February 05, 2006

●クラッチラインダウン、、、

さて、今年最初にしるちゃん乗ろうと、防寒対策して、カメラ機材を一式背負い込んでたったかガレージへ行って、ラッパ~ズのモヘヤ、ゴアテックス製カバーをめくって、どらエンジンでもかけるべ、とキュルキュルキュル~、って。ナカナカかからんがな。これこれこれ、いくら寒いといってもこれだけクランキングしてるんだから、いい加減にかかりなさいな。「助さん、角さん、も~いいでしょう」って声がかかりそうなくらいクランキングしてやっとこさかかったし。

んで、ガレージから出るべく、みっちょんをバックに入れる、ん、クラッチペダルが浅いのね? 何でかな~、12月に最後乗った時はなんともなかったのに。ギアをバックに、ん? 排卵がな、いやさ元ぉ~い、入らんがな。んん~ん、どうもクラッチが切れちょらん。下回りを見てもオイルはなんとも無いし、見える辺りのラインにもなんとも無いし。クラッチ自体ではないような感じだけど、切れないし。強引に入れて3mだけバックしてみた、「5分の1」クラッチくらいの感じだねえ。やっぱし、止めて、エンジン止めて3m人力で押して戻して、ラッパーズのカバーして、重いカメラ機材担いで帰宅。つかりた~。

んで、ローズにレスキュー依頼。すぐ来れるということ。なんだカバーしなければよかった。早速今年最初の登坂試験(笑)。街中の歩道上で堂々と作業しています。当然(笑)。。。

 


で、4日に行ってみた。クラッチシリンダーが変わってた。「これは何用のシリンダーです?」「ああSRです」他のところが新しくなったので、ここにしわ寄せが来たのね。んで、ついでにラインはステンメッシュ、レリーズ側も交換したらしい。HC31とか言ってた。ローレルか?

 


ちょっと目をキャブ側に移すと変なものが付いてます。

もしよかったらもうちょっと・・・

投稿者:romi、投稿時刻:February 5, 2006 07:19 AM
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gtroc.com/mt2/mt-tb.cgi/1204

コメント
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)