May 14, 2006

●R32ヘッドライトをキセノン化してみる。(1)

先日分解したヘッドライトユニットですが、
注文しているLEDがなかなか納期が出ないので、
何か別の事をやって暇つぶし(実際は全然ヒマじゃ
ないんですが)しようと考えたのが、そもそもの
きっかけです。

折角あそこまで分解したので、最近値段がこなれて
来たと思われるキセノン(HID)バルブを取り付けて
みる事にしました。

テーマは、
「どれだけ安く上がるか」 
です。性能とかは二の次で(笑)

運良く流用が利きそうなバーナーの台座を入手する
ことが出来ましたので、今回はここら辺をいじっていこう
と思います。

d2r_h1(1).gif
本来プロジェクターにはD2Sというバーナーを使用する
みたいですが、この台座はD2R用です。
でもそんな事はどうでもいいんです。(爆)
あとからバーナーを加工してD2S仕様にしますから。(謎)
元々はH1を使用するライトです。暗いです。

d2r_h1(2).gif
台座の比較。
台座を止めるネジのピッチは同じですが、奥行きはH1より、
D2Rの方が前に行ってしまいます。写真は有りませんが、
発光体の中心部分がH1の時と同じ位置になる様に調整
して取り付ける事になります。

shell_org.gif
プロジェクター本体の、台座が取り付く部分を加工します。
ネジ2本と、写真中央部の「足」で支える格好ですから、
長さを慎重にあわせながらカットして行きます。
また、ネジ穴部分の補強リブも干渉しますので、これも
削っていきます。

shell_trimmed.gif
この様になりました。

socket_on(1).gif
左右とも加工出来たら、スペーサーとワッシャー、そして
長めのネジを使用して組み付けをしていきます。
計算どおりにピッタリと収まりました。
socket_on(2).gif

でも、実際に点灯した時には、絶対に調整が必要に
なると思いますが・・・・点灯させる為のバラストは持って
いないので(爆)、後はバラスト入手後となりそうです。

さて・・・・

と言う事で、メッキのひび割れているヘッドライトのリムを
加工することにしましょう。

lamp_rim(1).gif
プロジェクター部分だけは、金属の筒状の反射板が付いて
いるので、先ずはこれを外します。

そして、800番の紙ヤスリで水研ぎして行きました。

lamp_rim(2).gif
やっと一つ終わった・・・一時間位掛かりました(泣)
頑張ってもう一つ。

lamp_rim(3).gif
はい、両方メッキ剥がし完了です。
耐熱の艶消しブラックで塗ろうと思います。
イメージは・・・R33のキセノンヘッドランプの様な感じで
仕上げていこうと思います。

さて、現在の所、まだライトユニットの4000円
しか掛かっていません♪

投稿者:Osamy、投稿時刻:May 14, 2006 1:33 AM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gtroc.com/mt2/mt-tb.cgi/1155

コメント
コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?