June 30, 2005

●トヨタ「レクサス」が11年連続で信頼感1位

がんばれ日産!!!!

[デトロイト 29日 ロイター] 米調査会社JDパワー・アンド・アソシエーツの長期品質調査で、トヨタ自動車<7203.T>の高級車「レクサス」が11年連続で1位となった。
 調査は、3年前に自動車を購入したユーザー5万0635人が対象。
 1位のトヨタ「レクサス」は、100台当たり問題件数が前年比14%減少の139件で最小。「レクサス」ブランドのLS430は、問題件数が90件と全モデルの中で1位だった。
 主要ブランドでは、米ゼネラル・モーターズ(GM )の「ビュイック」がトップで、問題件数は163件。次が「トヨタ」の194件だった。
 GMの「シボレー」、フォード・モーターの「フォード」、米ダイムラー・クライスラー の「クライスラー」といったビッグスリーの主要ブランドは、いずれも業界平均(100当たり237件)より良かった。
 韓国の現代自動車<005380.KS>の「ヒュンダイ」は、改善が最も著しく前年比31%減の260件だったが、業界平均には及ばなかった。
 同じく韓国の起亜自動車 <000270.K> は、問題件数が397件で信頼度が最も低かった。
 欧州の有名ブランドであるダイムラークライスラーの「メルセデス」、フォードの「ボルボ」・「ジャガー」・「ランド・ローバー」、GMの「サーブ」、独フォルクスワーゲン の「アウディ」などは、いずれも業界平均に大きく及ばなかった。

投稿者:ktym、投稿時刻:05:56 PM | コメント [0]

June 28, 2005

●「逮捕する」効果てきめん 反則金納付、アクセス急増

 「出頭しなければ逮捕する」と悪質ドライバーの逮捕予定を事前公表した大阪府警で反則金納付が急増し、納付方法を解説したホームページへのアクセスが通常の250倍に急増したことが28日、分かった。
 「逮捕されてはかなわない」と出頭したドライバーも2人現れた。府警交通指導課は「予想以上のすごい効果」と驚いている。
 府警は今月21日、再三の出頭要請に応じず、反則金を払わないなど悪質なドライバー124人について「1週間かけて逮捕状を一斉に執行するが、出頭すれば任意捜査に切り替える」と発表。報道を通じ出頭を呼び掛けた。

ニュース元 ヤフーヘッドライン

みなさんには関係ないと思いますが、正直者が馬鹿を見る世の中は改善して欲しい。友人のき○○とさんは翌日に支払を済ませる優秀なドライバーです。<何が優秀だかわかりませんがぁぁぁ(爆)

反則金のみならず、税金なども大いにこれを使い回収して欲しい。

投稿者:ktym、投稿時刻:10:24 PM | コメント [2]

June 25, 2005

●福島県郡山に行ってきました

今日は土曜日ですが出勤です。理由は一つ、営業成績が悪いから。。。。。(自爆)というのは半分冗談で、どうもデスクワークが多くて外出する機会を失っていたというのが本当の理由です。(笑)

でも久しぶりに郡山に行きましたがとても変わっていました。前回行ったのは確か2月ごろだったと思うのですが、雪も残る寒い時期で駅前というか駅の中を改装していました。それが完成していて、とても綺麗なコンコースになっていました。さすがにエキュート大宮までは行きませんが、とてもオシャレな作り=1階のフードコートで驚きました。
これで駅前周辺の改装??というか再開発は一通り終わったように思います。ウスイ百貨店も昨年新開店したし、、、、都心の百貨店を意識しすぎですね。よほど買い物に慣れている人じゃないと敷居が高く感じるかもですね。。。。

着いたのがちょうどお昼過ぎで、仕事の前に食事をと思って探していましたが、いつも行くところが土曜日なのか休みだったので、隣の居酒屋=昼はランチへ行きました。

これにコーヒーがついて840円税込み、安い!!!東京では食えない(涙)ロンドンならパブでジュース2本で終わり。(涙)

4時間ほどで仕事を終えて帰る途中に駅中を見てというか通ってきましたが、センスの良い感じのフードコートがあり、学生たちのたまり場と化しそうな感じです。

今度はもう少しゆっくり時間を使って、駅の周りを散策したいと思います。

つか、仕事でいってんだろ!!!(自爆)


投稿者:ktym、投稿時刻:11:52 PM | コメント [0]

June 24, 2005

●原油高が止まらない

金曜日のニューヨークマーケットで、原油の先物が1バレル=60ドルを超えました。これはマーケット市場初めての高値。これのもたらす影響は今すぐには出ないかもしれませんが、間違いなく大きな課題として現れてくるでしょう。

特に直接関係してくるのはガソリン。わたしが車に乗り始めたころの水準に戻るのかな??ハイオク1リッター=150円。ますます車に乗れなくなってきますね。早く落ち着いて欲しい限りですね。

投稿者:ktym、投稿時刻:08:43 PM | コメント [0]

June 23, 2005

●新入社員は本当に勝ち組みか?

8割が就職の「勝ち組」 新入社員の意識調査

 新入社員の77%が自らを就職活動での「どちらかといえば『勝ち組』」と考えている--。財団法人社会経済生産性本部が、22日までにまとめた新入社員の意識調査で分かった。

上記のような記事があるが、彼らの考えは甘いのではないか?就職できたから勝組みと称するのはかなり気が早いように思える。いくら良い大学を出て良い会社に就職したとしても、会社の中で能力を遺憾なく発揮してこそ『勝ち組み』といえると思う。

就職できたからといって自分は勝ったのではなく、さらに大きな舞台に上がったということを自覚して欲しいと思う。私自身は、特に有名な大学を出たわけでもなく特殊な資格を持っているとかはない。バブル期最後の新入社員?で、どちらかというと楽に就職が決められたし決まった。だからといって入社してから努力しないと、重要なポジションにつけない。役職が欲しくないという人もいるかもしれないが、何のために仕事をしているのか?するのか?これを改めてこの勝ち組みと答えた新入社員に問うて欲しい。

要は本人のやる気とセンスだと思う。

投稿者:ktym、投稿時刻:08:13 PM | コメント [0]

June 22, 2005

●米クレジット会社 データ流出

ヤフーニュース(2005.06.21)より抜粋

 米クレジットカード大手の情報流出問題で、国内カード会社が発行したカードの不正使用被害が判明分だけで約3200万円に上っていることが21日、明らかになった。UFJカードに加え、オーエムシーカードなど8社で被害が発生した。8社の中には被害額を公表していないところもあり、被害総計がさらに膨らむのは必至だ。
 また、流出した可能性のある情報は、ビザカード分の十数社、3万9000件以上と、マスターカード分の25社、2万1000件程度を合わせ、6万件以上となることも分かった。

------
明細を見ない人は、正直気づかないですね。どのくらいの金額(=一人当り)が請求されているのか?高額ならすぐに気づくけど1万円くらいなら気づかない人多いかもですね。04年9月から05年5月までにアメリカで使用されたクレジットカードが対象のようですが、VISA/MASTER系といえばほとんどがついている。正直なところ先月までの明細をチェックしたが今のところ大丈夫。今週に届く6月分の明細で大丈夫なら、おそらく対策後のため大丈夫な気がします。

いまさらながら、明細書を綴じておいてよかった。(ホッ)いろんな請求書がくるので、それぞれの明細を閉じる習慣があったので少しは安心しています。出来るだけ手帳に細かい使用明細を書くようにしているので、おかしな請求は発見できます。

どうしてそうなったか??というと、昨年10月だったかな?JALのマイレージプログラムの変更が発表になりました。一番期待していたアップグレードサービスの条件が非常に悪くなったのと3年以降はマイルが失効してしまうので、スターアライアンスグループのUnited Airlineのカードに変更。マイレージで旅行に行きたいと思う一心でカードの利用頻度を高めた結果、内容を書き留めるようになりました。いまでは非常に大事なこととおもっています。

college_a_s.jpg


ところで皆さんのカードは大丈夫ですか??

投稿者:ktym、投稿時刻:11:31 AM | コメント [0]

June 21, 2005

●F1 アメリカグランプリ

それにしても、凄いことが起きましたね。。。

ミシュランユーザーによるボイコット。
結果しか見ていないので、今晩にでもビデオを見よう!!

Racing Live.comより抜粋

[20/06/05 - 05:19]

フェラーリが今季初優勝! ミシュランに異例の事態
アメリカGP:レース

6台でスタートを切る異様な光景


ミシュランタイヤの問題勃発にもかかわらず、鮮やかなポールポジション奪取を果たしたトヨタのヤルノ・トゥルーリ。同じく日本勢の一角B・A・R Hondaもジェンソン・バトンが3番グリッドを確保と、土曜日の予選はジャパンパワーの活躍が目立った。そして、一夜明けた今日のインディアナポリス・モーター・スピードウェイは2005年F1世界選手権第9戦アメリカGPの決勝当日を迎え、モンスター級の巨大スタンドは朝から大勢のファンを飲み込んでいる。

未だ解決されないミシュランの問題については昨日の予選終了後、ミシュラン側からFIAに対し、タイヤへの負担が大きい懸案の最終コーナーに急きょ、シケインを設け、スピードダウンを図るという対応策が提案された。しかし、FIAはこれを却下。アクシデントを未然に防ぐための新タイヤ投入に続き、ミシュランの意向は通らなかった。また、レーススタートの3時間前にはチーム首脳陣とFIAによる緊急ミーティングが開かれたが、打開策は見出されていない。これにより、ミシュランユーザーの各チームはタイヤの内圧を上げてレースを乗り切るか、あるいはペナルティを覚悟でタイヤを交換するか、はたまたレースをフォーメーションラップのみで切り上げるというチームもあると見られており、今年のアメリカGPは暗雲立ちこめる、先の読めない展開となった。

そんなインディアナポリスは気温26℃、路面温度42℃、湿度45%のドライコンディション。サーキット上空には、不穏なパドックの空気を反映するかのように、灰色の雲が広がっている。

レースはひとまず全20台のマシンがフォーメーションラップに出て行った。ところが、これを終えたミシュラン勢の7チーム14台はグリッドに向かわずピットへ。グリッド上にはブリヂストンユーザーのフェラーリ、ジョーダン、ミナルディの6台だけが並び、異様な光景のままスタートが切られた。ミシュランが実力行使に出るという、まさかの事態によって、スタート前に飛び交っていたスタンドの大歓声は一転、大ブーイングに変わっている。

オープニングラップの順位はミハエル・シューマッハ(フェラーリ)を先頭に、ルーベンス・バリチェロ(フェラーリ)、ティアゴ・モンテイロ(ジョーダン)、クリスチャン・アルバース(ミナルディ)、ナレイン・カーティケヤン(ジョーダン)、パトリック・フリーザッハー(ミナルディ)と続き、10周目にアルバースが最初のピットイン。また、コース上には腹を立てた観客からペットボトルや空き缶などの異物が投げ込まれ、バリチェロがこれを踏む危険なシーンも飛び出すなど、F1史上まれに見る混乱を招く。さらに、スタンドを後にする観客の姿も目立ち始めた。

19周目のフリーザッハー、22周目のモンテイロのピットインに続き、フェラーリ勢もバリチェロが24周目、シューマッハが26周目にピット作業を済ませる。ちなみに、アメリカGPは1周4.192kmのコースを73周で争う、本来ならば見応えのあるサバイバル戦だ。

シューマッハはいわく付きの今季初勝利


32周目、2回目のピット作業に入ったアルバースがエンジンストール、タイムロスを喫するが、どうにかコースに復帰した。順位はバリチェロ、シューマッハ、モンテイロ、カーティケヤン、フリーザッハー、アルバース。閑散としたレースは依然として淡々と続けられ、45周目にはフリーザッハーもピットイン。47周目からは立て続けにカーティケヤン、モンテイロ、バリチェロ、シューマッハがピットに入る。ところがシューマッハがピットレーンの出口付近で、迫ってきていたチームメイトのバリチェロとニアミス。アウト側のバリチェロが押し出される格好でコースアウトしてしまった。これでトップはシューマッハに代わり、バリチェロが2番手に。3番手以降の順位は変わらない。

前代未聞のレースはさまざまな波乱を含みながら、いよいよ15周を残すのみとなった。ランデブー走行を続けるフェラーリの2台はバリチェロがシューマッハに幾度となく接近しながらも、オーバーテイクする気配はない。また、後続の順位にも変動はなく、異例のアメリカGP決勝はシューマッハが優勝。意外な形で待望の今季初勝利を挙げた。また、バリチェロも2位に入り、フェラーリは久々の1-2フィニッシュ。同時にブリヂストンも今季初勝利を手にしたわけが、手放しで喜べない複雑な心境だったことは明らかだ。

その他、3位にはルーキーのモンテイロが入り、ジョーダンに今シーズン初表彰台をもたらすとともに、自身もF1初表彰台を獲得した。4位には同じくジョーダンのカーティケヤン、アルバースとフリーザッハーのミナルディ勢は5、 6位となった。

一方、気になるチャンピオンシップはドライバーズ・ランキングで、今回10 ポイントを加算したシューマッハが合計34ポイントで3位に浮上。バリチェロも合計29ポイント獲得で4位に上がっている。トップは依然としてフェルナンド・アロンソ(ルノー)、2位はキミ・ライコネン(マクラーレン)。コンストラクターズ・ランキングはフェラーリが総得点を63ポイントに伸ばし、マクラーレンに次ぐ3位につけている。

今年のアメリカGPはF1界の将来を左右する重要な意味合いを持つと同時に、 FIAは今後の対応に追われることになりそうだ。 騒然としたインディアナポリスを後にしたF1サーカスは再びヨーロッパへ舞い戻り、次なる戦いの舞台、第10戦フランスGPに臨む。開幕は7月1日(金)。フリー走行1回目は日本時間18時(現地時間11時)に開始される。加速するシーズン後半戦のタイトル争いに注目だ。

Mina Takagi
F1-Live.com
RACING-LIVE JAPAN

投稿者:ktym、投稿時刻:06:01 PM | コメント [0]

June 20, 2005

●父の日は??

昨日は父の日でしたが、皆さんはプレゼントされたりしたりの一日だったと思います。私はまだもらう立場じゃないので上げないと思いきや、やはり何を送ればいいかな??と迷った挙句結局は電話のみですませてしまいました。(反省)

ま、今度実家に帰ったときに食事にでもご招待しよう!!

今年のはCOOL BIZにちなんだ関連商品がプレゼントの対象に選ばれたようですね。皆さんは何を贈ってなにをもらいましたか????(笑)

投稿者:ktym、投稿時刻:08:08 PM | コメント [0]

June 18, 2005

●スタイルシートの変更

どうにかして、もう少しカスタマイズしたい。。。shinのblogのようにヘッダー部分で画像を変えて表示したい!!しかし、いまいち分からない。しろーとの僕にとっては結構高いハードル。

いろいろとネットで探しているけれど、そういったスタイルシートが無い。というか、このMovable Typeが奥深すぎ。。。デフォルトだといまいちだからね。

もう少し探してみよう!

投稿者:ktym、投稿時刻:11:27 AM | コメント [0]

June 17, 2005

●GTROCのウェブサイトがリニューアル

つい先週より、私が所属するGTROCのHPが大幅リニューアルをしました!

いままでとは大違い!もっと活発にアクティブに動けるようになりました。これを機に再度ミーティングやイベントに参加してみませんか!!


投稿者:ktym、投稿時刻:07:26 PM | コメント [0]

June 12, 2005

●中部ミーティング

台風が心配されていたミーティングでしたが、前日にはすでに太平洋沖にそれて台風一過???というくらいのいい天気でした。

海老名に集合した後、足柄パーキングで一緒になったミッドナイトパープルの400R!!聞けば全国で2台しか無いそうで、貴重なGT-Rを見ることが出来ました。

その後沼津で中部メンバーと合流後、すしを食べることに。。。。。


  ↑
僕が食べたマグロ尽くし!!赤身・中トロ・大トロ3貫づつで3800円でした。

そして、1万円以上も食べた兵がぁぁぁぁぁぁ!!!!!

投稿者:ktym、投稿時刻:10:48 PM | コメント [2]

June 10, 2005

●NZ旅行記 その14  4月29日 インバーカーギル

ようやくインバーカーギルに着きました。外を見ると雨・雨・雨・雨・・・・・日本で見てきたWeather Reportどおりじゃん!!しかも結構降っているよ!!クライストチャーチのように滑走路を歩いてターミナルに行くなら濡れるな~って思っていたら、なんとインバーカーギル空港はコネクション・ロード??(こういう名称であっているのかはわかりませんが、ターミナルと飛行機をつなぐ蛇腹の通路)があったので、濡れることなくターミナルへ。

このコネクションロードを抜けると、なぜかすでに人が数名いる。ちょっと待ってよ、、、、こんなところまで出迎えの人って入れるの??? 『良いんです!!』(カビラ・ジェイ風)と、言わんばかりに。

さて、私のお目当ての人 Burtonwood B&B のPeterはいるかな??階段を下りると、サインボードならぬ大きな紙に私の名前を書いた紙を持っていた。すぐにわかったし、Peterもこんな時間に日本時が一人ってすぐにわかったようです。
簡単な自己紹介と、握手をして荷物を受け取ろうとしたが、ここのロビーにはターンテーブルがない。????なんで?と、不思議そうな顔をしていたら、見透かされたように荷物は?と聞かれる。預けたことを伝えると、なんと外へ向かう。そう、この空港はロビーで荷物を受け取るのではなく外というか隣の母屋にあるPicking Placeで荷物を受け取ることになっています。壁にこのインバーカーギル空港を改築した時の写真が飾ってあります。結構なお金がかかったと、少し文句を言っていました。

そうこうしているうちに、荷物が出てきてさぁ~出発。車は???これって、いいの???普通乗用車ではなく消防署の車でした。(翌日の朝気づいた)そう、Peterは消防士だったのです。空港からは約10分くらいのところに今晩の宿 Burtonwood B&Bがあります。

投稿者:ktym、投稿時刻:11:18 PM | コメント [0]

June 06, 2005

●NZ旅行記 その13 4月29日

15分をきってからの搭乗開始ですが、もちろんここにも驚きが!!もうすでに日本ではあまり見かけなくなった乗り込み方式。そう、滑走路を歩いて乗り込む!!

こんな感じで後からの搭乗です。15番って書いてあったから、結構前と思っていたらじつは後から3番目。通路も狭い。この飛行機なら機内持ち込み制限が厳しくなるのはあたりまえだな~~(笑)自分の持っているトローリーケースはどう考えても入らない。預けてよかった。

機内食はさすがになく、コーヒーとビスケットとAir Newzealandのロゴ入りキャンディーでした。というか、時間は夕食時間ですが、飛行機に乗るたびにいろんなものが出てくるので、結構おなかいっぱい。これくらいでちょうど良かった。。。。。(笑) あと、驚いたのが、このキャンディーを配るのを地元の小学生が手伝っていました。日本じゃ安全管理がどうのこうのってうるさいけれど、ここニュージーはとてもおおらかで、喜んで子供たちが配っていた。

おっと、この飛行機でどこへ行くかをお伝えしていませんでしたね。クライストチャーチからインバーカーギルという街までで、フライト時間はプロペラ機で1時間20分。このまちがニュージー最南端の都市??というか街です。

さて、空港に今晩宿泊する予定のBurtonwood Guest House のPeterが迎えにきてくれているかな???

投稿者:ktym、投稿時刻:12:13 PM | コメント [0]

June 02, 2005

●NZ旅行記 その12 4月29日

一通り、このあと予定している情報パンフレットを全て抜き取り、飛行機の中で読もう!!

といっても、まだ30分くらいの時間があるので空港内の探検をすることに。。。やはりどこの空港にもあるものですね!!展望デッキ。お約束のように行ってきました。時間にして18時前なのでちょうど夕暮れ。

思ったより小さいです。さすがにDomestic Line。こじんまりとしたターミナルです。(笑)

飛行機は全て??プロペラ機でジェットは国際線のみのようです。

驚いたのが、チェックインがすでに済んでいるからなのか分かりませんが、搭乗開始が15分前からスタート。日本じゃ考えられないですね。(笑)正確には15分切ってからの案内でした。飛行機が小さいからか?それともお行儀がいいから??(笑)18列で左右2席づつなので72人乗りの飛行機。それにしても子供が多い????後で聞いた話ですが、ちょうど金曜日で学校が終わり日本でいう春休み(NZでは秋休み??)みたいなのが始まる体という事でした。(Peter談)

投稿者:ktym、投稿時刻:09:08 PM | コメント [0]

June 01, 2005

●NZ旅行記 その11 4月29日

少し空きましたが、また旅行の続きを。。。(笑)

チケット発券後、ATMにて100㌦ほど引き出しさらにそのうちの20ドルをコインに両替。これもうれしい配慮で空港だからこそあったのかもしれませんが、ATMの後になんと両替機が。。。。紙幣を入れると両替してくれる(あたりまえか!!)のですが、1ドルコインか2ドルコインかを選ぶことが出来ます。便利なように全て1ドルコインにしたのですが、結構かさばるので2ドルにしたほうが使い勝手はよさそうです。(苦笑)


そのご、i-SITE ビジターセンター と呼ばれるツーリスト向けのブースでこれから行く場所の資料を集めることに。。。小冊子になっていて、アクティビティーや宿・レストラン・観光スポットなどの紹介がされています。それらについて分からないことがあれば、とても親切に教えてくれます。もちろん英語ですが。。。
 このおかげで、街の中心部の地図が確保できたので助かりました。もちろんガイドブックも必要ですが、載っていない情報を仕入れるにはこのi-SITEを利用するのが一番です。

で、今回使ったガイドブックはこれら。。。。

地球の歩き方 ’05 ニュージーランド   (ド定番ですね!!)


LONLY PLANET New Zealand 2005 (これも洋書ではド定番!)

投稿者:ktym、投稿時刻:09:07 PM | コメント [0]