September 23, 2008

●R32トランクルームの照明ver.2。

随分昔にこのブログで掲載した事があるのですが、R32のトランクルームの
照明のLED化に関しまして、参号機もそれ位はしてあげようと思い立ち、製作を
始めました。

以前の作品は普通の砲弾型LEDを使いましたが、今回はFluxタイプの物を
6発使用しました。

コンセプトとしましては、ズバリ、
「純正交換タイプ」
です。

20997529_3834549899.gif

この円形のドーム内に収め、且つ、電球のソケットをそのまま利用する為に、
ユニバーサル基盤を立体的に組み合わせて試行錯誤・・・

20997529_3432161161.gif

取り敢えず形になりました!点灯確認もOKです。
で、それをランプユニットに装着すると・・・

20997529_219958624.gif

そりゃあ採寸してやっているので、これが
「合うんですなぁ~、ピッタリと!!(平泉 成 風に・笑)」

で、装着状態で点灯してみました。

20997529_274527921.gif

色味が若干青白い物を使用してしまいましたが、元々の電球よりは遥かに明るく、
これで消費電力も少しは抑えられたと思いますから、満足です。

投稿者:Osamy2、投稿時刻:12:36 AM | コメント [0]

September 21, 2008

●NISMOのロゴに拘ってみる。

GT-R乗りの友人から頂いた、とても使えそうなデバイス。

20080916112012.gif

FIELD技研のE-TSリニア、俗に言う所の
「アテーサ・コントローラ」です。

これまでに取り付けようと思う度に車両の方に不具合がおきたり、
自分が忙しかったりで早5ヶ月・・・未だに付けていません(泣)。

先日久し振りにじっくりと観察する機会がありましたので、オーバーホール
ついでにばらしてみました。

20080916135033.gif


ここまで来ると、そのまま組み戻すのは何となく勿体無くなって
来ますから不思議な物です。(笑)
外装の塗装・そしてちょっと地味な照明関係をいじくってみましょう。

まずは外装。

本体ケースは白色のABSで出来ており、塗装がされていない部分
(メーカー・ロゴ等)は、照明を当てて透過発光する様になっています。
良く擦れる所の塗装が剥がれ、光が漏れてしまったりしていますから
その辺りも含めて全体を再塗装してみました。

20080917135433.gif

正面パネル左上の「FIELD]ロゴを「NISMO」ロゴに変更してあります。
このロゴを缶スプレーで塗装するのは無謀でした・・・(笑)

20080917135518.gif

今回のヤマ場はこのロゴ変更ですが、折角ここまで出来たので、
照明関連も大幅にイメチェンを図って見る事にしましょう。

まずは7セグメントのデジタル表示部分のLED。
これは既製品をそのまま抜き差し出来るようになっていますから、
仕様を調べて、早速違うカラーの物を入手しました。

20080917132826.gif

オリジナルがオレンジ、交換用に入手したのがレッドとグリーンです。

後は、各部のLED電圧制御用の抵抗を定電流ダイオード(CRD)に
交換し、電流の安定化を狙いました。

そして、正面のNISMOロゴの部分はブルーで光らせる事に決め、
暗くて判り辛いボリューム調整のダイヤルとその下の項目表示
「CORNER」「STRAIGHT」の部分は、白のLEDをそれぞれに一つ
ずつ増設、光量アップを行いました。

そして外装の塗装も完全に乾燥してから元通りに組み立てます・・・
その結果、この様になりました!

20080917234358.gif
20080917234333.gif

改造前と改造後。

20080916112012.gif
20080917234130.gif

暗闇で撮影した物。

20080916111935.gif
20080917234259.gif

何故この様な色合いにしたかといいますと、単純な事なのですが、
これを取り付ける予定の車両のイルミネーションと、統一感を出したかった、
という事が一番の理由なのです・・・

20080904023652.gif
※ナビは既に撤去してあります。

この中に付いていても、きっと違和感は無いと思われます。

20080918231933.gif

取り付けるのが楽しみ・・・ではありますが、一体全体いつになるのやら。

投稿者:Osamy2、投稿時刻: 2:32 AM | コメント [0]

September 15, 2008

●スピードメーター・ワイヤーを交換してみる。

先日参号機のダッシュボード交換をしてから、
何だかステアリングが重い様な気がしていました。

原因は何だろう・・・と考えていたら、あらあら!!
スピードメーターが動いていないじゃ有りませんか・・・

そして良く見たら暫く走っていると、

「HICAS」

という警告ランプがしっかり点灯しておりました。

そうと判れば取り敢えず一安心、一番安いワイヤー一本で
不具合も解消!!

・・・と言う事で、ナルさんの秘密基地からBNR32のN1に付いていた
ワイヤーを頂き、早速交換する事に致しました。


IMG_7064.gif


室内側は、ステアリング・クラスター周り・そしてメーターアッセンブリを外し、
ワイヤーの受けが嵌っていますから、それを横にずらして少し押し込んでおきます。


IMG_7065.gif


車体側は、まずギヤボックスに付いているワイヤーを外し(丁度写真の中央付近)、
更にシャーシに沿ってクリップで4箇所留まっていますから、それを外してから・・・


IMG_7070.gif


見えにくいですが、室内に行く部分にはプラ製のプレートがボルトで3本留まっていますから、
それを何とか外すと、引き抜けます。


IMG_7063.gif


新旧(どっちも中古か・笑)並べてみました。
上が元々の物(前期型)、下がN1(後期型)から取り外した物ですが、特に違いは
無さそうです。

取り付けは、外した手順の逆で行います。想像していたよりも遥かに簡単でした。
フロアジャッキで上げ、ウマを掛けてあげれば充分に作業が出来ました。
プレートを固定している3本の10ミリのボルトの脱着だけが少し難儀なくらいです。

写真を撮りながら、だらだらと作業してましたが、それでも1時間半で片付けまで終わりました。

IMG_7071.gif

IMG_7072.gif

これが不具合の原因です。本来、この白いプラ製の部品は取れてしまってはいけない物です・・・


そして、実際に走行しないと、大丈夫かどうかは確認できませんから、試運転に・・・

結果はバッチリ直っていました!当然重ステにもなりません。
お陰様で、お金を使わずに修理する事が出来ました、めでたし、めでたし。

投稿者:Osamy2、投稿時刻: 1:24 AM | コメント [0]