October 14, 2008

●見えないオシャレ。

さり気無い所にワンポイントを置き、それをひけらかす事を敢えてせず、
小粋に見せると言う手法が有りますが・・・

E-TSの場合はどうなんでしょ。(話が飛びすぎ・笑)

フィールド技研のE-TSリニアという製品ですが、発売当初から、生産の
中期まで、正面のパネルは透過式の発光が3箇所有りました。


20080916111935.gif

 ① FIELDのロゴ部分
 ② 2つのボリューム調整の下の「CORNER」と「STRAIGHT」の部分。

本体基盤に設置されたLEDが、乳白色のケースを透過し、発光すると言うシステムです。
しかし、これが、生産後期のモデルになると、透過式のパネルは廃止され、上の3箇所は
全く発光しない仕様に変更されてしまっています。

IMG_7225.gif

どうしてそんな事になったのかと言うと、先日春道さんとE-TSリニアの
ユニットを交換したのですが、そこで仕様が違う事に気が付いたのです!

折角光らせていた物を、どうして光らなくさせてしまうのか・・・
その原因として考えました。

 ① コストダウンのため。

 ② 必要の無い機能と判断された。

 ③ 作るのが面倒。

 ④ 同じ部品が代替品も含めて供給できなくなった。

 ⑤ 実は外装塗装の業者が変更になり、今迄のようなクオリティで
    再現する事が出来なくなってしまった。

しかし、態々基盤の設計を変えたり、部品の素材を変えたら、それこそ
コストが余計に嵩んでしまうのではないか・・・

と言う事はですよ、自分の予想では、

・ケースの素材や、中身は全く変更されていないが、非透過式になる事 
により不必要となったパーツが付いていないだけ
       
               ↓ ↓ 

・後から部品を足せば同じ仕様になる!!

と言う事で早速分解してみました。(爆)

IMG_7222.gif


そこで分かった衝撃の新事実!!(笑)


       <新事実・その1>


IMG_7227.gif

フロントフェイスパネルは、前期型と同様の、乳白色のプラでした!
と言う事は、透過式に改造出来ますね。
但し、細かい文字は再現するのは無理でしょう・・・

       <新事実・その2>


IMG_7226.gif


左上のFIELDのロゴを緑に照らすLEDが付いていました!!
今まで透過しない所をずっと照らしていたんですね・・・

余りに疑問なので、FIELDに直接メールにて質問を送ってみました。

核心に関しては究明出来ませんでしたが、分かった事をまとめますと、

・生産後期のモデルは、透過式のイルミネーションが省略されている

・現在では、透過式の前期パネルは入手不可。

・後期の外装品は、まだ補修部品で入手可能。

・フロントフェイスは2点のパーツから構成されており、その2つを溶着加工
 して1つの部品となっているが、補修部品として発注すると、加工前の
 未溶着の状態での購入も選べる。

と言う事で、2セットばかり購入してみようかと思います。


         <本日の同時進行ネタ。>


IMG_7223.gif


永井電子のウルトラ・スピード・メーター。


投稿者:Osamy2、投稿時刻:October 14, 2008 11:43 PM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gtroc.com/mt2/mt-tb.cgi/3086

コメント
コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?