July 29, 2011

●2011バレエ公開レッスン

乃羽バレエスクールの公開レッスン。
普段見れないレッスン風景を、父兄に披露してくれる場です。

さやか達5年生は初めてのトゥシューズでの舞台。
足首とかがまだしっかりしていないのか見ている方がハラハラ。
クラス作品では、サテンシューズで伸び伸び演技していました。センターでさやかも親もご満悦!(^^)!
4歳から始め、途中挫折もありましたが続けています。バレエとともに成長していくさやかを見守っていきたいと思います。
110729ballet1.jpg
舞台終了後に記念写真
110729ballet2.jpg

明後日(31日)に再度出演しますが、さやかへのご褒美。
茅ヶ崎南口の住宅街にある鮨屋。
地元の人以外には知られたくないお店かな。

かなりというか、メチャ旨いです。
茅ヶ崎に来てくれたら、ご紹介します。

鮨屋に行く途中で、虹が出ました!
いやぁ、めでたい(^O^)/
110729rainbow.jpg

お鮨はコースを頼みました。さやかはお好み。
●刺身(わらさ、甘海老、まこがれい)
110729susi2.jpg
さやかの口にするり。
110729susi3.jpg
●〆サバの味噌餡かけ おかひじきもウマイ。
110729susi4.jpg
●わらさのカマ焼
110729susi5.jpg
●握り(中とろ、まこかれい、赤身、金目、鯵、平目昆布〆、こはだ?)
110729susi6.jpg

●さやか別注文(シマエビ、鯵、わらさ、金目、大トロ)
110729susi7.jpg
さやか至福の瞬間
110729susi8.jpg

その後、近くのcafe(Bar Southery)で、スイーツと珈琲でまったり。
茅ヶ崎では、一番旨いカプチーノを飲ませてくれる店だと思います。
110729cafe.jpg

こんな日は贅沢もいい。お腹いっぱい、胸いっぱい。

投稿者:OMAO、投稿時刻:10:20 PM | コメント [0]

July 24, 2011

●2011浜降祭

「東日本大震災復興祈願祭」として今年も浜降祭が開催されました。
37基の神輿が茅ヶ崎西浜海岸に勢揃い
110718hamaori4.jpg
110718hamaori5.jpg

中海岸神社は今まで子ども神輿が浜降祭に参加してきましたが、今年はおとな神輿も揃って参加できました。
夜明け前、午前3時半に神社を出発。いざ浜へ!
110718hamaori2.jpg

omaoは子ども神輿を主に担当。子どもたちも元気いっぱいで担ぎました。
110718hamaori1.jpg

続いておとな神輿も浜に到着
110718hamaori3.jpg

見事な鈴の舞い踊り!
110718hamaori9.jpg

やっぱりおとな神輿も担ぎたい!
宮入で肩を入れさせてもらいました。
110718hamaori7.jpg

達成感と感動!
110718hamaori6.jpg

投稿者:OMAO、投稿時刻:10:09 AM | コメント [0]

July 9, 2011

●うまいもん

山形から佐藤錦が届きました(^O^)/
毎年送ってくれる親戚に感謝です。
あまぁ~い。
110705satonishiki.jpg

昨日は、茅ヶ崎の神輿仲間3人で、老舗のとんかつ屋に行ってきました。
頼んだのは、もちろんロースカツ定食。
うまぁ~い。
110708bairin.jpg

これから海の日(7/18)まで、「浜降祭」モードに入ります。
今年は神輿担ぎながらで海に入るぞ!


●お店データ
 「梅林
 〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-1
 TEL : 03-3571-0350

 

投稿者:OMAO、投稿時刻:10:00 PM | コメント [0]

July 4, 2011

●自然と涙が出ちゃいます

南三陸町 防災対策庁舎
110702s-sanriku7.jpg
敢えて説明しませんが、数多く報道されている場所です。
被災直後は、瓦礫が鉄骨に絡みついた状態だったようですが、撤去されスケルトン状態になっていました。保存するとかしないとか。。。

バスから降り、献花をさせていただきましたが、その場に立った途端に涙が自然と出てきてしまいます。
防災庁舎の前は、広々としていますが建物が密集していた地区です。
全て津波にのまれ、震災後4ヵ月が経とうとしているのに未だ瓦礫の山。

津波の高さを物語る一枚。
110702s-sanriku6.jpg


今回は茅ヶ崎市社会福祉協議会がチャーターしたバスで16名でボランティアに参加。7/1(金)夜出発し、7/3(日)夜に帰ってきました。
我々が作業したのは、ボランティアが入るのはほぼ初めてという、歌津の寄木集落という地区です。四十数世帯の8割程度が津波にのみ込まれ破壊されてしまったそうです。
土台しか残ってない家や田んぼに散乱した瓦礫の撤去作業。

2日目午前中は、建物はなく基礎(土台)に、他から流れてきた冷蔵庫やら巨木やら漁業の網が絡み合った場所。聞くと、集落でひと際大きな豪邸(御殿)だったそうです。
津波が押し寄せて『花火のように飛び散った』という表現が印象的です。
1日半しか作業できませんしたが、
でも、みんな笑顔なんです。すごく感謝されました。毎回我々が地元の方から元気をもらいます。

「今年は還暦でさぁ、(震災前に)仲間で還暦祝いやったんだよ。まさかゼロからやり直しになるとはねぇ。でもここは離れたくないんだよ。お茶でも飲める場所でもできればと思ってんだ。」

絶対にお茶を飲みに行きます!

次回は秋頃になりそう。
継続的なボランティア活動が必要です。

投稿者:OMAO、投稿時刻:11:31 AM | コメント [0]