2005年11月20日

■ 11月19日 筑波サーキット コース2000

と言うことで、11月19日の続きです。本日のメインイベントの筑波サーキットコース2000の走行です。先週、シルビアのメンテナンスをして、準備万端で望みます。今日は何秒出るかなぁ~と、ワクワクしていると、走行時間に。でも、なんか、なんか、イヤな気がするのです。不安が何となく…。
 しかし、すぐに走行に入り、コースに入ってみると…。全然乗れてません!!今回、2ヶ月以上開いてしまったのでなかなか、感が取り戻せないのかなぁ~なんて思って見たりして。必死になって走りましたが、全然、全然、乗れてません。車の加速が悪いとか、そう言うことではなくて、コーナーでコントロールができないのです。いつもは、もっと速くコーナリングできるのに…。いつもはもっと、素直な動きをするのに…。なぜか上手く行きません。疑問を感じずつも、とにかくがむしゃらに走ることに…。そうすると、前に見かけたインプレッサが…。しかし、しかし、前に出会ったときは抜かせたので、今回は着いていくこともできない感じです。おかしい、おかしいと思いながら、、一本目が終了しました。
 2本目です。GTROCのせくしょ~さんと同じ枠で走ります。「よ~し、追っかけてやろう!!」と思っているのですが、1本目同様、伸び悩みです。相変わらず車は言うことを聞いてくれません。アンダーは出るは、アンダーが出るので無理して走ると、唐突なオーバーがでるわ…。今日はなかなか、せくしょ~さんに追いつけません。無理して、追いつこうとしていると、ダンロップ後の左コーナーで、全開状態で唐突なオーバーが…、死ぬかと思いました。目の前まで、せくしょ~さんが来たところで、悲劇は起こりました…。
 最終コーナーのブレーキングで、ブレーキを詰めたとき「あ!!効かない!」………

ブレーキがフェードして、最終コーナーでブレーキが効かずそのまま、まっすぐグラベルへ…。
「なんとか、止まった…」正直グラベルで止まって良かったです。途中まで全然減速せず、このまま、スポンジバリアに突っ込むかと思いました。本当に、「怖かったです」

 と言うことで、車を降りて、車を見ると、煙がもくもくと…。完全にブレーキがフェードしてます。しかし、エスケープゾーンの多い、最終コーナーで良かった…。これが、他の場所だったら…。先週、パッド交換するときに、交換するか悩んだんですが、あと、1、2回ぐらい行けるなと、交換しなかったのが、裏目に出ました。しかし、本当に刺さらなくて良かったです…。

 と言うことで、走行枠が終わり、車を引きだしてもらうことに…。「牽引フックは?」と聞かれ、「いや、付けてません…」と言うことで、小言を言われてしまいました。次回までには、牽引フック付けなければ…。

と言うことで、なんとか、最悪の事態は避けられましたが、正直怖かったです。パッドはケチってはいけないと、教訓になりました。パドックに戻り、車を見てみるとこんなに、汚くなってしまった…

と言うことで、帰り準備してみると…。フロントの右側の減衰力設定が…。いつもは、最強より2戻しなのに、なぜか、最弱から2戻しになっている…。あ~ぁ、これか…。車が全然、言うこと効かなかったのは、これなんだぁ~と、分かりました。しかし、散々な一日でした。
ひとまずは、走りには問題なさそうです。せくしょ~さんと、一緒に帰りました。

最後に、もうすぐ家に着くと言うところで、シートレールの溶接が外れました。最後の、最後までついてない…。
結局ベストタイムは、「01'08.800」でした。タイム更新はできませんでした…。

Posted by junji at 23:59

2005年11月 7日

■ 筑波サーキット コース2000 ファミリー走行

本日は久しぶりに、筑波サーキット コース2000に行って来ました。

サーキット走行はナント、半年以上ぶり、多分去年の10月に行ったのが最後です。ちょっと年末からいろいろとあったので忙しくて、行けなかったのと、車のジャダーが直らなかった為、なかなか、行けませんでした。しかし、今回は、ちゃんとブレーキジャダーを直して、一応、あちこち問題がありましたが、すべて直しての参戦です。本当は2本走りたかったのですが、久しぶりと言うのと、車の調子がどうなっているのかが分からないので、30分一本勝負です。と言うことで、久しぶりのコースインにちょっと緊張気味でスタートです。「ぴゅるるるるる♪ぴゅるるるるる♪」とスタートの合図と共にコースイン。ひとまず、はじめは様子見です。今日はもしかしたら、前回にできないかも・・・と思いながら、徐々にペースを上げていきます。はじめの数ラップは、久しぶりと言うのと、タイヤがなんか、食いついて無い感じなので、ちょっとペースを下げて走ります。しかし、タイヤが暖まって来たので、ちょっとペースを上げ始めました。一応、懸念されて居た、ブレーキも問題なく、非常に安定して、聞きます。今までは、ヘアピンのブレーキは、ジャダーが発生していたため、どうしても突っ込めなくて、かなり不満でしたが、今日は何も考えずに、突っ込めます。う~ん、車が調子良いとこんなに走るのが楽しいんだ!!と言う感じです。ただ、タイヤのバランスが崩れているせいか、100km/hでは、今度はタイヤの振動が出ます。ひとまず、そんなのはしかとして、走行です。結局、抜かされたのは、ちょ速のMR2と、ランエボです。MR2は速かったです。MR2なのに、コーナーの立ち上がりを弱オーバー気味で立ち上がるのはちょっと上手すぎますね。あっと言う間に引き離されました。ランエボは、やっぱし、私の一番苦手な、第一ヘアピンの立ち上がりが全然違いますね。FRでは、まだ、スロットルが開けられないポイントで、踏めている。第一ヘアピンでは大きく、引き離されてしまいます。しかし、最終コーナーのコーナリング中は、ほぼ同じか、後半では、多分私の方がスロットルを開けるタイミングが早いせいか、私の方が速かったです。しかし、相変わらず、遅い車が多いですね。現在、ナンバー有りが走れる走行枠は、2個しかクラス分けされてないので、もう少し細分化してもらえるとありがたいなぁ~と思ってみたりします。ひとまず、今回は、走りに関しては、反省点が多いので、次回は、走る前から反省点を整理してから、走行に望みたいと思います。と言うことで、車の調子も良くなったのでもう言い訳は、できません。今回は、復活戦と言うことで、タイム的にはちょっと伸び悩みです。「01'10.084」 10秒も切ることができませんでした。ちょっと、ガッカリ・・・。ちょっと、来月以降は走行回数を増やして、目標の7秒台突入をしたいと思っております。今年の目標は、6秒台です。6秒出たら、シルビアを卒業したいなぁ~。
※ この内容は、旧blog「ジュンジのブログ」(2005年4月24日)の転用です。

Posted by junji at 07:57

2005年9月 3日

■ 9月3日 筑波サーキット コース2000

8月は暑くてサーキットに行く気になりませんでした。今日も暑いので、行かない予定だったのですが、予約をキャンセルするのを忘れて、急遽筑波を走ることに…。と言うことで報告です。

一本目スタートです。コースインすると一部のコースが舗装が新しくなっていることに気が付きました。ちょっと気持ちいい走り出しです。今日もまだ、残暑は続き気温は30度を超えているみたいです。9時半スタートですが、すでに日差しも強く、気温も上がっております。

相変わらず、ファミリー走行のレベルは低く、私をラップする車はありません。結構良い車が走ってますが、それほどペースが高くありません。私もスポーツクラスに移行したいのですが、いくつか問題が…。ロールバー装着と、レーシングスーツ。これが、障壁でスポーツ走行へ行けません。まあ、そんなことを言ってないで、フリー走行のお話をすると最近、RX-8が多いですね。そんなにパワーがあるわけではないのですが、コーナーとか少しは、速いのかな?と言うことで、前半はなぜかパープル(だと思う)のRX-8に付きまとわれました。そんなに長く、後ろに着かれたのでは無く、数周の間、私の後ろに居たというだけなのですが、ちょっと気になる事が。第2ヘアピンから、1コーナーまでは、確かに私が速く、差を広げるのですが、1コーナーから2ヘアまでは差を詰められてしまうのです…

そうです。私の最大の苦手ポイントの第1ヘアピンからダンロップが問題なのです。ちょっとショックでした。第1ヘアピンが苦手というのは、認識していたのですが、その後ダンロップ前後でも差を詰められてしまうのはちょっとショックでした。ただ、その後は、タイム差があるため、差を広げたのですが、またしても、課題を残すこととなりました。

その後、そのせいかどうしてもコーナーをつっこみ気味になりアンダーばかり出してました。う~ん、全然だめだぁ~。
しかし、今回は暑すぎるため油温、水温が15分持ちませんでした…。途中でクーリングラップを入れるという通常では考えられないほど暑かったです。と言うことで、2本目へ

2本目ですが、暑くてあっという間に温度が上がります。こりゃ困ったぁ~という感じです。しかし、久しぶりの1本目に比べ、乗れていることは乗れている。1本目の第1ヘアピンから第2ヘアピンに掛けての屈辱を克服するために低速コーナーを中心に詰めます。今回の課題としては、立ち上がりのアクセルワークを限界まで早める。第2ヘアピン等は、車をコントロールしながら立ち上がる位に踏んで行きます。

と言うことで、一本目よりは乗れている!!と思った瞬間、油温のワーニングが…。と言うことで、クーリングラップをしていると、赤旗が…なんか、全然かみ合ってない…。と言うことで、ピットに入ることに…。あ~あ折角クーリングしたのにまた、温度が高くなっていくぅ~。
と言うことで、しばし休憩の後にスタート。だけど、なかなか、走りが取り戻せません。う~ん、しかし、やっと走りが乗ってきたときにはチェッカーフラッグが振られ、タイムアウトに…。う~ん、暑いときはやっぱしだめね。

と言うことで、3本目になりました。3本は、さすがに疲れてきましたが、雲が出てちょっと曇ったこともあり、多少、温度が低く、良好です。2本目のようにすぐにはあがりません。だけど、暑いけどね。

さて、本日3本目と言うこともあって、ちょっと乗れてきております。しかし、よ~く考えてみると、ガソリンがかなり減ってきているのです。さらに、よ~く考えていると車の挙動も素直。う~ん、挙動が良くなったのは、ガソリンの量が減って軽くなったからなのか、それとも気温が下がってタイヤが良い感じなのか?ガソリンの量なんて10k~20kぐらいなのでそんなに体感するほど違いがわかるものなんでしょうかね?だったら、私が痩せればもっと速い?

まあ、そんなことは、どうでも良くて、走りに集中しましょう。今回は、かなりよく走れて真夏だというのに、8秒台を連発出来ました。ちょっとこれは、期待が…冬になれば1秒アップは確実なので、ついに今冬は、7秒台行けるかな?新品タイヤを突っ込めば6秒台か!?←タイムを金で買うな!!

と言うことで、期待を持っているところで、残念ながら、ガス欠になり、走行はペースダウン。そうこうしているうちに、3本目の走行は終了しました。と言うことで、今日のベストタイムは!!!
best :00:01'08.783

DVC00014.JPG

Posted by junji at 10:26

2005年7月18日

■ 7月18日 筑波サーキット コース2000

7月18日に筑波のコース2000に行ってきました。ちょっと2週連続になってしまいましたが、先週とは全然違う状況でした。この日は、暑い、暑い。関東地区も梅雨明けとなり、本格的な夏になりました。と言うことで、本当に暑いです。30℃はゆうに超えていると思われる気温は、人間にも車にもハードな状況です。と言っても、ココまで来てしまったので走らないわけには行きません。と言うことで、ちょっと気分が乗らないまま、コースイン。まずは、調子を見るために、ゆっくり走り出したのですが、後ろから、白いRX-8がコースインしたばかりにかかわらず変にプッシュしてきます。いやだなぁ~と思いつつ、前の赤いRX-8に引っかかりながら、私もペースをあげられません。RX-8は、私のS14シルビアにとってはちょっと、いやな車ですね。コーナリングスピードは、互角。軽いのか?ブレーキポイントはちょっと遅めです。(私の体重のせい?)ストレート加速は、一応ターボパワーのおかげで、S14シルビアの方が速いのですが、ブレーキングで嫌らしく詰められてしまいます。嫌らしいプッシュを受けつつも、前の赤いRX-8を抜いて、同時に白いRX-8も引き離していきます。さて、そうこうしていると、目の前に、どう見ても、ドリ車らしき、FDが…。そういえば、走行前にドリ車でも筑波来るんだぁ~と思いながら見ていた車です。ちょっと嫌な予感が…。そうです、1コーナーでドリフトし始めたのです。これには、ちょっと勘弁してくれって感じです。しかも、後輪は、コースアウトしているよ、そんなことしたら、コース汚れちまうじゃないか!やだなぁ~、やだなぁ~と思っていると、ドリ車だけあってパワーは出ているみたいです。直線は残念ながら、かないません。だけど、コーナーのつっこみは、遅いらしく、最終コーナーでは後ろから追突しそうです。ただ、直線になったらパワー勝負でついて行けません。しかも、相変わらす、1コーナーではドリフトしてくれます。今だ!!と思って、1コーナーでイン側をとったら、白のFD君も負けじと立ち上がりでパワー勝負で出てくるじゃないですか!!そのまま、S字につっこみ第1ヘアピンへ。私は第1ヘアピンをちょっとオーバースピードでつっこんだ為、なんとアンダーが!!よく見ると、外側には、道を譲ってくれた、アルトワークス?が!!やばいやばい、このままじゃ、アルトワークスにぶつかっちゃう!!アルトワークスが、避けてくれたので事なきを得ましたが、危機一髪でした。ひとまず、アルトワークスに感謝しつつ、そのまま、白のFDをちぎっていったら、コーナーでアンダーバシバシです。そうです、この気温で、かなりタイヤが垂れてきました。しかも、冷静になり、油温、水温を確認したら、油温120℃、水温101℃、車も限界、人間も限界です。もうコンセントレーションが持ちません。スタート当初は暑いのでブレーキが持たないかな?なんて思ってましたが、エンジンの冷却系とタイヤ、人間が先に持たなくなってしまいました。しかし、この車、夏場でも筑波を30分走りきれる仕様を目指したので、16段のオイルクーラーと3層の真鍮のラジエターを入れているのに、こんなに、油温、水温が上がったのは初めてです。本当に今日は暑いです。と言うことで、クーリングラップを2,3週入れたのは良いのですが、ラインをはずして走ると、タイヤがコース上のゴミを拾う、拾う。その後に、ペースをあげてみたのですが、タイヤのバイブレーションが発生して、調子が戻せぬまま、走行終了に…。結局タイムは10秒すら切れませんでした。と言うことで、恥ずかしながら、今日のベストは、「1:10:885」でした。やっぱし、暑い日はだめですねぇ~。事故らなかっただけ、ラッキーだと思うことに…。

今日は、家族は誰も来てくれなかったので、走行後に自分で写真撮りました。

これは、一緒に行った、33のせくしょ~さんの車。出走前です。

Posted by junji at 23:59

2005年7月 9日

■ 7月9日 筑波サーキット コース2000

今日は、筑波サーキットコース2000の走行日です。久しぶりに家族を連れ、筑波サーキットへ。
着いてみるといきなり、2輪の走行枠でアクシデントが…。どうやら、接触事故があり、オイルが最終コーナーで撒かれているらしいです。と言うことで、事故処理&オイル処理でいきなり30分のタイムスケジュールが変更になります。本日の波乱が予想されます。
さて、私は4輪ファミリー走行2枠目なのですが、ひとまず、時間も余ってしまったので1枠目を見学に…。2周目ぐらいにいきなり、MR2が最終コーナーでスピン。あわやコンクリートウォールに激突するところでした。しかし、数周後、シロのS2000がスピンしたらしく、フロントバンパーとリアバンパーを損傷してピットイン。走行枠も後半になると、最終コーナーで、黒いアルテッツァとS15シルビアが接触!!赤旗中断となりました。事故処理に10分以上は中断したでしょうか?ひとまず、ファミリー走行1枠目は終了です。
これだけ事故の多い日もなかなか無いのでちょっと緊張気味に「クワバラクワバラ」と思いながら、私の走行枠になりました。いつもの「ぴろぴろぴろ~ん♪ぴろぴろぴろ~ん♪」の音と共にスタートです。インタークーラーのパイプが壊れてしまっていたため、4月以来の走行です。久しぶりなので、今回もペースを押さえて走行開始。しかし、走行するとすぐにタイヤのバイブレーションが…。ブレーキは直っているのですが、タイヤのバランスが取れてないらしく、酷いバイブレーションです。ひとまず、気にしてもしょうがないのでそんなのは、忘れてガンガン行くことに!!ひとまず、ブースト計を見ている余裕は無いですが、ターボは掛かっているらしくパワー感はあります。インタークーラーのパイプは交換したので直ったのでしょう!ブレーキもジャダーが発生する事はありません。
と言うことで、ひとまず、走りに集中しましょう。ただ、走りに集中すれば、するほど、課題は山住です。今回、なぜかダンロップ後の左コーナーが踏み切れません。一応ここは、4速踏みっきりと言うのが最近の傾向なのですが、今回はなかなかできませんでした。また、ラインに関しては、一応理想のラインは頭に入っているつもりですが、なかなか、実践できてません。ここは、ポテンザのWebページを見て、もう一回勉強し直しです。また、コーナーの立ち上がりのアクセルワークがもうちょっと踏めるハズ!特にペアピンの立ち上がりは、上手い人の話を聞くと、すり鉢状なので思ったほど踏めるハズと言うことなのでまだまだ、甘いです。あと、やっぱし、奥が深いのは最終コーナーですね。ホント、コーナー中盤からの立ち上がりのラインでアクセル全開のポイントが全然違っていて、今回もまちまちでした。ここは、ポテンザのWebページを見るとアウト-ミドル-インと立ち上がるとなっている。最近はそれが上手くできず、ちょっと今回は課題になってしまった。
さて、走行の方はと言うと、相変わらず、ファミリー走行は、遅い車が多く、ラップするのが大変です。スポーツ走行に行きたいけれど、ロールバー必須になってしまったのでどうしよう?レーシングスーツも必要だと言うし(レーシングスーツ持ってないし)と言うことで、ブーブー言いながら、遅い車を次々にラップしてきます。1コーナーの立ち上がりで遅い車を抜いた瞬間、目の前の黒いS2000がスピン!!やばい!!S2000はスポンジバリアに激突!!もし、その反動でコースまで来たら僕の車の行き場は無くなる!!右後方には、パスした車もあり、このままだと最悪の事態の発生が!!えい!踏んでしまえ!!と全開で、S2000の脇をすり抜けました。ちょっとどきっとする瞬間でした。走行していると、後ろに赤いFDがじわじわと詰めてきました。そんなに私と差があるわけではないが、少しずつではあるが、差を詰めらいる。走行時間も残り少ないこともあり、これは、抜かされないように頑張ってみることに、しかし、やっぱし、遅い車をパスするときに赤いFDが真後ろに付いて来ました。やばい!頑張らなくっちゃと思った瞬間、第一ヘアピンでハーフスピン!!!別に事故も、コースアウトもしませんでしたが、残念ながら、その隙に、赤いFDにパスされてしまった。
結局今日はこのFDにパスされただけでしたが、ちょっと悔しい思いです。終盤は後半ブレーキがペーパーロック気味になり、ちょっとペース落ち気味に…。と言うことで、今日のベストは、1:09:265と4月の時のタイムよりは出ましたが8秒ぐらいは行ってもらいたい所です。と言うことで、走り方を整理して、次回、頑張ります!

いよいよスタートです。

ブレーキング!

最終コーナー立ち上がり

快調にストレートを飛ばします。

火が出てますねぇ~。

Posted by junji at 23:59