July 22, 2005

●またしてもロンドンでテロ

この事件が1年前だったらと思うと、ぞっとする。。。。

昨年の7月17日から25日までロンドンに行っていました。もちろん行きたいと言う理由もあったけど、Shinからのラブコール???もあり実現した。

今回の爆破テロの起こった場所をとおっていたかどうかは、いまいち分かりませんが今年に行っていれば間違いなく楽しめなかったように思う。今回も無関係な市民が犠牲になり、ロンドン市民の平和が訪れることを願います。

投稿者:ktym at 08:50 AM | Comments [0]

July 14, 2005

●1 week After in London

ロンドンの同時多発テロが起きてから1週間が経とうとしています。驚いたと言うか、テロに屈しないと言う姿勢が政府関係者のみではなく一般市民から感じられた。この日本で同じ事が起きていたら、このように平常心を保つことが出来るか?とても自分自身問うてみましたが、無理だと思う。もともとIRAなどのテロを受けつづけていたと言うお国事情があるにせよ、イギリスの国民性が表れたと思います。

で、上の写真は映画『ノッティングヒルの恋人』のロケ地にもなったUnderGround のノッティングヒル駅で、日曜日のフリーマッケトに行ってきました。結構な人だかりでしたが、ktym自身が欲しいものはあまりなかったです。ま~ここは一度行けば良いでしょう!!
あと面白かったのは、スターバックスでTake Out (Take Away in NZ)するのと、店内で飲食するのでは料金が違うんですよね~~(笑)もちろん店内のほうが高いです。なので、Take Outすると言って、店内で食べるという裏技をShinに教えてもらいました。(感涙)

投稿者:ktym at 10:17 AM | Comments [0]

July 08, 2005

●ロンドン市内でテロ発生

 はじめに、このテロでお亡くなりになられた方々にご冥福をお祈りしたいと思います。また、負傷された方々の1日も早い回復を願っております。

実は私ktymは昨年の7月にロンドンを訪れていました。いまのNew Zealandの旅行記が終われば書こうかと思っていました、、、、まさかこんな形で書くとは思いもしませんでした。7月17日に出発。昨年で言えばちょうど出発10日前に起こったら私自身ロンドンに行っただろうか?多分行ったと思います。ただ、会社からは止められたかもしれませんが。。。。

テロ行為は許せるものではありません。いつも被害をこうむるのは無関係な市民が対象となる。考え方思想の違いがあるにせよ、どの国でも人を殺してもいいという教えはしていないはず。悲しいばかりです。

故ダイアナ妃をたたえ作られたダイアナ・メモリアルパーク

平和を人一倍愛した故ダイアナ妃も嘆き悲しんでいることでしょう。

投稿者:ktym at 11:35 AM | Comments [0]

April 07, 2005

●いざロンドンへ  回顧録8  2005/July/18


ノッティングヒル ステーション


さて、カムデンロックマーケットで怪しいものを見た後は、アンティークのフリーマーケットで有名なノッティングヒルに行くことにしました。もちろん移動はデッカーですが、ようやくロンドンの町並みにも目が慣れてきました。(笑)

この地名どこかで聞いたことありませんか?そう、映画で使われた場所。ノッティングヒルの恋人で、実際の本屋さんには行かなかったのですが、この場所で撮影されました。
行ったのが日曜日で、どちらかというと土曜日のほうが盛況のようでちょっと出品が少なかったように思います。なかにはいいな~というものもあり、値段を見てちょっと、、、、、などなど結構見ているだけでも楽しめました。このあたりから、普段から歩かないktymとshinはばて気味。。。。
といいながら、shinのロンドンの友人とこのノッティングヒルで待ち合わせをして3人で行動することに!!

   

次はロンドン観光の核心、ウェストミンスター寺院・ビッグベン・ロンドンアイへ!!

投稿者:ktym at 11:53 AM | Comments [0]

April 03, 2005

●いざロンドンへ   回顧録7  18/July/2005

どこをどのようにしてきたのかはまったく分からないが、バスを数回乗り換えてこのフリーマーケッとのあるカムデンに到着しました。雰囲気としてはアメ横を大きくしたような感じかな??(笑)怪しいものがいっぱい売っていて、マジックマッシュルームなんかも平気で表通りで売られているし・・・・<何じゃこの国は!!
写真をと思ったのですが、さすがにパンクファッションバリバリのにーちゃんだったので、向けられませんでした。

ところで、いまロンドンでは日本語ブームらしい。ブームといっても意味とかじゃなくて、漢字をグラフィックとして捕らえているようです。なので下記のようなTシャツが普通に売られている。


で、この夏のヘアカタログって何なんだ???

投稿者:ktym at 05:57 PM | Comments [0]

March 23, 2005

●いざロンドンへ   回顧録6  18/July/2005

まずテキストブック(ガイドブック)に書いてあるとおり休日のフリーマーケットを見に行こうと言うことになり、バスを利用してカムデンと言う町に向かうことに、どこをどのようにしてバスを乗り継げばいいのか分からずshinのあとをひたすら着いていくこと。。。。上のバスは新型の二階建てバス。近代的でどこにでもあるバス。2階建てバスと言えば運転手と車掌のいる丸みのあるダブルデッカーのイメージが強いが、老朽化が進み、2004年度で使用の廃止が決まりました。しかーしktymは運よく旧型のダブルデッカーに乗ることができるのだろうか?shinのマンションの近くではまったく旧型を見ない。ここへ来る途中で何台か見たが、、、、後で知った話だが、ロンドン市内=中心地にかかる路線しか運行していないようでした。やはり、ロンドンと言えばあのバス!と言わすためであろう。。。

バスの話が長くなってしまったがもう少し。。。交通網はバスがものすごく発達しているので、いろんな乗り方ができる。今回の利用は One Day Pass で一日中乗り放題というパス。金額がどれくらいだったか忘れたけど3~4ポンドだったような気がした。月ー金用とかあるみたいで一回ずつ払うよりもいいような気がした。

次はカムデン (世界の車窓から風に) 笑

投稿者:ktym at 09:38 PM | Comments [2]

March 22, 2005

●いざロンドンへ 回顧録5 18/JUL/2005

IMG_0860.jpg
ソファーでの睡眠は意外と快適だった。(爆)コメントもらいそうだけど、寝れないということは全くなかったのでKTYMとしては十分な寝床。居候の分際で贅沢は言えないよね。(笑)

朝起きると、快晴とは言いがたい天気だったがロンドンらしい??天気でも無いようでした。ロンドンらしいって??どんな天気なのかな?って聞いたらどんよりした天気を言うらしい。。。なので、今日の天気は逆に中途半端だという。

昨日の夕日の写真と同じ方向で写真を撮りました。昼間はこんな感じなのね!ってとても雰囲気のある英国っていうように見えました。shinは毎日のことなので、東京を見るような感じだと思うが、ヨーロッパの旅行がはじめてのKTYMはとても新鮮に見えた。

さて今日はどこへ行こうか?shinがいるので何も用意せず、ただるるぶロンドンを持ってきただけ。(爆)行きたいところは?と聞かれても答えに窮する。(爆)<つーか何しにロンドンに行ってるんだ!
地理感が無いので、モデルコースと称されているコースをアレンジして向かうことに。。。。それにしてもshinの体調が悪そうだ。。。。芝花粉といっていたけど、、、、

投稿者:ktym at 10:05 PM | Comments [0]

March 20, 2005

●いざロンドンへ   回顧録4 ロンドン編  17/7/2005

まずいまずい飯と言われていたロンドンでの食事は十分食べられるものだった。もちろんここはいのっちがひいきにしている日本料理屋”馳走”である。僕はお酒が飲めないので、食事にはお酒を頼まなかったら、二人でいつもの一人分だよ!って言われ、改めて物価の高さを思い知ることとなった。

食事をして20時過ぎにいのっちの高層マンションに到着。眺めがよすぎる!!当の本人は高所恐怖症なのでバルコニーに近寄れないらしいが。。。(爆)

IMG_0855.jpg

こんな夕日を毎日見れるなんてうらやましいと思いながら、おみやげ物や頼まれていた物を渡し就寝へと。しかーし、ベッドは一つしかない。まさかいのっちとシェアするわけにも行かない。(自爆)なので、ソファーを選び、このソファーが1週間私の寝床となったのである。

投稿者:ktym at 07:00 PM | Comments [2]

March 01, 2005

●July 17 2004 いざロンドンへ   回顧録3 ロンドン編

つか、まだヒースローのイミグレを通過してなかった。(爆)うわさでは世界一厳しい?イミグレといわれているのかは定かではないですが、雑誌には結構厳しいことが載っていました。しかーし、日頃の行いがいいのか?それとも挨拶が利いたのか?終始穏やかな表情で無事入国完了しました。

 さて荷物受け取ると、出口へ向かう。一つしかないから迷わないよ!の言葉通りひとつで、迷うことなくいのっちとヒースロー空港で落ち合うことが出来ました。そしたらなんと、現地のスタッフなのか?それともADなのか?ダンボールの切れ端に 『ユン・ソナ』 と書いたボードを持った女性を発見。気になる二人は当然引き返し、尋ねてみたところ違ったらしい。。。。が、今考えれば本物だったとしても違うと言うよね。残念っ!

 駐車場に向かい、ハイウェイからいのっち宅へと思ったら、せっかくだから市内を通ろうと言うことになり渋滞の始まる時間に市内へ行くことに。。。その途中に、携帯電話で行きつけの日本料理やさん、『馳走』に、予約を入れてくれて食事にいくことに。当然時間もあるので、その前に車窓からですがちょっとした市内観光を、、、、、

 ロンドンの夏の日没は遅く20:30過ぎてからようやく暗くなる。日本の感覚でいると痛い目にあうことに。。。まさか翌日、大変なことになろうとは。。。。

 ロンドンでの始めての食事がこの『馳走』だった。このあと何度か来るのだが、何度も来る理由がこのあと良く分かることに。。。。(笑)
 食事も終えて、夜の市内を見ながら一路いのっち宅へ向かう。いろいろと説明してくれたが、土地勘も知名も良く分からないので、うなずくしかなった。。。。しかも夜だから良く見えないし。(爆)

 交通の便とか抜きにして、高台のマンションなので非常に見晴らしがいい。暗くなっていたので回りの様子はちょっと分からないけれど、昼間は最高の眺望が期待できそう。日本からの土産と頼まれたものを渡して、ゆっくりとくつろぐことにした。で、明日はどこへ行こうか?なんて、ガイドブックを見ながら二人で相談。行きたいところを何個かリクエストしたら、アレンジしてくれたので明日はいろんなところ(=俗にう観光名所)に行ける。

 しかし見るところによると、いのっちの体調がすぐれないようだ。。。。

投稿者:ktym at 11:30 PM | Comments [0]

February 27, 2005

●いざロンドンへ   回顧録2 ロンドン編

まず当日チェックインすると、残念ながらアップグレードは出来なかった。本当に超人気路線なんだとと痛感した次第です。しかしJALの受付の人が気を使ってくれてエコノミーでも隣の席をブロック(=空席)してくれたおかげで、12時間のフライトが少し短く感じられた。

 飛行機に乗ってから、ふと思い出したことがある。なんと機内に入る前になんかモヤモヤしていたことって得意先に電話することだった。マジ~、これはやばい。と、悔やんでも機内に入ると電話もすることが出来ずあきらめることにした。これがあとで大変なことになろうとは。。。。

 時差を考えてとにかく機内で寝ることを心がけたので、一人でのフライトでも何とか耐え忍ぶことが出来ました。一人で海外に行くのは10年以上前に友人と待ち合わせをしたとき以来。
ロンドンには友人のいのっちが待っているので何も行動予定を決めていない。航空路を見ていると地図では見たことのあるところの上を飛んでいるんだ~と思うと不思議な感じがしました。そう、ヨーロッパ方面への旅行は初めてで結構いいおっさんに部類されるKTYMも楽しい気分になっています。

 ようやく、12時間のフライトも終わり無事ロンドン・ヒースロー空港に到着。これがまたでかいの何のって、、、いろんなところにヒースローのイミグレ

途中で終了(続きはあした・・・)

IMG_0850.jpg

投稿者:ktym at 09:53 PM | Comments [0]

February 26, 2005

●いざロンドンへ   回顧録1 ロンドン編

 このたびの計画は、何年前から計画しただろうか?(笑) 実は02年の6月に行けたら行きたいと思って試行錯誤したが結局頓挫してしまい、それから2年後の04年の7月に渡英することが出来ました。もちろんこれには長い下準備が待っていました。
 03年の12月にはぎりぎりアップグレードするマイルが保有できずに、チケットを押えることが出来ず04年の1月に悟空でチケットを購入。17万円ちょっとだった。このチケット購入もグループリーダーにまず相談した後に、マネージャーに報告。晴れて行ける事となったのですが、ここは営業マネージャー『当然7月度の予算は大丈夫なんだろうな?』と念を押されるががんばりますとだけ答え頬が緩んだ。(笑)

チケットを申し込んだのはいいが、期待をしてアップグレードを申し込むが行きが10人、帰りが5人のキャンセル待ちがすでに入っている。(号泣)淡い期待をしながら当日を待つことにする。

2月1日の時点でキャンセル待ちということはいかにドル箱路線か!ということが伺える。マイレージバンクの会員数国内トップのJALだから仕方がないか。。。。。さて当日はアップグレードできるのだろうか???


IMG_0825.jpg

投稿者:ktym at 11:48 PM | Comments [0]