November 15, 2005

●スピードメーターを比較検証してみる。

ご存知の方も多いと思いますが、R32は前期・後期で
スピードメーターの仕様が違います。

「それじゃあ一体何が違うのか?」 

sano氏のご協力もあり、この両方のメーターを
じっくりと比較出来る機会がありました。
今回はその比較結果をまとめてみたいと思います。

あんまり褒められた事でも無いんですけどね。(笑)

以下に前期と後期のメーター本体を載せますが、実は
一部のパーツを除いてどちらも後期の物です(理由は
後で判ります)。
細かい部分、例えばメーターの巻戻し防止用のギア等
の構造を除けば、違うのは前期が取り付けネジ2本に
対して後期は4本、その増えた2本が留まる所が違う
だけでした。

前期。
IMG_3242.gif

後期。
IMG_3243.gif


写真で見ると判ると思いますが、前期では黒いユニット、
後期では薄い茶色の部品です。車速パルスを検知する
ものでしょうか・・・?

前期。
IMG_3232.gif

後期。
IMG_3233.gif


前期。
IMG_3236.gif

後期。
IMG_3234.gif

スピードメーターケーブルに接続する部分の径が違う
かも?とsano氏から助言頂いていたのですが、どうやら
前期・後期共に同じ径(というか断面は正方形だから
対辺?)でした。
また、使用しているギヤの歯数等も同じでした。

となると、前出のユニット違いのみで前期・後期となって
いる・・・?
しかも「ネジ2本で取り外せる=交換可能」という事です。

百聞は一見にしかずという事で、早速前期型メーターに
実験用として持っていた後期型メーターのユニットを移植
した「ハイブリッド・メーター(爆)」をこしらえて、
後期型(平成7年)実験車両に取り付けてみました。

取り付けまでは当然の様にすんなり行きましたが、実際に
走行して正しく表示されなければ何の意味も(まぁ、元々
この実験自体に何の意味が有るのかはいささか疑問です
が・笑)有りません。

確か5速3000回転で110km/h位だったかな・・・?という
淡い記憶の元、実走して検証しました。

結果は、

ハイブリッドメーター(仮)キタ-------(゜∀゜)-------!!!
 
バッチリ動作しているようです。

この技を使えば、オークションでフルスケールメーター等を
格安でゲットするにあたり、前期・後期の心配等気にせず
購入出来たり、前期型オプションの260km/hメーターを
後期型に取り付けたり・・・なんていう事も可能になります。

あ、ちなみに今回の実験では前期型NISMO300km/h
メーターで行っています。純正メーターでは確認していません。

今回の実験はsano氏のご協力が無ければ実現できません
でした。本当に有難うございました。m(_ _)m 

投稿者:Osamy、投稿時刻:November 15, 2005 11:55 PM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gtroc.com/mt2/mt-tb.cgi/1079

コメント
コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?