ。
男性もそれなりにアイラインを引いたり、必要に応じて女性と変わらない化粧をします。
ビジュアル系のバンドは、女性よりも化粧の時間が長いとです。(笑)

へヴィメタバンドによく見ますが、髪を立てるヤツが居ますよね?
人によりますが、髪型をセットするのに最低でも2~3時間は費やします。(マジ)
しかも一度にスプレー2,3本は使いますので、オゾン層破壊に繋がります。(^^ゞ
「X J○P○N」のDr.の方も当初は髪を全て立てていたのですが、ライブの時に
遅刻してセットの時間が足りなくて、片側半分だけ立てた状態でステージに
でたら好評で(?)その後は例の右側だけ立てたスタイルに定着しちゃったんですよね。
ちなみにスプレーは、大手スーパーの「ダイエー」で売られているスプレーが定番です。
500円と安いし、一番髪が立てやすいスプレーなんです。私も愛用してました。(爆)

コンサートが始まると、ステージ上は熱気とライトの熱で、蒸し風呂状態になります。
下手な化粧をしてると汗で落ちちゃうので、ステージ後半では「・・・貴女は誰?」みたいに
なっちゃいます。(笑)憧れのアイドルでも、この時ばかりは近づかない方が・・・(以下略)
ステージ上がこんな状態ですから、最前列の客席もたまったものではありません。
貧血で倒れる方が続出します。前述したバンドのライブの時には、3時間程で救急車が
4度お越しになられました。他にも超有名な若手二枚目の演歌歌手のコンサートの時にも
卒倒したオバサマ方が数多くいらっしゃったそうですよ。(笑)

最前列に並ぶファンってやはり熱狂的な方が多く、ライブ中は警備側もタジタジです。(^^;
あの勢いは、バーゲンセールに並ぶオバサマ方にも引けはとらないです。(笑)
言う事は聞かないし、いくら押し戻しても寄る波の様に怒涛の如く迫ってきますから。(笑)
興奮した女の子なんか、上半身素っ裸になる子も居ますし、イッちゃったような子も
見られます。(^^; ステージ脇から様子をみてると、失礼だけどおかしいです。(笑)

トラブルも多く起こりますネエ。照明が消えたり音が出なくなる事も多いです。
この時の誤魔化し方ってのも心得てまして、MCで繋いだりアコースティックでの
弾き語りに切り替えたりと、逆にトラブルが起こる事を楽しんでいる方も多かったです。
ギターの弦が切れても、プロの手に掛かればわずか10秒足らずで交換しちゃいますから。
ホント、見てると神業のような技術です。

あ、そうそう、何時の話だったかなあ。とあるバンドのメンバーが家族で会場に来ていて
(家族が居る事は世間には内緒です)、そのお子さんが本番中のステージに飛び出して
行っちゃったんですよ。あれには一同ビビリました。後でひどく怒られましたけど。(^^ゞ

今度は打ち上げの時のエピソード等についてお話しますね。

投稿者:Ino、投稿時刻:June 24, 2005 7:31 AM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gtroc.com/mt2/mt-tb.cgi/813

コメント
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)