2005年2月28日

●今月のラッキーグッズ!?

 2月も今日で終わりということで、今月のラッキーグッズを載せることにした。sesame01.jpg

 クジ運のあまり強くない(というか全く無い)私にクジ運の非常に強い娘を授かったのが4年と8ヶ月前。その娘のクジ運の強さに気がついたのが1年ちょっと前あたり。以来、何かの抽選には出来る限り娘を担当にし、娘にクジを引かせられない時には仕方なく他の家族が担当することにしている。それにしても、私から見ると、娘のクジ運は非常に強く、当選率がとても高い。おそらく私と反比例した遺伝子を持っているのだろう。喜ぶべきか悲しむべきか... 非常に複雑な思いである...

 その私が久々に当選したのがこれだ!! インターネット環境で利用しているDIONの月月倶楽部に当選したのだが、はて... 本当に私が当選したのかどうか... というのも、景品選定の際に「これが当たったら娘が喜ぶだろうな...」という理由からこれを選んだからだ。要するに、当たって喜んだのは娘であって、私のラッキーグッズになったわけではないのである。賞品が送られてきた時には喜んでいた私であったが、実際運に恵まれていたのは私ではなく娘ではないだろうか... ということに気づくのであった。

 そう、ラッキーだったのは私ではなく娘。結局、このクジ運も私のものではなく娘のものだったようである...

Posted by yama at 21:45

●GTROC UKのカレンダー欲しい!!

 英国在住の001井上会長がアドバイザーになっているGTROC UKがカレンダーを作成しているらしい!! その存在を知らしめることになったのが、GTROCメンバーではない(?)だろう方のblogを井上会長が発見したことを告げるエントリ。結構綺麗に作られてるブログですね(こちらからどうぞ)。

 しかし、アドバイザーになっているクラブが出してるカレンダーを見ていないなんて... ダメじゃん!! >井上かいちょ~

 このカレンダー、欲しい!! とりあえず、今年の分と、来年の予約をお願い!!>井上かいちょ~

 あと、GT-Rに関わる書き込みする時は、下記にもトラックバックお願いしますね!!

 こちら→ http://member.blogpeople.net/tback/01937

Posted by yama at 09:58

2005年2月27日

●ブログ入門(画像の挿入)

 GTROCで利用しているブログシステムは、シックスアパートがリリースしているMovable Type(以後、MT)です。業界標準と言って良いシステムですね。

 元々私もMT初心者なので偉そうなことは書けませんが、「こうすれば、こんなことができますよ」といった簡単な事柄を記載して行きたいと思います。

 Movable Typeでは、記事のことを「エントリー」と呼びます。何かの投稿を行いたい時には、管理ページから「新規エントリー」を選択することから始まります。

 エントリーの内容に画像を挿入することができますが、私の投稿のMovable Type標準ハンドブックにあるように、文章の回り込みを設定することも可能です。これを行うには、「ファイルのアップロード」でサーバーに画像ファイルをアップロードした後に、imgタグ内にある属性と値を埋め込むことにより可能になります。

 例えば、book1a.jpg という画像を横幅120ピクセル、縦幅150ピクセルで表示するには、

<img src="http://blog.gtroc.com/0039/images/book1a.jpg" width="120" height="150">

とします。このimgタグの前後に文章をいれるとこんな感じで表示されます。

本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。

 画像と文字が同じ行に表示されるため、画像の縦幅に文章が1行しか入りません。あまり...というか全く綺麗じゃありませんね。やはり、美しく文章と同居させる必要があります。それが文章の回り込みです。

 では、画像を左に配置し、画像の右側に文章を回り込ませるにはどうすれば良いのでしょうか? それには、style="float:left;" と言うキーワードをimgタグに挿入します。

<img src="http://blog.gtroc.com/0039/images/book1a.jpg" width="120" height="150" style="float:left;">

ですね。

 これを先ほどの例に当てはめると、

本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。

となります。

 では、逆に画像を右に配置し、画像の左側に文章を回り込ませるにはどうすれば良いのでしょうか? それには、leftをrightに入れ替えれば良いのです。

<img src="http://blog.gtroc.com/0039/images/book1a.jpg" width="120" height="150" style="float:right;">

ですね。

 これを先ほどの例に当てはめると、

本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は晴天なり。

 となります。

 結構簡単でしょ!?

 何はともあれ試してみてください。

Posted by yama at 19:02

2005年2月26日

●凍ってく~/ゲゲ~ン...(TT)

 1月の27日(木)から30日(日)の予定で、大阪→滋賀→広島へ愛車のNürを駆って出張に行ってきました。

 27日(木)の早朝6時に自宅を発ち、コンビニとガソリンスタンドに立ち寄り6時20分に関越所沢ICから高速入り。大阪までのルートを関越道→上信越道→長野道→中央道→名神高速にとった。関越道はそれなりの交通量でしたが、上信越道に入るとグッと交通量も減り6速3000rpm前後でクルージングモードに入って快適に走行していました。妙義山を過ぎ、軽井沢ICを過ぎて長~いトンネル群を抜けて間もなく、フロントウィンドウの汚れが気になりはじめ、ウォッシャー液を噴射してクリーンに!!... 「ん? エッ? ゲゲッ!! ウォッシャー液がフロントウィンドウにまとわり付いてる!!」 一瞬何が起こったのか分からず、奇跡でも見たような気分になり、ワイパーを高速モードで動作させるも効果無く... のわんと、ウォッシャー液が凍り付いてる~ しかも、ワイパーで拡げられた状態で、フロントウィンドウの大部分がウォッシャー液で凍結状態に... この時の状態は、外気温氷点下10度(車載の外気温計による)、朝日を真正面から受けた逆光(非常にまぶしい)で道路は高速にしては結構なクネクネ道、車速は約○60km/h。他に車がいなくて良かった~と思いつつ、徐々に車速を落としてデフロスタをオンにしてウィンドウを暖めモードに。その間、凍結していない隙間から前をのぞいて車線をキープ。徐々に凍結がワイパーではぎ取られ事なきを得ました。私はウィンドウのコーティング剤(雨をはじくアレね)が取れちゃうのを嫌ってウォッシャー液を薄い状態で使うのが常だったのですが、これが災いしてしまった事件ですね。次の給油停車ではウォッシャー液を補充して濃度を上げたのは言うまでもありませんが、寒冷地初心者が暴露されてしまった出来事でした。

 その後は特に恐い思いやハッとするようなことはなく、所沢ICから約5時間で無事に大阪駅近くの目的地に到着。途中の名神高速では岐阜県警の車両と併走するもカーロケ探知機が反応せず。「ん?岐阜県警はカーロケ使ってないのか? それとも最新のデジタルカーロケに既に移行しているのか?」との思いも、この時深く考えず、あとでとんでもないことになることなど夢にも思っていない自分でした...


 大阪での打ち合わせを終え、旧友の立命館大学助教授のMKに会うため滋賀県草津市にあるクサツエストピアホテルに。このホテル、リーガロイヤルグループのホテルでなかなか良いホテルですが、楽天トラベルで予約をするとビジネスホテル並の料金で泊まれるんですね。こんなところにデジタルデバイドを発見してしまいました。 旅行代理店で予約すると1万円超えますからね。部屋もツインルームのシングルユースで広々使えました。 四半世紀ぶりに会ったMKはちょっと老けただけで当時そのまま。とは言え、インディアナジョーンズを少しだけ思わせる風貌だったのと、教育者らしい話しぶりになったところは昔と違いましたが...

 翌日チェックアウト後に名神高速→中国道のルートで広島へ。冬の中国道は雪に注意しなきゃなりませんが、雪が無ければ交通量がほとんど無いに近いので、山陽道よりも良いですね。高速道路で一番気を使う追い越しがめったにありませんから、終始リラックスして走れます。トラックもほとんどが山陽道を利用しているようですしね。往路の中国道で最後に給油した帝釈峡SAのGSのおじさんが「冬の中国道は走っちゃいけんよ!(駄目ですよ) 帰りは山陽道にしんさい!(したほうがいいですよ)」とアドバイスくれましたが、んなこと言ったらお客さん少なくなっちゃうじゃないって思ったのは私だけかもしれません。 とっても親切なおじさんでした。次また来た時も帝釈峡で給油しますからね~

 広島で2泊した後、午後1時30分くらいに広島を発ち一路自宅へ。どうも寒波が到来しているようで途中雪の予報がちらほらとあり、どのルートで帰るか非常に悩みました。そう、私の車は雪に非常に弱いのです。スタッドレスタイヤを履くような車じゃないですし、超扁平タイヤなのでチェーンは装着できません。装着しても横にずれちゃってドライブシャフトなんかに絡まったら車を傷つけちゃうんですね。ですからチェーン規制が出てしまうと走行することは出来ないのです。雪が少しでも積もれば氷の上を走っているような状態になってしまって、ブレーキは全くと言って良いほど効きません。ですので、雪の予報には神経を使っちゃいましたが、なんと名神高速の関ヶ原付近は雪が降る予報になっています。ここだけは避けて通れないところなんですよね~ 広島を出発直前に日本道路公団のホームページで規制情報を確認。幸いにも往路で利用したルートには速度規制も含めて出ていませんでした。ということで、往路を逆に辿るルートで自宅に向かうことにしました。ちなみに復路は家族が一緒。ですので、スピードは往路よりも抑え気味、休憩も頻繁にとっての行軍となりました。途中、中国道で雪が降ってきましたが降り積もることなく無事通過、名神高速の養老SAに着く頃には日も暮れて非常に寒くなっていました。早めの夕食を摂り十分休息し、次の休憩予定の恵那渓SA(中央道)へ。日が暮れてるのに、皆さん結構スピード出しますね~ 140km/h平均で追い越し車線を複数の前走車に追従して中央道へ。途中のPAで前走車が皆PAに入っちゃったので、それからは単独走行となったのが運の尽き!? 瑞浪市付近を走行中に遙か後方(ほんとに遙か彼方です)でパッシングする緊急車両が出現。結構、後方は気にして走っていましたが、回転灯点灯とほぼ同時にパッシングで、最低でも500m以上は離れていたはず。なので取り締まり車だとは思わず、そのまま左車線で追い抜かせるために急減速。そのまま待っていると追いついてきて、なんと横について併走するじゃないですか。「ヤベ!」と思ったのも後の祭り。パトの後に追従させられてバス停で停車。やられちゃいました!!

 白の覆面パト(トヨタのクラウン)の後部座席に移動させられ話しを聞きましたが、左車線を走る覆面パトを追い越したらしく、「凄い勢いで走っていきましたね~ 追いつくのに大変でしたよ~」って笑われちゃいました。 追いついてないじゃん!! 全然追いついてないよ!! 遙か彼方後方で回転灯回してパッシングしたから追いつけたんじゃん!! そもそも、速度計測も追走してないんだから出来てないじゃん!! そんな何百メートルも後方から追いかけて、それで速度計測したって言うの?? そんなの証拠に適用できないよ!! と思いつつ、「何キロ出してか分かります?」との警官の問いに我に返り、「う~ん、たぶん140km/hくらい」と正直に答える私。 「何キロで記録されてるのかドキドキされてるでしょうが、見て頂けますか?」と助手席の警官が言い、ボタンを押す。日付、時間、速度の順に現れ、計測速度は119キロ。「パッシングしたら直ぐに左に入られて減速されたのでこの数値になりましたけどね...」だって。「あと1キロ速かったら即免停で10万円の罰金コースでしたよ」だって... そして、そんな言葉にのせられてホッとする馬鹿な自分。 「あぁ、まけてくれたわ、助かった...」と思っちゃうんですからね。でも、本当なら140キロは軽く超えてましたからね、80キロ規制のところを... ホッとする気持ちは誰でもありますよね。でも、悔しいですね~。まぁ、自業自得です。 これが頂いたブルーチケットです。 家族を乗せて運転する時にはくれぐれも気をつけましょう。非常に格好悪い父親になってしまいます。

 それにしても、この時の覆面パトもカーロケ探知機には全く反応せず。青切符を切られる間、覆面パトの直後に両車ともエンジンをかけたまま停車していましたが、家内曰く、「全然反応してなかったよ。壊れてるんじゃない? コレ」だって... 往路で遭遇した白黒パトも復路での覆面パトもカーロケ探知機には反応しなかったと言うことは、岐阜県警はカーロケシステムを搭載していないんでしょうかね? それとも次世代のデジタルカーロケシステムを採用してるんでしょうかね? 今後はもっと気をつけることにしよ...

 その後の復路は抑え気味に走行して(出しても140キロね)無事帰宅しました(全走行距離2270キロ)が、高速道路での速度って結構あがってませんかね? もちろん、交通量の多いところでは私自身流れに乗って走るだけですが、時々走行車線の車を追い越すような交通量の場合どうです? 結構スピード出してますよね。高速道路が整備され始めた頃(つまり法定速度が設定された当時)の自動車の性能と今の自動車では走行性能と安全性能には格段の差がありますし、ヨーロッパでは速度無制限のアウトバーンさえありますからね。日本の高速道路の制限速度がいまだに100キロっていうのは遅すぎないですかね? 80キロの区間を100キロに、100キロの区間を120キロくらいに上げても良いんじゃないでしょうかね?

 と、当面は反省モードに入る私でした...

Posted by yama at 20:25

2005年2月25日

●Movable Type標準ハンドブック

 GTROC Official Blogで利用しているMovable Type 3日本語版の開発チームによるユーザーマニュアルが2/28より発売されるようです。現在アマゾンドットコムで検索すると“品切れ”と表示されますが、発売前ってことですね。

 テンプレート/スタイルシート編集の開設が大幅強化されていて、Type Keyやプラグインなどの最新情報も加わっているそうです。

 GTROCブログを本気で始めたい方必携の書籍ですね!! ちなみに私はシックス・アパート(MTのリリース元)の関係者ではありません。

Posted by yama at 22:00

2005年2月24日

●インデックスページはほぼ完了?

 トラブルもほぼ終息して、インデックスページはもうすぐ完成。

 Flash Banner Loaderの動作不良を解消して、プロフィールを入れれば終わりかな... なんて言ってるうちに、晋ちゃん(GTROC会長ね)のページの投稿数がものすごい数になってる... すぎょい!!

 MTもBlogn+のように顔絵等のアイコンが手軽に使えると良いんですけどね...

 体調も優れないし、今日はこのくらいにしてもう休もうっと...


 

Posted by yama at 23:06

●やっと復旧!!

 テンプレートの入れ替えでトラブってましたが、何とか復旧できました。(たぶんね)

 一般公開しても、テンプレート入れ替えは結構トラブルかもしれませんね~

 「自己責任でがんばってね!!」と言って良いものだろうか...

Posted by yama at 11:25

2005年2月23日

●近隣の美味なレストラン~インド料理のハティ

hatii1.jpg 富士見市が誇る...と言っても良いんじゃないかな~と勝手に思っている美味なレストランの筆頭に挙げられるのがインディアンレストランのハティ。店構えも素晴らしいですし、出てくる料理も非常に美味。インド料理ですからカレーとナン(またはライス)が主になるわけですが、いろいろな種類があり、季節の限定モノがありと、なかなかのものです。hatii0.jpg前菜やサイドメニューもおいしいものばかり。数年前に行われた改装以前は、メニューも非常に豊富だったんですが、レストランとしての風格は現在の方がずっと上です。いまだに禁煙化も分煙化も実施されていないのが唯一の欠点ですが、現在検討はしている模様。せめて分煙化は実施していただかないとねぇ~。

 月に2回、バイオリニストがソロ演奏する日があり、お洒落で綺麗な店内で食事をしながらバイオリンの生演奏を... “埼玉”のイメージとは正反対のひとときを楽しめます。

 ま、だまされたと思って、一度行ってみてください。美味しいですよ~

 http://hatii.com/

Posted by yama at 21:35

●おかしい!!

なんか、テンプレート構築してたら動作がおかしくなっちゃった... (TT)

Posted by yama at 19:18

2005年2月22日

●MTのテンプレートについて

 ちょこっと検索してみましたが、結構ありそうですね。

 気に入ったものをベースにしてみるのも良いかもしれません。

 いくつかみつけたのをリンクしておきます。

 MTのデフォルトスタイルで色調変更

 インターネットマガジンの特集より

 小粋空間のテンプレート

 G's Internet Clubのテンプレート情報

Posted by yama at 23:59

●GTROCのOfficial blog立ち上げ...

 ここ最近メディアにも取り上げられ始めたブログ。既に数十万サイトのブログが国内だけで開設され、ブログフィーバーは当分続きそうな気配だ。

 そんなおり、GTROCの会長から突然「ブログを始める!」というメールが届いたのが昨日の午前11時24分。打ち合わせのため外出する直前で、打ち合わせから解放された夕方よりやりとりを再開し、ブログエンジンをMovable Type(以後、MT)に決定、法的な専門家(会長の知人)にライセンス内容を確認頂き、オンラインにてライセンスを購入したのが午後10時過ぎ。電話にて会長と打ち合わせ(雑談とも言うが、なんと日英間の国際通話だ!! ^^;)を行い、MTのインストールが完了したのが今日の午前0時過ぎ。

 ビジネスではない同好会でこのスピード、ライブドアの日本放送株買収のスピードに勝るとも劣らない!!(自画自賛 ^^; あっちはビジネスじゃ!)

 そんなこんなで、スタッフ数名にてMTの使い勝手を検証しているのである。(^^; 仕事そっちのけでこんなことをしていて良いんだろうか!? こんな裏方作業なんて、OCのメンバーの人たちは知る由もないんだろうなぁ~

 と思いつつ、GTROC blogへの初めての書き込みをする私であった...

Posted by yama at 00:53

2005年2月19日

●“この指とまれ!”の威力

 今から5年ほど前に登録していたWeb同窓会サイト“この指とまれ!”に4年ぶりくらいにアクセスしてみた。
 “この指とまれ!”とは、インターネット上に公開された同窓会データベースとでも言えば良いかな、小学校から大学まで、自分が卒業した学校と卒業年度を登録しておくことにより、自分が在籍した学校の卒業生(もちろん、この指とまれ!に登録している人のみ)とコンタクトがとれるというもの。現在、295万人を超える人が登録している。まだアクセスしたことのない人は、http://www.yubitoma.or.jp/にアクセスして登録してみると良いでしょう。
 さて、久々にアクセスして自分の卒業校のリストを出してびっくり!! 消息不明(行方不明になってたわけじゃなく、単に連絡が取れなくなってただけ)になってた友達が結構登録してるじゃないですか!! 小学校で1人、中学で5人、高校で6人の友人の新たな登録があったのです。人数的には少ないけど、それでも消息途絶してた友人が一気に12人見つかったのです。こんなサイトがもっとポピュラーになって、今の10倍や20倍の登録者になるような時代がくれば良いですね。
 そんなわけで、今朝は25年~30年ぶりに旧友と連絡を取り合うすがすがしい朝を迎えたのでした。

Posted by yama at 12:28

2005年2月18日

●Thunderbirdの次は... Firefox

 Mozilla Thunderbirdを使い始めて間もなく、Mozillaからブラウザ“Firefox”がリリースされました。もうこの時にはThunderbirdファンになっていた私は、迷うことなくFirefoxをインストールするのでした... その効能は如何に!?

 インストールして最初に気づいたことは... 無い!! そう、今までInternet Explorerを使い続けてきた身であっても全く違和感が無いのです!! 違和感が無いだけでなく、非常に軽快に動作してくれる。ひょっとしてInternet Explorerよりも軽快じゃないだろうか!?と思うくらいなのです。ブックマークはInternet Explorerから継承してくれるし、結構重宝していたGoogle ToolbarもFirefox版が存在するのです。使い勝手も全く悪くなる点は無い!! そしてダメ押しとなるトドメがオープンソースならではの特徴、非常に多くのExtension(拡張機能)がFirefox Centralに公開されているのである!!

 もうFirefoxを使わない手は無いのではないかと直感し、それ以後、Internet ExplorerはNetscape NavigatorやOperaと同列の“ホームページ動作確認用ブラウザ”に成り下がったのでした...

 ちなみに、私のブログで利用しているFlash Banner loaderがInternet Explorerのみ動作してくれません(Mac版IEは動作するとの情報あり)。右下の方にある“Syndicate this site”の"ATOM3.0"の真下の部分のバナーです。なぜ??

 Firefox Centralはこちら → http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

Posted by yama at 20:44

2005年2月17日

●Thunderbirds Are Go!

 ブラウザはInternet Explorer、メーラはOutlook Expressの利用率(シェア)が非常に高いというのは誰もが知っていることでしょう。かく言う私も少し前までは両ソフトを利用していました。別にマイクロソフトが好きだというわけではなく、ただそれを利用している人が多いというだけの理由で利用しつづけていました。

 今から1ヶ月半から2ヶ月位前だったと思いますが、スパム(迷惑)メール対策のために Mozilla Thunderbird というメーラーを利用し始めました。最初はあまり期待していなかったのですが、使えば使うほど味が出てくる素晴らしいメーラーだと言うことがわかってきました。

 インストールの時はOutlook Expressの設定やメールボックス等をコピーしてくれて、過去の履歴も含めてそのまま移行できるように作られています。実はこれ、非常に重要な機能で、この機能が無いとメールアカウントの設定、受信フォルダの再構築をひとつひとつ行わなければいけません。Thunderbirdはこれらを自動に取り込んでくれ、メールアカウントのパスワードのみ、問い合わせに対して答えれば良いように作られています。また、メーラーの移行に躊躇してしまうもう一つの原因である過去にやりとりしたメールの履歴。これも受信フォルダのコピーと同時にすべてのフォルダとその中身を構築してくれます。今まではメーラーを変更したら変更した日からの送受信記録は残らなかったのです。それがThunderbirdでは、Thunderbirdを使い始める以前のものをThunderbird内に構築してくれるのです。これは非常にありがたい機能です。

 日常利用していてもっともありがたい機能が「学習型迷惑(スパム)メールフィルタ」。Thunderbirdをインストールしたその日はちょっと大変ですが、どれが迷惑メールなのかをThunderbirdに教えます。そうすると、Thunderbirdが自動的に迷惑メールかどうかの判断を行って仕分けをしてくれます。使えば使うほど精度が上がって行き、今では通常メールが迷惑メールと判定されることは一切無く、ほとんどの迷惑メールをフィルタリングしてくれます。一日あたり100通前後の迷惑メールを受信していた身としては、迷惑メールを仕分けし削除する必要がなくなり、開発者にとても感謝しているソフトウェアのひとつです。使い勝手も非常に良く、全く違和感もありません。これがオープンソースのソフトウェア?って思うくらいの完成度なんですね。

 また、今流行のBlogやニュースサイトで対応しているRSSフィードを購読する機能も備えています。お気に入りのBlogサイトやニュースサイト(アサヒ・コムやgooニュース等)の見出しをあたかもメールで受信しているように扱えるのです。

 ま、“百聞は一見にしかず”で、実際に利用してみてください。Thunderbirdは下記のサイトから無料でダウンロードし利用することができます。ちゃんと日本語版がありますので「英語はちょっと...」という方も安心して利用できます。

 こちら → http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/

Posted by yama at 19:26

2005年2月16日

●ザクIIとゲルググ倒れる!!

 今朝の地震が発生した時、地響きの音で目が覚め、続く縦揺れが始まった時には揺れがひどくなった時に家族(というか娘 )を落ち着かせることができるように上から抱きかかえるような体勢になっていました。程なくして家内も目が覚め、揺れもそれほど大きくなく(震度4だったそうです)、収まるのをただ待ちました。最後まで縦揺れでしたね~。横揺れは全く感じませんでした。ちなみに息子はロフトベッドで寝ていますが、地震の揺れも全く気づかず、寝続けていました。大物なのか、鈍感なのか...

 さて、夕方になって食器棚の上で戦闘準備態勢を保っているはずのザクII達がいないことに気づきました。朝の地震で倒れたようで、ザクIIの他にゲルググ、グフが倒れていました。その中で地震の揺れにも倒れることがなかったのがズゴック。ズゴック強いね~(意味不明)

Posted by yama at 19:47

2005年2月 9日

●これでいいのか? SCEI よ!!(PSP不良問い合わせ回答について)

 2005/1/16の「初期不良PSPにあたりました!!」に書いたように、液晶パネル内にゴミ混入のPSPに当たってしまいましたが、カスタマーサポートの電話にも繋がらず、ホームページからの問い合わせに対してやっと(忘れた頃に)返信が返ってきました。その内容を読んで、愕然としてしまいました。まずは、届いたメールを青字で全文引用します。表示をきれいにするために改行を調整していますが、文面については一切手をつけていません(個人名だけは*字に変更しましたが)。特に気になる部分は赤字にします。

 **** 様

 平素は当社製品に格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
このたびは「PSP バリュー・パック」をお買い上げくださいまして誠にありがとうございます。

 「PSP」の液晶はポリカーボネイトの上蓋でカバーされており、画面を保護するために上蓋の表面をコーティングしております。画面の内側についている異物のように見えるものにつきましては、上蓋の製品性質上によるものです。製造上の不具合ではございません。引き続きご使用くださいますようお願い申し上げます。

 なお、ご使用に際しご心配な場合はお手元の「PSP」をお預かりし、お調べしたいと存じます。お手数をおかけいたしますが、下記インフォメーションセンター宛にお送りくださいますようお願い申し上げます。お近くのコンビニエンスストア等よりお送りください。送料は着払いで結構です。お預かり期間は到着後10日~2週間の予定です。

<宛先>
〒107-0052 東京都港区赤坂7-1-1
SCE インフォメーションセンター PSP係

*宅配便等送り状控えは、本体がお手元に届くまでの間保管をお願いいたします。

「PSP」一式は元の箱に入れ、外箱は紙袋等で簡単に梱包をお願いいたします。リペアリクエストに必要事項(特に症状は詳しく)ご記入のうえ、ご同梱ください。
*メモリースティック デュオはお手元にて保管してください。

 拝見の上で当社での規定範囲内と判断した場合は、そのままご返却いたします。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

 また、お電話にてご連絡いただいたとのことですが、つながりにくい状態が続きご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。混雑状況については当社ホームページにてご案内しておりますのでご利用ください。
http://www.playstation.jp/info/crowded.html

 お手数ならびにご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。また、ご返答が遅くなりましたことを重ねてお詫び申し上げます。
以上ご返答申し上げます。

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
インフォメーションセンター 川上
TEL.0570-000-929(受付時間10:00~18:00)
*PHSからの場合は、次の番号へおかけください。
TEL.03-3475-7444

info-mail@scei.co.jp宛のEメール返信は、お受けすることができません。お問合せの場合は、サポートページのQ&Aをご参照いただくか、下記URLのお問合せフォームからお問合せください。

サポートページURL:
http://www.playstation.jp/info/
お問合せフォームURL:
http://www.playstation.jp/info/caution.php

 どうだろう!? 液晶パネル内のゴミについては、異物のように見えるだけであり、製品性質上によるものだという。製造上の不具合ではないらしい。冗談でしょ!? コンピュータのCRT(最近は液晶ですね)やプラズマや液晶テレビに同様のモノがあれば大問題ですよ。それを「異物のように見えるだけのもの」と言ってのけるような企業に成り下がってしまったのか!? 呆れてものが言えませんね。私は世界のメーカーでSONYがもっともすばらしい製品を世に出す企業と若い頃から信奉し、今あるプラズマTVも含め、テレビはず~っとSONY製、ビデオもβマックスを支持しておりました。PDAを買うときはCLIEを選び、アイボまで購入し、ウォークマンシリーズも必ずSONY。PS2は当然所有し、PSXまで我が家にある。DVDレコーダーもSONYだし、サブで使ってるデジカメもSONY。我が家にはSONYの製品が目に入らないことはあり得ないと言うほど存在している。それほどSONYを信奉していた心が崩れ始めてきている。

 仮に私が不良品だと認識して送り届けたとしても、SONY側が「当社での規定範囲内と判断した場合は、そのままご返却いたします」ということだ。で、その「規定」とは何だろう。何を持って判断するのだろうか!? 一消費者、しかもSONYを陥れようとしているのではない、その逆のSONY信奉者である消費者が、明らかに「ゴミが混入している」と公にできるほどのものを「不具合ではない」と言い切り、尚かつ、「送っても良いが、当社が規定範囲内だと判断すればそのまま返すよ」と言い放つとは... どうなったのよ、SONYさん!! こんなんじゃ、預ける期間(2週間前後?)が無駄になるだけのようで、恐ろしくて送れないですよ。

 それにしても、このような応対を行う企業に成り下がってしまったことが、いまだに信じられないくらいです。久々に怒りまくってます。PSPで不具合出てる方、どうしてますか??

Posted by yama at 19:12