June 30, 2005

●カナディアンクラブ・20年

私は学生時代、仙台では有名な飲み屋街として知られる「国分町」でバイトをしてました。
10店舗程のチェーン店を抱えるグループの中の1店舗、男性スタッフだけのお店で
いわゆる「カラオケパブ」みたいなお店でして、18:00~翌朝5:00までの11時間勤務(!)
でした。しかも時給600円でさ。信じられないくらい安いっしょ?(^^ゞ
丁度世間はバブルの絶頂期でしたから、今では信じられないような振る舞いなんかも
よく見られた時代でしたよ。

お店はサントリー系列でしたので、いろいろなボトルをお店においておりました。
その頃って、まだあまり焼酎はお店においていない時代でしたので、ウィスキーが
主流の頃でしたね。1本数千円のものから高値では5万円のボトルもありましたっけ。(^^;

その中でも私の一番のお気に入りのボトルが、「カナディアンクラブ・20年」でした。
普通にスナックなどのお店で入れると軽く2~3万円はするボトルなのですが、私のお店は
男性スタッフだけのお店ですから、クラブやスナック等よりも割安で出せる上、スタッフの
特権で安く入手することが出来ました。(^^;

製造元のハイラム・ウォーカー社は、カナダ最南端オンタリオ州ウォーカーヴィルに
本社と工場を構えています。また、同社はカナダを代表する酒類企業で、現在は
アライド・ドメックの傘下に入っています。
1856年にアメリカのマサチューセッツ州ボストン市で穀物商をやっていた
ハイラム・ウォーカー青年が、この地にやってきて土地を購入。同時にウイスキー蒸留を
思い立ち、工場建設にとりかかりました。そして2年後にウイスキー造りが始まったので、
1858年を創業年としています。 
今日、世界の愛飲家から「C・C」の愛称で親しまれていますが、日本に初登場したのは
明治42年で、輸入洋酒の中でも歴史あるウイスキーのひとつなんです。
現在、いくつかのヴァージョンを発売していますが、この20年は、熟成の年月のもたらす柔和さ、
コクに気品があります。

あれから約15年、今でもこのボトルは私の一番のお気に入りです。
既に製造中止になったという話も聞かれますが、入手出来るうちはずっと飲み続けると思います。

CIMG0270.JPG

当時の仲間も国分町から上がっていますので、飲みに行くお店も大分少なくなりました。
その頃の話題はクサルほどありますので、このBlogでも暴露していきますかね?(笑)

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:13 AM | コメント [0]

June 27, 2005

●休日の現場作業

6月25日、26日と週末の休日ではあったが客先と現場の都合で休日返上で現場の
建て方作業を行った。現場は薬品会社の現場で、平日は多くのトラックが出入りするので
作業に支障をきたす為、休日を利用しての作業となった。現場を担当する社員や鳶職、
重機のオペさんにはホントに申し訳ない~。。。

現場は通行量が多い仙台空港の近く。鉄骨重量で約30t程の物件だったが、2日間で
おおよその作業を終了出来た。建主の方に今日(27日)お会いしたら、「たった2日で
ここまで建ったの?」って驚いてました。(^^ゞ そんなに難しくない建物だったから
大した事ではないんだけどね。(笑)

20050626_1612_0000.jpg

投稿者:Ino、投稿時刻: 4:18 PM | コメント [0]

June 24, 2005

●バンド時代・5

はい、お次はステージ上でのエピソードです。(笑)

開演前、1時間くらい前には全ての作業を終えて、それぞれが準備に入ります。
ステージに上がる方々は、ハッキリ言ってかなり化粧が濃いです。(^^ゞ
と言うか、そのくらいハデに化粧しないとステージ上では映えないんですよ。
男性もそれなりにアイラインを引いたり、必要に応じて女性と変わらない化粧をします。
ビジュアル系のバンドは、女性よりも化粧の時間が長いとです。(笑)

へヴィメタバンドによく見ますが、髪を立てるヤツが居ますよね?
人によりますが、髪型をセットするのに最低でも2~3時間は費やします。(マジ)
しかも一度にスプレー2,3本は使いますので、オゾン層破壊に繋がります。(^^ゞ
「X J○P○N」のDr.の方も当初は髪を全て立てていたのですが、ライブの時に
遅刻してセットの時間が足りなくて、片側半分だけ立てた状態でステージに
でたら好評で(?)その後は例の右側だけ立てたスタイルに定着しちゃったんですよね。
ちなみにスプレーは、大手スーパーの「ダイエー」で売られているスプレーが定番です。
500円と安いし、一番髪が立てやすいスプレーなんです。私も愛用してました。(爆)

コンサートが始まると、ステージ上は熱気とライトの熱で、蒸し風呂状態になります。
下手な化粧をしてると汗で落ちちゃうので、ステージ後半では「・・・貴女は誰?」みたいに
なっちゃいます。(笑)憧れのアイドルでも、この時ばかりは近づかない方が・・・(以下略)
ステージ上がこんな状態ですから、最前列の客席もたまったものではありません。
貧血で倒れる方が続出します。前述したバンドのライブの時には、3時間程で救急車が
4度お越しになられました。他にも超有名な若手二枚目の演歌歌手のコンサートの時にも
卒倒したオバサマ方が数多くいらっしゃったそうですよ。(笑)

最前列に並ぶファンってやはり熱狂的な方が多く、ライブ中は警備側もタジタジです。(^^;
あの勢いは、バーゲンセールに並ぶオバサマ方にも引けはとらないです。(笑)
言う事は聞かないし、いくら押し戻しても寄る波の様に怒涛の如く迫ってきますから。(笑)
興奮した女の子なんか、上半身素っ裸になる子も居ますし、イッちゃったような子も
見られます。(^^; ステージ脇から様子をみてると、失礼だけどおかしいです。(笑)

トラブルも多く起こりますネエ。照明が消えたり音が出なくなる事も多いです。
この時の誤魔化し方ってのも心得てまして、MCで繋いだりアコースティックでの
弾き語りに切り替えたりと、逆にトラブルが起こる事を楽しんでいる方も多かったです。
ギターの弦が切れても、プロの手に掛かればわずか10秒足らずで交換しちゃいますから。
ホント、見てると神業のような技術です。

あ、そうそう、何時の話だったかなあ。とあるバンドのメンバーが家族で会場に来ていて
(家族が居る事は世間には内緒です)、そのお子さんが本番中のステージに飛び出して
行っちゃったんですよ。あれには一同ビビリました。後でひどく怒られましたけど。(^^ゞ

今度は打ち上げの時のエピソード等についてお話しますね。

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:31 AM | コメント [0]

June 22, 2005

●バンド時代・4

今度はミュージシャン側ではなく、その裏側で支えてくれているスタッフのお仕事の
内容をご紹介しましょうかね。

一般的な500~600人クラスの会場でのコンサートの準備についてです。
通常は丸一日の会場貸切となり、AM10:00頃にはスタッフも会場入りし、機材の
搬入から始まります。最初のお仕事は照明の設置から。会場にあるものだけでは
足らないので、ステージ上部にある照明バトンを下に降ろして取付しますので
その間はステージ上での作業はありません。照明の取付が終わるとバトンを上げて
照明の角度を調整していきます。この頃からステージ上の装飾とセッティングに
取り掛かります。これでお昼頃まで掛かるかな?
ステージ上以外では、会場入り口近辺でのポスター貼りやパンフ類等の販売の
セッティングが始まります。こういったものの収入って、殆どがスタッフの経費等になるので
売れないと収支が大変になるんですよ。結構重要なんです。(笑)
楽屋では衣装のセットやケータリングの用意がされます。アーティストによっていろいろですが
「部屋の室温は25℃!」とか「ミネラルはエビアンじゃないとダメ!」とか、
「ポテチはコンソメ!」など(爆)、要求はいろいろです。
ステージ衣装も、長期のツアーになるとクリーニングに出す時間も無いので、はっきりいって
汗くさいです。(^^ゞ 無理やりコロンで誤魔化してるって感じですね。(笑)

コンサートの運営スタッフですが、基本的には同じ人間がツアーの最初から最後まで
同行します。その人数は規模によりますが、少なくても100名前後。その移動や宿泊にも
多くの費用が掛かりますので、最近のチケット代が1万円近くになってしまうのも
無理はありませんね。
現地側でバイトクンを頼む事も多いですが、仕事の内容は機材の運搬と警備が殆ど。
しかもそのお金は安いです(苦笑)。一日働いて5~6千円になるかどうか、かな?(^^ゞ

ステージの装飾が済むと、今度は楽器・機材のセッティングです。
これはミュージシャン専属のローディーが作業しますので、皆さん慣れた手付きで
さっさと準備をしていきます。一番掛かるのは音響のセッティングとチューニングなんです。
会場によって音の伸びは様々なので、ステージ上のみならず観客席まで降りていって
音のチェックをしなければなりません。それと観客の声援があるのと無いのでは
またセットが違ってくるので、コンサートのオープニングで調整が必要になります。この辺は
PAの腕次第ですね、上手い人だと開始早々1分くらいでピタリとセットしますが
下手なヤツだと・・・、なのでコンサートスタッフの中でもPAは重要な役割ですね。

ミュージシャン達は大体15時くらいに会場入りします。その後簡単に衣装合わせや
ステージ上のチェック、音合わせ~リハーサルに入ります。リハーサルの頃には
スタッフのお仕事も落ち着きますので、休憩がてらリハーサルの様子を見てたりします。
いわゆる「追っかけ」のファンの子って、この会場入りの時間から会場の裏口で待機してるので
ハッキリ言って邪魔なんですよね。ミュージシャンを逃がすのに一苦労するのよ。。。(^^; 

コンサートに使用する機材は殆ど10t車などで運び、ツアーの規模によって2,3台は
使います。前夜のコンサート会場から夜間移動する事が多いので、夜中に高速や
一般道でよく見かける事が多いと思います。トラックの横には派手に「・・・tour 2005」等の
文字が書かれていますからね。トラックの中身は機材や照明、衣装が殆どですが、
紅白に出場されている、毎回派手な衣装で有名な小○幸○さん等は、衣装のトラックだけで
機材車が5台程度になるとかならないとか。。。何着持ってくるんでしょね?(^^ゞ

17時頃には殆どのセッティングも終わり、微調整をしていきながらミュージシャンの準備に
入っていきます。リハから会場オープン間際がゆっくり出来る時間帯なんですね。
勿論その後は怒涛の如く忙しさは増すわけですがね。(笑)

次回は、開場間際のバタバタ騒動とミュージシャンの挙動不審な行動(笑)、コンサート終了後の
話題についてお話しますね。

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:08 AM | コメント [0]

June 21, 2005

●candle-night blues ~田中まこと ライブ~

6月19日、私の地元で100万人のキャンドルナイトを開催した。
当日は地元出身の田中まこと氏を招いて「キャンドルナイト・ブルース」と称し、
アコースティックライブを開催した。

当日の天気は雲行きが怪しかったものの、キャンドルの炎が消える程の風も無く
無事に開催する事ができた。夏至間近でもあるので夜の訪れが遅い事もあり、
キャンドル点灯の予定時刻を迎えてもあまり暗くはならなかったが(笑)、雰囲気は
来場して頂いた方々には伝わった事と思う。

ライブ会場ではフラッシュでの撮影は禁止だったので画像は無いが、会場までの
入り口付近及び会場内には多くのキャンドルが灯された。

CIMG0229.JPG
会場までの通路の両脇にキャンドルを設置。

CIMG0226.JPG
庭にある池の周りにもキャンドルでライトアップ。

TVのニュースを見てみると、全国各地でキャンドルナイトの開催が行われている様子が
伝わってくる。今年の100万人のキャンドルナイトの動きはHPを見て頂ければ
各地の様子や雰囲気が伝わる事と思う。是非皆さんにもご覧頂きたい。

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:07 AM | コメント [0]

June 14, 2005

●100万人のキャンドルナイト

私たちは「100万人のキャンドルナイト」を呼びかけます。
2005年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、電気を消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2005年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

==================================

 以上は、「100万人のキャンドルナイト」の呼びかけの文章です。

人にやさしく、地球にやさしく、環境にやさしく、そんな一日を迎えてみてください。
日頃の喧騒を忘れ、当たり前の日常から電気を消して、心静かに過ごしてみてください。
なんでもなかったものが、やがてあって当たり前のものになり、
あって当たり前だったものが、やがて無くてはならないものになる。
何時の間にか忘れていたものが、ホンの一瞬でも記憶の隅に蘇るかも知れません。

1年365日の中の一日、一日の中のたった2時間という時間。
電気を消して、スローな夜を。

投稿者:Ino、投稿時刻: 9:54 PM | コメント [0]

June 11, 2005

●わんぱく相撲

今年も(社)白石青年会議所では第9回となる「わんぱく相撲仙南場所」を開催した。
昨日から降り続く雨が心配だったが、今朝名大分小降りになり、必死に雨水を
かき出す作業を繰り返した。やがて雨もあがり、メンバーの思いが通じたようだ。

過去の大会では、今まで放送や選手誘導などの役目を行ってきたが、今回私は
主審という立場で関わる事になった。勿論初めての経験である。
過去の大会のビデオを繰り返し見て覚え今日を迎えたが、見るのとやるのは大違い、
やはりかなり緊張した。まあ何とか無難に終えたとは思うが。。。

今大会で優勝した4~6年生の児童は、7月31日に東京・両国国技館で開催される
わんぱく相撲全国大会に参加する事になる。今後は大会開催日直前まで
強化練習会を行う事になるだろう。子供たちには是非頑張って欲しいと思う。
全国大会には私も同行していく予定である。

CIMG0159.JPG
多くの児童が父兄の声援を受けて頑張っていました。(^-^)

投稿者:Ino、投稿時刻:11:17 PM | コメント [0]

June 10, 2005

●なめらかプリン

昨日の9日、妹の引越しのお手伝いの為に久々に都内に向かいました。
正確には横浜なのですが、横浜は私の一番好きな街なんです。
学生時代に2年間程川崎に住んでた事も有り、よく遊びに行ってたものでした。

何時も上京する度にお土産代わりに購入してくる食べ物があります。
パステルの「なめらかプリン」なんです。
私の長年の友人である女の子から教えられて、お土産に頼まれて
購入するようになったのですが、これホントに美味しいです!
普通のプリンとヨーグルトの中間の様な食感で、デザート好きな方には
ホントに有名な一品らしいですね。

ただ残念な事に、非常にデリケートな賞品との事で、持ち帰りは2時間までじゃないと
ダメなのと、関東近辺しかお店が無いんですよ。以前は仙台でも1週間程の期間限定で
出張販売された事があるのですが、この時なんて平日の昼間でも順番待ちで30分くらい
待たなきゃならないくらいの盛況だったんです。
でも今はクールパックも用意されるようになり、仙台まで持ち帰るくらいの時間でも
なんとか対応出来るようになり、またHPにもある通り通販にも対応出来るような新しい
商品もあるとの事で、今後は遠方の方でも気軽に購入出来るようになりそうですね。

東京出張の際は、お子さんや女の子へのお土産代わりにオススメ!ですよ。(^-^)

CIMG0156.JPG

投稿者:Ino、投稿時刻:10:03 AM | コメント [0]

June 6, 2005

●第51回 全国溶接技術協議会

・・・招集礼状がとうとう来てしまった。。。

今年宮城県では、日本溶接協会が主催する「全国溶接技術協議会」の
全国大会の会場になっており、その協会では当社会長も宮城県の理事になっており、
当社の社員が以前より県大会で審判のお手伝いもしているし~、
そして私自身もJCでお世話になっている、石巻JCの後藤理事長にも
「手伝って!」と言うお誘いがあり、断るにも断れる訳が無い状況の中で(爆)
お手伝いすることになってしまいました。(苦笑)

しかも今日、「実行委員会・委員承諾書」等という書面まで送られて来た日にゃあ、
サインしちまったら逃げるに逃げられんっつの。まったく。。。(笑)

やっぱ、サインしなきゃならんのだろうなぁ。。。(^^ゞ

投稿者:Ino、投稿時刻: 4:44 PM | コメント [0]

June 3, 2005

●わんぱく相撲教室

今月11日に開催される「わんぱく相撲仙南場所」の練習会を兼ねて、
2日の午後から市内の小学校に出かけてまいりました。
わんぱく相撲と言えば、かの横綱「貴乃花」も小学生の時に出場し
全国大会で優勝して横綱になった大会、と言えば思い出す方も多いと思います。
この大会は青年会議所が主催しており、今年で21回目、
我々白石JCでは今年で9回目を数えます。私も最初の大会から運営に参加しております。

子供たちにいきなり相撲の対戦をさせるわけにはいかないので、
希望者の子供達には事前に「相撲教室」という練習会を企画し、
学校が終わってからの夕方に簡単な練習会を開催したおりました。
そんな最中、市内の小学校の校長先生から依頼が入り、4年生の体育の授業の中で
是非教室を開いて欲しいとの話があり、仲間7名程で学校の授業にお邪魔してきた次第です。

授業の内容は簡単な準備運動から、マットを使っての運動や「四股」などを教えてきました。
子供たちも素直に話を聞いてくれて、みんなホントに可愛い子たちでした。(^-^)

CIMG0151.JPG
マットを使っての基本運動の最中です。

最後に、私達の青年会議所のHPのご案内を致します。
今年もあと半年近くになりましたが、今後も多くの事業を抱えております。
今年度理事長のami-chanの日記や、事業報告などを載せておりますので
是非ご覧になって下さい。

(社)白石青年会議所

投稿者:Ino、投稿時刻: 7:26 AM | コメント [0]